FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

追悼『純情仔猫物語』

ここに、猫保護ブログ『純情仔猫物語』オーナーKAZUさんへの、哀悼の想いを込めて、ご冥福をお祈りする。


私はこの方を直接は知らない。
ブログは読み逃げで、2ぽちして、コメントも入れなかった。
しかしこの方のブログは、私にいろいろなことを教えてくれた。
この方の性格もあるのだろう。
不思議ともやもやがアタマの隅に残るブログで、密かなお気に入りだったのだ。。。

『くるねこ大和』さんでも取り上げてもらったので、『純情仔猫物語』オーナーKAZUさんが、急性白血病に倒れ急逝されたのをご存知の方も多いだろう。
『くるねこ』さんは視聴率が高いから、KAZUさんも期待したのだな。
パブリックコメントをとても気にしていらしたそうだから。
私は実は、KAZUさんが作るパブリックコメントの本原稿を待っていた。
8月に入って入院され、それでもご友人を通してコメントについて語っていたが。
。。。わずか1週間も経たずに本人が亡くなってしまうなんて

あの時誰も想像しなかったと思う。
長い入院生活になるだろう、とは思っていたが。

みなさんは、ペットショップで売れ残った猫がどうなるか、とか考えたことがおありだろう意識の高い方々とお見受けする。
私は田舎ものなので初めて売ってる猫を見た子供の頃からそれが不思議だった。
血統書という純血種というものを守る?ためかその交配に無理があるらしいというのも、ある程度大人になって知った。
しかしKAZUさんは、画像のチカラで、健康な(?)売れる個体のために恐ろしい数の障害猫を生み出す現実を見せてくれた。
「国ちゃん」
内蔵にも奇形があるらしい、猫らしく座ることもできないスコティッシュ。
この子は何とか縁あってKAZUさんに保護され、あらゆる治療を受けて、今も少しずつ人間を信頼する猫に育っている。

私の勝手に思い描いていたKAZUさんは、責任感が強く、真面目で、きちんとした人。
私とは真逆だが、ときおりブログ書き込む悲鳴が、私にずしりと受け止めるよう響いた。
情にもろく、情に厚い人だったのだろう。
殺処分の子猫を引き取り、ミルクから育て、里親を探す彼女の活動につけ込まれたと思う「国ちゃん」。「しばらくの間だけ」の約束が廃業ブリーダーにあっさりと破られ、治療をやめればすぐにでも死んでしまいそうなスコティッシュを、個人で保護し続けた。
彼女の情に寄りかかる人々。
彼女の活動を助ける人々。

正直、私は自分の目の届く範囲だけで精一杯で、パブリックコメントがどれほど法的に有効なのか疑問があった。法律の締め付けがあれば、その間をかいくぐり地下にもぐる業者や人間はいくらでもいると思うから。
問題は業者の規制以上に、買う側の(飼う側の)人間としての意識の高さじゃないのか。
儲からない商売にはそんなに群がらない。
買う人間がいるから、儲かるから、業者が手を出すのだ。
ちょっと良心的だと思ったホームセンターのペットショップの話をしよう。
その店は扱っている子犬&子猫の動物病院の診断書を値段の横に付けていた。
スコティッシュとマンチカンのゲージ。

血液検査:済み
関節炎の兆候あり。要診察。
その他の不備は現時点で不明。
17万円

KAZUさんの追悼のはずが、私はどうも性格が曲がっているのでひとこと多い。
40℃の熱が2・3日続くと、マジで息ができない。苦しい。何も考えられない。経験上知っている。
そんな中でパブリックコメントに心を残し、私より若いであろう一生を終えたKAZUさんのために、明日、パブリックコメントを郵送します。
私には、その方がいい。ずっとアタマの中に抱えたもやもやのためにも。知らない人の亡くなった知らせに泣けるのが不思議です。
『じゅるのしっぽ』さんのは解りやすいです。が~っとプリントアウトして、郵送だっ

(メール受信がうまくいかないという記事を読んだので。締め切りが近いからでしょう)
犬猫は飼ってないけど賛同してくれるという友達がいるから、みんなの分と一緒に。








スポンサーサイト



Comment

No title 

おかえりなさい!

さて、まんまるもこの方のブログ拝読してました。
ちょっとの療養で済むのかな、と簡単に考えていたらこの結末。
びっくりして、びっくりして…
まんまるは「ジュルのしっぽさん」のほうから!
今度は、企業の組織票に負けないといいな…
  • posted by まんまる 
  • URL 
  • 2011.08/22 23:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私は、まんまるさんのブログで知りました。
パブリックコメントのことも、スコティッシュの遺伝のことも、
前回業者の組織票で改善されなかったことも、
ぜーーーんぜん知りませんでした。
知らなかったよー、無知だったよー。
KAZUさんを知ったのは、お亡くなりになってからでした…。
微力ながら、ウチのブログでも紹介して、
もちろん自分も送りました。
猫カフェのスコやマンチカンたち、今思うと切ないです。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2011.08/23 00:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ただいまです♪

それにしても、この方、真面目な方でしたよね。。。
旅先で亡くなったのを知って、愕然ですよ~。
パブリックコメント、90円切手貼って、出しまくりましたよ。
企業の組織票って腹立ちますよね!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2011.08/24 00:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

国家としては税金を取れる方がいいので、業者優先になるのはしょうがないな~と暗澹たる気持ちにもなるんですが。
だから、買う側(飼う側)の意識が変わらないとね。
私たち猫飼いは、できることだけ、きっちりやりましょうよ(^^)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2011.08/24 00:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR