FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

小物合わせ3度目の正直

ごきげんよう




着物を着るとき、まず着物から選ぶとするでしょ、すると次は帯、そして小物類。。。
たまには帯を決めてから、着物を選んでみたりもしますよね。
アタクシのこの日のコーディネートは、まずうそつき襦袢ありき、でしたわ。

マゼンダピンク色絞りの正絹羽織を、古着で買ったのはずいぶん前。長羽織ほど長さはなかったけれど、そこそこ使いやすくて、紬に合わせて重宝しました。
しかしその後。。。「今、羽織を着るならやっぱり長羽織だよね~」となって、古着で買ったマゼンダピンク色の羽織は仕立て直しに出しても長さは出ないようだったので。。。それならいっそ
っつー訳で、自分で解いて、アクロンで洗ってしまいましたわ。
自分で解いてみて初めて知る、羽織の仕組み

んで、長さとしては、帯にするには若干短かったので(半幅帯なら継ぎをすれば作れたかもしれませんが)うそつきの袖にしたらどうかしら
。。。と思いついたのです。
縫い目にはまったく自信がないので(お裁縫苦手です)ごまかしが効くように無双袖で。何だかよくわからないけどわからないなりに、手持ちの長襦袢を参考に致しましたとも。
苦労して作ったはいいけど。。。実際使わねぇのさ。いちいち袖をつけるのが面倒で。
こんなことじゃいか~ん

まず着物を選んで、無双袖を縫い付けてしまいましたとさ。。。アタクシは真面目だねぇ。

だからコーディネートのポイントは、袖からのぞくマゼンダピンクっすよ。(コーデのポイント、とか自分で言ってる時点でヲイヲイでしょうが

着物は小千谷紬。高円寺のリサイクルきもの豆ぶどうさんで。(
こちら
半襟は、kisste(
こちら)3枚1000円のポリエステルプリント。
帯は、やふおく1700円也の正絹仕立て上がり名古屋帯。
帯まわりの小物は、半襟の柄色ブルーグレイに呼応させて、アクアブルーにしてみました。



。。。あ、撃沈


。。。春なら良かったっすね。。。




帯揚げを黄緑色、帯〆を黄緑&ピンクに替えて、とりあえずホッとして、寝ました。

さて次の日、いざ着てみたら、何だかココロなしか寒々しいのでございます。帯まわりの小物の色目が明る過ぎる気がします。でも帯は替えたくない~

ご覧になれますでしょうか


コーディネートのポイント(って自分で言うな~)は、着物の振りから見えるマゼンダピンクなんですよ、奥さん


(髪にムースやスプレーをして結いたくなかったので、帽子をかぶってます。昔おばあさんが、室内でも帽子をかぶってたもんですが、あれはアタマ隠しだったのでしょうか
いやいや防寒でしょうが。気分はお年寄りですわ)
とにかくこのマゼンダピンクっぷりを、無くしたくなかった。
んで、仕方がないので帯だけ解き、小物を替えてやり直し。
ああ、アタクシはこの日また、市の美術協会作品展の受付当番でございますれば。時間が押してます。焦ります。
もうゆっくり吟味してる場合じゃございません。
半襟と似た色がストライプになったクレイジーカラーの帯揚げに、カーキ色の帯〆で。
これぞ3度目の正直。

こうして、前もって組み合わせを決めていても、着てみると「違う」ことも多々あります。
注意1秒怪我一生。仏の顔も3度まで。
もうちょっと慎重に考えようよ。。。ってな話かもしれません。



いつも読んでいただいてありがとうございます



https://fashion.blogmura.com/kimono/ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装

義妹が来てくれたので、写真を撮ってもらった~


 




スポンサーサイト



Comment

No title 

なんと!
襦袢を決めてからコーデするなんて、まぁおされ上級者だわ~!
しかし、これは確かにポイントにするに値する襦袢。
ねーねーたまさん、「着物を選んで無双袖を縫い付けた」ってあるけど、袖を着物自体に縫い付けたってこと?
それとも、筒袖襦袢かなんかに縫い付けたってこと?

小物合わせは、前日から決めておいてもピンとこなくてやり直しすることもありますね~。分かるわ~。
このピンクの帽子、可愛いですね♪
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.11/05 16:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

着物に帽子かわいい袖チラピンクにピンクのお帽子!似合ってます!やってみたいデス。ってそうだったハロウィンの時に帽子かぶったんだった不器用な私は着物着るだけで精一杯なもので髪アップにするだけでへとへとです。帯締って面積にするとほんの少しなのにその存在感たるや恐るべし!ですね。3度目の正直でございます。
  • posted by かっぱ 
  • URL 
  • 2012.11/05 17:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 


ほら、シャムネコってのは美しいネコざんしょ。
だから一緒に写真を撮ると人間の女は大抵は負けちゃうよ、と。
でも、美しいグレースケリーだけは、負けない、シャムネコに
拮抗出来る位美しいのよ、、と。
ここまで書いて、グレースじゃないかも?と思い出した。
グレタガルボだったかも?
ま、いずれにしても、美奈子の足に一億の保険、、的な
ハッタリではありますね。
毎度毎度、お着物のコメントを全然入れられない私、
心の中で葛藤はございますの、なんか書かなきゃって。。
ま、でもそれは他の方にお任せして。。
あ、こないだのキノコちゃんのがま口、可愛かったね~!
私も似たようながま口持ってるの。充分対抗出来る品物なのよ。
なんたって、うなぎ皮製だかんね!!made in 済州島!
  • posted by mdm**ori 
  • URL 
  • 2012.11/05 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

おお!ピンクがきいてますね
帽子もいかにも画家さんの帽子って感じでかわいいです。
私なら、この着物に紺とか濃いグレーの帯を乗せそうだな~。このワインカラーの合わせ方は思いつきませんわ。
でも半衿もカラフルだし、顔色が明るく見えそうでいいですね。
このコーデにお持ちになったバッグは、毒キノコバッグですか?白地のも黒地のもどっちもよく合いそう
  • posted by Ku-nyan 
  • URL 
  • 2012.11/06 01:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様、良いとこ突いてる
正絹の無双袖は、着物に縫い付けますよ。着物はシーズン終わるまで洗いに出さないけど、半襦袢は1回着るごとに洗っちゃうから(私は汗かき暑がり)
こんなに何回も(しかも帯を巻き直してまで)小物を替えるのは久しぶりでした~(^^;)
ピンクの帽子はニューヨークの古着屋さんで4ドルの年期モノ。。。その辺に転がってそうなんですがね~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/06 01:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かっぱ様~、私も髪を結うのが大変で面倒で。あすか師匠などいつも華やかにしてるのに。ざんばらに切りたいです(ーー;)でも冬はまだマシ。帽子やウィッグという技が使えますしね~。
小物類のチョイスは、上手くいくと自慢したいくらいなんですが(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/06 01:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 


kaorinn、脚に1億保険は森高千里じゃなかったっけ?。。。またどうでもいいことに反応してしましましたが(爆)グレタガルボってイメージじゃないな、多分グレースケリーで当りじゃないかな。
キノコのがま口、バッグですわよ。んで私のじゃないの。
うなぎの皮がそんな使用に耐えるとは知らなかったです。恐るべしメイドインコリア。蛇皮みたいな感じなの???ちょっと想像できない。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/06 01:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様は紺やグレーを合わせるんですか~!そっか~私がもしグレーの帯にしたら。。。小物に甘いベビーピンクでも持って来そうです(^^;)とことんクールになれないヤツ。でもグレーとはいえ友禅の帯だし、いずれにしても甘いかな?濃紺はない。べにお様なら持ってるな(ひと様の手持ちを覚えててどうする…^^;)
今度やってみます♪
このときのバッグはベトナム刺繍のブツ。。。私はどうやらバッグにお金をかけられません~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/06 01:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

…ふりふの黒猫刺繍帯は微妙に色が違ったか…マゼンダピンクと。と云うかあの帯選んだら、コーデのポイントが帯になっちまいますな。うそつき袖がポイントなのに。
でも帽子と、帯とうそつき袖がピンクか~い~のではなかろうか…
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2012.11/06 02:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

師匠、ふりふのマゼンダ色はね、繻子の生地に光沢があって、この手の真綿紬に素材感が合わないんですよぉ。柔らかものにはばっちりなんですが。師匠なら合わせる着物に困らないだろうに。。。
か~い~ですよね~♪か~い~のが好きだ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/06 13:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

若い頃は、帯締め帯揚げを四季で替えることは滅多になく、単に合うか合わないかでした。気を付けたのは、お正月と真夏くらいで。
肌のくすみがなせるワザなのか、薄めでは寒々しくて秋用に濃いめを買いました。以前は濃い色はどうにも合わなかったのに。似合う色や合わせやすい色味も、年齢と共に変わって行くんですね。着物や帯もでしたが、帯締めで再実感したので、問答無用でシフトです。

たまさんは綺麗な色が映えますね~。ポイント色使いが上手なんですよね。さすが画家さん♡
  • posted by - 
  • URL 
  • 2012.11/08 17:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ハンナ様。何だかね、自分が着て「好きっ」とか「可愛い(←自分で言うな)」とかの気分で選ぶと、様々な色が欲しくなるんですよ。でも使えると思って買ったのにイマイチ使えなかったり、失敗も多いですよ~(ーー;)
私の場合は若いときホントに地味色でしたが、トシを取ったらキビシくなりました。
薄い色目を合わせると上品ですよね。私にはないキーワードなんです上品。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/08 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR