FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

ウチの義妹とお友だち、藤の柄縛りの部活。

ごきげんよう。

4月、まだ緊急事態宣言が出る前のこと。。。
ウチの義妹とお友だちは、藤の柄を使ったコーディネートをする部活を計画しました。
大きな公園の大きな藤棚の下でロケをしたかったのですが、4月も半ばを過ぎると、もう東京の藤の花はすっかり終わりかけていました。今年の花は本当に足が早いです。
なので諦めて、彼女らの「推し」のライブ(公式試合)で知り合った、着物好きさんをお誘いして、ランチ会にしました。
お友だち◎さん初登場(笑)
どこかに藤の柄を身につける部活に賛同していただけて、今回は初めて画像掲載の許可をいただきました。藤の柄の着物や帯はお持ちでなくても、こんな風に参加して楽しんでいただけてます(^^)


4-26徳永部活01

お友だち◎さん(左)
生成り色地に深緑色片滝縞文様単衣の小紋。
黒地に青楓柄の名古屋帯。

4-26徳永部活03

背中に芥子縫いで、藤の紋を入れてます。
画像にはありませんが、バッグが、作家さん描く藤の花の柄でした(^^)


4-26弥生徳永部活01

お友だち☆さん。
黒地の大島紬。
友人のお祖母さんの形見で、胴抜き仕立てです。
八掛はワイン色でした。
赤茶色塩瀬地にろうけつ染めで藤の柄を描いた九寸名古屋帯。
ふでぺんさんからのいただきもの。
生地も染めも良いものだったので誰かに締めて欲しかったんです(笑)わたくしにもウチの義妹にも、友人★にもイマイチしっくり来なくて駄目で、友人☆さんが引き取ってくだすった(笑)
生成り色薄藤色飛び絞りの帯揚げ。
生成り色の三分紐。
スカーフ留めを帯留めにしたもの。
お母さんのもの。

4-26弥生徳永部活02

四角いカレンブロッソ。


4-26美由紀徳永部活01

ウチの義妹。
薄ピンク系都喜ヱ門大島紬。7マルキ。
ウチの義妹がひとりで着物が着られるようになりたいと、初めて着付け教室に行くことになったときのお教室は、自宅の近くで呉服屋の女将さんがやっている小さな着付け教室でした。一応大手着物学院である「長沼静」の系列ではありました(希望すれば改良枕の使い方や和装ブラなど長沼静の商品が買えた)が、免許など取らせる体勢ではなくて、授業料も1回2〜3時間で1000円という激安でした(笑)女将が知り合いの人たちに頼まれて、趣味で教えている教室だったのです。
着物と帯の組み合わせなどの相談にも乗っていて、他の生徒さんたちにはとても評判が良かったです。でもウチの義妹が持ち込む義母(義妹の実母)が買ってくれたリサイクル着物は、女将の考えでは、言語道断!って感じでした。若い娘が着るような(と女将が感じる)着物を、還暦女子(ウチの義妹のこと)が着るのは認められなかった。この都喜ヱ門の大島紬も、ウチの義妹の実年齢を考えると若すぎる、もう着たら駄目でしょう、と言うのでした。
この女将はとてもおされな人で、生粋の江戸っ子、ご自分の着物は大層粋なしつらえで、呉服屋の方のお客さんにも親切丁寧でお勧めする品物もいいものだったりしましたが、ウチの義妹のキャラがわかってなかったのだと思います。昔からの、呉服屋の常識に縛られていたと思う。
ウチの義妹はだんだんと、女将の主宰する着付け教室に行くのがツラくなって来ました。
女将はウチの義妹と体型がよく似ているので、和装ブラの効果的な使い方など、女将でなければ教えてもらえなかった着付けの裏技なども多かった。女将に教えてもらった後は、着物が綺麗に着られるようになりました。でもやっぱり、自分が好きで大事にしている着物を片っ端から駄目だしされるのは、愉快なことではないですよね。ただ自分の初心者っぷりを気にしていて実際にあまり知識がないと、圧倒されてしまって言い返せないですよね。
わたくしも同じ油絵の会なので存じ上げてますが、女将はわたくしの着姿も、
「自分の生徒じゃないから黙ってる(笑)」
とよく言ったもんです(笑)わたくしの着方に文句言わない姿勢は褒めてあげます(爆)←
その後、女将は呉服屋を閉めて、着物関係からすっかり引退しました(わたくしと同じ油絵の会は続けています)
ウチの義妹はまた別の着付け教室に行くことになったのですが(やはりそこも1回いくらの料金体系)そちらの先生はまだ若くて、ウチの義妹が着たい着物を着るのは何も言いません。ウチの義妹も着物を着るのに慣れてきて、安定した着姿が見られるようになりました。でもたまに、「???」てなときがあって、着物の種類が違うと慣れなくて同じような着姿がキープできないのかしら。。。と思ってましたが、どうやら違うらしい。先日到頭我慢できなくなって(爆)「これこれのときのこの着方はこっちの着方と見え方が全然違うんだけど、こっちはどうやって着てるの?何故?」と口出ししてしまいました(苦笑)余計なお世話だと思うのですが、気になって気になってしょうがなかったのでございます。毎回、ブログに着姿載せますしね。
すると、先生が強く押す着付けの決まりごと(下前の先が左足の甲に来るように、とか)があるようでした。出来上がった着姿が「先生の教え通りにできた!」と義妹が言うとき、ウチの義妹の身体に沿ってなくてなんだかとても変に見えたのはそういう決まり事の訳だったのか!先生の姿を画像で見せてもらったところ、ふくよかで大きい方で、ウチの義妹とはまったく違う体型でらした。前の、女将の教え方の方が、ウチの義妹を綺麗に見せていたと思いました。
着付けの先生ってのはもしかしたら、似たような体型の方が、よい結果を産むのではないか???と感じた次第でございます。もし体型など関係なく、安定した着姿が作れるように教えられるとしたら、教える実力が高い証明ではないでしょうか。。。
着物の着姿には、人それぞれ、こだわる方もいらっさるでしょうし、好みもあることでしょう。
着物初心者の方々に置かれましては、着付けの先生の教えは絶対じゃない、と申したく候。慣れないうちは大変でしょうが、いろんな角度から見て自分で考えたらいいと、思っております。
。。。てか、余計なお世話でしたね(爆)
ウチの義妹は、もしかしてお別れしなくてはならない?とうっすら考えていた、亡き母が買ってくれた都喜ヱ門の大島紬が、こうして還暦過ぎても、いや多分死ぬまで、慈しんで着ることができるのが、何より喜びです。

4-26美由紀徳永部活04
後ろ姿の方、画像がアタマ切れていたので、正面向きの方と大きさを揃えるために、顔を切るしかなかった(爆)意地悪ではありません(爆)

藤の柄の洒落袋帯。
昨年、ほ〜さまが、ウチの義妹に似合うかもしれないと送ってくだすった。
とてもいい帯です。
今年はちゃんとお外デビューできました。
どうもありがとうございます!
くすんだ水色綸子地の帯揚げ。
濃紺の帯締め。
小物合わせをしたのは友人★です(^^)
たまたま畑で採れた野菜を義妹宅に持って行ったところ(笑)


4-26徳永部活02

着物の話、「推し」の話、などなど、とても楽しい部活になりました。


4-26美由紀徳永部活03

帰り道、ま〜たいつもの骨董屋さんで、羽織ってるし(爆)
ぼかし地に白く七宝が浮き出た小紋。
買ってるし(爆)

4-26美由紀徳永部活02

くっきりしたターコイズブルーの帯締めは新品。
斎藤三才ですって。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村




スポンサーサイト



Comment

好きで似合ってればオールOKじゃね?😆 

年相応とか言われたらアラフィフでフルーツサンド柄の帯作って締めようとしてる私はどうしたらいいのか(笑)
大体似合う色も柄も人それぞれ違うのに、年齢で制限しようってのがそもそも疑問ですわ…😅
前にも書いたかもしれませんが、特にピンクって赤ちゃんみたいに無垢な頃か、年を重ねて色んな垢が付いてそれを落としつつある人に似合うと思うんですよね
うおー!斎藤三才!有名ブランドじゃないですかー!😍息子さんであるジョウタロウさんのYouTubeに笛の師匠がゲストで呼ばれて、そこで初めて斎藤三才という方を知ったのですが、作品素敵ですよねえ😍
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2021.05/04 17:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

お似合いです! 

こんなお似合いの大島手放すなんてありえないですよ!80歳で白髪になってもお似合いだと思います。
還暦すぎて派手なセオα着てますからね。
袷の派手なの手放そうとして、てんてんさんからとめられましたし、コーデネートまでしていただいた!
お二人+1人の部活、いつもたのしそうです。これからも楽しみにしています!
  • posted by 木綿こけし 
  • URL 
  • 2021.05/05 08:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あらま。
ご自身が確たる考えをお持ちなのはそれはそれで素晴らしいけど人様に押し付けるのは別ですねえ。
今から着付け教室に行ってみようかなとぼんやり考えていたんですが、安価で自分に合ったところを見つけるのってかなり難しそうです。
ところでめっちゃ素敵なお買い物をされてるじゃありませんか。
帯締めの色も素敵だし❤️
お買い物にお出掛け。
遠ざかっているので刺激されます。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2021.05/05 09:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

締めの話が 

部活メンバーも増えた上に着付け教室の話がとても面白かったです。
ほー様藤の帯覚えています。
田舎には選ぶほどたくさんの教室はないですがそれでも友人の中にはきちんと教室に通い資格も取ってる方たちがいます。
それは月に500円で2回の講習を3ヶ月の私とはかなり違います(勤労青少年用の公的機関が主催、希望者が少ないから年齢オーバーでも受講できました😅)
最初にどう習うかは結構後への影響がありますが好みの着姿の友人の話やたまさんブログ情報などで修正していけるのはありがたいです。

最近友人に晒しの話をしたら良かったと言っていました。そしてまた他の友人に伝えてました。
斎藤三才 帯締め初めて見ました。シンエイさんの着物や帯でなんとか欲しいと思いつつサイズが合わず(合うのはお金が合わず😅)指をくわえて眺めるだけです(笑)
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2021.05/05 12:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR