FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

黒地に菊と立涌柄の紬で、控えめなコーディネート

ごきげんよう



今日はかかりつけの歯医者さんで定期検診でしたわ。
最近の体調不良が到頭ここまで影響してくれちゃったようです。要養生。
歯医者さんへは、着物で行くことにしています。今日のコーディネートは、後日アップします。
本日は、まだ終わらない1泊2日栃木行きレポ、これが最後です。



日曜日はキンキンに晴れた寒い日でした。
寒いのを見越して用意した着物は、黒地に緑色の菊と立涌柄の結城紬。
重要文化財級ではなく、もっともっとお手頃のブツでさらにリサイクルもの。
これを購入したのはもう20年近く前になりますが、胴裏も赤い八掛も黄ばみが酷くて、ほとんどセピア色でした。
当時のワタクシは比較的痩せている時期で、元々のマイサイズ着物すら若干大きかった頃です。こちらの紬は全体に寸足らずで身幅も広く、大き過ぎてどうにもこうにも着にくかった。ワタクシの人生に於いて唯一、大き過ぎる着物を着る経験を持てた珍しい時期と言えましょう。
結局我慢できなくて、セピア色胴裏と八掛を替えるためにも、洗い張りに出して仕立て直してもらったのでした。そのとき八掛は黒にしました。
覚えてらっさる業者さんも多いのではないかな。黒地の紬の八掛を黒にするのが流行ったときがあったんですわ。今、リサイクルで八掛が黒い大島紬などを見ると、ああ当時の流行りね。。。と思う。無彩色で邪魔になる色ではないので、帯や小物を合わせやすいかもしれません。
そうこうするうちに。。。2年ほど前から今度はどーっと太り始め(中年太りという)身幅が狭過ぎて着にくくなり。。。今度は泣く泣く身幅出しをお願いしたのです。。。な~にやってるんだか

よくリサイクル着物の販売で、身丈や裄を気にされる方が多くいらっさるけど、ワタクシに言わせれば重要なのは身幅ですわ。ネットの業者さんでも身幅の記載がないと「喧嘩売ってんのかワレ」と。
あら、下品でしたわね、失礼。
てな訳で、前日の撫松庵プレタ着物より圧倒的に着やすいマイサイズ着物。





  


ちりめん地灰色濃淡の市松地に、郷土玩具柄の染め名古屋帯。
藤色ぼかしの帯揚げ。
萌葱色×サーモンピンクの帯〆。
ひめ吉さんの蝶柄刺繍半襟。(日本橋きものさろーねでクジに当たったもの)
ああ、着画を見ると、かかとが丸見え

和室で立ったり座ったりするお茶事のような場合は、着物の裾をひっかけたら困るからこのくらい短く着ることもありますが、普段のワタクシはもう少し長く着るのを好むので、気になるのでした。
出先なので、草履は前日のパーティーのときと同じ。
長襦袢も、この時期は正絹単衣(袖だけ無双袖)のものを2日連続で着ます。
足袋は裏ネルのブロード白足袋。裏ネルはホントに暖かいと思います。



ところで、タイトルの「控えめなコーディネート」。。。というのは、あくまでも当社比ですので、どうぞご了承くださいませな(爆)

いつも読んでいただいてありがとうございます



https://fashion.blogmura.com/kimono/








ここから先は着物ネタではありません。






底冷えのする晴れ渡った日、わたしたちは東北自動車道を北に向かっていた。
インターを降りるころには、すっかり曇ってしまった。
12月半ば。
林の中を通る道には、ところどころうっすらと積もった雪が見える。
那須山の、裾野の高原に、彫刻家の彼のアトリエはある。

わたしたち美術科は14人だった。(定員15名)
他所の科、他所の学部は知らず、わたしたちは在学中から付かず離れず、ゆるく結束した。このくらいの人数が幸いしたのか、授業の大半を占める専門課程の内容のせいか。。。しかし思えば、他の学年とは違う。おそらくは、ただ単に、微妙な距離感での相性がとても良かったのだろう。
密度の濃い、ほんのわずかの時間を共有したあと、みなそれぞれの思う方向に散らばったのだが。。。ゆるくて細い細い繋がりは何故か途切れることなく、到頭現在に至っている。

欠員。
最後に会ったのはいつか。
病気がどうやら思わしくない。。。とは、いつ聞いたことだったか。

この日、集うわたしたちのために、彼のアトリエを開けて、ご遺族が待ってくれている。

車を停めたときには、雪が散らつき始めていた。






今は、彼のことは何も語れない。
そのうち、回顧展の開催を、紹介できると思う。
スポンサーサイト



Comment

No title 

青空が痛い・・・
  • posted by とん☆ 
  • URL 
  • 2013.12/18 23:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

そだね。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.12/19 02:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR