FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

古い小千谷縮の、裂けたところを補修しました。

ごきげんよう。

大きな台風でしたねーー。
台風の進路から遠く離れているはずの東京都西部ですら、1日中目まぐるしく変わるお天気、強い風と突然の豪雨に見舞われましたわ。
進路に当たった地域では、いかばかりか。
ご無事と安寧を祈るばかりでございます。
これからの気候がどうなっていくのかちょっと想像がつかないです。
柔軟な思考で対処できるよう頑張りたいです。


数年まえ、新宿京王「今昔きもの市」で、リサイクルの小千谷縮を買ったったんですが、生地が弱っているらしくて、何回かお洗濯すると、小さな裂けが部分的に出始めましたので、ご報告しとう存じます。
夏の着物は、汗をかく関係上傷みが早く、状態のいいリサイクルものにはなかなか出会えないものですね。特に本麻の着物は普段に着る機会が多いせいか傷みが激しいものが多くて、リサイクル市場にあまり出物がありません。もし見かけたら、そしてサイズが合って色柄も気に入ったら、即買い!くらいの勢いが必要になりますわ(笑)
そのような訳でわたくしも、件の小千谷縮を見つけたときは、大喜びでした。
。。。ああでもやっぱり、生地の傷みは隠せませんでした(泣)
自宅でお洗濯するときはネットに入れて、たっぷりの水とゆるゆる水流で(脱水1分)洗っておりましたけれども、それを室内に影干しするとき、ついつい木綿着物とかのいつもの癖で、縮みなのにパンパンっっっっと生地を引っ張ってしまった。現代ものならまだしも、ある程度年月が経った状態の本麻の縮みは、わたくしのそのような乱暴さに耐えられませんでした(泣)
あっっっっと思ったときにはもう手遅れ(爆。号泣)


9-9水玉小千谷縮補修01

袖の振り。
裂けが大きめです。指の第一関節分くらいあります。
実際には下に麻の長襦袢を着るのと、袖なので動いていると隠れることも多く、目立つものではありませんけれども、自分ではここが裂けているのはわかっているので、悲しいものでございます。
本当に、自宅で洗って干すときには、取り扱い注意ですわ。

9-9水玉小千谷縮補修02

本麻の濃紺色小千谷縮の残り布。
長襦袢を作った残り布がわりとたくさんあるので、これを使いました。
似たような色目のがない場合は、着物本体の脇縫い部分とかから切り取ってこないとならん。ちょっとめんどくさいです。
ピンキングハサミで布目を合わせて、避けよりやや大きいくらいの適度な大きさに切ります。
それに「裁縫上手」を薄く塗って、
裂けた着物の裏に貼り付けて、
アイロンをそっと掛けて固定しました。


9-9水玉小千谷縮補修03

うーーーん、もうちょっと丁寧に貼れば良かったです(苦笑)
これじゃ裂けた部分がわかるじゃあないの。やり直そうと思えばやり直せたのに、わたくしはやらなかった(爆)この裂けは、袖の丸みに近い位置だったので、袖を裏返して補修布を貼ったあとアイロンするのがちと大変だったせいです。めんどくせえと思ってしまった(爆)
丁寧な作業をなさる奥さんは納得がいくまでやり直したらええですわ(爆)わたくしのしかばねを越えてもらって、ですね(爆)
わたくしもこれはこれで仕上がりがちょっと気になるのだけれども、まあいいです(笑)几帳面に考えたらあかん(爆)とりあえず今はこの応急処置で、これ以上裂けが広がることはないでしょう(笑)お洗濯もできるしね。「裁縫上手」本当に素晴らしい(笑)
裏に布を貼るとき、もっときちんと表布の布目を揃えると、貼り付けた部分がわからなくなりますわ。袖口の避けで試したら、あとから補修したところを見つけるの苦労したほどです(笑)地味過ぎたので、画像は採用しませんでした(笑)
似た色の、同じ素材の布を補修に使ったのが良かったのかもしれません。

こちらの小千谷縮は、今年の夏は到頭着る機会がなかったので残念ですが。。。また来年の夏に。補修のあと、畳み直してたとう紙に仕舞いました。
夏は大嫌いだけれども、着て嬉しいものがあると、なんとかやり過ごせます。
まだまだ残暑激しいです。
奥さんがたもどうぞご自愛くださいませ。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村



スポンサーサイト



Comment

これなんですね 

たまさんが気をつけてと言ってくださってたやつですね…😹
うわあ… 画像見ただけで心臓ドキドキですわ😱
私は麻と信じ込んで着て行ったら、雨に降られてギャーっていうほど縮んだ着物を焦って伸ばそうと引っ張ってしまい、ビリってやっちゃった過去があります… あれさえなかったらもう2シーズンくらい着られそうだったのに😹
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2020.09/09 20:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

どちら様もこなた様も 

お直しお見事でございます。袖とか絶対わからないと思います。
人間思ったより着物でも腕を動かすもんだってのが着物着始めた時の感想。気がついたら大きなカバン肩にかけて大股で歩いてた。珠世様には絶対なれないワタクシ。

てんてん親分の麻だと思って雨に降られたらギャーっての自分でもやりそうで怖い怖い😱 ワタクシの場合ポリしかないので滅多にあるこっちゃないと思いますが。

暑くてまだ紬の単衣(義母のやら、実母のやらで着られるサイズのを案外持ってた)着る勇気が出ません。今年はホントに寒くなるまで熱中症に注意!!と複数の医者から注意されてる亜雅紗でございました。
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2020.09/10 17:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: これなんですね 

>てんてんさん。裁縫上手で案外わからないくらいに補修できたので、安心しましたー。
干すときさえ気をつければ!
私も!綿縮みだと思ったら絹縮みだった!雨で幅半分くらいに縮みました(爆)
直すこともできたでしょうが、1000円で買ったものに悉皆代何万もかける気はなかったので、解いて半幅帯に作り替えましたわ。
リサイクルものは要注意ですねーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.09/12 14:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: どちら様もこなた様も 

>亜雅紗さん。あすか師匠が蛮勇お直しの更なる高みを目指してくれてて(爆)私ももし何かあっても大したことないと思えて、嬉しいですわ。裁縫上手でなんとかなるうちは楽勝ですね!
私はねー、今、まるで物欲がないのが、自分で気になる。。。気力も薄い。。。疲れてるのかしら。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.09/12 15:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR