FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

日展@六本木の国立新美術館。ウズベキスタン古布の帯を締めました。

ごきげんよう。

体調を心配いただいてありがとうございます。
ブログの更新ができているうちはまあまあ大丈夫ですわ。
本当にどうもありがとうございます。
ジッとしてても痛いときは痛いし歩いても痛くないときは痛くないです。あらゆることが謎〜。
友人★と六本木に行ったった日は奇跡的に下〜痢〜してなくて、でも出先で痛くなったら困るので朝から何も食べない状態で出掛けました。

11-18草色結城紬×ウズベキスタン01

草色の結城紬80亀甲。
本結城じゃないお求めやすいお値段のほうです(^^)
買ったときは色のイメージもあって、4月5月に単衣として着たら可愛いかも…♡などと考えて単衣に仕立てたのですが、それこそわたくしの妄想だと知りました。
昨今のニッポンの気候状況(@関東平野)では、夏の薄ものを着たい暑い日が増えただけで正絹紬の単衣を気持ちよく着られるのは、4月と10月から11月だとしみじみ感じるに至りましたの奥さん。5月のゴールデンウィークころにはセオαか木綿着物・綿麻着物を着始めて、梅雨があけたら本麻の縮や綿のしじらを引っ張り出して9月の重陽の節句ころまで続く。9月は雨も多いのでセオαで様子を見ながら、10月半ば過ぎてようやっと正絹の単衣を着てもいい肉体状況とココロ持ちになるのでした。わたくしはとにかく暑がり汗っかきなのです。自分の快適を優先したら、結果わたくしの場合、トータルで正絹紬単衣を着る時期は正味2ヶ月。以前言われていた「単衣は6月9月」ってのと何ら変わりませぬ。
正絹紬単衣は大好きだけど、こんなんじゃしゃーないわ。わたくしにはほとんど必要ないってことねーー。んな訳で、透けない正絹紬単衣は3枚だけ手元に残して、この1枚だけは袷に仕立て替えして、残りはほぼ全部ウチの愛機ステルスタンタン(敬称略)に押し付けたったんでした。てかステルスタンタン(敬称略)ならきっとなんとかしてくれると信じている(爆)
ある年、わたくしがこれを4月末に単衣で着たときめっちゃ暑くて、たまたま締めていた絞りの帯の色が帯枕の下で色移りしちゃいましてねーーー。赤いのっっっ(><)薄緑色に赤って割と目立つし、しみ抜きするかどうか?お馴染み着物問屋の前の担当さんに相談したら、「完全に落ちるかどうかわからなくて1万円以上かかるって言われましたよ。礼装じゃないしやめたほうがいいですよーー。そのうち洗い張りとかしてたらもっと薄くなるかも」と言われて速攻で諦めたのでした。
背中で、帯枕の下の位置なので、着てしまえば見えないのです。でもなんかちょっと悲しい。
なのでこちらはもっと着る機会が選べる袷に仕立て替えしたのでした。胴裏は針葉樹林の深緑色を選んで、冬モードにも対応できるようにしました。赤い色移りは、洗い張りしたときにかなーーり薄くなってました。もうよく見ないとわかりません。
仕立て上がった年には着る機会がなくて(てへぺろ)このお出掛けの前日にしつけ糸を取りました。
。。。ああそれにしても、わたくしはこのように、とにかく汗をかく季節の正絹ものは極力避けていこうと決めていたのに。。。なんで薄ものの結城紬を買ったったんでしょうね?(笑)買って嬉しかったですよ。傷むほど着てやるっっっっと覚悟しましたし。ああでもちゃんと着られるかしら?わたくし悲しいけれども貧乏性だから(笑)お高かった(当社比)からってもったいながって箪笥に眠らせないようにしないとっっっっ

ウズベキスタンの古布から作った名古屋帯。
数年まえ、ozawamiさんの下北沢での個展でひと目惚れして衝動書いしたブツ。現金の持ち合わせがなくて、「カード切れますか!?」と詰め寄ったった(爆)
いっしょにいたウチの愛機ステルスタンタンとあすか師匠が、
「現金が必要ならお貸ししますよ」
とまで言ってくだすったけど(爆)無事にカード切れました(笑)買っておいて良かったーーー♡


11-18草色結城紬×ウズベキスタン02

生成り色ちりめん地帯揚げ。
白×黒の帯締め。
新宿伊勢丹新春セールのお品。

11-18草色結城紬×ウズベキスタン03

着物の下のしつらえは、木綿さらし&袖がポリエステル身頃が木綿の二部式襦袢の上だけ&木綿すててこ。
パンダのぶら下げもの。
てんてん親分からいただいたブツ。
着物と同じ色で富士山柄のたびっくす。
べにお先生からのいただきもの。
この日はよく晴れた日で、こんな格好でも歩くと結構暑かったです。

11-18草色結城紬×ウズベキスタン04

辻ヶ花風横段柄の長羽織。
小紋反物をおーく損で落札して(7000円ほど)、羽裏は長襦袢を切り売りしている京都の業者さんから落札して(8000円ほど)、いつもお馴染みの着物問屋さんに仕立てに出しました。持ち込み可(お仕立て激安キャンペーンのときは3反までとかの若干の決まりはある)
多少なりともお金を落としてこそ客。。。長い付き合いですので(笑)武士の情けで羽織紐はそこそこええのを買いました。おーく損で落札した表生地と同じくらいした(爆)

11-18草色結城紬×ウズベキスタン05

桃色塩瀬地にコスモスと桔梗の刺繍正絹半襟。
ほんとはもうちょっと早いほうが季節ですが。。。半襟を使うなら今の時期がギリギリ(笑)
赤茶ぼかしの女中(めちゅう)羽織紐。

11-18草色結城紬×ウズベキスタン06
KIKIちゃんの旦那さんの絵。
日展は日本画が充実しているのです。
んでKIKIちゃん、日本に帰ってきたんですね!九州にいらっさるのね?
KIKIちゃんが家族でアメリカに行った年に、ウチは引越ししてしまったんですーーー。恐らく向こうで落ち着いてから連絡くだすったはずですが行き違ってしまいました(><)
また会えるといいなあ。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村

おまけ。
11-18色違いハッサム
色違いハッサムを召喚してみました。緑繋がり(爆)


スポンサーサイト



Comment

ウズベキスタンですか?! 

老眼にはゴージャスな和柄にしか見えない。バッグともハモって華やかですわ。

ワタクシも行きたい絵画展、映画目白押しなのにコロナ第三派。行き先でクラスターなんか出たらダブルワークどっちにも申し訳ないと思うと着物じゃなくてもなかなか前に足が出ません。なまじ政府公認のアプリなんか入れなきゃ良かった。毎日感染者と接触してないかチェックするたびに胃が軽めによじれます。

ポケモンと長着がお似合いですぅ\(^o^)/
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2020.11/24 22:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ウズベキスタンですか?! 

>亜雅紗さん。シルクロードの刺繍もの最高ですーー。自分で行ってみたいけど体調的に無理な場所なので、こうして手に入って嬉しい。

東京だとどんな雑居ビルでも入り口に除菌アルコールが設置されてますけど、他所の土地はどうなのかな?
私の感覚では、東京ではみなさんマスクしてますし、電車に乗っても誰も喋らないし、美術館くらいなら無事に行って帰ってこられる雰囲気です。ショッピングもできるでしょう。でも出先で飲食したらダメ。これだけはお店を選ばないと危険ですわ。
飲食店には厳しい時代がまだまだ続きますねーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.11/25 14:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

この帯は本当に素敵ですよね。
買ってよかったですね~。
逃してたらきっと後悔してる。
でももし私がこの帯を持ってたらきっと刺繍をどこかに引っ掛けてしまって悲鳴を上げるんだろうなあ。などと思いつつ眺めております。
汗かきにとって心地の良い季節は本当にほんの少しだけになっちゃってますよね。
私はもう正絹着物を新しくあつらえることはないかもしれません。
大事なものだけ残してあとはもう木綿でいいや。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2020.11/26 06:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

ああこの帯好きーーーー!!😍 

エスニック大好物の目にはめっちゃ眩しいっっ!😍
合宿にお邪魔した時は是非試着させてくださいませ〜😆
イイ感じの草色ですねえ😍着たら清々しい気持ちになれそう♬
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2020.11/26 21:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

>ほあかばりきるま。さん。私もこの帯締めるときは必ず羽織もの着ます!怖いもん!帯付き姿なんてとんでもないっす(笑)

私も先日の夏結城はともかく、もう正絹着物を増やす気はないですー。今持っているのを満遍なく着るのも大変だというのにようやっと気がついた次第です。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.11/29 11:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ああこの帯好きーーーー!!😍 

>てんてんさん。前に来ていただいたときは、あれこれいっぱいいっぱい目白押しで、これをお試しいただく時間がありませんでしたねーー。次は是非、羽織んぴっくしてくだせえ😄
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.11/29 11:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR