FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

麻の長襦袢を洗う

ごきげんよう




夏の着物のとき、半襦袢に半襟をつけて、下半身は腰巻きかペチコートだけ。。。というのが多いアタクシです。先日のセオαのときもそうだし、綿の浴衣を着物として着るときも、紗紬のときもそう。
透け感の多い紗や絽の場合は、仕方なく長襦袢などきっちり着るのでかえって暑く、見た目が涼しげな着物は、逆に着るのが億劫になります。(着物ブロガーにあるまじき行為です)
小千谷縮も登場回数はひと夏でとても少ない。
何か用事を作って、「えいやっ」と着て出掛けるのです。
自分の体たらくを恥じ入るばかりでございます。


最近は呉服屋さんで長襦袢を誂えないため、20年前と違って、最近の仕立てがどうなっているのか存じませんでしたよ。
だからこれが普通なのかどうか不明です。
小千谷縮を作るとき、一緒に反物を選びマイサイズで仕立てた麻の長襦袢は、襟にきちんと三河襟芯を使い、絽の半襟がかかり、居敷当てがついた状態で納品されました。
(長襦袢に居敷当てをつけたので、小千谷縮には居敷当てがついていません)
んで、面倒くさがりのアタクシは、刺繍の半襟などを、この襟の上にざくざくと縫い付け、洗うときは刺繍の半襟は外して手洗いし、麻の長襦袢は洗濯機に放り込みます。
アクロンもしくはエマールで、優しく洗うモード。
もしかして、半襟&三河襟芯は外すものでしょうか。多分。自分の冬もの正絹の長襦袢を考えると、襟芯はつけたままクリーニングに出すような気が。。。普段用で、自分で洗ってしまう正絹襦袢には、三河襟芯自体を使いません。
でも、ま、良いか。外さずに洗う方も多いようなので、アリにします。
大抵夜に洗って、そのまま室内干しです。淡い色なので、直射日光はまずいかな
と思いましてね。
1日で良く乾きます。



麻は着るとさらさらして気持ちがよいので、もう1枚あったらいいな。。。とか何とか思いつつ、でもよく考えたらそんなに着ないじゃん、それにすぐ乾くし
と自分に突っ込むのでした。
欲しくて後先考えずに買うときもあり、冷静に自粛するときもあり。
ただ、「必要だから」という理由で買ったことはありません。

物欲は果てしなく、収納場所は限りあり、お金はないのでした。ちゃんちゃん。




いつも読んでいただいてありがとうございます


https://fashion.blogmura.com/kimono/ にほんブログ村 着物・和装




スポンサーサイト



Comment

No title 

いや~、私は麻の二部式襦袢を10月くらいまで着てますよ~。
内側が暑い時期、重宝してます♪
私は12月下旬にならないと袷を着ても暑がるくらいなので…。
それにしても綺麗な藤色ですなぁ。
ウチは紫に染めるの失敗。うぐーーー×××
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.08/20 22:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

こんにちは、桜子です。

桜子はこのような麻の長襦袢は、4月くらいから、9月頃まで着ています。

真夏でないときは、肌襦袢・麻の長襦袢・長着の3枚で、真夏は長襦袢・薄物の2枚になります。

半襟をつけたままで、洗濯機で洗っています。
  • posted by sss**kurako 
  • URL 
  • 2012.08/21 01:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

三河衿芯は本当は洗っちゃいかんらしいが…糊が命!なので。でもあっしも普通に付けたまま洗い、そして衿芯がふにゃふにゃになるので、中にメッシュ衿芯入れている…
ああ、本末転倒。←こればっかり(笑)
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2012.08/21 02:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様、赤を掛けるの失敗!?まあ、それは残念。
一度漂白して、今度は紫色ダイロンをお使いになることをお勧めします~(^^;)ダイロンで染めた色はダイロンで綺麗に抜けますよ(経験した)
べにお様は新学期に入ると毎日着物を着るから。体感気温重要でしょう。私はとにかく出掛けないもんでねぇ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.08/21 02:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

桜子さまこんにちは(^^)
4月くらいからお召しになる?夏の季節を先取りするのはおされなんですよね~。
麻の着物は盛夏じゃないと着づらい気がしてるんですが、長襦袢なら9月に入ってもアリですかしら。ココロ強いです。
洗濯機洗いですよね、やっぱり(^^)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.08/21 03:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

師匠、三河襟芯ってたくさん洗濯したらふにゃふにゃになるよね~(^^;)
私もこの上からさらに半襟を縫い付けて、間にプラ芯入れますわ。そっか、これも本末転倒であったか(爆)何種類かプラ芯を買ってみて、あれはメーカーでカーブが違うんですよね、自分に合う形を使ってます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.08/21 03:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

昨夏、麻長襦袢を誂えましたが、三河芯は付いていませんでした。同時に誂えた礼装用の正絹にも付いていなかったので、特別に頼まないと付けなくなったのだと理解したのですが、どうなのでしょうね。

麻長襦袢、私も家で洗いました。丈が少し縮みましたが、普段着には許容範囲です。すぐに乾くし、着ている時は他繊維に比べて涼しいし、お利口。
その前はポリ絽長襦袢を着ていまして、その違いと言ったらもう。二度とポリには戻れないので、半襟付き肌襦袢でいいように、付け袖として使うつもりです。
実はこれは昨夏、江姫の故郷で言い負かされて面倒くさくなって購入したものでして。今なら買わない値段。ばんばん着ないと勿体ないので、皆様に習って、来年は単衣時期から着ることにします。着物ブログ、有難いです♡
  • posted by - 
  • URL 
  • 2012.08/21 12:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私も三河衿芯派ですが、数回洗って少しくたっとなったくらいが好み♪
とことん糊がとれたら、あすかさんを見習ってスプレーのりでガッチガチにしてやろうと思っています(笑)

ハンナさん、三河衿芯はたいてい付いていないと思われます。おそらく、プラスティックの差し込み芯を使う方が多数派なのだと思われるので。
私は差し込み芯はイマイチ苦手で、襦袢に直接三河衿芯を縫い付けて、その上に半衿をかける方式をとっています。で、衿が汚れたら半衿だけ外して、三河衿芯はそのまま再利用。
こちらにいらっしゃる「ハンナ」さんと、拙ブログにいらっしゃる「はんな」さんは同じ方だったんですね~。今回、初めてわかりました♪
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.08/21 22:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ハンナ様、長襦袢のお仕立て、三河襟芯なしなんですね。そっか、じゃあ時代じゃなくお店による違いなんでしょうね~。
私も今まで麻の長襦袢をほとんど着なかったんですが。。。5月に入ったらすぐ単衣の紬だから、大アリですね。みなさまの色々なやり方がわかって、とても参考になりますよね~♪
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.08/23 00:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様ったらはんな様わかんなかったの?そーゆーの良いな~も~ツッコミ入れて差し上げますわ(爆)私は何故ひらがなとカタカナなのか。。。知りたかったっすよ。

べにお様の襟元はゆったりして着慣れた感が、ちょっと柔らかくなった三河襟芯にぴたりなんでしょうね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.08/23 00:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR