FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

今月読んだ本・1月

ごきげんよう




ふと気がつくと、かなり復活しておりました。
前触れもなく。
やったっ

もう何が何だってどうだっていいのです。動けるのが大事。
まだ外には出られませんが。
ぼちぼち。

恒例の今月本を、今月のうちに。
(はい、アタクシは夏休みの宿題を7月中にほとんど終わらせてしまう厭~な子供でございましたよ)
とはいえ今月は新刊を購入しておりません。
暮れからずっと、レンタルDVDを観るのが忙しかったんだも~ん。
んで。
ご存知べにお先生の、昨年観た映画ランキング(
こちら)を読みまして。先生は根っから「映画ドラマお芝居っこ」なので、アタクシ、先生の評価には絶大の信頼を置いてますの。もちろん好みの違いはありますので、先生の評価の中からアタクシ好みの匂いを嗅ぎ取るのでございます

そうして昨年公開された映画の数々を観てたら。。。とっても原作が読みたくなって。。。
書庫の奥の方から、取り出してきたっす。



『るろうに剣心』 和月伸宏 ジャンプコミックス全28巻

オトナ読み。一気。お酒の一気はカラダに悪いですが、こちらの一気はスッキリでございますわ。
久しぶりに、ホントに久しぶりに読みました。
連載当時からリアルタイムで購入していたので、アタクシが持ってるのはジャンプコミックス版。

さて、この本に関して、アタクシ特に言うことはございません。
少年誌での連載なのでどうしてもある程度の制約ができてしまうのが歯がゆく感じることもあり。。。ジャンプのおもしろい連載は最終的に青年誌に移せればいいのになあ。。。と思ったりもしますが。
『るろ剣』は設定の勝利ですね。
もうすぐ30歳の元・妻帯者が主人公って、少年誌では掟破り的に頑張った。見た目は20歳前後の小柄でオンナ顔、とはいえ。
主人公のまわりを、17歳の小娘(ヒロイン)や10歳の少年(これから強くなる予定)がいくら固めようとしても、敵も味方も30過ぎのおっさんばかり。よくぞ完結できたな~。偉いぞ



実写版映画を観てアタクシが、「おおおおおっ
」ととにかく感動したのは、これ


を、実際に人間が構えたところが観られたことだっ

映画を観ながら、思いっきり80級ゴナEで、
『牙突~~~



と叫んでいたのはアタクシだけか

新撰組3番組長、斉藤一の牙突なんだよ

あ、ご存知ない方、「がとつ」って読んでね。
ヲタですまん



(更に、24級とか36級とかゴナEとかゴナUとかがわかる貴女はほぼ同業者。師匠、貴女のことですが)
もう役者などどうでもよかったっすよ(爆)




さてちょこっと着物ブロガーっぽいことを申します。
原作は少年誌連載のうえに、作者も若い(当時)男の子。。。となれば、女性の着るものに関してとやかく言うのは野暮というものです。
ですが映画では、原作のイメージを壊さないように注意しつつ、妙に細かいところで時代考証入ってるのに気がついて、それもおもしろかったです。
着物や髪型に関してしっかり時代考証すると、本来明治初期の街は全体に色どりが少なく、画面はさしずめ『たそがれ清兵衛』のような暗い感じになるかと存じますが、そこは漫画原作のエンターテイメントの自由さ。画面上の美しさを重視したのだと思いますが、女性の着物はエキストラも含めそこそこに色彩が散らばっていました。
でも、帯〆が丸くけだったり(現在のような組紐を帯〆に使うようになるのはもっと後、白州正子の母親の時代なので時代考証に合致している)女性の履き物の形、みなさん単衣の着物を着ていたり(初夏の話だから)主人公が回想する江戸時代京都の中で武家の娘が抱え帯をしていたり。。。と、ちょこちょこ仕事に気がつくのです。多分もっとたくさんあったでしょうな。
エンディングロールで、時代考証のスタッフの名前を確認しちゃったよ。

人気がある漫画原作は連載中に早くもアニメ化されますが、常に賛否両論がございます。実写映像化に至っては尚。ファンが持つイメージに真っ向勝負挑んでもそうなってしまうのは、現実にお金の問題が絡むからです。アニメ化が早いのは版権を持つ出版社と玩具会社がタッグを組んで、原作に勢いがあるうちに子供相手に儲ける仕組みでございますが、あれ何とかならんかな~といつも思いますわ。
今回の実写映画化は、原作が終了して約15年後。。。いい感じで熟成させると、かつての読み手もオトナになり、乾いた風が吹きます。作り手側も、かつて毎週原作を楽しみにしていた年齢層が主体になるのです。これ、大切なことですね。



https://fashion.blogmura.com/kimono/


『飛天御剣流、双龍閃
(48級ゴナE)が生身でできるたあ、いい時代だっ

。。。っていちいち技の名前を叫ぶアタシ。もしかして、若いもんより2倍楽しんだかもしれん



それと、ご挨拶。。。
コメント入れてくださった方々、読んでくださってる方々にお礼申し上げます。
励ましのお言葉、どうもありがとうございました。
平常運転できるまで、ゆっくりやらせていただきます。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



Comment

No title 

おおーーっ!!!
ついに復活されましたな!わたしも一安心であります。
でも、あまり無理はなさらないように。

『るろうに剣心』、マンガも映画も観てないっすよ~。たまさんのお勧めもあるので、近いうちにDVDを借りようかと思っております。

余談ですが、『日々笑える事はいい事だ』というタイトルのブログに、先日の『スマートモテリーマン講座』の内容を、イラスト付きで詳しくネタばらししてくれたものがあるので、もう一度思い出し笑いしたかったら覗いてみるといいですよ。どうも、我々と同じ日に受講したらしい。
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2013.01/31 14:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

やった~! 祝・たまさん復活
映画「るろうに剣心」、楽しんでいただけたようで嬉しいです!
というか、そんなマニアックな楽しみ方してたのね(笑)。
着物の時代考証かぁ~。そういえば明治時代は薄暗い色調だけど、あの映画の女性達は明るい色の小紋とか着てましたねぇ。なるほど、なるほど。
それにしても『るろうに剣心』一気読みって、羨ましいなぁ。私もやりたーい!
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2013.01/31 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

復活してくださってよかったぁ~
るろうに剣心、すきだった~
べにおさまのブログにもコメントさせていただいたことなのですが、私の人生で初めて買ったコミックスなのですよ。
そして、今日映画「るろうに剣心」観ました。絵を描きながらのながら観でしたが・・・香川照之の演じる悪役武器商人、子供の頃は大嫌いだったのに、香川さんだからかなぁ~あの、徹底的に典型的な悪いやつに、美学すら感じましたよ(笑)私、すれてきてるかも・・・・
私も、技名叫びたい、しかし、るろ剣で私の好きなキャラは、技に名前つけてんかったのよ~(泣)映画後のストーリーに出て来る瀬田宗次郎ってヤツですが、唯一、そいつが名前つけた「瞬天殺」は剣心の奥義にやぶれてるしね~
たま様みたいにるろ剣技叫びたい!って事で、「飛天御剣流 九頭龍閃!」映画に出てこない技ですいませんっす!おもいつかなかった・・・
あぁ~懐かしくてつい話しちゃったわ
  • posted by K-mana 
  • URL 
  • 2013.01/31 22:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

漫画原作実写ものは総じて評判がよくないですが、るろ剣は皆いいって云いますねえ。…あっしはジャンプ系は北斗の拳あたりで止まってますので、よくわからんのですが
で、同業者でも今回ばかりはわかりませんですの。専門用語が(笑)…オタクも色々でございますなあ。
しかしこの主人公、女顔なのにそんな設定だったのかい。確かによくジャンプで連載全うできたものよのう…
で、ぼちぼちながらの復活、なによりでございます。ご無理なさらずに~
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2013.02/01 02:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

お元気になられたようで何より
安心しました

「るろうに剣心」ってジャンプ連載だったのですね。
はて、読むでたはずなのに??と思ったら、絵面があまり得意ではなく、飛ばしていた漫画があったのを思い出しました。思えばあれが「るろうに剣心」だったのか~。
もったいないことをしたもんです
  • posted by Ku-nyan 
  • URL 
  • 2013.02/01 03:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

お帰りなさ~い。復活うれしいです
るろうに健診。
数年前に友達に借りて一気に読みました。
面白かった~。
作者の方は女性でしたっけ?
あれ?あれは鋼の錬金術師の作者だったかな?
同時期に読んだもんで記憶が~~
私も昔はアニメ化や、ましてや実写化には目くじら立てていたもんですが、最近はそれはそれ。別のものとして楽しめるようになりました。
年を取るってこういう事なんでしょうかねえ
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2013.02/01 13:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

はま~た姫、ご心配おかけしまして。どうも(^^;)『モテリーマン』が想い出になるとこでしたわ。まだまだ楽しみたいっすよね。

『るろ剣』アニメもありますよ。声は涼風真世だったっけ。これはこれでまあイケますが、私は最初の方しか観てないです。この涼風真世、宝塚出身で舞台慣れしすぎてるのか?カーテンコールでも涼しい顔して無表情なんですよ。私が観た回だけ?。。。芸能人の営業微笑をしないのさ。ヤケに新鮮でしたわ~。以来涼風真世って結構好き。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 21:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様、ナイスありがとうございます~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 21:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様また他のお勧め、教えてくださいね~。レンタルDVDでもできればハズしたくない。確実にそこそこ楽しめるものが観たいのです。。。
『るろ剣』映画は、原作読んでるとおもしろさ倍増ですよ。頬の刀傷とか、映画で部分的に表現されてたけど。あれ上手でしたわ。エンディングのやり取り「お帰り」「ただいま」は京都編があって初めて生きる台詞なんだけど。続編を撮るつもりなのかな~???これでやめてくれて良いんだけどな~(^^;)
そういえばアカデミー賞みたいなのからだと、この手の映画は好まれませんな。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 21:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

K-mana様宗次郎がお好き?シブイご趣味でいらっしゃる。
私は、京都編はジャンプの王道バトルパターンがあんまり好きじゃないんですけど、宗次郎はいいキャラだと思いますわ~。確かに叫ぶような技はなかったですね(爆)あのキャラでは叫ぶまい。。。(爆)
今はともかく、当時少年漫画にあの手のキャラは珍しかったですね~。宗次郎、絶対主役になれない男。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 22:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あすか師匠漫画の吹き出し文字を写植屋に外注しませんでした?ご自分で出力してらしたかしら。印刷用語なんす。私、仕事で時々、商業誌の漫画原稿の吹き出しに文字の貼り込みもしてましたの。ちまちました仕事、好き~。今はこういうのもパソコンですけどね~。

私は漫画を読むとき設定に惚れることがよくあり。『るろ剣』主人公は、人斬り抜刀斎として暗殺した幕府関係者の許嫁と知らずに愛した女性と結婚して、更に誤って斬り殺してしまうんですわ。これが物語の根底にあるんですよ。青年誌でも充分イケると思うんだけどにゃあ。
ところで、「ヒーローとは影があるもの」の流れを作ったのは石ノ森章太郎だというのが私の持論でして。(サイボーグ009とか)だから何だっつー話ですが。私の好みの方向なんですな。『名探偵コナン』はまだいいけど『金田一少年の事件簿』は絶対嫌。だから何だっつー話なんですが。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ああ、石ノ森章太郎っぽい。
キカイダーとか仮面ライダーとかも、設定は暗いんですよね~。
はっ! 横やり入れてしまいました。
私はデビルマンのラストシーンがたまらなく怖い…。あ、あれは永井豪か。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2013.02/01 22:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様どうもご心配おかけしました。

苦手な絵ってありますね。私は高橋留美子(『うる星やつら』『めぞん一刻』)の絵が苦手で苦手で。話はおもしろいのになあ。『ワンピース』の絵はもっと苦手で。
覚悟して読むこともあるんですけど。漫画読むのにその覚悟、そりゃいったい何の覚悟か。ヲタの覚悟っすよ。。。そう思うと、漫画はつくづく、日本の文化ですわ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様、作者が女性なのは『鋼の錬金術師』ですよ
漫画原作小説原作をアニメにしたり映画にしたり。もうすでに存在する読者ファンを相手にするんだからさぞややりにくいでしょうね~。それでもやるんですよね~。もう出来上がってるプロットが如何に魅力的かっつーことですね。
安易に作られたら目も当てられないんですけど、表現媒体を変えるだけのつもりで作り手がきっちり作ると、映像媒体はいいものになりますな。横溝正史原作なんて、作者が途中棄権した本まで映画で仕上げてくれて(爆。。。ごめん横溝センセイ)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 22:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あ、べにお先生(爆)石ノ森章太郎は暗いですよね。私の人格形成にすごく影響したなあ。暗いヒーロー万歳ですよ。能天気に悪と闘うアメリカンコミックのヒーローなんか馬鹿ですよ。
デビルマンの最終回ご存知?アニメはストーリー自体が全然違うんですよね~。漫画のラストはかなり衝撃的だった。子供ココロにあれはマジでショックでしたわ。永井豪は、既存概念の破壊者、ってとこですかね~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/01 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

デビルマンはなんってったって漫画ですよ!
衝撃でしたよね? 未だにくっきりと絵が浮かぶ…うなされる(笑)。
アニメの最終回は知りません~。
脳天気に悪と闘うアメコミ(爆)!! 上手いっ!
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2013.02/02 04:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお先生とデビルマンで盛りあがれるとはっ!はっこの続きは合宿までとって置いた方がいいのか。私たち案外まだまだ語るネタ持ってますね(爆)飽きませんね(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/04 15:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

デビルマンと聞いてしゃしゃり出てきちゃいました。
横やりすみません。
でも言いたかった。
私もデビルマンが好きなの~。マンガの方。
一番昔の全5巻を今でも大事に持っています。
輪島の永井豪博物館(?)まで行ってデビルマンの原画も拝んできたってちょっと自慢でした
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2013.02/04 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

デビルマンと聞き、私も、横やり・・・すいません。
世代じゃなくて、この時代のほかのマンガは一切読んでないのに、なぜかデビルマンは読んで、はまってました(^^;)
私の持っていたのは、文庫版全5巻だったのですが、ある時多感な知り合いに読ませたら、その人が、ヒロインが非情な最後をむかえるとこで、トランス状態?におちいり、「この本は私の分身だと思うから、くれ」と言われ、あげてしまいました。以来、デビルマンの魔力が恐ろしく、手をだしていません。もう一度、読みたいけどなぁ(^^)
  • posted by K-mana 
  • URL 
  • 2013.02/05 10:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

K-manaさま。。。はああああ?????(爆)
嫖衣体質の友達。。。(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.02/05 21:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR