FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

今月買った本読んだ本・9月10月(前編)

ごきげんよう




あまりよく知らないひとに、
「趣味は何ですか」(現実にはこんなストレートではないけど、それらしいこと)
とか聞かれて、困ること、ありませんか。
。。。ワタクシは、あります。
趣味
趣味ってなんだろ
趣味ってやってて楽しいことよね
好きなこと聞いてるの
『一生どうでしょうします』は趣味
パソコンは手段であって趣味じゃないよね

で、曖昧な表情を浮かべて、言葉を濁します。
「。。。ワタシ、特に何もやらないんですわ~。。。」
多分、ワタクシをジャンル分けするなら『ヲタ』。
広く浅く楽しく。。。よりも、とにかく深く深くときにはつらく。
さすれば、趣味は『ヲタ』と言えましょう。ヲタの範囲は、その定義を含めてもとても広いですが、共通して言えることは、ヲタはひとり遊びを旨とする。。。たまに同好の志らしきひとを見つけても遠くから手を振り目配せしてそっとすれ違うでもそれが嬉しい。。。のでございました。

さて、読書は趣味の範疇らしいですが、それは読書で生計を立ててる人があまり存在しないからなのでしょう。ワタクシの読書は、製本されたブツならなんでも読書の範疇なので、場合に依ってはカタログやパンフレットも含みます。出先などで何も読むものがないと、活字を必死で目で探してしまいます。おもしろいとかつまらないとかじゃなく、ひたすら活字を読む。その内容は一瞬後には忘れてしまうほどで、ただ時間を費やすのみ。
こんなのを趣味と言うのか言っていいのか、イマイチわからないのでした。

恒例の、今月本。



『地下旅!』
『こんなの、はじめて?』
酒井順子

昔から、このひとの他人ウォッチング、「このひとに観察されたらキビシイ感」はありました。書いてることはおもしろいけど絶対近くに居たくないタイプの人間であったのです。様々な思惑で動く人間の恐らくは隠してることすら意識しない、その背後にある恥ずかしい感じを、書く。
。。。池袋リブロで、酒井センセイのサイン会があったのです。ワタクシはどうしても都合がつかず、友人★に代わりに行ってもらい、新刊本を買ってサインしてもらったのですが、その際ワタクシの友人★はご本人を前に何か言わねばならぬのでは~?と、(ホントは何も言わなくていいのです)
「センセイの、じっくり相手の裏の裏まで読む感じが好きなんです~」
「。。。わたし、ええっと、そんなことしてませんけど。。。」
天然か。
つーか、★よ、要らぬこと言わんでよろし。
そんな酒井順子(敬称略)は、最近は、鉄道系の本を出版しているのでした。
ウチにはどこに出しても恥ずかしいヲタク(@くるねこ)配線鉄・廃線鉄(その他モロモロ)の夫がおりますゆえ、ワタクシも若干鉄子。乗り鉄を公言する筆者の本は、若干鉄子にもほどよい加減です。
他に、東京の地下鉄路線を1日ですべて乗る企画や、24時間各駅停車で横浜から熊本県まで行く企画など、乗り鉄の楽しさつらさ満載『女流阿房列車』



(新潮社)という名著があります。


『聖☆おにいさん』
第9巻 中村光

先月、べにお亭お泊りのとき、我々の流行りはコレでした。
先生は苦行スイッチが入りやすく、特に気持ちが同調しやすいキャラはブッダだそうで、それはとても納得しちゃいましたが、何かの話の流れで、ワタクシの着物がほとんど全部マイサイズお仕立てだと言ったら、
「とんだアントワネット発言だよ」
と、すかさずツッコむ。。。
。。。サイズが合わなきゃ仕立て直しすればいいのに~ほ~っほっほっほっ。。。てか。






『くるねこ12』
くるねこ大和
くるねこアニメ傑作選DVD付き

前回の『くるねこ11』購入のとき同時にアマ●ンさんで予約したまます~っかり忘れて、ある日突然来て驚いたっけ。ネットでお買い物すると、それに対して、「あなたがチェックした本を買った人はこんなのを読んでます」。。。だったっけ
あれは正直言ってワタクシにとっては遅い情報で、
「そんなのとっくに持ってるわよっ
」と怒りすら覚えるのですが。売る側も客の取り込みに必死ですから、このように巻を重ねて続いてる本は、次の発売本まで客を取り込もうとするのであって、結果このように忘れた頃にやって来るのでした。いいんですけど。
「胡てちゅう」と呼び合う夫婦を見て、「ちゅう。。。はないよな、ちゅう、は」などと最初は思っていたのですが。。。気がつくと、「やちゅけ(注:八雲氏の渾名で、八助と書く)」と呼んでべたべたしてるいいトシぶっこいた恥ずかしい夫婦は我々であった。ここでカミングアウトしておくっ


後編に続きます。
いつも読んでいただいてありがとうございます



https://fashion.blogmura.com/kimono/
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR