FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

冬のべにお亭・ちょこっと着物コーデ

ごきげんよう




昨晩22:00のウチのご近所


ここはどこ
。。。ってくらいの雪の降りっぷりでございましたな。
空がうっすら明るいのも、音が吸収されて静かなのも、またよろし。

そして本日17:00のウチのご近所
ひとが通る道だけはしっかり確保。


昨日の雪の中は着物で出掛けたくせに、今日は洋服にしたヘタレなわたくしです。この辺りは明け方、雨になったのに、ほとんど溶けなかったですわ。降ってる雪の方が、足元も防寒もずーっとラク。雪って案外濡れないですもんね。










べにお亭、美味しいものと猫に耽溺する会の合間。。。

ステルスタンタン撃沈のため、本来の予定(着物着付け講座ごっこ)はなくなっちゃったんですが、キャリーに詰めた荷物はそのまま持って行ったんでした。
なので、腹ごなしにちょっと着物を着てみましょう、ということになり、紬と半幅帯を、べにお先生とわたくしお互い各自の手順で、確認し合いながら着付けしてみます。
緑色薔薇柄真綿系紬。
黒地に三毛猫柄の半幅帯。
くすみオレンジ色地ろうけつ染め薔薇柄小紋反物を長羽織に仕立てたもの
(仕立て上がったときの記事は
こちら)。
ひめ吉さんのぶら下がり猫刺繍半襟。
帯揚げは100均ダイソーのスカーフ黄色系。
画像はべにお先生撮影。














わたくしたちは、襦袢の着方、衣紋の抜き方、腰紐の結び方、おはしょりの取り方に至るまで、それぞれが自分のやりやすい手順で着てみました。
すると、
ああわかるわかる
てな着物着付けあるある
ええそんな風に着るの
てな着物着付けガラパゴス
同じ衣装、からだに巻き付けるだけの衣装ですが、着る人間はキャラも体型も違うので、結果的に同じように見えてもやり方はひとそれぞれそういうこともありましょう。また、わたくしたちはわりとしょっちゅう会っているのですが、時間とともにマイブームのような着付け癖が変わっていくのもわかっておもしろいですし。普段から好き勝手に着物を着ている人間たちの、おしゃべりも含む実際の具体的な見聞がとーっても楽しいのでした。
着物好きは着物を玩具に、ご機嫌で遊べます。

その後は、わたくし手持ち荷物の中から、長羽織だけを共通のモチーフにコーディネート遊び。


べにお先生の、緑色系麻の葉柄平織りの紬。
わたくしの、青磁色ちりめん地紅型風染め名古屋帯。
べにお先生の、ヒヤシンス色の丸組の帯〆。
わたくしの、生成り色ちりめん地帯揚げ。










次はわたくしの破れ麻の葉と鏡紋柄泥染大島紬を使って、べにお先生が『今、着るなら』コーデ。
べにお先生の、パープル×ピンク色博多八寸名古屋帯。
ペパーミントの麻の葉柄帯揚げ。
エメラルドグリーンの丸組帯〆。

小物にビビッドな色目を置くべにお先生。







「わたしの箪笥の中から好きな帯を選びなさ~い(爆)」
と言われて、しばらく悩んで(先生の帯は、クリア衣装ケースが押し入れにずらり積み重なった中に、季節や帯の格でざっくり区分けされて見易く取り出しやすく収納されています)先生が普段あまり使わない帯を引っ張り出してきた、わたくしが『今、着るなら』コーデ。
べにお先生の、洗い朱とグレイと黒の何やら描かれた帯をベースに、明るく澄んだ水色の帯揚げ帯〆。
先生の帯は、先生がまだ着物マイブーム初期の頃、リサイクルで購入した羽織をつけ帯にリメイクしたもの。洋服用の接着芯で仕上げてあります。固さとかが使い勝手良さそうに感じました。

さてわたくしたちの集中タイムリミット2時間が経過して、この日の着物遊びはこれにて終了。
和室(着物部屋・客間)を出ようとすると、海大にいちゃんがこっそりのぞきに来ていました。
次は晩ご飯だっ

いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/


ウチの義妹から送られてきた。
何をやってるんだ。。。平和だ。












スポンサーサイト



Comment

No title 

まぁ~雪国がさらに増してますね~どうぞお気を付け下さいね~。ちび茶様は大丈夫なのかなぁところで長羽織綺麗なパステルカラーで紬の着物とばっちり合いますね~。この綺麗な澄んだパステルカラーは顔色を美しく見せるんですよね~。べにお先生の今着るならコーデに先日の八雲氏の玩具になりそうだった帯留合わせたい~っ。絶対可愛いと思いませんか
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2014.02/15 22:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

これ、楽しかったねー♪
着物着付けあるある、「お太鼓しょってひと息つくとタレがちょっと下がる」ってのは、これ…着ている人じゃないとわかんないよなぁぁぁ!(爆)かなりマニアなネタでした。
私はこう着てる、私はこう…ってのは、着物ならではですよね。洋服は着るのにコツはいらんもの。
毎日着物生活をするようになって思ったんだけど、着付けの本って「必要最低限の情報」と「和装の美の基準」と「コツ」が混在しているのですよね。だから、あれもしなくちゃこれもしなくちゃって初心者はアタフタして、面倒くさく感じちゃう。
腰紐で下半身を決めて、胸紐(もしくはコーリンベルト、伊達締め)で上半身を決める。…って基本が押さえられたら、あとのコツは個々人それぞれでいいんじゃん?とか、最近思ったりしますわ。
もっとも、着物って着用頻度が少ないから、自分でコツを見いだす前に情報を仕入れたくなっちゃうんだろうけどねー。
はっ、語ってしまった! でもこれって、着用頻度が多いがゆえの「とんだマリーアントワネット発言」かしら?(笑)
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2014.02/16 15:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

二日間パジャマで過ごした…
雪スゴすぎ。何もしない贅沢。
ご結婚記念日おめでとうございます猫柄帯のup、楽しみにしてます。
  • posted by とん☆ 
  • URL 
  • 2014.02/16 16:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

昨日は、うちの県の合唱連盟のイベントがありまして。
わたしは、声が久仁ちゃん似の友人を車で拾って出かける予定でしたが、この記録的な雪のせいで車が車庫から出せない!という事態に陥りました。
ダンナの協力でなんとか家周りの雪をかいて車が出せても、今度はメインストリートまでの20メートルが移動できない!
運良く車が動かせた友人に迎えに来てもらい、二人とも無事会場までたどり着けましたが。
いやあ、雪で車がスリップすることはあっても、車が動かせないという経験は初めてだわぁ。
うちの近所では、駐車場の屋根が雪の重みで潰れる被害が続出。本当に今回は想定外な雪でした。

かまくらの中の国王…。癒されますなぁ。
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2014.02/16 17:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

passionpiano様、ちび茶さまは晴れの日以外は何処か雨風防げる寝床があるらしく、雪の中足跡つけて、ご飯タイムにだけきちんと来てくれますよ。
パステルカラーの羽織ものは紬に合わせやすいです~。
ないすありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.02/16 21:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ノリコさまないすありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.02/16 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお先生、またこうしてたまに着物着付け遊びしましょうね♪コーディネートごっことはまた違った楽しみ方ですもん。
ヒトそれぞれが和装する理由も用途も楽しみ方も違うはずなのに、情報は限定されるしこういうのも着物の不幸だろうな…と思ったりもしますわ。同じ和装下着が、あるヒトには快適であるヒトには不快。身につけるものなんだから当たり前なんだけど、誰かが発信しなければわからないもんねぇ。って私は極力発信しないようにしてるんだが。って、しろよ(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.02/16 21:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

とん☆さまどうもありがとうございます(^^)v
ホントに雪、凄かったですね~。首都圏の雪はどうせすぐに消えてしまうからこそ、のネタ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.02/16 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

はま~た姫、車庫の屋根が雪で潰れるの、アリだったんですね~。ウチのご近所も気の毒に潰れてましたわ。普段、雪が降らない地方は、車庫ひとつでも造りが違うのだろうなあ。

カマクラのonちゃん、ウチの義妹宅は楽しく遊んだみたいですわ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.02/16 21:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

着物あるある~を見てみたい!
『えっ、そーなの?』的なことがたくさんありそう。


べにお亭のおいしそうな料理に関しては今回は罪悪感と悔しさいっぱいなんでコメントは無しで行きます(笑)
  • posted by タンタン 
  • URL 
  • 2014.02/17 01:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

タンタンさん、ホントにコレは楽しい!突っ込んだことが聞ける相手だからこそ、なお楽しいですわ~。
体調整えて次を目指そう(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.02/17 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR