FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

春の陽気の日、伊勢木綿着たった。

ごきげんよう。

先日のヴァレンタインデーは、わたくしども夫婦の34回目の結婚記念日でした。
病めるときも健やかなときも、貧しいときも(爆)よく頑張ってるな(爆)
34年前の2月14日は土曜日で、区役所に婚姻届を出しに行きやすかったのでございます(笑)
わたくしどもは、入籍が2月、新居に引越しが3月、結婚式が6月、新婚旅行が8月。今ならわりと当たり前のスケジュールになりましたけれども、当時はこんな風に何ヶ月にも渡るのは珍しかったです。
んで先日の結婚記念日は、何もしませんでした。
レストランに食事に行くのもどうかって感じですし、旅行にも行けません。ウチの夫の誕生日なら夫が好きなケーキをホールで買うのですが、わたくしはあまり甘いもの好きじゃないので今回はわざわざ買いに行くのパス。いつも通りのご飯作って、いつも通りポケ活して過ごしました。
せめてネタ作りに着物を着ようと、着る着物を出して平置きコーディネートを作っていたのですが。。。当日は朝から晴天&強風、気温もぐんぐん上がって暑いくらいでした。
なので急遽、着るもの変更。

2-14伊勢木綿01

カーキ色×深緑色×ベージュ色の大きなブロック格子柄伊勢木綿。
染織こだまさん。
この着物を買ったったときはちょうど、『七緒』の表紙にターコイズブルーの格子柄伊勢木綿が載ったった直後で、わたくしも展示会場で顔に当ててみたものでございます(笑)
わたくしはこれが初めての木綿着物でした。
それまで木綿着物には手を出さないようにしていた。
だって木綿の産地はたくさんあるし、嵌まり込んだら沼じゃないですか奥さん(爆)てか正絹紬でも産地はたくさんあるのですが、長い年月かけて自分が好きなの着やすいのを決めてきたので、そっちはもう欲しいものは買い終わった感じです。リサイクルを買って試してイマイチだったことは多々ありますし、授業料もそれなりにかかっておりますわ(笑)でも何も知らない木綿着物に関しては、これから手探りで見つけていく必要があって、ちょっと億劫でした。
初めての木綿着物には何がいいか。。。もちろんヒトによって違うのでしょうが、大まかにはそれが片貝木綿だというのは、聞き知っておりました。生地の厚さなどから、着られる時期が長いそうですね。色の種類も多くて、なので初めての木綿着物としてお勧めしやすいと。それと木綿着物は種類(産地)を選ぶことによって、1年中木綿着物で過ごせることも知りました。
でもわたくしは、木綿着物を着る季節は単衣の時期だけで良かった。袷の着物は充分な量を持っていてきっきらんほどでしたし、自宅で洗える木綿着物ならば汗ばむ単衣の時期にいいんじゃないかと考えたからでございます。
それとわたくしがそれまで木綿着物に手を出さなかった最大の理由。。。わたくしは縞柄と格子柄が最も苦手だったのです(爆)もう木綿着物全否定(爆)
ああでも染織こだまさんの木綿展には行ってみたかったし、お手入れが楽だという木綿着物、やっぱり着てみたいかもーーー、なーーーんて、全ては物欲ですね(爆)買いたい理由なんていくらでも見つかります(笑)
格子柄に見えないくらい大きな格子柄は、縞も格子も苦手なわたくしにも取っつきやすかったです。色も、普段泥染ばかり着ている身(苦笑)には取っつきやすかったです。そうして買った初めての木綿着物。
いやそれにしても。
実際に着てみてわたくしは知った。
わたくしには、伊勢木綿は地厚過ぎました。
他所さまは単衣の季節いっぱいいっぱいお召しになってらっさるようですが(他所さまのブログ記事で拝見した)、わたくしは4月のゴールデンウィーク頃にはもう暑くて汗まみれになってしまう(><)暑くて暑くて着ていられません(><)
正直、めっちゃショックでした!!!
反物29000円プラスお仕立てにまつわる色々で、約50000円前後、これが納得できないのは悔し過ぎます。もしかしたらここで、
「わたくしはもう木綿着物、いらないや」
となればある意味健全なのでしょうが(爆)わたくしは出した金額を何が何でも無駄にすまいと、
「何が何でも、木綿着物買って良かった!と思える着物を見つけたる」
と考えたのでした。って阿呆ちゃうか(爆)わたくしは天性のケチなので、損得は長い目で判断することもあります(爆)
その後は、糸の細さとか織り方で風合いがずいぶんと変わること、自分が着て気持ちがいい生地と着る時期を模索しました。おかげさまである程度は納得できましたわ。
わたくしには着物は、日常の家着や仕事着として着るのではなく、あくまでちょっとしたおされ着の位置付けなので、おされ着として快適が大事。そうしてこの初めての伊勢木綿は、まだ袷着物を着る早春のころや、秋が深まるころに着るのが、わたくしの体感としても最適と、何度も着ることによって分かってきたのでした。木綿の優しい感じ、着ていて本当に気持ちのいい季節というのがあるのですね。
4月5月になれば薄手の伊勢木綿(優しげ)、夏久留米、片貝綿麻。6月の湿度が高い時期はもう木綿の着物は着られないようです。暑くて(^^;)木綿って思ったよりずっと暖かい衣類なのですね。ところでこれらはあくまでわたくしの体感ですよ奥さん。冷え性の方には特に当てはまらないっす。。。着ていて気持ちいいのがわかると、着る機会はもっと増えます。わたくしにとっては季節を選ぶピンポイントの衣類になりましたが、気持ちよく着られるので満足です。
最初に諦めなくて本当に良かったと思います。
木綿着物の世界はまだまだ奥深いようですが、わたくしはひとまずこれにて打ち止めにしております。他にもある大好きな着物がきっきらんくなっちゃうので(笑)見たら欲しくなりそうでなるべく見ないようにしてますわ(爆)
ああでもまた新しく買ってたら、どうぞ笑ってやってください(てへぺろ)

サーモンピンク地に紅型風の染め帯。
ふでぺんさんからのいただきもの。
わたくしが小デブなだけでなくかなり短い帯(笑)ちゃんとお太鼓結べる方なら、手先が出てないの丸わかりなんですが、気にしたらいけません(笑)ああでも電車などでお出掛けしたり行った先で他所さまのひと目があるところだと、親切な奥さんが帯結びがおかしいと言ってくれるかもしれませんが(笑)、ならば羽織りで隠せる時期に締めれば平和かもしれません(笑)ちゃんと手先が出したくなったら、ぶった切ってつけ帯にしますね。

2-14伊勢木綿02

からし色麻の葉紋綸子地に飛び絞りの帯揚げ。
カナリアイエローの帯締め。
新宿京王今昔きもの市で新品500円也。

2-14伊勢木綿03

着物の下のしつらえは、木綿さらし&木綿の身頃の二部式襦袢上下。
白地にグレイ水玉柄のたびっくす。
これで暑くもなく寒くもなくちょうどいい体感でした。

2-14伊勢木綿04

くすみオレンジ色ろうけつ染めの長羽織。
小物の色とリンクさせました。
わたくしにとっての春の色は、黄色なんですわ。
春は黄色い花が多いからかもしれません。

2-14伊勢木綿05

ひめ吉さんちの刺繍半襟『椿』
白黒金属のビーズの羽織紐。
サイタマのリサイクルショップで50円だったネックレスから自作。


2-14色違いデンリュウ

色違いデンリュウと。
ウチのデンリュウのニックネームはディックです。進化前は羊の姿なのです。元ネタはもちろん、フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』
白梅紅梅が綺麗に咲いていました。
梅は強く匂うはずなのに。。。花の香りが全然わかりませんでした。花粉症が始まってるんですわ(泣)

いつも読んでいただいてありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサーサイト



Comment

ディック好き 

最後、笑いました。
木綿も沼なんですね。着物関係、沼が多いですよね〜。私が持っている数少ない木綿着物も、4月までくらいしか着られないです。重みもあるから、暑く感じるんですかね〜。
  • posted by だしこんぶ 
  • URL 
  • 2021.02/19 10:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ディック好き 

>だしこんぶさん。まあ♡ディックに食いついてくださるなんて嬉しい!
着物関係って、結城の沼とか、黄八丈の沼とか、アンティークの沼とか、種類多すぎますわ。帯留め沼とかかんざし沼もあるよね(爆)
私は沼にはまり込んでないつもりなんですが(爆)
木綿着物、重いですよね。正絹の薄手の紬に慣れてるとすごく重く感じます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.02/19 21:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

私は久留米が 

この伊勢木綿にあたります(^^;
厚いので4月に着るのもちときつい。
今年も先日早速着ました。
一昨年は4月の函館旅行時に着用して、あの坂の街で大汗かきました(^^;
暑がりは辛いですね〜
私の場合、久留米が辛くなると片貝木綿or会津木綿→新之助綿麻→麻という感じです。
明日は観梅の予定ですが、相当暖かそうなので片貝にしようかと思っています。
(本日ただ今は胴抜き袷です)
  • posted by 蘇芳 
  • URL 
  • 2021.02/21 10:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

今日は暖か、いや暑かったです 

たまさん、こんばんは
この木綿着物、私のしじらととても似た配色ですが、厚地なのですね!私も木綿着物何枚かありますが、初めて仕立てた会津木綿が厚くて着る機会に悩みます。黄色=春、うんうん解ります~。丁度黄色系の羽織が欲しいと思っていたところ、でもこれ以上(羽織)要るのか((笑)
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2021.02/21 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 私は久留米が 

>蘇芳さん。もしかして久留米絣?わああ、素敵なのお持ちですね!
あれも地が厚手なんですねー。
木綿ってホント、千差万別。ここまで差があるとは思いませんでしたー。
私はもうしばらく袷ですが、時に4月の陽気が来るので侮れない。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.02/23 16:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 今日は暖か、いや暑かったです 

>ふでぺんさん、こんにちは。
阿波しじらなら、涼しくていいですよねー。私は木綿着物のこと全然知らなかったから、後になって、最初の木綿はしじらにしとけば良かったと思いましたー。会津木綿も若干厚いのかな?そういうのは袷の着物と季節がかぶっているのかもー。
黄色い羽織りもの、便利ですよー。
私は、袷の羽織はもう要らない気がするんですが、単衣の羽織はもうちょっと欲しいですね(笑)お互いヤバいですね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2021.02/23 16:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR