FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

慣れは重要~!

ごきげんよう


首都圏、昨夜から少し雨、でした。

昨今着物を着るときのために、世間には様々な便利グッズが販売されてるものです。
その売り文句、宣伝ポイントは、
『簡単で、綺麗に』
。。。んでも懐疑的なアタクシは、そういうのを信じません。元々広告屋で人目を引くためのコピー売るためのコピーがあるのを知ってますし、広告を作ってる側は、「んな訳ねぇよ」とぼやいているのです。
ここで注意
その製品を開発した側は、決してそんな風には思ってないとこです。
「何て世の中のためになるものを作ったんだ~
」とか考えてます。
ここに温度差が生まれる訳ですね。アイロニーですね。。。

嗚呼、やっぱり世の中に『簡単便利』はそうそう存在しない。。。初めて使う付け帯を何度も巻き直しながら、アタクシは「やっぱり必要なのは、地道にコツコツ。。。じゃないのか~
」と叫んでおりました。
べにお先生~
付け帯作り講習合宿の次は、付け帯使い方講座っすよ~






黒地に網目みたいな幾何学柄の小紋、薄いからし色スワトウ刺繍洒落袋帯、青綸子地帯揚げ、紫臙脂からし3色使い帯〆、枯れ葉色正絹刺繍半襟、紫色麻の葉柄羽織、藤色のたびっくす。

金茶色の八掛がかかった小紋に、黄色系の帯って良いかも~
な~んて思いついて決めたコーディネートでございます。寒色系の柄の中にちょこっとあるオレンジ色が映えますのよ。(自画自賛)
平置きのときは何の問題もなかった。
。。。んで、いざ着付けしてみて、知った。
なんつー難しいっ



この帯は、普段使いしにくい洒落袋帯なので、今年9月にべにお先生(想ひいろいろ)のお宅に合宿して、付け帯に作り替えたブツでございます。(
こちら
長い長い、お太鼓柄洒落袋帯のときは、もっと扱いにくかったっすよ。でも、不便不便と思いつつその形態の扱いにすっかり慣れてしまうと、新しいやり方に中々馴染めないのだなあああ。カラダが覚えてるってのはこういうのを言うのか。。。(アタマもカラダもトシを取って融通が利かなくなったとも言います)
べにお先生は手持ちの帯ほとんどを付け帯に作り直して、毎日着物でご出勤で、ちゃちゃっと早いんですのよ。帯の決まり方も綺麗だし。そもそも着方を見てると、とっても簡単で楽そうなんですよ。
んでも、それは慣れよ、慣れ。急にいきなりやってみても、簡単じゃないし綺麗にもならない。
カラダの記憶と慣れほど重要なことはないっ

作り帯の利点は、『簡単』じゃなくて、『慣れると、お太鼓がいつも綺麗に作れる』ことですね。
セールスポイントを勝手に解釈してはいけないですね。
これに慣れるように、地道に練習しなくては。。。アタクシってば、ほら真面目だからさ。
っつー訳で、べにお先生、冬期合宿には「付け帯巻く練習」もカリキュラムに入れてください。コツが要ると思う。

市の美術協会最終日







  


この日のカメラマンは友人★。
どうやらこの小紋は、写真に写しづらいようです。。。



いつも読んでいただいてありがとうございます




https://fashion.blogmura.com/kimono/ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装
スポンサーサイト



Comment

No title 

あら、カラシスワトウちゃん、お久しぶり♪
今度は八掛メインのコーデですか? うわー、おされ上級者、さらなるレベルアップ!
この帯締め面白いっすねぇ! へー、締めてみたい♪
…で。
なんどすて? 付け帯が上手く締められない?
あらま。左様でござんすか…。
写真を拝見する限りは、胴回りの締めが甘いかな…という感じがしますけども、特におかしくはないですよ~。
よござんす。付け帯締め方講座、いくらでもやりましょう!
というか、着付け講座やりません? 他人様の着付けって、どんな風にやってるのか興味ありあり♪
冬合宿は鍋にでもしましょうかねぇ…。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.11/06 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

着物に帽子ってやっぱりかわいい三色使いの帯締めが着物にも半襟にも反応していて良い感じです!付け帯の合宿の記事へもお邪魔させていただきました。私はほとんど手持ちの帯を作り帯にしてしまいましたがまち針使わず手でざくざく縫っていました付け帯巻く練習の合宿遂行のあかつきには、是非!是非!記事のアップをお願いいたします追伸、最近は作り帯製作にも疲れ今更ながら普通に締める練習もした方が良いのだろうかと思いはじめております。が、今まで作り帯を巻き巻きに慣れ親しんできた為、新しいやり方に体がついてゆけぬ私でございます・・・手がつりました
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2012.11/06 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

このお着物は、小紋なんですね。
大島紬かと思いました。八掛に渋いお色が付いているので、半衿や帯締めの赤がきいてて、いい感じです。赤い八掛がついていないからこんなコーデが楽しめるのですね。やはり赤い八掛の紬類、なんとかしなくちゃいかんなぁ・・(--;)
  • posted by Ku-nyan 
  • URL 
  • 2012.11/07 01:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

作り帯にすると、その帯の芯の固さとかが如実に着付けに響いてきますねえ。
ええ、作り帯装着は慣れだと思いますですよ。作り帯が苦手な人は、作り帯の締まり方が足りないような気が。
『簡単便利』は『慣れれば簡単便利』なことが多いですな。
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2012.11/07 01:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

お邪魔します
私も「簡単便利」の四字熟語には常々疑問を抱いておりやした。
まず作り帯に加工するのに果てしない時間を要するし←(裁縫苦手)やっと加工しても上手く決まらない。
むきゃー!!!となって投げ捨てる。ってな調子。
やはり帯も着物も慣れなんでしょうねえ。
それにしてもたまさまのこのコーディネート
渋い風合いにビビットな小物使いが好きです
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2012.11/07 06:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

きゃああべにお先生~画像は3回も巻き直した後ですわ。しまった、もっとちゃんと聞いとけば良かった…と後悔することしきり。着付け講座ごっこもコーディネートごっこもやりましょう!着物で行きますよ(リズリサに予備を詰めて)
っつー訳で冬合宿は鍋。ステキ。牡蠣も鍋なら食べられますわ。春菊は入れないでね。白菜よりキャベツが良いなあ。んで、連休の日を教えてくださいませ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/07 22:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様、帽子は髪型作らなくてラクですわ~。
凄い、ほとんど作り帯なんですか!そうやってたくさん使った方が良いよね~。
慣れればいつも柄が綺麗に出るし、中年太りで体型が変わってるので、作り帯良いと思うんですよ、慣れればね~(ーー;)お裁縫時に待ち針をたくさん使うのは、私が小心者だからです。本音はしつけもしたかったくらいですよ(べにお様に止められた)だって失敗したら怖いんだも~ん
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/07 22:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様。そうです、珍しく小紋です。それもやふおく仕立て上がり新品1585円也。生地がね、ぺらぺらなんですよ~(爆)今度記事にしますね。
柔らかものの八掛は表に合わせてるけど、大島紬の八掛は赤系が主だったので、3年計画で八掛替えをしました。でも短期集中型もよくないかも。似たような八掛になっちゃったかも。。。なんてくよくよ悩んだりして(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/07 22:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

師匠は自分で生地を選んで作ったりしてるもんねぇ。初心者は芯の固さまで気が行きませんよ。帯の締まり方、これがね何度やってもきゅっと締められなかったっすよ~。ここにコツがあるんだと思う。ここが慣れどころ~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/07 22:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あっほ~さま(←区読点を入れよう)ほあかばりきるま。さまこんにちは(^^)/シブイほ~さまに小物色使いをお褒めいただいて嬉しい。
私も裁縫苦手ですわ。作り帯も先生といっしょじゃなければ、絶対完成しなかったでしょう。次は結び方講座をしてもらって、ぶった切った帯を何とか使えるようにします(話が逆…^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/07 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

1,585円!? 見えないー!
たまさんやカンタービレさんを拝見すると、つくづく着物は着る人次第だって思いますよ。かの森田女史も「着物というものは不思議と人間性が出るものなので、ある意味では怖いものです」と。その通りですね。
生地のペラペラはモニターでは分からないので置いておいて、とにかくこういう柄を、なんてことなく着こなせてしまうのがスゴイです。半衿と帯締めの色具合といい、たまさん式の「粋」だと思うのは、私だけでしょうか?
  • posted by - 
  • URL 
  • 2012.11/09 12:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ハンナ様。大きな柄で幾何学柄ってのをやふおくでウォッチしていたんですが…(^^;)これはポリのプレタ着物より安いでしょ?失敗してもアリかな、と思いまして。
かんたーびれさんのお金の掛け方が羨まし~い(爆)あのチョイスあの組み合わせ、他の方が同じものを着ても似た雰囲気にはならないと思いますよ。独特。着物は内面が出ますよね~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/10 01:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR