FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

正絹長襦袢をお洗濯した。

ごきげんよう。

春って毎年こんなに寒かったでしたっけ、奥さん?
肌寒いくらいの方が、着物を着ていても気持ちいいので、寒い方が好きなんですけれども、今身体的にラクな思いをしてるとあとでがっつり厳しい夏が来るんじゃないかと怯えちゃうんですが、悲観的でしょうか(苦笑)
ええわたくしはどっちかっつーと、生きることを肯定的に捉えられないタイプでございます。物ごとに対してあまり心配することはないんですが(不確定な未来を心配したってしょうがないじゃない?ってな理性は働く。なのでできる範囲で心配ごとがあれば心配を無くすように手当てします。なので心配ごとってあまりありません)、確実に来るであろう未来に対してよく言えば用心深いっつーか、新しいことにはすぐに手出しできないですし、よく言えば慎重っつーか保守的っつーか。まあとにかく、楽観的になれないタイプなんすよ。
なのでわたくしと違うタイプの、好奇心が旺盛でなんでも果敢にチャレンジするようなヒトは眩しい。
何もすることがなくても気になりません。わたくしは変化のない日常を愛しております。心のスパイスになる刺激は、必ず外からもらいます。
まあでも積極的にこんな生活をしていると、ブログネタが尽きちゃうときがあるんですが(爆)痛し痒し(爆)
そんなわたくしではありますが、こと正絹の長襦袢に関しては、深いこと考えずにお手入れ始めました。自宅で、ヒヨちゃん(ウチの洗濯機の名前)に入れて、がーらがら洗って脱水1分、着物ハンガーに掛けて乾かします。

3-27正絹長襦袢01
乾いた長襦袢(一部)
ご承知のように、正絹を水につけて乾かすと、繊維がごわごわになりますわ。縮むし。

3-27正絹長襦袢02
アイロン後。
わたくしは、正絹の長襦袢にアイロンを掛けるとき、当て布とかしません。温度は木綿のシャツにアイロン掛けるくらい高温で、がーーーっと掛けます。
案外、綺麗に掛かりますね(笑)
わたくしのアイロンは40年くらい前のもので、スチームもとっくに壊れて、ただただ鋼鉄のアイロンの重さがあるのみなんですが。水分が必要じゃね?と思ったときには、霧吹きを使います。手ぬぐい付け帯を作るとき、手ぬぐいのシワを取ったり糊代を作るときには、霧吹きで水分を与えてアイロンを掛けますね。その方が仕上がりが綺麗だもんね。
あ、いくらなんでもそれ古すぎないか、新しいアイロンを買えとか思われましたか奥さん?(笑)イマドキの新しいアイロンは鋼鉄製じゃないしこんなに重くないのは存じております。コードレスだったりするし。ただ、わたくしは今のアイロンで何か困ることもないのと、元々アイロンに愛がないので(爆)新しく買い換える必要性を感じてないだけです。
シンプルで単純な機能しかない家電は、長持ちしますね。電気代のことを思えば新しい家電の方がいいのは重々承知しておりますが、わたくしがアイロン掛けるのなんて、着物にシワができちゃったときと付け帯を作るとき、正絹長襦袢を洗ったときくらいですので(爆)電気代は微々だるものだと思う。知らんけど。
まあとにかくね、正絹って布は案外強いなーーーと思う訳ですよ。正絹の帯揚げもシワになったら高温でがーーーっとアイロン掛けてシワ取りしてます。
とはいえいくらわたくしでも着物の生地に依ってはちゃんと当て布をするし、絹に向いた温度に設定してアイロン掛けますよ。そこら辺の阿吽の呼吸は、感覚なので、言語化しにくいですね(笑)
わたくしは正絹長襦袢に対して、ぞんざいなのでございます。元々着物を着る上で、長襦袢にはあまり手をかけたくないタイプです。
世の中には、長襦袢愛に溢れる方もいらっさる。他所さまの、着物の振りからのぞく綺麗な色、ハッとする色の組み合わせ、溢れるイメージに目を奪われることも多々ございます。そういうのとっても美しいと思う。
だけどわたくしは自分ではそこはやらないの(爆)
同じ形をした衣類を着るというのに、こだわりのポイントは本当に人それぞれなのがとてもおもしろいと思います。着物を着る上で、どの部分にこだわりを持つかは、本当に人それぞれですよねーー。奥の深い衣類だとしみじみ感じますわ。
さてわたくしが、正絹の長襦袢に対してここまでぞんざいになったのはここ10年ほどです。
それまで普段のちょっとしたおされに着物を着るときは、身頃が木綿の二部式襦袢か、木綿の筒袖半襦袢&替え袖で暮らして参りました。わたくしが持っていた正絹の長襦袢は、実家の母親が仕立ててくれた(母親好みの)訪問着に合わせたものが2枚ほどあっただけで、自分で正絹の長襦袢を買おうと思ったことはございません。自分で欲しくて買ったのはふりふの可愛い長襦袢で、ポリエステル製ですしね。母親がくれた長襦袢は、礼装・略礼装に相応しそうな無難な薄色ぼかしのものでした。
以前のわたくしは、それらの正絹長襦袢を、訪問着を着るときに合わせることしか考えられなかったです。
んで訪問着を着る機会は少ない。たまに訪問着を着る機会があっても、長襦袢のクリーニング代がもったいないので(←貧乏性)、確実に汗をかくであろうお茶会の時などは、正絹の長襦袢なんぞ着ないで自宅で洗濯機で洗える二部式襦袢やポリエステル襦袢で凌いでいた。すると正絹の長襦袢の出番は、まったくなくなってしまいました。正絹の長襦袢は、ちゃんと専門店にクリーニングに出すものと思い込んでいたのです。
わたくしは、持ってるだけで着ないものが家にあると若干のストレスを感じるタイプですので、正絹の長襦袢の扱いにほとほと困った。もし自分で買ったものなら、とっくに処分していた気がしております。母親がせっかく作ってくれたものだと思うと、捨てられない。よく、家が片付かない人が言うことに、「人さまからいただいたものは処分できない」っつーのがあるようですが、わたくしの場合それは、母親が作ってくれた着物関係のみに適用されるのでした(笑)いやホントマジでね、自分で選んで買う着物は紬ばかりで、訪問着や付下げは母親が選んでくれた(母親が好きな)ものしかないんですが、イマイチ大好きって訳じゃないけどまあちゃんとした似合うものがもうそこにあるから(!)訪問着類を自分で買ったこと、いちどもないんです。つまんないよ(爆)着物を普段に着ているわたくしですら、このように持ってて困惑する着物があるというのに、着物を着ない人が嫁入り支度として持たされた着物なんて、処分しようにもしにくいめっちゃ困るブツなのだと思えますね。
古着屋さんを見ても、新品の長襦袢がぶら下がってます。長襦袢って対丈だから案外着る人を選ぶものです。身丈が長いと着にくいし、裄や袖丈もないがしろにできない。世の、長襦袢愛の深い奥さん方ならともかく、そうじゃない人にとっては、着物を着る上で、特になくても困らないものと言えましょう。っつーかわたくしのこのぐるぐる、捨てたいのに捨てられないジレンマ、お笑いいただけると幸いにございます(爆)
んである時、正絹長襦袢は、寒い季節の防寒着として普段使いすればいいんじゃね?と気がついた。ようやっと、正絹長襦袢を消費できると思いついたのでした。
実際に寒い時期に正絹の長襦袢を着ると暖かいです。都内では公共の交通機関で動き回るので、駅まで歩くときや電車を待つとき、正絹の長襦袢は確かに暖かく守ってくれました。袖の振りから見えるのが薄ピンクのぼかしだろうが薄黄色のぼかしだろうが、そこはもうどうでもいい(爆)正絹の長襦袢を、無駄にせず消費できることが重要です(爆)
自分のものだけでも大変なのに、実の妹が亡くなったときに妹の分まで着物と帯と長襦袢が来てしまって、総数は自分の分と合わせてたった5枚ですけれども、「あーーーー増えてしまったーーー」とアタマを抱えました(爆)軽くパニクった(爆)着物は着ることもあるでしょうが、長襦袢はねえ。
礼装用に2枚(綸子と縦絽)だけを残して、あとは普段着でとにかく消費あるのみです。
これらを仕立てた実母は、娘たちに何を買い与えたかなんてもう覚えておらんであろ。
脳内を丹下段平おっちゃんの声がリフレインする。
着るべし着るべし着るべしっっっ
残念なことに、わたくしは暑がり汗っかきなので、正絹の長襦袢がありがたいと思える時期は、1年のうちでもほんの3・4ヶ月しかないんです。短いよっっっ。長襦袢って着物や帯と違って他所さまにお譲りにしくいしねえ。っつー訳で、お手入れにお金や手間をかけずに、とにかく着る。なんつーか、わたくしの正絹長襦袢に対する意識は、機能性下着に対するみたいな感じではありました。
正絹長襦袢の愚痴(爆)を書いたらこんなに長くなっちゃった(爆)
いやはや申し訳ない(爆)

いつも読んでいただいてありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村



スポンサーサイト



Comment

う〜んタイムリー 

半襟付け替えるのが嫌さにネットでひたすらお安い二部式襦袢(でも中古はちょっと嫌)を探しまくっていて、その中で中古といってもあまり使用感のない(画像と出品者の言葉を信じるなら)正絹二部式襦袢を見つけた時はちょっと心が動くんですよね〜😅たとえアイロンにちょっと失敗したとしても基本見えないんだから大丈夫じゃね?とか(笑)
たまさんがおっしゃる通り絹の温かさそして肌触りはとっても魅力的🤗何より正絹襦袢着てるとめっちゃ着物上級者になった気分になれる(そこか?)
たまさんとこかあすかさんとこかは失念しましたが、カンタービレさんから直に聞かれた情報で「正絹の長襦袢は50代向けシャンプーのセグレタで洗うと良い感じになる」ってのがずっと頭に残ってまして😅
このタイミングで記事見ちゃったってことはやはり正絹襦袢も持っとくべきだろうか…
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2021.04/14 23:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

たま様のおかげで 

ワタクシは正絹長襦袢は家で洗うものと、思い込んでましたわ。あらぁ?違いました?だって絹でもやっぱり汗臭くなりますやん。で、確か洗ってさっとアイロンかけたら結構元通りだよーとたま様のブログで拝見して、新古品のを楽天で買ったのと義母が持った長襦袢用反物をベトナムの方にお願いしてお気楽に着てましたがもっと色々考えなくちゃアカンかったのかしら?新古品のは長すぎて裾ザクザク並み縫いして着てます。

でも今さら遅いですわ。3年位前汗だくになって洗ったあとですわ、二枚とも。寒い時に着るとやっぱぬくさが違うだもん。そんでどーもないからワタクシ的にはめでたしめでたしです。
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2021.04/15 00:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

結構平気ですよねー 

私も、一時期は正絹襦袢を洗って使っていました。縮むけれど、それを見越したサイズのを買って。今は、つけ袖派ですが。(マイサイズに統一できる日は、来ないと思う。。。)張りがちょっと無くなるので、裄は合っているけど、なんか見えちゃうことがありましたが。。。ノリつけた方が良かったのかしら。
着物リメイクをするようになって、正絹って丈夫だな〜と思っています。洗濯機で洗っても、そうそうへたりません。普通の洋服の方が、毛玉ができたり、へたりが早い気がする。。。
着物の場合は、糸が縮んだり、裏が伸びちゃったり、他の要因で洗濯に向かないけれど、襦袢なら、オッケーですよね〜。肌に近いものは、清潔にしたいですしね〜。
  • posted by だしこんぶ 
  • URL 
  • 2021.04/15 14:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

たまさん、こんにちは。
正絹襦袢、そのうち一枚ほしいなあと思っておりますが、自分のサイズもよくわからず、今は着物を着る頻度も少ないので、筒袖綿襦袢で間に合っておりますが、肌触りと着心地は気持ち良さそうですね。
自分でお手入れできるなら、気軽感もまして良いですね。

アイロンのお話、アイロンてなかなか丈夫ですよね!昔、なんでもいいやと、間に合わせで気に入らない色合いの物を買い、使っていましたが、やっぱり気に入らないので、ずーっとなんとなくやだな、でも壊れてないしなあとモヤっとしてました(笑)

こちらにまとめて失礼しますが、遅くなりましたが、イースターコーデ、木綿着物と可愛らしい組み合わせで、このご時世でなければ、テーマパークとか楽しいお出かけになりそうでしたね。
★さんのベージュの着物、蛍ぼかし、という名前の響きも素敵で、色々な組み合わせで長く着られそうで、大人のベージュって良いですね。
義妹さんの、帯締めをねじって帯留めをとめる技!初めて知ったので、大変参考になりました!外れる心配がなくなっていいですね。

最近、腕を少々ひねったりしまして、コメントできずやっと少し良くなったので、長々と失礼しましたー。

  • posted by かしわ 
  • URL 
  • 2021.04/15 14:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: う〜んタイムリー 

>てんてんさん。あのとき、どうやってお手入れしてるか訊いたんですよね。毎日着物の人は、汗をかいたらどうしてるのかと思って。そしたら正絹も動物性だからシャンプーで洗うといいんじゃないかな、あまり大声でお勧めできないけど、とのことでした。
記事にしたのはあすか師匠ですわ(笑)
でも普通にウールを洗うアクロンとかエマールで大丈夫ですわ。仕上げにアイロンさえかければおk。
正絹長襦袢、しつけつきのがリサイクルで出てますよね。親分なら骨董市でお安く見つけられるはず!
とにかく冬場は着心地がいいので、めっちゃお勧めですわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/18 20:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: たま様のおかげで 

>亜雅紗さん。そうです以前記事にしましたよー。自分で洗って、何年も着ております。
ただあれから実の妹のが来て正絹長襦袢が増えちゃってねー。そんなに傷むものでもないし、たくさんあってもきっきらん(><)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/18 20:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 結構平気ですよねー 

>だしこんぶさん。替え袖いいですよねー。振りからのぞく綺麗な色って嬉しい。私は替え袖は着物に直接縫い付けてしまうので、少ししかない替え袖が決まった着物についてます(笑)
とにかく今は、家にある正絹長襦袢を消費したいのです。自分が欲しくて買ったものじゃないのがストレスですわ。白っぽいのって飽きちゃうんですけど、仕方ない。他の色に染めたらいいのかなー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/18 20:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

>かしわさん。気に入らないものを使ったらあきませんわ。私も長いこと、間に合わせに買ったおたまを使っていて、おたまって壊れないじゃないですか、ずっとその間に合わせのおたまで、ご飯のしたくのたびに、ああ可愛くないと思ってた(爆)そしたらウチの夫に、おたまなんて安いんだから好きなデザインのを買えば?と言われて(爆)ニトリで買い替えましたよ(爆)結婚してから初めておたま買い替えましたよ(爆)
壊れないと買い替えちゃダメかと思い込んでたけど、持ち物を少なくしたら、毎日使うものは気に入ったものしか持ちたくなくなったんですよねー。ってかウチのアイロンは今ので満足してるので、古くてもいいのです(笑)かしわさんは好きなアイロンに是非!買い替えてください(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/18 20:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

全く同感です 

着物を着始めた20代の頃母が二部式正絹長襦袢を買ってくれました。私は小柄、その頃はスマートでもありました(服は5号か7号)ので使いやすいものでした。で、下着は全部洗う習慣もありました。着るたび洗濯機でガーラガーラしてました。とても重宝してたのですが下の方の布地が裂けてしまいました。
今は夏はカリキュロ長襦袢、冬は綿絹長襦袢、時々正絹長襦袢です。一生もの、正絹…など言葉に惑わされていましたが、自分にとって高価でも持ってるだけじゃ意味ないですよね、着るべし着るべし!たまさんのおかげで思い出すものも多い😅
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2021.04/22 11:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 全く同感です 

三匹のははさん。正絹は丈夫だから、たくさん着たらええですわーー。
高価なすごいものを持ってるだけで幸せな人もいれば、買った事実だけが重要な人もいるし、着るのが楽しい人もいますわ。
私は、着たい人は、もったいなくて着られないことがないように、と思います(^^)いいものを持っているなら、たくさん着て、自分を大事にしてあげようと思うのでした。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.04/23 18:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR