FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

若いときの小紋、今ならどう着る?

ごきげんよう



この冬、雨が多くないですか

昨冬は水が足りないほど乾いていた気がするんですが。。。あ、これは関東地方の話。雪の降る地方におかれましては、昨冬の積雪は多かったですね。
日本は広いようで狭いようで広い。まんべんなく雨が降りまんべんなく晴れる、そんな形の国ではないのがいいのか悪いのか。

パソコン不調にかこつけて、ちょっとお休みしてましたわ。
そろそろ景気付けにコーディネートしないと。
「今年の冬は着てみようかな
」と思い立った小紋を引っ張り出しました。
これは、20代後半に作った小紋。。。紬好きのアタクシが何故小紋を
今となっては正直言って謎ですが、こんな色が欲しかったんですね、多分。
この小紋の地色は今でも大好きな色ですから。
そしてこれはハッキリ覚えているのですが、この小紋を着て、社中の内輪のお茶会に出席したら、姉弟子さんに当たるオバさまたちに、
「まあああああああ
そんな地味な着物を着て
アタシたちだって着られないくらい地味よ

オバさまたちは当時50歳代から60歳代。。。自分の母親より年上の人たちに、そう言われたのが案外驚きだったんだと思いますわ。(ウチの母親は若かったっす)
それっきり、この小紋は箪笥にしまわれることになった。
いやはや、昔はそういうオバさまたちが多かったんですよ。
今は良い時代ですよ。
そして今のアタクシなら、オバさまたちの度肝を抜くような、ド派手な小紋を作るかも知れません。好みの根底は変わらないけれど、着るものに対する考え方は多少変わるようです。

当時のコーディネートを再現、平置きしてみました。



格を上げる唐織りの九寸名古屋帯藤色地に鴛鴦文様に、黄色の帯揚げ、からし色の高麗組帯〆で。

この名古屋帯は他にも、古代紫色や柿色の小物が便利でした。










もっと普段に着るときは、帯の格を落としました。



渋い朱色の九寸名古屋帯は織り糸に黒を使って彩度を落としています。
着物に馴染ませた帯揚げと、黄色の帯〆はおそらく秋から冬にかけてのコーディネート。











若いときの組み合わせが、なんとなく古くさいような気がするのは、自分の記憶のせいでしょうか

若いときのままだと、気恥ずかしい気がするのです。
それでもこの小紋は、今のアタクシにも、充分に着られるようです。
あの当時の姉弟子オバさまたちの年齢に確実に近づいている今、あの当時のオバさまたちの気持ちが解るかと問えば。。。ま、こういうことなんだとは理解しますけどね。
若い娘に、いかにも判りやすい若い格好をさせたかったのでしょうね~。
。。。しかしこのかつての若い娘は、若いときから素直じゃなかった。ってか若いときだからこそ素直じゃなかった。今の方がよほど素直じゃけんのぉ。
若いときは曖昧だった、今ならハッキリ言えること。それは、若いときは何したって若いとわかるんだから何だっていい
。。。って良いのかそんなこと言い切って。。。多分いい。若さが風前の灯火になって判ることもあるさ。

ところで、今ならコーディネートは。。。



薄いベージュ色地扇面柄明綴れの袋帯で明るくしてみました。
濃いピンク色から紫色のグラデーション帯揚げと、焦げ茶色の帯〆。焦げ茶色は、最近、べにお先生の影響で購入したもの。100円也。
これぞ若いときは苦手でどうしても使えなかった色。

この小紋は、「江戸枠出し染め小紋」とありました。




いつも読んでいただいてありがとうございます


https://fashion.blogmura.com/kimono/ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装




スポンサーサイト



Comment

No title 

ああ、いい小紋ですねぇ。
若い時の・・っておっしゃるからどれだけ派手なもの(赤いもの)かと思いきや・・昔から渋好みでいらしたようで
藤色の唐織名古屋とのコーデ、今でもOKでは?
明綴れはも品があって、確かに大人コーデですね。
でも、明綴れに合わせる小物は、私ならもっと白っぽくしちゃうかも。
このへんが好みの差ですかね
  • posted by Ku-nyan 
  • URL 
  • 2012.12/03 00:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

…若者は地味好みですよね、いつの時代も。そして黒ばかり着る…
そしていつの時代も年配はいかにもな赤とかピンクを着せたがる。
あ、でも若い時にこれ見よがしな若い色着ておかないと、年取ってから『あああ、赤が、ピンクが着てえええ』となって、実際着まくりますよ(笑)
…例に洩れず地味系な色を着ていたあっしは、20過ぎてからカネコ系のフリフリを着始め、それでもモノトーンばかりだったので、30過ぎて着物着始めたら凄まじい色を着るようになっちまいました(爆)
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2012.12/03 03:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あら♪ 良い感じ♪
私は1枚目の「若かりし頃コーデ」が好みだわ~。
たまさん、今でも十分このコーデでいけるのではないかしら?
この小紋に藤色の帯を合わせるって、私にはない発想。いいなぁ、来てみたいなぁ
最近、こういう細かい柄なら小紋にも抵抗がないということが分かりまして…タイムリーな感じでありんした♪
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.12/03 18:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

若者は何を着たって若いってのがわかる。だからなんでもいいのだ~!!
っての。赤べこ並みに頷いちゃいました。
本当にそうですよね。
今頃ベージュや茶系の口紅をつけると果てしなく婆さんになってしまう鏡の中の自分の面を眺めて深い溜息が出るばかりなり~
ところでこの江戸小紋素敵です
着姿見せてくださいな
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2012.12/04 00:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様、私の着物は全部地味色~(^^;)で、逆にトシ取ってからが大変なのです。老けちゃって。老けとの闘い。
小物に白っぽいお色はKu-nyan様っぽいですね!その合わせ方の発想はなかったな。どんな感じになるかやってみますわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.12/04 00:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

わははは師匠は今、強い色彩に包まれてますよね~!!!
私も強い色が着たい。昔からの着物はコーディネートがマンネリ化してる気がして。それにトシ取ってからの綺麗な色が、重要なんですよ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.12/04 00:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様、紬は普段の街着にするんですが、柔らかものは滅多に着ない。なのに箪笥の中には何故かそれなりにあるのです。着ないともったいないよね。今度、こういうのを持って行きますよ!べにお先生のコーディネートで、マンネリ打破して目をさましたいですわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.12/04 00:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様。この着物20年近く着てません!なんと着姿写真もなし。是非とも着なくては。
何か目新しいのを購入すると、昔のに手が出にくくなりますね。飽きっぽいんでしょうか。。。もったいないもったいない。
んで。若さは馬鹿さ。何をどう着ても若いからいいんですよね。若いときはわからないんですけど。今若かったら何を着てることか!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.12/04 00:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

若い頃は黒やグレーばかり着ておりました(あっ!それは今もだった)なのに何故かピンクがむしょうに気になる。何故だろうか?と思っていたら知人曰く「四十ピンクに五十赤」とのこと。そして今手元に6年前に無料着付教室の先生に「今の年齢でギリギリ着用可」と言われたピンクの訪問着と色無地を着用不可能となった今、むしょうに着てみたくなっている(笑)どうしたものか・・・
私的には最後のお写真の今ならコーディネートが好きです
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2012.12/04 01:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様、ピンクの訪問着や色無地、帯や小物でなんとか見せてもらえませんか?私の感覚だと、年上の義妹は赤っぽい訪問着を着るし、アリじゃないかと思ったりするんですよね~。柄もあるでしょうけど…。
私は洋服だと全身生成色などで出歩いてますよ。夜は事故防止になって良いですよ(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.12/04 01:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

若い頃よりも、ほんとに、明るい色が着たくなりますね~☆

ピンクなんて、絶対着なかったのに、着物だと、思ってるのと、違う色が似合ったりして、不思議ですヽ(・∀・)ノ
  • posted by ななみ 
  • URL 
  • 2012.12/04 06:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ななみ様こんにちは(^^)
お肌が、明るい色を欲してる感じですよ。
着物は似合い方が洋服と違いますよね。コーディネート勝負でどうにでもなる部分もありますし。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.12/05 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ちょらちょら様ナイスありがとうございます(^^)/
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.12/06 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR