FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

Ku-nyanさんになりたい♡第5話

ごきげんよう


湿気の少ない、乾いた日でした@首都圏。

前回までのあらすじ。。。
べにお先生プロデュース、先生とワタクシの『Ku-nyanさんへのリスペクトKu-nyanさんへのオマージュKu-nyanさんへの暑苦しいまでの愛』発案からロケ実行までの詳細。
こちらのレポートの提出が遅過ぎて、その間に本家本元にパロディ。。。じゃねぇ、再現VTRまで作っていただけました(
こちら)感謝


さて。。。滝ロケを立派(?)にやり遂げた我々。
どう考えても長居できる場所ではないのですが、ここまで来るために費やした苦労と、ちょっとでも元手を取ろうとするケチの本能から、とにかく思いつくままに何かやってみます。
ワタクシたちはかなり貧乏性なのです。





その上やけくそが入ってるので、草履のまま浅瀬を渡って滝に近づき、尚一層のKu-nyanさん画像を狙います。
べにお先生なんぞ足袋を脱いで裸足になって、
「わあっ水がつべたいっ」
とか言ってます。
貴女の着てるのは正絹の夏着物なんだってばよ


「西の方々に、是非喜んでもらいたいですね」
「関東者にもここまでできることをお見せせねば」
。。。っつーか、こんなのでワタクシたちの暑苦しいけど本気の愛が伝わるのでしょうか。
知る人ぞ知る京都に住まう某妖怪氏の、
「け・け・け」
は、ポージングがとても難しいのがわかりました。
足元不安定のせいか、ワタクシがいいトシぶっこいてて足元ヨイヨイのせいなのか、何度やっても上手くできません。オリジナルにはとても及びませんので、どうぞ馬鹿にしてください。






さてこの日、ウチの夫は仕事がいっぱい入って忙しい癖に、ホントは一緒に出掛けたかった。
べにお先生が通勤ラッシュにひっかかってらっさるのを、
「ああ、オレがお側にいてお救いしたい」(←敬語。韓国ドラマにハマってるから)とか、
「Ku-nyanさんならこれを忘れちゃなんねぇ」
などと、せっせと荷物を作って持たせてくれました。それはワイングラス。
我が家は、ワタクシが完璧下戸なので、お酒に関する何もなく、ワイングラスも友人★がウチに預けて行ったものです。ホンモノにはほど遠いけど、形だけね。
演劇人べにお先生は大道具(ロケ地)にうるさいと思ったら小道具にも細かく、
「ホンモノのワインが入れられないんだったらそれらしくせねば。。。」
などと言い出し、

「グレープジュースならできればウェルチがいいんですけど」
しかし、滝に行く途中で最後にあったセブンイレブンはうっかり通り越してしまい、
「ああもうウェルチが買えない。。。」
「いやいや先生、あそこにはせいぜいトロピカーナしかなかったと思いますよ」
「トロピカーナもドールも薄いんですよ。見た目ワインっぽくない」
「こんな山奥にウェルチなんか売ってないですってば。(奥多摩の方々、暴言申し訳ありません)もう薄い葡萄ジュースで我慢してください。それならきっと駐車場近くに自販機あるから」
。。。ホントにあった



「お疲れさまでした


































。。。この後は、もうワタクシに語ることは残っておりません。
滝の駐車場からほんの4キロ地点に、比較的新しくできた日帰り温泉施設がありました。
温泉の受付では、着物姿の中年女ふたり客に何を思ったか気を使って、わざわざ大きいロッカーを選んでくれましたが、ワタクシたちはその期待を裏切るように、汗みどろの着物を、シワももう気にすることなく夜着たたみにすらしないで、勢い良くくるくる丸めてバッグにぽいっ。べにお先生などはあらゆるものを風呂敷に適当に包んでおしまいです。雑。。。いえ、オトコらしいですわ。
帰りは洗い髪をおさげにして洋服姿だったので、恐らく我々に気がつかなかったでしょう。
こうしてすべてのミッションは完了し、ワタクシたちはすっかりリセットされたのでございました。

これにて終了。
視点の違うべにお先生の記事は
こちらやらこちらから。こだわりポイントの違いも見事。



https://fashion.blogmura.com/kimono/

晩ご飯は焼き肉。
置いてけぼりだったウチの夫、大喜び。
とんとろを焼くと、脂で、大きな炎が出ます




等々最後まで、おされなレストランとは無縁であった。。。






スポンサーサイト



Comment

No title 

ワイン色のジュースあって良かったですね~♪(*´∀`)♪ワイングラスも持参だなんて。
とても深い愛を感じます…(笑)♪
  • posted by ななみ 
  • URL 
  • 2013.08/28 02:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

貧乏性ゆえ何かしなければ。する事をひねり出してでも何かせねば帰れない。
って感じは深く共感いたします。
小道具持参での撮影も楽しすぎです。

あ。けけけポーズは多分あられちゃんのきーーーーん!!な感じが発症だったような気がしますが、あの妖怪。ああ見えてなかなか身のこなしが軽いんですな。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2013.08/28 12:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

是非とも華厳滝で対抗してほしい!!(北関東者(≧∇≦))
着物愛は奥が深くて、deepですね。。。。
  • posted by とん☆ 
  • URL 
  • 2013.08/28 22:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

完結しましたね-、お疲れさまでした~。
そういえば、ワイングラスの写真、わざわざお互いの位置を変えてまで写し直したのよね。なんでそこまでやったんだか…(爆)。
「あんよ、ちべたい」写真も採用していただき、嬉しゅうございます♪ うっはっは~♪
「けけけっ」写真は、たまさんはウサギですのね。しかも青い。すげー、凝ってるなぁ! さすが!
こうして我々は、妖怪の世界征服に加担してしまったのですよ…。ぐふふ。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2013.08/28 23:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

きゃあたまさま。まで「けけけっ」ってるぅ~(笑)ええ、水のあるところで「けけけっ」とするのが真のけけけっでございますしかも帯留も生きてるぅ~(爆)先日ほ~さまと某甘味処(すでにバレバレですが)に行った時にもべにおせんせぇ~とたまさまのKu-nyanさん祭りの話でもちきりでございました私達も負けずに笑いをとらねば(ってなんの戦いや!?)そう言えば、OL時代のあだ名は「あられちゃん」でしたわ。ということは…けけけっポーズ歴うん十年?ひぇ~
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2013.08/29 00:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ななみ様、おされなレストランじゃないとこが弱いですね(^^;)ああでも私は下戸なので、ホンモノを使ってもやらせ写真になってしまうのでした。ホント暑苦しい愛ですね~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/29 08:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様、妖怪氏はさぞや足腰も鍛えられてるのであろう…などと先生と語り合ったものです。そっか元はアラレちゃんであったか。。。!そりゃ疲れ知らずですぜ。
先生は生粋の演劇人だから、とにかく小道具に凝ろうとするんです。誰か先生を止めてやって~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/29 08:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ようこそとん☆様。私も滝のメインイメージは「華厳の滝」でしたわ。でもああいうレベルの滝は実は珍しいものなのですね。だから観光地になってしまう。
今度、ちょこっと着物愛に触れてみます?
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/29 08:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお先生、最後はもうはしょりましたわ~(^^;)後は食べ物ばかりだし、温泉の画像もないしね~。(絹の着物くるくる丸めてぽいっを画像にしたかったですが)
そうなの妖怪氏を真似るならちょっとでも緑色のかっぱ氏と色彩のハーモニーが取れるように、と思って。このうさぎ、金星うさぎを元にしたんですけどうろ覚え。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/29 08:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様、私たちとにかく、西の芸達者な方々に少しでも喜んでもらいたかったんですよーっかっぱ様たちにウケればそれでいいっ(爆)
「けけけ」は水場とセット。。。深い。知らなかった。お江戸には神社やお寺が少なくてロケ地選びも難しいのですが、水場とは。。。頑張って精進いたします~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/29 08:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR