FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

キターーーふでぺんタイフーーーン¥(≧▽≦)/

ごきげんよう。

先日またふでぺんさんからタイフーーーンが到来しまして(笑)ウチの義妹と友人★を召集しました。
時々やって来る大きな箱を、ウチを担当するクロネコのお兄さんも覚えている(爆)ちなみにウチに来るクロネコさんは、平日は女性で、土日祝日は男性です。
これだけしょっちゅうたくさんの着物や帯をウチ(及び亜雅紗さん宅、あすか師匠宅)に送ってくださっても、未だご自分の着物がきちんと収納できないとおっさるふでぺんさん(笑)。。。着物沼にずぶずぶと入り込むと、あれもこれも目新しいものが欲しくなるし必要なものがまだ足りない気がしてあれもこれもに目がいってしまうものでございます。持ってない素材のものなど是非とも手にしてみたいと考えましょう。それがネットで、実店舗で買うよりも簡単に、かなりお安く手に入るとなったら、歯止めは難しゅうございます。数年も経つとすっかり大量のブツに囲まれることになりますわ。その状態、ちょこっとは覚えがございます。とはいえ収納力には個人差がありますので、そんなに溜め込むまえに放出、また少し溜まったら放出を繰り返すパターンもありますし、めっちゃ溜め込んでからイッキに放出のパターンもありましょう。いったいふでぺんさんちはどうなっているのだろうか(爆)お節介にも、わたくしが一緒に整理して差し上げたいと切実に思うのであった。
ふでぺんさん、いつもいつもありがとうございます。
おかげさまでだんだんわたくしどもも慣れて参りまして(爆)大量の物資におたおたしなくなった(爆)今回はこんな風に分け合いました。

3-8ふでぺんタイフーン01
お約束の「真珠貝マドレーヌ」
今回、ウチの夫に全部食べられないうちに、全員集まれて美味しく頂戴できました(^^)
さすが銘菓、美味しゅうございました!

ウチの義妹がいただいたブツ。
3-8ふでぺんタイフーン02

テラコッタ色地に手描き草花柄絵羽の道行きコート。
身丈が100センチ2ミリと、たっぷりしてました。
ウチの義妹は還暦過ぎにこういう朱赤系の色は厳しいと申しましたが、羽織ってもらうと、後ろ姿の絵羽がとても着映えするのです。朱赤にもいろいろあって、明度彩度の違いは明らかです。ただしデジタルでは分かりにくいかもしれないですね。
こちらは落ち着いた焼き煉瓦の色で、どちらかというと若い女の子向きではなく、かなりの年配者が着るものだと思えました。わたくしなど、ウチの義妹の心配とは逆に、老け込んじゃったらどうしよう?と思ったほどです(笑)
実際に着物の上に着て、様子を伺ってみましょう。秋ころにぴったりな雰囲気だと思うのです。

3-8ふでぺんタイフーン03

綸子の帯揚げ各種。
左上から、からし色×ピンクぼかし・ペパーミント×桜色ぼかし・珊瑚色・薄藤色。
左下から、くすみピンクぼかし・からし色×草色・柳色×一斤染めぼかし・深緑ぼかし・桜地紋に水色ぼかし。
ちりめん生地の帯揚げの方が形を作って締めやすいですし、普段着物には合わせやすかったりするのですが、綸子地はちょっとした小紋から色無地・訪問着にまで使えるのと、春に使いやすいのとで、何枚か持っていると便利です。
帯揚げと帯締めは全体に対する割り合いはちょっとしかなくても、着姿の雰囲気を左右するほど存在感の大きいパーツです。ウチの義妹もいろいろな色を揃えたいと考えつつ、中々機会がありません。
どれも役に立ちそうな色です。
ウチの義妹がお友だち☆さんに見せたところ、ほとんど全部お友だち☆さんが気に入って持ってってくれて(爆)ウチの義妹には画像の下3点が残るのみ(爆)

3-8ふでぺんタイフーン08

白いちりめん地に楽器柄の刺繍半襟。
生成り・ベージュぼかし・濃い納戸色・枯れ色の帯締め各種。
半襟はたくさん、箱にぎっしり、売り物かっつーほどあったのですが(ほぼ全部新品)残念ながらほとんどお返しすることになっちゃいました。
普段、なかなかこういったものもじっくりあれこれ比べて見る機会が少ないので、顔に当ててじっくり検分できてありがたかったです。
わかったことは、ウチの義妹には、黒い半襟や濃い色、柄半襟がまるで似合わなかったこと。特に黒い半襟は、都会的でおされなイメージで、他の着物ブロガーさんでキリッと粋に着こなしてらっさる方を拝見するのですが、わたくしたち(ウチの義妹&友人★)はとにかく似合わなかったです(爆)ちょっと試してみたい気もあったのですが、買って試さなくて良かった(爆)
半襟ひとつでも着る人の個性で、似合ったり似合わなかったりするのです。仇やおろそかにはできませんわよ奥さん。

友人★がいただいたブツ。
3-8ふでぺんタイフーン04

水色×黄緑色ぼかしの道行きコート。
身丈や裄が友人★サイズでした。
単独で見ると少し老け色のような気がしますが、実際に着てみると友人★には顔映りのいい色でした。羽織ものはいろいろあった方が便利よ奥さん。

3-8ふでぺんタイフーン09

焦げ茶色平織り単衣紬。
織りの感じは村山大島紬っぽい。証紙はありませんが村山大島ってことにしときますね(笑)細かい幾何学柄です。
友人★に、シャープな感じで似合いました。
今まで友人★には紬があまり似合わないこと多々で、好きでも諦めたものも多いですが、素材感とか柄が本人にしっくり来るものもあるようです。
色足袋3足。濃紺・濃紺×深緑桜の刺繍・からし色。
最近、カジュアルなお出掛け着物に目覚めた友人★は、色足袋にも目覚めました。
今までお茶会でばかり着物を着ていたのは、友人★にとって、おのれを抑えることであったのだなあ。よく途中で辞めなかったもんだと感心します。

3-8ふでぺんタイフーン07

帯揚げは2枚。黄緑色に飛び絞り・菫色紋綸子。
帯締めは6本。
プラスチックピンク・多色使いの浴衣用飾り紐・濃紺・赤×白の三分紐・青の靴紐・黄色×紫色。

わたくしがいただいたブツ。
3-8ふでぺんタイフーン06

洗朱×ベージュグラデーション縞の道行きコート。
裏は地紋ありの黒無地で、リバーシブル。
わたくしが着物初心者のころ、最初に手にした羽織りものは、唐紅無地と黒無地のリバーシブルの道行きコートでした。仕立て上がり品を、今もお世話になってる日本橋馬喰町の着物問屋さんで買いました。20代半ばの身には、地紋のある唐紅の生地は顔映りも良くて、手持ちの地味色の着物に合わせやすかったのです。裏が黒無地なのは、不祝儀にも使えるように、ってことなんでしょうけど、現実には袖口や裾に細く唐紅が見えるのがアクセントになって、不祝儀には着られないと思った(苦笑)
当時は長羽織も売ってなくて、今思うと、羽織不遇の時代でしたねーー。昭和の短い丈の羽織大流行の反動があった時期だったのかもしれません。
その道行きコートがいつなくなったのか全然覚えてないんですが(爆)20年くらい前に着物をあまり着なくてカネコ服にめっちゃ凝ってた時期があって、それがひと段落したころには長羽織が流行りだしていたので、そのころ処分したんだと思います。
てな訳で裏が黒無地のリバーシブル道行きコートには懐かしい思い出があるのですが、こちらのはサイズもたっぷり、身丈も裄も長く、割と最近作られたものに思えます。
わたくしは道行きコートをほとんど持ってないので(お茶事用に1枚だけ)やはり着るものと場所に依っては長羽織が着られない場面もありますし、きっと役に立つはず。
ありがたくちょうだいしました。

3-8ふでぺんタイフーン05

ブルーグレイと白の丸組・ブルーグレイ三分紐・紺青色ぼかし丸組。
わたくし手持ちの帯締めには青い色があまりないです。水色とターコイズブルーと青磁色くらい。そもそも売り場であまり見かけないのです(道明さんとかデパートの高級品コーナーは別)手持ちの小物は黄色系やピンク系が多いですが、新品のがお安く出回るので買いやすいってのもあります。
でも普段は使わない色目でも、好きな色目だとある日突然使えるときが来る可能性もあります。若いころ買ったくすみブルーの帯揚げ帯締めのセットは、当時のわたくしが使うと妙にそぐわない、老け色でした。30年ほど寝かせて持っているのも忘れていた数年前のある日、おーく損で手に入れた訪問着を着ようと帯小物をあれこれ合わせたら、ドンビシャ、訪問着の柄とまったく同じ色でした。同時に染めて誂えたようだったのです。出番があって良かった!。。。てな経験があります。驚きましたわ。なので帯揚げ帯締めはつい残しておきたくなります(笑)でも収納場所に限りがあるので、定期的な見直しは必要だと思いますが(苦笑)

ふでぺんさん、いつもたくさんの物資をありがとうございます。
たくさんのものを一度に、じっくり見る機会は、ありそうでいて実はあまりありません。
このような機会を与えてくだすって本当に感謝です。
今回の物資の中に、久留米らしい絣の木綿着物がありました。限りなく濃い藍色は多分本藍染め。ものが良さげなのはすぐにわかりました。サイズは友人★がギリギリ着られる、ウチの義妹のお友だち☆さんならびったりかもしれないサイズです。
木綿着物はあまり羽織る機会がないので、ウチの義妹もわたくしも友人★も、喜んで羽織ってみたのですが。。。わたくしと友人★は、モンペを着た野良作業するオバチャンにしか見えませんでした(爆)ウチの義妹はその辺に埋もれる大衆っぽい感じで、戦時中の物資不足まで感じさせる雰囲気、お世辞にもとても似合うとは言えません。でもほら、木綿の絣柄って高価じゃん?嶋や格子はリーズナブルな普段着物ですけど。最後まで悩んだのですが、使わないものは返品してくれとのふでぺんさんの申し出に従って、泣く泣く返しました(爆)
木綿の絣柄って、本当に難しい!
あれは着物雑誌を飾る女優かせいぜいモデルしか似合わないんじゃなかろうか(←すっぱい葡萄状態。爆)
えっっっ奥さんはお似合いなの?えっっっ品が良くてすんばらしいわ。
羨ましい!!!
木綿着物こそじっくり探さないと着られないわたくしたちであった(合掌)

いつも読んでいただいてありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサーサイト



Comment

絣柄 

私も絣の柄は難しいですー。戦後生まれだけど、戦時中のイメージって言うか、上手く着こなせないです(悲)。今回は小物類も手伝って頂いたんでとても助かりました!帯揚げだけで引き出しを3つ使ってたんですが、一つ空いたんですわ、嬉しいっ!たまさんにご心配頂いてる収納も何がどこにあるのか把握できるようになり、いつかエクセルで管理出来ればいいなーって思ってます。ありがとうございました~~(*^▽^*)
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2021.03/14 17:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

うちはぜーんぶ頂きました。 

うちは「着物のことはわからないけどとにかく欲しいの」と言う娘と蓋を開けたので半襟一枚さえ手放さない構え。お陰さまで豪華な振り袖から道行きコート、気軽に着られるポリ着物に可愛いウール(母娘でお揃い)とえらい衣装もちになりました。刺繍半襟なんて見たことがあまりないので目の色が変わって全部握りしめてましたわ。

「これ、いっちゃん高そうだけど絶対てんてん親分に似合う」小紋と黒に刺繍の半襟は親分へ。お揃いの紫のがあるのでいつの日にか刺繍半襟双子コーデを企んでおります。

ふでぺん様、この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございます!
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2021.03/15 00:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

絣 

私もふでぺんさんからいただきました!!
街並みの雰囲気にも私にも似合うのですが、割烹着着て歩くと、すれ違う方が目線そらします!!!
いやいや大丈夫、あなただけに見えてるのじゃないから!
  • posted by  
  • URL 
  • 2021.03/16 08:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

皆さまあってのワタクシメでございます~~ 

木綿着物、気になる方、連絡お待ちしておりますー(^-^)
ほんに皆様あってのワタクシメでございますれば、ありがたくてありがたくて足を向けて寝られませんわ~~
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2021.03/17 12:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 絣柄 

>ふでぺんさん。今回はあまり大きくお手伝いできなくて申し訳ないーー。
また宜しくお願いしますーー。
ってか帯揚げだけでまだ引き出し2つあるんですか!?わーーーい(爆)
でも小物類ってあまり収納場所を取らないから、よほど同じようなのばっかりじゃなければ持っててもいい気がしますわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.03/17 16:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: うちはぜーんぶ頂きました。 

>亜雅紗さん。まあすんばらしいわ!
お嬢さんが着物好きで羨ましいです。ウチは着てくれないからなーー。
ウチの義妹のワードローブもずいぶん増えてきました。ありがたい限りです。
次のタイフーーーンも楽しみです!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.03/17 16:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 絣 

>ななしさん。
爆笑!!!
上手い!!!
そっかー、よほどお似合いで、時代も表現なさってるのね?
じわりましたーー(^^)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.03/17 16:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 皆さまあってのワタクシメでございます~~ 

>ふでぺんさん。
木綿着物、絣以外にお持ちなんですか?
是非見たいと、ウチの義妹&お友だちが申しております。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.03/17 16:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

すみません! 

目をそらされた割烹着は私です!
名前は自動で入ると思ってました!
たぶん割烹着が最強なのかと、白の鉢巻とタスキだともっと大変かも。
薔薇の大島素敵!とか、いろいろコメントしたいとおもいながら、バタバタしていて(泣)
  • posted by 木綿こけし 
  • URL 
  • 2021.03/22 09:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: すみません! 

>木綿こけしさん。
文体から、そうじゃないかとは思ってましたわ(笑)
だからなんで名前がないのかな?って(笑)
良かった、私のカンは合ってた(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.03/22 20:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR