FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

今月買った本読んだ本・10月

ごきげんよう


恒例の、今月本。




銀の匙 第5巻 荒川弘
秋の学校生活はイベントが多そうなんですが、ストーリーとしては盛り上がりに欠けたような。続き物ですからね、この巻だけ買う人がいるとは思えないので、「ま、そういうこともあるでしょう」ってことで。

おおきく振りかぶって
第20巻 ひぐちあさ
。。。野球漫画って、ひと試合が長いですよね。それが見所だから当たり前ってば当たり前なんですが。その当たり前を外したのが「すすめ!パイレーツ」でしたが。。。って、あれは野球漫画じゃなくギャグ漫画だったのか。失礼。
んで、何が言いたいかというと。新刊が出るころには、どこまで試合が進んでいたのかすっかり忘れ果てているのでございます。んで臨場感無くす。アタクシなんぞ登場人物のポジションすら忘れます。ピッチャー三橋くんしか覚えてない。(三橋くんのびびりっぷりが好きなので、特に彼だけ覚えている)しょうがないので、かなり前の巻から読み返しますわよ。
野球漫画は、全巻完結してからまとめて読むのが、気分ですな。

大奥 第8巻 よしながふみ
キャラ立ちした7代将軍吉宗で始まったお話ですが、その後きっちりと3代将軍家光から、主立った歴史を追ってます。正史とリンクした男女逆転歴史の持って来方がお上手です。
現在は8代将軍。こういうお話自体は好きなので、絵ヅラはちょっとキビシイですが楽しく読めます。
この巻発売は、ちょうどテレビドラマ化に合わせたらしく、コミックスの帯にキャスティング写真が~


 このキャスティングは今までで一番酷くないか。ま、美男美女ばかりではないのがリアルか。お好きな方ごめんなさい。。。映画化の場合は、まだお金を掛けてる分、若干マシだと思う。
いずれにしろ、観ないけどさ。





珍しく、着物雑誌。七緒
白州正子のきもの
どちらも借り物です

七緒の特集は「何だか最近マンネリなコーディネートみたい」。。。てな事態に対するカンフル剤ですな。実際アタクシは、若いときから好きだった自分の着物が、見飽きた感あり。新しいものをたくさん見れば、選ぶのはやっぱり似た感じの柄付けで、嫌いになった訳じゃないんですが。
でもちょっと飽きたかもよ~。
雑誌は、特に何かの解決にはなりませんが、他所さまの箪笥の中をのぞく楽しみはあります。
さて、対して白州正子は、「着物は無地・縞・格子に極まり候」と言い切った人です。
その思い切りの良さと選択眼は、常人の及ぶところではございません。いくら好きでも、ちょっと他のものに手が出る手を出したい。。。それが一般ピープルというものじゃござんせんか。
この本は、ハードカバーは版型が大きくて重くて、ちょっと見づらかったんです。高いし。画像は、今年春に出版されたソフトカバー版。1600円也。


きもの名人 近藤富枝
近藤先生の著作は、歴史ものが多いです。
きもので読む源氏物語』
『鹿鳴館貴婦人考』
『今は幻、吉原のものがたり』
『文士のきもの』
。。。等々、史実を考証しつつ、着るものを再現しつつ。
最終本業は何だったかな~と思って調べたら、大学教授でした。
私が若いときから本を出してるので、今は
と思ったら、90歳代でお元気でいらっしゃいますわ。裏表紙に近影が載ってます。
この本は、近藤先生の着物からみのエッセイです。
日本橋の袋物問屋に生まれた子供時代、若いときの着物やつれづれの着物にまつわる話、取材で出会った人からみの着物話。。。そして、古典・歌舞伎・舞台・浮世絵・日本画などにからんで知識を駆使して語られる着物の話。
エッセイを読むのに教養が要る。なんつー疲れる本か。でも読み応え充分










女神汝の名 明野照葉
この作家さんは、デビュー当時しばらくはホラーを出してまして。それは案外好みでした。その後若干読後感が悪い方向へ移行しましたが、メインはサスペンス系のお話です。
んで、登場人物どいつもこいつも嫌いなタイプなので、まったく感情移入できません。特にこの2冊は主人公が完璧、それに憧れたり妬んだりの脇役。。。の図式がうっとうしいです。
どうやらアタクシは、完璧ってのが嫌いらしく(顔が完璧とかスタイルが完璧とか仕事が完璧とか。何だよ完璧っちゃよ)意味わかんね~し
。。。ま、作者は女性誌などをフューチャーして作品を書くみたいですが。「これを読んで、完璧とか超くだらね~から憧れるな」と言いたいのか。そんなイデオロギーがあるのか。謎~。
大奥なんぞドラマ化してないで、これは如何か。かなりドラマ向きだと思うけど。。。
最も、観てて楽しいドラマにはならないでしょうがね




いつも読んでいただいてありがとうございます。




https://fashion.blogmura.com/kimono/ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装






スポンサーサイト



Comment

No title 

大奥…、そうか、たまさんはドラマ観ていないのね。ま、わたしも三話まで観たので、もう十分っす。シゲが切腹しちゃったのでね。
今週末は、国王出演のドラマが二本。でもさ~、WOWWOWとNHKで、時間かぶっちゃってるのよ~!なんでこういう風に仕事入れるのさ~、アミューズ!!!
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2012.10/31 13:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

シゲ狙い。。。かなりコアな見方ですな。
んで、アミューズには文句言って良いよね。確かにそれは仕切り下手。録画前提じゃないでしょうね?ウチはWOWWOW観られないけど(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.10/31 21:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

大奥、シゲさん出てるの? まあ!
それは録画を観る楽しみが増えたわ♪
そんでもって、たまさん「七」結局買ったんですね~。あれに載ってるアイヌ帯…やっぱりツボだわぁ。
「無地・縞・格子に極まり候」って、スゴイわ(笑)。言い切っちゃうのね、白州正子。
今月もたくさん読みましたねぇ。
私は今月、『三匹のおっさん』しか読まなかったかも…げげげ。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.10/31 21:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あ、すんません。「七」は借り物だったんですね。
失礼しました-。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.10/31 21:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

七緒は★から借りました(^^)べにお様のとこで読んだから。。。と遠慮したんですが、忙しいから読むヒマがないそうで。本を読むヒマもないほど忙しくしてみたいなあ。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.10/31 23:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

大奥は、私も好きで持ってます。
ドラマは、家光や玉栄役は、漫画のキャラクターとよく合ってる気がしますけど。
ただ、有功役は・・絶世の美男子に見えないところがつらいですね(^^;)
  • posted by Ku-nyan 
  • URL 
  • 2012.10/31 23:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

もちろん録画前提ですわよ。11月3日は、WOWWOW無料放送日!うちは、二台の録画機を駆使して録画いたします。でも、二回目の放送はダメなのよね~。有料になっちゃうから。その場合は、久仁ちゃん似友人にお願いするつもりです。
WOWWOW『尋ね人』、NHK『実験刑事トトリ』、よかったら観てね~。
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2012.11/01 07:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

Ku-nyan様、有功は美男子であって欲しいですね~美男子の元公家が、細部まで凝りに凝った着物を着てるのが良いんですもの。袴の仕立てが特別で綺麗。。。っつーコマが好き♪
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/01 11:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

はま~た、「実験刑事」をトトリじゃなくニトリって読んでしまった。お値段以上。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/01 11:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

初めて、本がダブりました。たぶん後にも先にも、でしょうね~。
実は私も白州正子女史の心境になって参りまして。敢えて言うまでもなくあのような審美眼は無いわけで、ただ単に手持ちの飛び柄や総柄に、何だか負けると云うか疲れる感じになってきただけなのですが。たまさん同様、飽きたのか、それとも単純に年齢か、ですね・・・。
近藤富枝先生は、そう言われれば確かに要教養の内容でしたね。文章が読みやすかったので、無教養な私は感心しきりで読みました。(^^;)
七緒では、改めて「帯は人なり」なんだなあ~と思いましたよ。ホント着物以上に帯って出るんですね~。べにお様ツボのアイヌ帯で確信しました。w
  • posted by - 
  • URL 
  • 2012.11/01 18:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ハンナ様、良いものを見て着て暮らした人の感性はハッとさせられることが多いですねぇ。白州女史、晩年まで「らしく」着ていたのが印象的です。
近藤先生の文章は読みやすいですよね。んで1冊読むといつの間にか勉強になってる。文章だけで着物諸事の解説されるのがツボなんです~(^^)
べにお様のとこでコーディネートごっこしてても感じますが、着こなしのキモになるのは帯みたいですね。私の帯がべにお様の着物に乗ると、別モノになる。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.11/02 01:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR