FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

病院の日

ごきげんよう






八雲氏。画像と本文は関係ありません。


昨日(木曜日)は、都心の大学病院の診察日でした。
ここに15年以上通っています。
全身性エリテマトーデスの診断もこちらで受けました。
当初40mg50mgの摂取から始まったステロイドも、少しずつ減らせて今は1日9mg。ステロイドの錠剤は、5mg仕様のプレドニンと1mg仕様のプレドニゾロンを混ぜて使います。毎日飲む薬の量が多いので、1日分量ずつ透明の小袋に入れて日付を書いてます。
密かな願いは、1日分量のステロイドがせめて5mgになることですが(すると錠剤は1個で済むから)血液検査の数値は何年も変わらないので、さーや(と呼ぶ、やんごとない方に似たワタクシの担当医)にとってこれが低空飛行で安定した状態と受け止められているのか、何も変更はありません。

さて、あらゆるものは時と共に何らかの変化をするものですが、こちらの大学病院でもここ数年の変化は大きいです。
ここは都心でも著名な私立の医大を擁した総合病院です。
ワタクシが向かう膠原病の専門センターは、他の診察科とは建物が違うのですが、広い待合室に、以前は、ヨーロッパアンティーク家具のレプリカ(だと思う。ホンモノとは思いたくない)がフロア各所に置かれ、猫脚のサイドテーブルには大きな壷と山盛りのドライフラワーが飾られて、高い天井近くの壁には大きな油絵、柱には小さなリトグラフがさりげなく架かってました。
待合室の椅子はゴブラン織りのカバーがかかったソファで、クッションもたくさん置かれて、ウチの安いソファより寝心地が良かったものでございます。
そのうち、まずソファがひとつ減りふたつ減り、代わりに猫脚の椅子になりました。
サイドテーブルの上のドライフラワーが消え、いつしか壷も消えました。
大きな飾り棚風アンティーク家具のレプリカが置かれていた場所には、代わりに患者が座るための椅子が。とはいえ、何らかの矜持があるのか、ここにはよくある病院の長椅子はありません。
大きな油絵は外され、壁の白いところが見えます。

。。。ところでこちらのセンターの家具類は、見えにくいところに貼られたシール(備品所在シールとでも呼べるもの)によると、どうやら大学への父兄の寄付金や卒業生の寄付金で賄われていたようなのです。(実は、何故こんな家具が並んでるんだろうと思って、椅子やらテーブルやらを時に下から時にひっくり返して見ていた。もちろん回りに人があまり居ないときに限る)
少子化が進んで、医学部に入学する子供も圧倒的に減り、寄付金も減り、どうやら家具の維持にお金を掛けられなくなったのだなあ。。。などとしみじみ思ったのでした。
。。。えっツッコむとこは、そこ
などとツッコまれそうですね。
ま、患者としては、待合室の椅子のレベルが多少落ちても、医者のレベルが落ちなければそれは許容範囲。。。と言っといた方がいいですかね。。。でも普通の病院って、健康じゃないと行けなくね
せめてラクな椅子に座りたいよ。。。
ま、ホントにどうしようもないときは、椅子になど座らないのも事実です。そのまま救急ベッドに直行か車椅子で運ばれるか。椅子の座り心地云々してるのは、比較的元気な証拠です。


お薬は、処方箋薬局でもらいます。
大きな大学病院前なので、「どうしてこんなに必要なの
」って言いたいくらい、処方箋薬局が並んでいましたが、これも、大きな店舗に統合されて少し減りました。ワタクシも長く利用していた店舗が閉まったので、最近、系列店に移ったのです。
薬局を出たら、もわっとした空気を感じませんでした。
ちょっとずつ、秋の気配がします。
。。。な~んて言ってるそばから、今日は気温36℃、真夏日なんだけどっ



いつも読んでいただいてありがとうございます



https://fashion.blogmura.com/kimono/



今、お気に入りの箱がある。

今月の薬



プレドニン5mg 1錠:アレルギー抑制・炎症を抑えるステロイド剤
プレドニゾロン1mg 4錠:同上
ブレディニン50mg 2錠:リウマチ症状の改善・免疫調節作用
ローコール10mg 1錠:コレステロールを下げる
ムコスタ100mg 3錠:胃の粘膜保護・修復
オメプラール10mg 2錠:胃酸の分泌を抑える。逆流性食道炎用
ガスモチン5mg 3錠:胸焼け・吐き気・嘔吐を抑える
レンドルミン0.25mg 1錠:睡眠薬


スポンサーサイト



Comment

No title 

まさにその通り!!!
病院は健康でないと行けないところです。

約十年前、その日は娘の中学の文化祭だったので、見に行く予定を立てていたのだが、朝から今までに経験したことのない腹部の鈍痛におそわれもがき苦しんでいた。やむなく文化祭は諦め家で寝ていたが、午後になってもいっこうに痛みは治まらず病院に行こうとしたのだが、起き上がることがまずできない!この状態では、車を運転することも待合室で椅子に座っていることもできない。ダンナも帰りが遅い。仕方なく、翌日少し痛みが治まってから病院へ行き、診断結果は軽い胃潰瘍。
風邪をひいたときも、絶不調の時はやはり病院には行けない。
何なのかしら!この不条理!!!
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2013.08/30 12:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

はま~た姫、病院は歩いて入って歩いて出て来ないとシャレにならないねぇ。私の同級生で、そのパターンで盲腸が癒着してしまい大手術になっちゃった人、知ってる~病院の行き時って難しい。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/31 11:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR