FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

辰年の初釜記録・その2

ごきげんよう



寝て、起きたら、夜だったわ

さっさと初釜の記事に行きます



若手チームゲスト、おなじみ友人★です。
★は他所の社中でお稽古してるので、そちらでの今年の初釜はすでに終わってます。
ウチの先生の初釜では、賑やかしメンバーとして親しまれております。(お酒も飲めるし。くれぐれも言う、飲酒できる人は必要なんですよ、懐石を盛り上げるから

彼女の今年の着物は、濃紺色地に全面椿柄、付け下げ文様です。椿の花が、全部上を向いてるのがおわかりになりますでしょうか



リサイクルで手にしたお品ですが、柄付けがちょっと変わってるな~と思いましてね。
冬は寒椿(の、つもり)春はもちろんのこと、帯と小物使いで、使える着物だと思います

今回は、箔使いの東雲色の名古屋帯クリームイエローの帯揚げ&帯〆で。着物の柄がうるさい(本人談)ので、半襟は白で抜きました。

 アァタ、このうるさい柄付けが似合ってますけど。



 


お席入り。 掛け軸は初釜おなじみ。
今年の先生のお遊びは、お花です



例年は、柳を丸めて生けた花籠を、柱から大きく垂らしますが、今年は、お正月の松飾りを神社にお炊き上げに出すとき、ふと鶴に目が行き。。。「あら、これは面白いかも。。。」外して、今回のお飾りに。 花入れと生花とのバランスが難しかったそうで、初釜が遅くなったおかげで出回った水仙の花を使って、解決





 う~ん、すみません、棚の名前失念
 ユルくてすみません、長年やっててもこんなもんです。 ってかアタクシが悪いんですがね


。。。ボケ入ってるかも知れん

なんとな~く、いつも季節が巡ってくると出会える気がして。。。覚えても忘れちゃうんですよね。 時間が経ってから思い出したりして


茶道の心得は一期一会。
気になる方はググってね



炭手前の後は、お香合の拝見。
竜のお香合は12年ぶり。(変な顔だと思う)
紫交趾(コーチ:漢代の郡名。現代のベトナムハノイ近くの都市。焼き物で有名)




若手チーム今回のスペシャルゲストは、「想ひいろいろ」のべにお様
美味しいもの大好き(味がわかる)お酒に強い(これ重要
)ってんでむりくりスカウト。 病後なのに首都圏を横切らせてしまいました~


様々な型紙で柄を染め分けた、一つ紋付き(縫い紋)黒地江戸小紋の正統派の装いで。
帯は、「猫百態」と呼びましょう

濃いクリーム地に変わり疋田地紋を織り出した袋帯の中に、さまざまな猫が飛んでます
 可愛いです

横切る帯〆はえんじ色
全体に押さえた色使いの装いで、八掛のほのかな牡丹色が艶かしく効いていたのでした




べにお様の流派は裏千家。
表とはちょびっとちょびっと違うらしく、袱紗ひとつとっても「大きさが違う~」とか「羽箒の使い方が違う~」とか、お互いに新鮮

こちとら、大きなお席で他流派合同で行われるような茶会などでは、流派のお手前の違いを細かく意識してない(お菓子を食べて、お茶を飲むのでイッパイだから

ベテランチームはご存知で、先生はアタクシたちに所々で解説入れてましたね


(表千家では男手前というのがあり、これが裏千家のお手前と似てるらしい)
えぇトシぶっこいてヒヨッ子と思うか、このトシでもまだまだ若手と思うか。(生徒さんを取ってる訳じゃないから、いつまでも若手でいいと思うんだけど。。。駄目


炭手前が終わった後の棚。茶入れに代わってます。




 ベテランチームのご意見番(初対面の人にも「癖の強いおばちゃんや~
」と言わしめる、めっちゃ上品な方)のこの日の装いは、抹茶色の鮫小紋
黒地にランダムな横段の袋帯で。
幅広の帯〆は水色とクリームイエローのぼかし

友人★の後ろ姿で、今日はさようなら





いつも読んでいただいてありがとうございます





https://fashion.blogmura.com/kimono/ にほんブログ村 着物・和装




スポンサーサイト



Comment

No title 

やだわ、龍の顔ってば、寝落ちの白目剥いてる小僧の顔そっくりで(笑)ガラスとかにへばりついて舐めてる時なんて、こんな顔ですわよ。
★さんの着物、面白いですねえ♪裾に行くほど花の大きさが違う!!
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2012.01/31 03:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あ、ほんとだ。椿の大きさが上と下で違う!
すごいなー、あすかさんったら。私、ナマで見たのに全然気がつかなかったわ~。
そんでもって、たまさんったら、いつの間に私の写真も撮ってたの? これまた、全然気がつかなかったわ~(笑)
そうか、この八掛けは牡丹色というのね。で帯締めはえんじ色だったのね。私ってば色の表現が稚拙で、紫!とか赤!とか書いてたわ。たはは。
「猫百態」のネーミング、ナイスです! いただきましたっ♪
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2012.01/31 21:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

小僧の白目バージョン、想像しちゃいましたよ。きっと期待を裏切らないはず(爆)去年の生まれだからうさぎ年ですね。
ヨーロッパの上流階級みたいに、男の子に女装させるの、やらない???日本でも昔はやってたらしいし。

★のこの着物、本人は目が痛いと文句を言います。不届きもの。すごく変わった柄付けなのに。顔が派手だから全然負けてないし。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.02/01 01:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様、私、食事する座敷でまったりしてた人しか写真を撮ってないの~。働いてた人の画像がない!んでもって献立の画像も揃ってない!

八掛、くれない色よりピンク寄りだし、牡丹かツツジか。。。って。
いい色ですよね(^^)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2012.02/01 01:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR