FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

ベランダ猫は元気です!


ごきげんよう


 
ベランダ猫のちび茶は、抗生物質ふりかけご飯で、健康を取り戻しました
 今週からかりかりご飯にシフトしまして。
ご飯を食べなくなってぐったりしていた時、かなり痩せましたが……元々、外猫なので風邪でもひかれたら病院に連れて行けない(捕まらないから)
…特に冬場、普段から太らせていたのも、彼女の体力の元になったようです
ウチの猫なら、太り過ぎないように、腎臓に負担を掛けないように、気をつけてご飯を選びます。
嫌いでも、それしかないからしょうがなく食べてくれたりします。
でも
外猫は、気に入らないことがあったら、他所に行っちゃうかもしれなくないですか
 肥満しようが(そのせいで寿命が短くなろうが)とにかく、食べてくれるご飯で繋ぎとめ、彼女が飢えずに安心して眠れる場所を提供することが、自分のできることと心得ております。
猫ボラさんとは意見の相違があるかと思いますが、アタクシは私費で狭い範囲だけのサービスご提供。 ベランダはちび茶のお家なのですが、ご飯があるのを知って、他所の猫が入り込みます。 時としてちび茶に攻撃する。
鬼畜のアタクシは、そいつらを脅して、排除します
 


 
3つ目のベッド
 
たくさん食べて太れよ
 
 

 

最近引っ越して来た、ウチの隣のアパートの住人101が、部屋に入らない家具を外においてます。 ここが彼女の、夏の気持ち良い昼寝場所(近づけないので、望遠で撮るストーカーみたいなアタクシ
)。
 こんな生活をするちび茶が、何年元気で生きるのか、アタクシにはわかりません。
 。。。気持ちのいい風に吹かれ、ご飯は苦労なく食べられる。。。安心して眠れるベッドはあれども、真冬は寒くきびしい。。。外猫が何を幸せとし、何を不幸とするのか(そもそも、そんなことは考えてないと思いますがね)、人間の感覚ではとらえきれない生き様でしょう。
 

 
ウチの王子飛影は。。。ウェットご飯を食べた経験がほとんどありません。 ゼロじゃないけど、猫の脳みそでは記憶にないでしょう
アタクシが、ちび茶のために、1日に何回も、少しずつ、抗生物質ふりかけご飯を作りますと。。。彼は自分も欲しくて欲しくて、精一杯甘えるのですね
可哀相ですが、彼の食べるものではありませんので、試食もさせません。。。すると。。。


自分が一番不幸だってアピールして、ホントに拗ねます
我儘に育てちゃったかな~。
トシをとってできた子は可愛いと言うが。。。単に細かくしつけするのが面倒になってるってこと、ないっすかね
先代猫・先々代猫を想う時、ふと遠い目になる。。。おかあちゃんはきびしかったかもしれない。。。ごめんな
 
 

 

 

 

 いつも読んでいただいてありがとうございます。励みになります
 
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR