FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

友人★、久しぶりの伊勢木綿。

ごきげんよう。

お馴染み着物問屋さんの『着物でご来場のお客さま丸洗い1枚サービス』企画(笑)のために、着物を着て行くことになった友人★でありました。友人★は今年に入ってから、着物を着る機会が増えております。
何を着ようか?数日前から悩んでましたが、当日は午後から雨なのもあってイマイチ気が乗らなくて、出掛ける準備ギリギリまで迷って結局、えいやっっっと重い腰を上げて伊勢木綿を着ることにしました。
着物を着るのが億劫になるのはたまにあります。わたくしの場合はご近所ポケ活お洋服以外のお出掛け服をロクに持ってないので、ひと前に出る必要があるときは着物を着る以外の選択肢がありませんが、友人★にはまだまだこじゃれたブランド服が何枚もあるからねえ(笑)
でも今回、もしいつも通りお洋服でお馴染み着物問屋さんの展示会に行ったら、丸洗いに出したかった着物が無料になりません。苦渋の決断でした(大袈裟)
それに今の気候は、衝動買いしたのはいいけどほとんど着る機会のない、伊勢木綿着物を着るのにとてもいい感じですもんね。


4-17小野伊勢木綿01

ターコイズブルー&イエロー&紫色のブロック格子伊勢木綿。
染織こだまさん。
わたくしが初めて染織こだまさんの東京木綿展に行くとき、友人★にいっしょについてきてもらいました。自分ひとりで選び抜く自信がなかったんですわ。
するとまったく買う予定のなかった友人★が、先にちゃっかり好きな色のを選んでいたのでした。
この手の色目のこの手の柄は、友人★の大好物。以前はお洋服でも何点か持っていました。
でもせっかく大好物なのに、お洋服の方はもうデザイン的に厳しくて手放したのもあって、この着物ももう年齢的に厳しいのではないかと心配していたのです。
どうです?
お洋服感覚で考え過ぎじゃないかなあ。
生成り色紬地に青い幾何学柄の八寸名古屋帯。
ウチの義妹御用達の西荻窪駅南口のリサイクル着物屋さんで買いました。ってかその時は、ウチの義妹が単衣の着物が必要でお買い物に行ったったのにわたくしといっしょにお付き合いしただけでしたが、ウチの義妹がなかなか決められない中、さっさとちゃっかりこの帯と正絹の絽小紋(三越のタグ付き)を買ってましたね。
どうもちゃっかり便乗する癖があるようです(爆)


4-17小野伊勢木綿02

くすみピンクのたびっくす。
雨草履。
行きはまだ降り出していませんでしたが、アップルコートも羽織りました。
帰りは雨が降り出して、しっかり役に立ちました。

4-17小野伊勢木綿03

白いレースの半襟。
処分する木綿のブラウスから、レース部分だけカットしたもの。
薄水色綸子地の帯揚げ。
白×赤の正絹三分紐。
ふでぺんさんからのいただきもの。
青いガラス細工の帯留め。
友人★がお気に入りのアクセサリー作家さんのもの。
お気に入り過ぎて、わたくしに誕生日プレゼントしてくれて(色形違い)、ウチの義妹にも誕生日プレゼントしてくれて(色違い)、北海道のゆっち先輩にもプレゼントしてて(色違い)、友人★の押し付けっぷりが笑える、じゃねえ、好ましい事態でした(爆)


4-17小野買い物01

先日お茶のお稽古で着た蛍ぼかしの小紋と、ずいぶんと長いこと着ていないミントグリーンの色無地の2枚をお手入れに出しました。蛍ぼかしのほうはシミ抜き汗抜きをプラス、色無地は無料です。
友人★はその色無地着物を2年以上まえ、大寄せのお茶事のときに、同じ社中のまだ着物を持っていないという新人さんに貸したのでした。
わたくしにはそんなよく知りもしない人に自分の着物を貸すなんて、考えられませんが、友人★はそういうところおおらかで親切です。頼まれると嫌だと突き放せない。でも借りた方はどういうつもりだったのかいつまでも返してくれなくて、1年以上経ってようやく返してきたのでした。多分クリーニングにも出してあるはずですが。。。友人★は神経質なところもありますので、その色無地をそのまま着るのは気持ち悪くて(なら貸すなよーー)再度自分で丸洗いしないと気が済まなかったのです。無料なのは本当に渡りに船、という感じ。
それだけで帰るはずが、本当に久しぶりのセール会場に気分が煽られてしまい(爆)このとき着ていた伊勢木綿がもう年齢的に厳しいんじゃないかと気にしていたくせに、もっとカラフルな縞柄の片貝木綿を欲しがった友人★でありました(爆)もちろんわたくしは止めましたが、それは、もしまた木綿着物が欲しいならば、染織こだまさんの木綿展で買って欲しかったからです。水通しの丁寧さも仕立て上がりも全然違うと感じているのです。
いつもお馴染み着物問屋さんは呉服の問屋さんなので、正絹ものを買うのは充分過ぎるほど懇切丁寧品揃えも抜群ですが、木綿ものはつい最近まで20万円もするような久留米絣や弓浜絣しか扱ってこなかったのですわ。なんかまだノウハウが確立されてないような感じがする。ってか余計なお世話なんですが(苦笑)でも明らかに太物屋さんとは違います。
でも友人★は、どうしても手ぶらで帰りたくない感じアリアリでしたので(爆)中途半端に欲しい欲が刺激されるのも友人★にとってよくないであろうと(爆)短い時間で必死にセールコーナーを探し回り(わたくしが。爆)友人★のちょっとこじゃれた普段のおされ着物に合いそうなカレンブロッソを見つけてことなきを得ました。9800円也。
友人★はこれがカレンブロッソデビューです。
買うものがあって良かったーーー。
だって本当に危ないよ!!!
瞳孔が開いて目が泳いでたもん!!!(爆)
カラフルポップなシルック小紋反物(もちろんセール品)を手にして顔に当てる。ちょっと待て、それどうするの、その伊勢木綿の比じゃない派手さなんだけど?と止めると、じゃあ羽裏にしたら可愛いんじゃないかと言い出す。ってかアアタ袷の羽織なんか作る予定ないでしょ?ただそれが目について欲しいだけでしょ?正気に戻れーーーっっっ悪霊退散!!!
てな具合に、久しぶりに友人★の行動を全力で羽交い締めにしました(爆)
はあはあ。
友人★とわたくしたちは同じ方向に帰るのですが、クルマに同乗するのはとことん辞退してくれるので、会場ビル前でさよならしました。新しいカレンブロッソを手にした友人★は、雨の中足取りも軽く、地下鉄駅の方に歩いて行きました。
短い滞在時間でしたが、楽しゅうございました。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサーサイト



Comment

お友達★様、お似合い! 

ってか見覚えがあるなぁと思ったらこちらの伊勢木綿、ワタクシの夏の麻のブラウスの色合いにそっくりでした。そしてワタクシは63になっても平気でそれを真夏のオサレ着として着るつもりなので★様は当分ってかとりあえず10年はこのお着物無理なくイケますわ♥️

前にも申しましたが60越えてから地味めの色よりハデめの色の方が似合うと言われることが増え、着物でも洋服でも買う時にぐるぐる迷います。40代からはベージュさえ着てれば大丈夫で楽だったのですが、着物ではまず蘇芳ハンターとなり、洋服も明るいめのものを選ぶようになりましたが似合ってるのかわかんないです😓
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2021.04/22 14:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: お友達★様、お似合い! 

>亜雅紗さん。亜雅紗さんはラブリーな感じのがお似合いだと思いますわーー。
ウチの義妹とちょっと重なるとこありますよね。
友人★は50歳過ぎてから、とにかくお洋服の似合う似合わないが大きく変化したのです。老けがどこに出たのか。本人が納得できないのが大きいみたいですわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/23 18:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

可愛いーー 

伊勢木綿、すっごく気になる中の一つですわ~~。
でも、あかん、全部一度着てからと心を強く持つのです(笑)。八寸帯が好きすぎて(素朴な織の感じと手ごろなお値段)引き出し一つ八寸専用になりました。

★さん、カレンブロッソデビューされるんですね!お似合いになりそうな色合い!これ楽すぎて一度履いたら普通の履けんなりますわ。いいお買い物されましたね!
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2021.04/23 19:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

目に浮かぶわあ😆 

★さんが京都のたんす屋で「イモ掘ってるんかいっ!」つーくらいの勢いで着物掘り掘りしてらしたお姿を思い出しますわ😆
お買い物モードに入るとアドレナリン全開になっちゃうからね〜😅そりゃ瞳孔も開きますってばよ(笑)カレンブロッソ、マジいいお買い物でしたね!さすがたまさんグッジョブ!!😆
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2021.04/23 20:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 可愛いーー 

>ふでぺんさん。伊勢木綿はどうせなら薄手の方が、着られる時期が長いですわ。
でもふでぺんさん、縞と格子はヤバイっておっさってなかった?(笑)
カレンブロッソを履くようになったら、草履があれこれ要らなくなったんですわー(^^)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/27 17:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 目に浮かぶわあ😆 

>てんてんさん。友人★の「買いたい欲」って厄介ですわ(爆)とにかくお金使いたいだけなの(苦笑)
京都で買ったあの着物は、お気に入りで、いい買い物でしたが、場合によっては飽きるの早っっってのもありますので、友人★の買い物欲を野放しにはできませんわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/27 17:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR