FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

手持ちのセオαを並べてみました。ってか持ち過ぎじゃないの?

ごきげんよう。

9月に入ると、まだ暑くても、本麻の着物などはもう着ません。わたくしのお出掛け予定もありませんし、お片付けします。本麻の長襦袢はまだまだ、冬になるまで着ますけれども、小千谷縮の長着はもう着ません。
着物部屋を片付けるついでにふと思い立ち、わたくし手持ちの夏に着る着物を全部、画像に撮ってみることにしました。
わたくしは、夏に着るものはセオαが多いのですが、セオαは夏だけでなく、4月から10月まで、気温とお天気と相談しつつ単衣としても着用します。着用期間が長いです。
ただ色柄的に、単衣として着られるものと夏の暑い盛りしか着にくいものがございます。
どんなものを持っているのかしっかり覚えているつもりですが、たまには全出しして全体像を把握しといた方がよかろう。。。と思ったのです。他にネタもないし(爆)んで、並べてみました。
意外だったのは、もっとたくさん持ってて、処分した方がええんじゃないかって気がしていたけれども、さほどではなかった点。セオαの1点はウチの義妹に押し付けて(古着を誕生日プレゼントにした。とても喜んでもらって、お似合いだし良かったのだけれども、不憫。爆)セオαのもう1点はウチの愛機ステルスタンタン(敬称略)に差し上げて(タンタンさんの方が圧倒的に似合った。自分で着る気が失せた。爆)、ちょっと減った感があるからかも知れません。いやいやいや、今年はお出掛けも少なくて手持ちの着物全部に袖を通せてないし、実はハッキリ言ってまだまだ持ち過ぎじゃないの???てな気持ちもあるのです。焦燥感、っつーか。
ってか、どっちなんだっっっ(爆笑)
まあええ。
とにかく客観的に見てみましょう。
わかりやすいように、ジャンル(ブランド)別に分けてみました。わたくしの好きな傾向が見えて来るかと存じます。


9-9夏着物05

初めて買ったセオαは和風館で、すべておーく損で新品タグ付きでした。
左から、白地にオレンジや焦げ茶、ベージュなどで、大きな菊と牡丹の花柄。
おおやちきの描く花に似てる気がして、『おおやちき』と呼んでおります。って、まんまやんけ。
いい加減、派手ちゃうかと感じるのですが。。。リアルでウチに来てくださる方に片っ端から羽織ってもらって確認するんだけれども、まだわたくしが着ても大丈夫(爆)ってかあんまり派手じゃないです。おっかしいなーーー。
真ん中、黒地にグレイと赤紫色の牡丹柄。
名付けの破壊師べにお先生呼ぶところの、『マダ〜ム』(笑)
これは柄が大き過ぎてただグレイや紫色の何か、って感じに見えるので、あまり派手ではありません。
右は、グレイ地に黒と抹茶色の菊柄。
実はこれは何度か手放し候補になっております。でもタンタン(呼び捨て)が手放すなと言う(爆)
あすか師匠が着物と同じ色のつまみ細工を作ってくだすって、コーディネートの完成度が高いせいもあります。先日タンタンさんに託そうとして羽織ってもらったけれども、タンタンさんにめっちゃ似合うのは別のセオαだった(笑)この着物は当分ウチにいていいというお告げであった(笑)


9-9夏着物03

どちらもツモリチサト。おーく損で新品タグ付きを落札しました。
左は、黒地にモノトーンで幻想風景柄。タイトルは『猫と時計』です。でもよく見ないとどこに猫がいて何処に時計があるのかわかりませんね。
とにかく柄が気に入って、覚悟してそこそこのお値段を出しました。それでも1万円ほど。
右は、サーモンピンク濃淡地にデイジーと猫シルエット。
ツモリチサトらしいデザイン。これは毎年、わたくしの顔映りと老け具合を計るバロメーター着物です。シーズンが来ると羽織って、ウチの夫と話し合う(爆)忌憚ないご意見をいただくためです。
この着物は色合いのせいか?男性受けがいいです。絵画のサークルのおじさんもいつも褒めてくれます。わたくしは普段、男性受けをまったく考えないのですが、喜ばれると嬉しいものですね(笑)


9-9夏着物02

左は、初めてマイサイズで仕立ててもらったセオα。
ふりふ『夜空猫』
白地に青の濃淡とからし色の花、黒猫柄です。
可愛すぎるだろうとツッコまれそうですが、着ると白地に青がいかにも浴衣っぽくて地味なっくらいです。わたくしの感覚がおかしいのでしょうか(爆)東京に於いては(札幌でも着たけど)目立ちません。浴衣着たおばちゃん。。。って感じでスルーされて、通り過ぎてから振り返って、「あ、猫だった!?可愛い!?」と言われることもあります(爆)
でも念のため、真夏専用にしております。夏だから許されるってこと、あるよね(笑)
右は、岡重アンティーク復刻柄。
あすか師匠名付けて『死んだ目の猫』(爆)
初めてこれを着たとき、あすか師匠が、「なんで目が死んでるんだっっっ」と言い続けた(爆)知らんがな(爆)
ただこれはアンティークの復刻なので、当時の職人さんが猫を飼ってなくて、猫の顔がイマイチわからない状態で描いたって感じはしますね。師匠の直感はマトど真ん中(爆)
新品タグ付きをおーく損で。29800円即決だったのを、迷わず即決しました(爆)水色地もあったのだけれども、長く着るなら黒地だろうと思って黒地だけチョイス。でも水色の方も買っとけば良かったよ。。。後悔です。そしてもう二度と、手に入らないのであった。ああ後悔。


9-9夏着物01

サロンドハピネスさんでオーダーしたもの。
左は、『リボンマニア』
オリジナルは濃紺に白いリボンのところを、チャコールグレイ地に生成りと薄ピンクのリボンにしてもらいました。セオαをカラーオーダーするとき、初期のころは、濃い色が出にくかったのです。比較的薄目の色合いで、お洋服っぽい色調でお願いしました。
真ん中は、『レトロフラワー』
オリジナルはグリーン地に白いデイジー柄のところ、濃紺地に勿忘草色の花とターコイズブルーの水玉にチェンジ。カラーオーダーで色を変えると、別物のように違った印象になって嬉しいです。デジタル彩色のデータを変換するだけで技術的に難しいものではなさそうなのに、他所の会社ではやらない。。。それはやはり、儲け率の問題が大きいそうです。もし大手でやろうとしたら相当お高く売らないと採算が合わない。ブランドプレタ着物としての良さを前面に活かそうとすれば、デザイン性の高いものをある程度生産するほうが圧倒的に効率いいですもんね。
サロンドハピネスさんは小さなオーナーショップだからこその、小回りの効きなのでしょう。ありがたやありがたや。
右は、今年の2月にオーダーした、『江戸小紋もどき、妖怪』です。
今回はカラーオーダーせずにオリジナルの墨色に決めました。マイサイズで広襟仕立て。単衣の時期から着られる汎用性の高い着物になりました。


9-9夏着物04

どちらも居内商店さん。
茄子紺色地に『はちわれ猫』
訪問着仕様。
大阪船場のお店で、サイズをプレオーダーでお願いしました。てんてん大親分と亜雅紗さんと、初めての船場ワンダーランド。とてもいい想い出です。また行きたい。
グレイ×黒ストライプ地に黒と白の『覗き猫』
タンタンさんからのいただきもの。


9-9夏着物08

今年、おーく損で落札したもの。
左は、濃いめの新橋色地に桜の花びらと古典柄。
310円で落札したブツ。セオαの説明がなくて、生地のアップ画像だけで判断したので、正直なところ冒険でした。わたくしのサイズより若干大きめなのもポイント高く、元々はお誂えされたものかと存じます。もしわたくしに似合わなかったらウチの義妹行きのつもりでしたが、元々の色柄が老舗伊と幸の絽小紋反物と同じで、品良く着られて、貴重な着物になりました。ウチの義妹も時々貸せと申してますので、ふたりで便利に使いこなそうと思っております。
右は、濃紺地に夏草秋草柄。
きもの道楽。このブランドは初めて買いました。数年前、まだ50前後ならいざ知らず(いや、それもどうかと思うが。爆)57歳になったったおばちゃんが新たに若い女のコ向けブランドを開拓する形なので、かなり冒険でした(爆)でもこのとき、目新しいセオαを、それもお買い得価格で(!)買いたい気分だったんだよねーー(苦笑)久しぶりにおーく損やりたかっただけかもしれん(爆)
同じブランドのセオαを2点落札して、1点はウチの愛機ステルスタンタン(敬称略)のほうが爆似合うので、そちらに行きました。わたくしは、目の前に、明らかに自分より似合う人がいると、自分で着る気がなくなるのですわ(笑)同じくらいの似合い度ならばこらえもしようが(爆)ブランドのプレタ着物は、ブランドの個性が明確なのがいいところです。わたくしは理解した。同じように見える若い女のコブランドでも、ふりふと和風館ときもの道楽はずいぶんと違う。わたくしはもうきもの道楽さんのは買えないなーー(笑)

セオαばかり14枚と数えると、やっぱり多過ぎる印象なんですが(^^;)今までもっと持ってた訳で、奥さんがたに呆れられそうで、全体を画像に納めることができなかったんですよねーー(苦笑)夏着物としてでなく、単衣の着物と共通と考えると、14枚はそう多過ぎでもない気もするんですけど。わたくしは単衣の着物は数を絞っていて、非常に少ないですので。
今年はお出掛けが少ないから余計、自分のキャパシティを超えているような気がしてる気もします。
要は、好きか、着るかです。
そのうちどう足掻いてもキビしくなるものも多少は出て来るはずですわ。
そうなったらそうなったとき、考えたいと存じます。
どうもお粗末さまでした。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサーサイト



Comment

こうやって拝見すると 

ワタクシ、結構たま様お持ちのセオαを把握しておりますわ。よくお召しになってらっさるのですね。

どれもまだまだイケますって。
死んだ目をした黒猫セオαは「美しい未亡人あすかの横溝事件簿」で「オウム館長の謎の死事件」で謎の女で登場なさった時のものですわね。

懐かしい居内商店さんで仕立てたのもお似合いでしたよねぇ。自分に似合うものがわかってらっさるっていいなぁと羨ましくもうっとり横で拝見しておりました。てんてん親分のゲルニカ帯に食いついてた居内商店さん、商品化なさったのかしら?ホントにホントにまた三人で殴り込みたい居内商店さんです。
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2020.09/10 17:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

思い出のセオアルファ♬ 

定休日なのに突撃してもうた時のセオじゃありませんか😆
しかし壮観ですわあ〜😍イイなあ やっぱり私もセオほしい😆
今日平成蚤の市っていう小規模な骨董市に行ってきたんですが、東レのシルックの単衣が出てたんですよ 5000円だったけど買おうかどうしようか(バイセルで買っちゃったばかりだから)逡巡してる間に雨でお店が撤収しちゃった…😹
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2020.09/10 23:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

どれも記憶に 

たまさん、こんにちは
PCでお邪魔するのは久々でコメントも残せずおりました、どれも記憶にございます、たまさんのセオα愛が伝わってまいりますわ~~

晒しの巻き方!(前記事ですみませぬ、汗)、私も自力でやっておりますゆえ不安でした、よくぞ公表して下さいました~(^^)。てんてんさんのレポもとても参考になります(前の前の前の記事ですみませぬ)。私には8月が抜け落ちておりますのでとんちんかんかもしれませんがボチボチ復帰して行きますのでよろしくお願いいたします(^o^)
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2020.09/11 17:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こうやって拝見すると 

>亜雅紗さん。どれもせいぜいひと夏に1回くらいの着用なんですが、どれも長く着ているものばかりですわ。よく読んでくだすってて嬉しい(笑)
まだ大丈夫ですよねー。もし駄目になったら総取っ替えくらいの勢いで、大変なことになりますわ(爆)
ゲルニカ帯、いいですよね!居内商店さんなら15000円、てんてん親分のプリントオーダーならその5分の1以下?私も頼もうかなーー。今の私には、勢いが必要な気がする。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.09/12 15:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 思い出のセオアルファ♬ 

>てんてんさん。買ったときの思い出を共有できるってすんばらしい😄
ここぞという時に着られる、私の勝負着物になりました(爆)
てんてんさん、今年はすげー買いまくってません?(笑)羨ましいわーー
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.09/12 15:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: どれも記憶に 

>ふでぺんさん、こんにちは。
当初おーく損で手に入れたものも、みなさまの記憶に残るほど長く愛用できてるみたいで、嬉しいですわ。もっと早く着られなくなってしまうと思ってたんです。嬉しい誤算です。
サラシの巻き方は、あの日突然、サラシの巻き方を記事にしないとっっっと義務感に駆られて急いでやりました。本当にあすか師匠のテレパシーだったんか(爆)電波怖い(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.09/12 15:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

本当にありがたい 

たまさんブログのおかげで着物の視野が広がってます。
こうやって見せて知らせて下さることで到底近寄らずにいた生地や思いつくことも無かった100均手拭い使いなど…この数年でかなり成長?できました。あすか師匠、ほー様に加えてふでぺんさんやてんてんさんの豊富なバリエーションも刺激的です。
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2020.09/14 13:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 本当にありがたい 

>三匹のははさん。いろいろなタイプのいろいろな持ち物、いろいろな着姿は、刺激になるし参考にもなりますよねーー。雑誌のモデルさんとは違う、リアルクローズって感じがいいです。だから私は、他所さまの箪笥の中身が大好きです♡
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.09/14 18:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR