FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

雨の日、うそつきの袖を縫う

ごきげんよう



たまに出掛けるとすっかりやられてしまいます。。。週末はだらり寝て過ごしました。
雨の日曜日。

以前友人★が、江戸小紋を作った端切れをくれました。
赤い、鮫小紋です。
何と言われても、何が作れる訳もなし。。。すると、「大島紬の袖の振りから見えたら可愛いですよ」
大まかに布を断って、手縫いで、うそつきの袖無双を作ることにしました。



無双。。。裏も表も同じ生地なので、輪にして縫います。長さは通常の袖丈の2倍プラス縫い代が必要になるので、無双袖を作るのは案外長さが必要です。
それでも、縫い目が中に入って見えなくなるので、単衣にするよりずっと気楽

(もらった端切れは、江戸小紋と墨流しのリバーシブル生地でした)



表にひっくり返してアイロンを掛けます。そうして縫い目も平らにします。プロの和裁士さんなら何かと技があるのでしょうが。。。正絹の布にアイロンを掛けるとき、蒸気は当てません。必要なら霧吹きを使います。温度は適当。当て布もハンカチ程度で、場合によっては当て布すらしません。



袖口に印の糸をかがって出来上がり

このうそつき袖を、着物の身頃側、胴裏に縫い付けます。何度かやってみて、うそつきを肩山でちょっとつまんだだけだと、着物の振りから、袖が綺麗に見えないのがわかりました。なので、身八つ口近くまで広い範囲に、仮縫い止めします。
うそつき袖を半襦袢に縫い付けないのは、アタクシは半襦袢は1回2回着ると洗濯するので、正絹のうそつきをそのたびに外すのが面倒だからです。着物は正絹なので、シーズン終了まで洗いに出す予定はない。。。なので、着物の方に縫い付けるのです。
この赤い江戸小紋無双袖は、どの着物に付けるか。これから考えます。

アタクシは昔から、着物を着た人を後ろから見たとき、袖の振りからのぞくぽってりした襦袢の色や柄などに、思わず目が引き寄せられてしまうのでした。着物姿のキモは人によって数々あるでしょうが、美しい見所は他にも数々あるのですが、わかっているのですが。。。何故か密かにツボ。すごーく偏ってる気がします。
ただ、自分がそうしたくても、袖無双に縫った正絹長襦袢など暑がりなのでそうそう着たくないこと、長着に合わせてたくさんの色の長襦袢を持つ経済的余裕はないこと。。。等々、不幸なことに自分に向いてない理由ならいくらでも見つかります。なのでうそつき袖愛好者です。ポリエステルでも良いんですが、自分でこうして端切れで縫うなら、正絹の方が圧倒的に縫いやすいですね。



いつも読んでくださってありがとうございます




https://fashion.blogmura.com/kimono/ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装


ファンヒーターを出した。





















仲悪いです





スポンサーサイト



Comment

No title 

地味な紬の振りから、赤い襦袢がちらっと見えるのっていいですよね
ミシンじゃなくて手縫いですか?糸はやはり絹糸を使われてます?
外した赤い八掛が何枚もあるんですけど・・私もそれで替袖作ってみようかなぁ・・
リサイクルで着物を買おうかという時、裄直しをしても微妙に(後2分とかが出ない)裄が出なくてあきらめることがあるんですけど、着物に襦袢の袖が付いてれば、裄が少々短くても着られますもんね。
赤い布なら血染めになっても目立たないだろうし(笑)
  • posted by Ku-nyan 
  • URL 
  • 2012.11/12 01:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ははは、あっしは縫い付けるどころか安全ピンで留めるだけですぜ(笑)
そうそう、肩山だけだと、袖の重みで袂の中にうそつき袖が入りこんじゃうんですよね。
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2012.11/12 02:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

へぇ~、たまさんのツボはそこなのか!
私のツボは…どこだろう? そんなこと、考えても見なかったなぁ。
後ろからの襦袢チラリにこだわるって、上級者ですなぁ。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.11/12 22:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

うう~~ん。かっこいいですね
私も作ってみたいです。
当然こんな高等な技は持ち合わせちゃいないので思いをはせるだけですが…
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2012.11/13 07:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様。痛んでない綺麗な八掛もったいないです。正絹を縫うときは絹糸で。針も絹糸用があるのを、実は使ってなかったんですが。。。絹糸に絹糸用針で絹ものを縫うのって、とっても縫いやすい!驚き!(和裁士さんが聞いたら爆笑もの)
私もしょっちゅう針を刺します。なんでかな~?べにお先生に呆れられた(ーー;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/13 15:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

さーすーがー師匠!経験者の言葉は重いな~(爆)安全ピンで何カ所か留めるなら良いですよね~。どっちにしようか悩んだら、肝心の安全ピンがなかったっす(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/13 15:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様、あくまでちらり、ですよ。あの、脇からちらり。舞妓さんとか紅絹の襦袢がぽってり見えるのは良いっすね。良い生地だとなおステキ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/13 16:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ほあかばりきるま。様、どうやら端切れとか捨てられない性格なんですよ~布フェチなの。テーブルクロスもカーテンも平らな布は捨てられない。んで、クッションカバーなんぞにしちゃうの。真っすぐにしか縫えないから(爆)。。。困った性格ですよ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/13 16:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あああああ~!!「大島紬の袖の振りから見えたら」か~い~に違いありません!なんて素敵なチラリズム♪私は今まで見えないお洒落というものをしたことないデス。おはづかしい襦袢はいつも白ばかりあっ!黒もあったような?「正絹の布にアイロンを掛けるとき蒸気は当てない」←これありがとうございます。ちょっと知りたかったことだったので嬉しかったです♪
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2012.11/13 16:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様、ワタクシずっと長いこと実用的な人間でして。着物歴とっても長いですが、正絹長襦袢など効率悪いと思って、二部式ポリ襦袢を愛用しておりましたよ。振りからのぞく襦袢の可愛さより扱いやすさを重視。。。んで、ここ3・4年ほどは、若過ぎて着られなくなったコートや小紋を潰す作業ですのよ。布が余るのです。布が。余った布を捨てたくない。良い絹なのに。ああもったいない。。。ワタクシは実用的以上にケチな人間でした~(^^;)/もったいないから多少の不便も受け入れることにしましたよ。ああ、ケチって凄い。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/15 17:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさんのツボの、袖の振りから見え隠れする襦袢、私も結構見ちゃいます。
エスカレーターや階段、電車のつり革や握り棒につかまっていると、意外に目立つんですよね。たまに凝ったお洒落な人がいると、着物上級者なんだな~と、他の組み合わせも気になって見てしまいます。

私も潰す作業中です。時間掛かりますね・・・。
定番の朱い道行。絶対着ないのに勿体なくて捨てられない。黒でも色掛けして帯にしようかとも考えましたが、余りにも無駄なので、同じく襦袢の袖にするつもりです。ケチ仲間♡
  • posted by - 
  • URL 
  • 2012.11/15 20:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ハンナ様、仲間仲間♡
襦袢の袖は他所から見ると、結構目立ちますよね~。
それに、着なくなった道行きや羽織。。。解いてみると、ちょうど無双袖分!
一度帯芯を入れて半幅帯を作ってみましたが、絹なのでミシン掛けしづらくて手縫いにしたら、縫い目が綺麗じゃないのが気になって、結局使えません~(。><。)袖が一番使えると思いますよ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/15 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR