FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

未だ若手!初釜の装い

ごきげんよう




先日の火曜日(1/21)初釜だったんですよ、奥さん。
もう賞味期限切れであろうと思っていた、蘇芳(すおう)色の江戸小紋(鮫)芥子縫いのひとつ紋付き
最後のご奉公のつもりで先日コーディネート記事をアップしたところ、「まだイケる」とのココロ強いエールをいただきまして、着用に及びましたのさ。この阿呆は、おだてられれば木に登るブタと同じでござりますれば、笑ってもらってなんぼの芸人のように、できる限りカラダを張る所存でございます。
(他のコーディネートは
こちら



  



グレイ地天格子相良刺繍袋帯。

若草色桜紋綸子帯揚げ。
薄いからし色高麗組帯〆。
最近はトンとご無沙汰だった、白い塩瀬地に梅の刺繍半襟。
最近のわたくしは、何処でどなたにお会いしようと、初めてお会いする方の中で一番年上だったんですわ~。なのでつい老け込んだ気分になっていた。でも、場所に依っては、わたくしが一番の若手という世界もあるっ。それを思い出させてくれたKu-nyanさんありがとーっ

姉弟子さんたちも「懐かしーっ」と言って喜んでくれました。





義妹(夫の妹)の着姿も少々。
義妹も、今回が最後のつもりでセレクトした着物です。
亡くなった母親(わたくしの姑)が若い頃に着ていた着物だそうですが、義妹には箪笥の肥やし状態だったんですな。袖丈45センチで、合わせる長襦袢を選ぶ(ってかお裁縫しなくちゃならない)ので、ついつい億劫になってしまう。億劫がって放置していたら、母親がこの着物を着ていた年齢はとっくのとうに超え、さすがの義妹も賞味期限を意識したのです。
袖丈45センチは、あすか師匠曰く『高度成長期丈』
昭和30年代から40年代頃の時期を高度成長期と呼びますが(お若い方にとっては歴史であろ。現代史。役に立つねぇ)この頃仕立てられた着物はリサイクルショップでも大量に出回っていますが、何故か袖丈が今の標準丈より短いものが多いんですわ。ホントになんでかな~。反物の長さが変わった訳じゃないのに。
それにしても、師匠は上手いこと言うよね~



画像では赤みがあるように見えます。ホントは青みのある藤色なんだけど。。。

藤色枝葉地紋綸子地小紋。
画像ではわかりにくいのですが、線描きの花柄が全体に散っているので、小紋なのでした。一瞬色無地に見えるのですが。
黒地牡丹柄刺繍洒落袋帯。
マゼンダピンクやエメラルドグリーンやイエローを使って大輪の牡丹がこってり刺繍されたこの帯は、ウチの夫&義妹の父方のお身内のもの。かなり昔のものだそうで、ほんまもんのアンティークですな。義妹にとっての万能帯で、悉皆にお手入れしてもらって大切に使っています。
梅枝刺繍が施された、明るいからし色梨地紋綸子帯揚げ。
抹茶色高麗組帯揚げ。
白い塩瀬地に白と金糸刺繍の半襟。










髪は、タンタンまとめ髪(@タンタンさん)で低めの位置にアップにし、あすか師匠作つまみ細工の飾り物を義妹が黒いリボンとアレンジして付けました。
あすか師匠が送ってくださったつまみ細工は、サーモンピンクとターコイズブルーで、わたくしと義妹ふたりで分け合うように…とのことでしたが、世間では、わたくしがジャイアン体質をあらわにして、義妹の分までブン獲ったものと疑われておりましたのさ(爆)普段の行いのせいかな。ほ~れ見し。

そうして我が家から徒歩5分の、先生のお宅に向かったのでした。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/




  

新年に、新しい羽織をおろしてみたくて。
薄いピンクグレーちりめん地に手毬と椿の柄の手刷り友禅長羽織。(右画像の方が実際の色目に近いです)
普段の長羽織マイサイズでは身丈100センチなのですが、これは身丈95センチにしてみました。

ところで。。。礼装着物を着て礼に叶う場面では、どうぞきちんとコートをお召しくださいませな。特に大寄席のお茶会など大勢の方の目に触れるところでは、どうぞ羽織はおやめくださいませ。男性と違い、女性の羽織は礼装ではありません。わたくしは、歩いて行くご近所で、なおかつ着るものにうるさくないウチの社中だから、の確信犯でございますれば













スポンサーサイト



Comment

No title 

ほら~、全然派手じゃない
たまさんは、色が白いからこんな色はよくお似合いですよ。
それに、手毬柄の羽織かわいい~
全体的にピンクっぽい華やかさが新春らしくて素敵です。
ところで・・義妹さんが締めていらっしゃる帯、素敵ですね~。
柄とか生地とかアップで見たいわ~
  • posted by - 
  • URL 
  • 2014.01/24 00:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

…高度成長期丈、なぜあの長さなんだろうと考えたら、多分平均身長が今より低いからではないかしら~と思いましたわ。155㎝そこそこってところですもん。
それを今の平均標準身長に合わせると袖丈49㎝になるのではなかろうか。―――ここらへん、とんぼ様に考察して頂きとうございますねえ、丸投げで(笑)
で、ホントだ。ちゃんと義妹さんも使っておる、菊つまみ細工。
しかしたまさんの装いにはサーモンピンクの菊、似合いそうですわ。お使いになれば『お揃いシスターズ』で楽しかったのに~
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2014.01/24 01:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

お似合いですわ♪
そしてあすかさんお手製つまみ細工、本当に両方隠匿されていたんじゃ無かったんですね。
えぇ、疑ってましたわ
  • posted by タンタン 
  • URL 
  • 2014.01/24 02:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

優しい風合いが女性らしくて羽織ともぴったり!
自分で着るには気おくれしてしまう柔らかい感じの姿って目の肥やしになります。
義妹さんの方のコーデなら着られそうな気がしないこともないけどむ~んやっぱりむりかー
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2014.01/24 07:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

慕情さまナイスありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/24 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんナイスありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/24 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kun*a*290*5様どうもありがとうございます~。手毬柄の長羽織は思ったほど派手じゃないので充分使えますわ~。
義妹のこの帯は細かい刺繍でホントに素敵ですよ。昔の帯は楽しいですね。詳しい画像、きちんと撮って後で載せますね!褒めていただいて喜びますわ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/24 23:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あすか師匠、低身長説にするには時期がピンポイント過ぎる気がしましてね~。ウチの姑(義妹の母親)は私よりも背が高い義妹よりもまだ身長が高かったんですよ。こんなに短かったらどんな着姿だったのか不思議ですわ~。やっぱりとんぼさんに解説してもらいたいですね!
義妹が飽きたらターコイズと取り替えっこしますわ。そうですよね、義妹といっしょに着物を着るなんて滅多にないのに。「お揃いシスターズ」オバサマたちにもっと喜ばれたに違いない!工夫が足らないなあ~すみませ~ん!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/25 00:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

タンタンさんが一番しっかり疑がってた(爆)このように義妹は自分が使いやすいようにアレンジまでしてるんですよ。次に私と取り替えっこするときはどうするのかにゃー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/25 00:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

passionpianoさまないすありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/25 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

りおん様ナイスありがとうございます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/25 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様、自分では買わないような着物を取っ替え引っ替え着せ替えごっこしたら楽しいでしょうね~。ほ~さまで遊びたいなあ(爆)義妹の着物は紋綸子で若干光り気味なので、色目の割りには華やかですわ。試していただきたいな~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/25 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

この最後のお写真のコーデ、めっちゃかわええですこのままたまさまを縮小してお人形にして飾っときたいくらいですわ(ってどんな表現や!?)こうみえても私、かわいいコーデも好きですのよ。手鞠と椿の羽織もラブリーです私も実母がうん十年前に作ってくれたピンクの色無地に同じくピンク(ほとんど同じ色味)の訪問着があるんですが…一回しか着てないですわ…
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2014.01/26 12:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様、褒めて伸ばしてもらってありがたいのは私の方ですわ~♪
最後の画像に先日自主トレしてらした日本髪を結ったら楽しくありません?もちろん着るのは私ではなく、妖怪さんですよ!赤い手柄が似合うだろうな~♪
ピンクの色無地と訪問着ですって。着ない着物があるともったいなくて活用したくなってしまう貧乏性ですの。たとえひと事でも~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2014.01/26 22:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR