FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

早春着物日和・友人★の紬姿

ごきげんよう


気温が上がったり下がったり、晴れたり雨が降ったり、花粉が飛んだり黄砂が飛んだりPM2.5が飛んだり。。。と、何かと慌ただしく忙しい気候変動の早春でございますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

先日、気温も高めの晴れた日、友人★と着物を着て出掛けました。
出掛けた先は特に意味のない、日本橋の問屋街でございます。
その日が、着物問屋さんの丸洗いやら洗い張りやらのキャンペーン最終日だったのです。
わたくしの友人★は、着物を着るときはほぼお茶会のときばかりで、彼女が自分の好みで購入した着物や帯は気の毒にも死蔵されています。たまに、箪笥の中のたとう紙類を取り替えて着物や帯をたたみ直したりするとき、
「ああこんなの持ってるんですよねアタクシってば。。。着たことないけど」
などと遠い目になってしまうブツは1枚や2枚ではありません。
先日も、着物の整理をしていて、
「もしかして、使わないうちに賞味期限が過ぎてないかしら。。。」
と怯える、とーってもお気に入りのアンティークの名古屋帯を再発見してため息をついていたので、
「では意味なくおされしてワタシに付き合ってください」
とお願いしたのでした。わたくしはどうしても、今回の着物問屋さんのキャンペーン中に、何枚かの着物を洗いに出したかったんですよ。わたくしにしては唯一の、消費税増税前を意識した行動です。
友人★は、箪笥整理をしたときに、もう着ないと思われる着物や帯をかなり整理して(★は、お茶の社中の方々を通したもらいものも多いんですわ)ハッキリと賞味期限切れだけど、地紋が気に入っているのでなんとかしたい色無地を、問屋の担当さんと相談の上、どうするか決めることにしました。
その色無地ブツ撮り画像を用意してないのが、わたくし痛恨の極みでございます。すっかり忘れてしまった。。。


  

友人★が着ているのは、濃い赤と黒のムジナ菊柄の大島紬。お茶の社中の方の知り合いの知り合いのお母さま(遠い関係)の着物をいただいたそうな。裄は若干短めなれど、身幅も身丈もほぼぴったりなので、直しなしで着られました。自分サイズの長襦袢の裄が出てしまうので、安全ピンで仮とめしています。いただいて何年も経ってから、ようやく日の目を見た着物。
「あら、それならお茶のお稽古に着ればいいじゃないですか」。。。と思ったアナタ、それはアナタが着物ぶろがーもしくはこんなぶろぐを読むほどの着物好きさんだからですよ(爆)いくらお茶を習っていても、着物を着るのが億劫なヒトは億劫なのです。着物が着たいだけでお茶を習っていたわたくしとはエライ違いですわ。お茶事で着る着物の種類って案外つまんないな~と思ったら、茶道に対する興味は薄れてしまったわたくし。。。俗物ですみませんな。
帯は、豆千代さんの西荻窪にあったショップで購入した(友人★は、豆千代さんの関係者と同級生だった)、アンティーク染め生地を仕立てた名古屋帯。牡丹色というかくれない色というかマゼンダが濃くなったような、そんなニュアンスのある地色と、扇面の中には橘やら鳳凰やらの描かれ具合やターコイズの入り方など、アンティーク初心者に使いやすそうな感じです。
同じく豆千代さんの赤いドット柄帯〆。
白い綸子地に赤い飛び絞り柄帯揚げ。



。。。さて、友人★はこの日は、自分で着付けをして、わたくしとは駅の改札で待ち合わせの予定でした。いつものお茶事(袋帯に二重太鼓)と違って名古屋帯は自分で結べるので。。。約束の時間を前にわたくしもそろそろメイクでもするか、と思っていたとき、友人★から電話あり。
「緊急
緊急事態です

「何ごと

「帯が、帯がまったく結べません。。。
アタクシすごーく太ったみたいなんです



「は

「帯の柄が全然出ないんですよーうっどうしましょう」(←もうこの日のコーデはこれ、と決めているのですんごくパニック)
「。。。ああ。。。わかったいいよワタシがやる」(←すべての事態を一瞬で把握した)
古い帯には、現行の仕立ての帯よりもかなり短いものがある。。。ということは、アタマで理解していても現実に対応するには体験が必要になりますわ。真っ先に自分が太ったんではないかと思い込んだ友人★。。。実に愛すべき人物です。
このときは何となくごまかして結びました。アンティーク着物を愛用する方々にとっては極々当たり前の日常だと存じます。こういうのは、工夫しつつ身につけるものなのです。。。しかし元々小柄で、今までリサイクル着物などでなんら困ったことのない、言わば『リサイクル着物強者』の状態だった友人★にとって、おされなアンティークショップで購入したとってもお気に入りなのに「微妙に」短くて「微妙に」柄出しができなかった帯の衝撃は、大きかったのでした。(大袈裟)


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/



友人★からあすか師匠へ業務連絡です。
「荷物の中にこの帯も同封します。師匠にはおとなし過ぎるかとも思ったんですが。。。アタクシのショックを。。。師匠が高笑いして使い込んで吹き飛ばしてください」(大袈裟。つくづく大袈裟)


スポンサーサイト



Comment

No title 

ぱっと見ステキ(*´ω`*)お思ってもいざ身に付けようとするとなかなか大変なのがアンティークですな。
帯の場合最終手段は切って作り帯にしてしまうんだけどそれも面倒だったり。
その分達成感もあったりしますが
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2014.03/13 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あらま、この帯まで我が家にいらっさるのですね。…とりあえず1コーデ、思いつきましたがとりあえずは梅の方が先ですわな
…先程までの暴風雨で梅、一気に散っちゃったかも知れん
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2014.03/13 23:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

アンティーク帯も多く所有する私は着付けを習い始めの時に、帯を簡単に結べるお道具としてゆり姿とかいう道具を買いました。短いアンティーク帯はこれ一つでばっちり~。綺麗に柄が出せてお太鼓もたっぷり出せます。長旅の時もこれは楽です。(私は...ですが)消費税増税前の唯一の行動が着物の洗いとは。さすがでございます。見習わなきゃ
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2014.03/14 13:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様、私も自分のものならば(べにお先生んちで)切って付け帯にしますわ(爆)ウチのミシン、出すの面倒くさい~。
でも普段着物をほとんど着ない友人★にとっては、ストレスになるようです。1回着たからもういいんですと
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.03/15 20:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あすか師匠、まだ発送できてないすみません~(★に仕事入っちゃって)他に何やら同梱したかったけど、とにかくこれらを送るのが先ですね。待ってて~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.03/15 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまないすありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.03/15 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

passionpianoさま、★もその器具を持っているのですが、肝心なときは忘れてしまい、あまりに長い間しまいっぱなしだったので。。。彼女のブームはもう終わったのですわあっけなかったな(苦笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.03/15 20:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんないすありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.03/15 20:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR