FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

Ku-nyanさんになりたい♡第3話

ごきげんよう


。。。筋肉痛でまったり過ごしております。

前回までのあらすじ。。。
ご存知べにお先生とワタクシは、夏合宿で盛り上がった『Ku-nyanさんへのリスペクトKu-nyanさんへのオマージュKu-nyanさんへの暑苦しいまでの愛』を実行に移すべく、入念に企画を練った。しかし世の中は無情べにお先生は天然。。。当初のロケ地富士山麓の白糸の滝へは行けず、急遽、目的地を奥多摩へと変更。そして当日、通勤ラッシュの罠にハマったべにお先生は孤独な闘いに明け暮れる。




さて、ワタクシはべにお先生が到着するまでに、準備万端整えておかねばなりません。

髪型は、Ku-nyanさんらしく(あくまで我々が咀嚼して、マネできる範囲でのKu-nyanさん。念のため)低めの位置でシニヨンを結います。
半襟の見せ方は細めに。

体型の違いはとっても重要だけどしょうがないので目をつぶってください。

水色の紗紬に、本来なら水色の長襦袢は着ないでしょう。賢明な読者諸氏もご存知のように、Ku-nyanさんは水色の着物のときは白やほんのりオレンジや濃い青の長襦袢をお召しですわ。我々の希望ではホントはもっと濃い青の長襦袢があれば良かったのですが、生憎と持ってない。でも、青い色目の長襦袢は、べにお先生とワタクシにとって、Ku-nyanさんの鉄板のアイコンなのです。水色の長襦袢を持っていないべにお先生など、身悶えして悔しがったほどです。


着物を着るのは実は3週間ぶり。着付けしてるうちに、妙に楽しくなってきます。
ワタクシ生まれてからずっと女性をやっておりますが、装うのは女性の娯楽だと、つくづく思います。

初めて使う帯を巻く。
新しい絽綴れは若干堅くて巻きにくい感じ。
べにお先生とコーディネートを決めた、白い絽の帯揚げを結ぶと、何だか新鮮です。






11時、べにお先生の、長い長い通勤ラッシュドライブが終わりました。
「着きました~

8時に家を出てきっかり3時間。
50キロの道のりを高速道路を使って3時間。。。これが都心の毎日なのでございます。恐ろしいことです。
これからが本番だというのに、べにお先生はもうすっかりひと仕事終わってます。さもありなん。
ウチでちょっとトイレ休憩をしつつ、八雲氏と遊ぶ。びびりの飛影は、最初逃げ遅れて固まってましたが、ベッドの下に潜り込んで、もう二度と先生に姿を見せませんでした。

それからワタクシたちは、夫に見送られて、奥多摩の滝へと向かったのでした。
途中、朝ご飯を抜いてしまったべにお先生にエネルギーを注入すべく、ファミレスで早めのお昼ご飯を食べました。ここで本来ならおされなレストランでランチ、ワイングラスを傾けて。。。といきたいですが、そうはならないのが我々の苦しいところです。実は密かに知られていることですが、東京都はおされに貪欲なようでいて、案外おされなレストランが存在する場所は限られるのです。これから向かう土地におされなレストランはありません、多分(あったらごめん。奥多摩のひとには謝っとく)。。。いつもおされなレストランで美味しそうな食事をなさってるKu-nyanさんが羨ましい。でも今回のロケではそういうとこを真似っこできないのでした。

青梅街道を西へ西へ向かうと、山が見えてきます。
右手遠くは埼玉県秩父の山。
真っ正面は奥多摩の山々。奥多摩のその奥は、峠越えすると山梨県。
新しいクルマの最新型ナビちゃんは、そこを曲がれあそこを曲がれを指示する。で、べにお先生が間違える。やっと曲がる。新しいクルマのナビちゃんは先生も良く把握できない機能を持っていて、とても良く働きます。
だいたいロクな前振りもなく、辺りは急に山奥ムードになってます。狭い山道を走る走る。東京都は狭い土地に人口が密集しているせいか領土拡張に貪欲なので、遠く小笠原諸島も東京都ですし、山梨県との県境も山梨県が譲れば自分の領土にしそうな勢いです。歴史的に合併は無理なので山梨県は山梨県ですが。。。な~んて馬鹿なこと言ってる場合ではありません。新車もべにお先生の運転も諧調です。
滝の無料駐車場に到着。
べにお先生の都心大横断に比べたら、不本意ながら、ちょっとそこまでレベルのドライブだったのでした。


続きます。もう何のレポなのか自分でわからなくなってきました。
視点の違うべにお先生の記事も合わせてどうぞ。(
こちら
いつも読んでいただいてありがとうございます



https://fashion.blogmura.com/kimono/


奥多摩にはこんなに滝があったのか。。。


 駐車場の案内板より




スポンサーサイト



Comment

No title 

檜原村だったのか…夫が行きたがっている地ですわ、山道好きなので。
しかしここってば、奥多摩屈指の美味しいものが揃ってる地ではなかったか。パンとか。
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2013.08/25 02:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

これは、長期連載になりそうですね
未だに滝にたどり着いてないし(笑)

どんな写真が撮れているのかパーツごとの写真しかアップされないので、すごく気になります~
  • posted by - 
  • URL 
  • 2013.08/25 10:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あ、パーツ画像は残っていたのね。良かった♪
そう、青い襦袢は重要アイテム! 私、持ってないから、たまさんが着てくれてて超嬉しかったわ♪ ふふふ。
それにしても、たまさんご夫妻は地理(というか、地図?)に詳しいですよねー。私には全くない才能でございます(笑)。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2013.08/25 19:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

おお~っ!!
東京にまだ村があったとは!
うちの県では、市町村合併で既に村は消え失せてしまった。雨女の生まれ育った村も、今では市に進化したしまったというのに。

十数年前、ポケモンゲームが初めて登場したとき、舞台は「カントーちほう」だった。そして、ピカチュウが生息する場所は「トキワのもり」。ここはおそらく、「東京の森」。すなわち、「高尾山」ではないかと娘と話しておった。でも、東京って半分は山地なのね。高尾山以外にも、こんなに大自然豊かな地があろうとは…。もう一回地図広げて復習します。
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2013.08/25 20:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ふふふ。ほんまですねぇ~Ku-nyanさんのおしゃるとおりまだ滝にもたどり着いてない(笑)第3話にして滝の無料駐車場へついたところですものねですが少しずつチラ見せのコーデに期待感を募らせますわ。水色の紗紬に滝を連想させるようなブルーの帯留の透明感ま・まさか!!滝行までなさったなんて!!(ってなんでやねん!?)失礼いたしました
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2013.08/25 22:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

滝…まさかめぐってはいないですよね?一箇所だけですよね?
  • posted by タンタン 
  • URL 
  • 2013.08/26 00:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

小出しにして次回作に持ち込む辺りが。
さながら目が離せなくなって身悶える連続ドラマの如し。
ぬ~~ん。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2013.08/26 05:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あすか師匠、その手の美味しいものやお土産ものって、物産店とかに地味に売ってるようですよ。地下好きな私には、この辺り、鍾乳洞がいくつもあって楽しいですわ。着物でロケじゃなければ、多分楽しいはずですわ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/26 07:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様、ご本人にリスペクトのリスペクト企画をしてもらって嬉しいです
久しぶりに盛り上がったので、私たち、メチャクチャはしゃいでしまいました(^^;)いやはや面目ない。滝まで行き着けば後は早いですよ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/26 07:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様、後は滝画像だけですわ。少ない画像で、書きたいこと多過ぎ。だって、先生、おもしろいんだもん。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/26 07:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

はま~た姫、東京の村は広いのよ、伊達じゃないのよ。鍾乳洞なんか結構見ものですわ。高尾辺りは電車も通るし、余裕の通勤圏だわよ。
でもウチでは出掛けるときは、高速使って山梨県まで抜けちゃうけど。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/26 07:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様、滝まで行き着くとお話がオシマイですのよ(爆)画像も少なくて、ちょっと反省。
なんかね~べにお先生にはドラマがあって、先生の行動を説明するだけでおもしろいんです。
今回は頑張ってもうひとネタやりましたから!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/26 07:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

タンタンさんそうツッコんできた。。。
ごめん、その方がおもしろいんだけど、できなかったっ(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/26 07:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様、画像の少なさとべにお先生の行動のおもしろさをお伝えしたくて、結果こうなってしまいましたわ。。。に、しても、妖怪氏はいつも詳しいレポートをお書きですね~。いざやってみようとすると大変ですわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.08/26 08:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR