FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

我が家の、かりそめの平和

ごきげんよう



日陰以外は雪も解けて、平常モードの首都圏です。
ちょっとは出掛けようかと思い、白地の十日町紬を出してみましたが。。。何故、白。だって雪に慣れた目には、白いほっこりした真綿系紬が可愛いかと思って。
。。。トシ喰ってるくせに可愛いとか言ってんじゃねぇよ
などと自己ツッコミするも、自分だけでどう思おうとエエやろ。。。などとやさぐれた気分になる。上がったり下がったり、結果自己完結するんですが、どうやら思春期よりも微妙なお年頃ですなあ。
でも結局、寒いし道も悪いので出掛けるのをやめました。まだ冷蔵庫には食料がある。
ヒヨッたアタクシをお許しください。

我が家の猫たちにとって、冬場最高の居場所はファンヒーターの前です。
猫用に、長座布団を敷いています。
人間(アタクシ)が寝られるほど充分な広さがあるのですが、何故かこの陣地は、あまり仲が良くないウチの猫たちにとって、常に争いの元なのでした。



陣地を保有しているのは、八雲です。
飛影は甘ったれなのでひとりで寝ていられません。お母ちゃんの顔を眺めに来たり、お父ちゃんに匂い付けに行ったり、落ち着きなく動き回ります。人間だったらどんなガキかと思うと、猫で良かったとココロから思う瞬間です。
八雲は実質重視。暑ければいちばん涼しいと思うところ、寒ければいちばん暖かいと思うところを確保してまったり落ち着きます。誰が居ても居なくても関係ない。常におのれの気持ち良さだけを追求する八雲。こいつも人間だったらちょっと困ったヤツかも知れません。



しかし、人間だってだらりとストーブの前に陣取りたくなるときもあるのです。寒い日は尚更です。
すると我が家のファンヒーターの前は、国際紛争にあるような戦場になります。
大国はロクな兵器も持たない上に民度の低い国民しか持たないが故に、無理無体に恫喝して、上手くいけばラッキーくらいの意識です。かつての戦争の戦後責任を上手に処理できなかった故にいつまでもいつまでもそれをネタに脅される日本。政治家田中角栄が誇った日中正常化は、今の現実を鑑みると良かったのか悪かったのか。自分が中国で得したかったからだと言われても仕方あるまい。現在、中国で得してる日本人はどれほどいるのでしょうか。こんなとき、世界のお荷物北朝鮮の我が儘外交は困ったちゃんが故に案外効果的なのを思い知ります。んな物知り顔で気取ってすかしてないで、「僕の陣地に入るな~」とか何とかウチの飛影並みに、手足をバタバタさせて暴れてみれば良いのです。日本が仮にそんなマネをすれば、国際社会はさぞや度肝を抜かれるでしょう。驚く世界が見たい。ある意味中国より北朝鮮より驚きの国家になれるかも知れません。そして自衛隊は中国の船になどガンガン実弾を打ち込んでやれば良いのです。。。あ、何の話をしてたんでしたか。失礼しました。

もっと室内全体を暖めてはどうか、と、理性の勝った諸氏はお考えになるでしょう。事実北海道などでは、外は氷点下でも室内はとても暖かだと聞きます。
しかし我が家は、根っから関東地方の住人なのです。設定温度23℃~24℃のファンヒーターが精一杯です。何に対して精一杯なのか。気分なのです。

そうして我が家は、人間も猫も、みっちりラブラブにからだを寄せ合って団子を作ることなく、お互いの距離感を大切にするのでした。都市のアーバンライフ(爆)と呼びます(嘘)





https://cat.blogmura.com/cat_mixtatou/
スポンサーサイト



Comment

No title 

我が家も常に国際紛争中
ストーブ前に、床の露出してないところや、ソファなどの紛争地がありやす
時には、猫が人間を可愛さや媚という武器で押しのけます。
猫の外交力恐るべしです(笑)
  • posted by K-mana 
  • URL 
  • 2013.01/16 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様、猫は誇り高い動物であるが故に、地べたに直接は寝ないそうですよ。(出典は「What's Michael」)だから紛争も余計激化しちゃうんですね(^^;)外交力では、ウチで一番困ったちゃんなのが実は私なので、私が一番良いところに居る気がします。。。(ーー;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.01/17 00:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ku-nyan様と思われたのは光栄ですわ(爆笑)
ワタクシ、復活したばかりですので(笑)
  • posted by K-mana 
  • URL 
  • 2013.01/17 00:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あ、ごめん!Ku-nyan様のとこはわんこだった!!!名前を間違えるなっ!もし彼女だったら失恋してるとこで、もし妻だったら余計なものを買わされているとこだっ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.01/17 00:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

うちのペット(?)のスズメ達が、ここ最近エサの時間に、妙にピリピリしていたのですよ。うちの庭は、猫の通り道にもなっているのでね。猫に警戒していたのかと思いました。
先日、いつものようにスズメ達におやつをあげて部屋に戻りしばらくすると、庭を眺めていた娘が突然、
「スズメが喰われてる!!!」と叫んだのです。
『猫か?』と思い外を見ると、そこには、スズメとほぼ同じ色・ほぼ同じ大きさの『モズ』が!!!スズメにとどめを刺し、足で引きずり、向かいの木の茂みに飛んでいった。
見た目はとってもかわいい小鳥なのに、猛禽なのだよモズは。
うちではモズのことを、スズメに似ている、スズメを拉致した北○鮮工作員と呼んでいる。
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2013.01/17 04:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

おわ~お。
最初何が間違っているのか全く分からずしばらく眉間にしわを寄せたままフリーズしてしまいましたよ。
ku-nyan様とK-mama様のちがいだったんですね!!!
これは怖い。
妻や彼女だったら修羅しゅしゅしゅ。ですな。

お猫様って常に家の中の一番快適な場所を知ってますよね。
そしてどんなに怠惰でも愛おしい。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2013.01/17 06:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

はま~た、それ黒い。黒過ぎ。また私のブログが、ヤバいキーワードで検索されてしまうではないか。ヤバいついでに声を大にしておきましょうか。
『北朝鮮は、拉致した日本人を返せ』
親愛なる指導者がお亡くなりになってから、露出が極端に減ったな。淋しい。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.01/17 21:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様(^^;)Kとnaが同じだけで、全然違う。K-mana様には何かごちそうしなくては。さしずめ、部下の女のコの名前を間違えちゃって、ランチをごちそうする上司の図。。。ですよ~(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.01/17 21:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

部下の名前ならまだ良いけれども・・寝言で浮気相手の名前を呼んだら、それこそ修羅場ですわよ。世の男性諸氏はお気をつけ遊ばせ(笑)
いつのまにやら、浮気相手だか愛人だかのスタンスにいるワタクシでした(爆)
  • posted by Ku-nyan 
  • URL 
  • 2013.01/17 23:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

家のにゃんこは、一匹でのんびりしています( ̄∇ ̄*)ゞ
最近、残り少ない歯が、また、抜けそうです…
  • posted by ななみ 
  • URL 
  • 2013.01/18 20:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ななみ様元気で長生きして欲しいですね~。
ご飯は美味しくいただけてるのかしら。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.01/18 21:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ご飯は、食べ過ぎでは?(。-∀-)と、思うくらい、食べてくれます(笑) お気遣いありがとうございます(〃^ー^〃)
  • posted by ななみ 
  • URL 
  • 2013.01/18 22:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様~本物のKu-nyan様だ~(爆)何度も見返してしまった~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2013.01/18 22:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR