FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

アンティークの桜刺繍の帯を締めておきます。もう桜、終わっちゃうもんね。

ごきげんよう。

都市閉鎖が現実味を帯びて参りました東京でございます。
小松左京の『復活の日』とか、めっちゃリアルに感じられる今日この頃ですわ。篠田節子の『夏の厄災』とかね。
小説のほうでは、疫病の正体がわからないうちに次々と広まっていくのだけれども(致死率ハンパない!疫病の正体を突き止めるまでのカウントダウンが醍醐味)、最初に始まった武漢ではまさしく小説を地でいってたのだろうなあ。
洒落になんねえ。
ようやっと某利権団体からもGOサインが出てオリンピックが延期に決まった途端の、ガチ閉鎖。今まで好きに延期も中止も決められなかったので、東京都も「これから本気出す」ってなところでしょうか。本気出してくれるといいんだけど!
ええ、都民のひとりとしましては、とっくにオリンピックなんか放り出して、空港を閉鎖して欲しかったですよホント。せっかく学校を休校にしたって爺婆の出入りがザルなら無意味でしょう。元気な青少年より元気な中高年のほうが行動半径広いもんね。
移動規制はかなり遅くなっちゃったけど、んでまだまだ甘いんだけれども、でもヨーロッパやアメリカの惨状を見てからじゃないと文句言う層もあっただろうから、しょうがないですね。団塊の世代のじじいが「俺にも権利がある」とかロクに義務も果たせないくせに権利ばかり主張するのを聞くと、こいつら若いときは本当に馬鹿馬鹿しい理由で学生運動とかしてたんだなあ、と感じられて殺意が湧きますねww(←あらわたくしとしたことが)
たった2週間か3週間です。
首都圏の人の行き来を極端に減らして閉じこもれば、結構なんとかなると思うの。
思い出せ!空から焼夷弾が降ってきたあのときを思えば(って、大多数の国民はそのとき生まれてないっっっ)、大して効果がないと知ってても防空壕に篭るしかなかっただろ?(って、大多数の国民はまだ生まれてないってば)、いきなり死ぬことはこざいませんゆえ、ありがたいことですわ。
この厄災は、人種も貧富も問いません(年齢はちょっと問う)。第二次世界大戦以降、長く世界を支配した、現行の経済活動も社会の枠組みも国家の在り方も変わるかもしれないです。
世界が大きく変換する(かもしれない)歴史を見ているのだなあ。。。と思うと、感慨深いです。


もうウチのご近所とか、ソメイヨシノ散りまくってますわ。
咲き始めがめっちゃ早かった気がするので、長持ちしたと思う。
わたくしは今まで、桜の下をシートで占領してお花見という名の宴会をしているヒトたちが鬱陶しかったので、今年はそういうヒトが極端に少なくて良かったです。とはいえゼロじゃないとこが情けないっつーかね。そんなに桜の下で飲み食いしたいのだな。それしないと死んじゃうのだな。馬鹿だね(嗤)まあでも通行の邪魔になるほどではなかったので、花をゆっくり堪能できました。
桜だけじゃなくて、水仙も雪柳も木瓜も、天人唐草も菫も蒲公英も、咲きまくってるんだもの。春爛漫でございます。
とはいえ着物は着てないんだけれども。ええ、ポケ活ついでのお花見なので、お洋服にスニーカーですわ。他人のこと馬鹿扱いできないわっっ(爆)
季節柄の帯は、今を逃すと向こう1年出番がないので、おウチで締めてみました。

3-25桜アンティーク01

八手(?)唐草柄本場奄美大島紬。ヒトモト。7マルキ。
八掛は百禄(ひゃくろく。白っぽい緑色)

ピーコックグリーン緞子地に桜の日本刺繍アンティーク名古屋帯。
着物屋tentoさん。
内側に小さな穴があるので、全体の状態の良さ、刺繍の豪華さの割にはお安かった。18000円くらいでした。tentoさんはお値段の付け方が良心的だと思いますわ。

生成り色ちりめん地帯揚げ。
生成り色×マゼンダピンクぼかしアンティークの帯締め。
友人★からのいただきもの。


3-25桜アンティーク03

外にお出掛けしないので、組み合わせに合わせた半襟を縫い付けてないんです。
二部式襦袢の白半襟のままで失礼します。
こうして見ると、わたくしはやっぱり顔まわり、っつーかずばり半襟にもう少し色が欲しい。薄いピンクの塩瀬地に桜刺繍の半襟もいいし、ひめ吉さんちの『桜と菜の花』の刺繍半襟なども季節に相応しくてよろしいかと存じます。ああ今年は使い損ねちゃったなーー。
やっぱりこういうとこめんどくさがっちゃあかんな。ちょっと着るだけでもこうして画像を撮るのなら、半襟はちゃんとしないと。わたくしは絶対、髪型より半襟(爆)

3-25桜アンティーク04

鬼しぼちりめんの地にピンク系絞りの単衣長羽織。
おーく損でデッドストック反物を落札して(1900円だった?2900円だった?正確なお値段失念)、マイサイズに仕立ててもらいました。
鬼しぼちりめんの生地感は、どっちかっつーと冬が相応しい感じなのですが、わたくしは色を優先して、桜のころに着るのを念頭に、単衣仕立てにしました。羽織丈も軽快に95センチ。



ムンクさん。



3-25桜アンティーク02

金鎖とパールの羽織紐。
匿名希望さんからの遺品ネックレスから自作。
わたくしはプラチナ除く金属アレルギーで、さらにそれを悪化させるように首辺りに大汗をかく体質なので、素肌にするネックレスはできません。残念です。

いつも読んでいただいてありがとうございます。
 
PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサーサイト



Comment

家にこもってたま様でお花見中 

まっこと綺麗な刺繍帯であることよ。羽織と着物との調和も鮮やかですわ。

壇蜜ならぬ三密
密室・密集・密接は絶対ダメ!と言っておきながら、あの通勤電車は無いだろうと思っておりましたが、やっぱり大都市では感染者が増えてまいりました。

土日だけなんて甘い!2週間位はやらないとあまり意味がないんじゃ?と思いますが、いかんせん、今の日本人には経済的にも精神的にも難しいのかもしれません。

これでなんとか収まって、たま様がお着物で思う存分ポケ活が出きる日が1日も早くまいりますように。
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2020.03/28 12:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

頭フリフリ 

思い出せ!のくだり私もまだいなかった…でも親世代はいましたね。詳しく聞いていたらと思う頃にはいない、のですが。国がとか誰かがどこかが補償してくれなければ自粛協力なんてできないする気もない…なんて呑気なことは言えませんよね?空から降ってくる爆弾💣。
コロナは見えないから悠長なこと言ったりしたりできるけどもしその触手が目に見えるなら、相当なパニックでしょう。

私も元気な中高年ですがとてもとても(経済力もないけど)です。私以外にニャンコの世話をする人がいないのでコロナ感染絶対阻止ミッション下におります。

たまさんを見習い自宅着物取っ替え引っ替え1人イベントを開き写真でも撮って、こんな日もあったなと思う日が来ることを待ちたいと思います。
ブログ、本当に感謝してます😊
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2020.03/28 19:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

こちらはこれから 

たまさん、こんにちは
綺麗な青色の帯、素敵、家で着ただけ?もったいないけどこのご時世仕方ないねぇ。それにしても今年のサクラは早かったですねー。なぜか北に位置する東京の方が早くって、三重はいまから。お花見しようにも花がない状態です。コロナの影響で今年は花見をしないことになり食事会で終わりました。でも個人的には着たいので何とか頑張ってみます(^^)
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2020.03/29 13:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 家にこもってたま様でお花見中 

> 亜雅紗さん。なんかもうこのウィルスは常駐するようになる気がしてなりませんわ。移って発症するのも時の運、みたいな。戦後日本からその手の伝染病は消えて久しいですが、世界的には他にも多いですもんね。
個人的にはおウチに篭ってるのは苦にならないのですが、経済が回らなくなるのは困りますねーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.03/30 13:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 頭フリフリ 

> 三匹のははさん。せいぜい自分着せ替えを頑張ります(^^)
今の日本にはコレラもペストも見当たらないけど、世界にはその驚異は残ってますもんね。人類は細菌やウィルスとの戦いに勝利は収めてないのですわ。医療機関及び研究機関には頑張って欲しいです!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.03/30 13:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こちらはこれから 

> ふでぺんさん。いつの間にか東京が一番早く開花するようになっちゃったんですねーー。ヒートアイランド現象?
ウチのご近所の見頃はお彼岸のころで、今はもう散ってます。日曜日は雪だったし(><)
今のお出掛けは食材の買い出しとポケ活(散歩)だけなので、着物は着せ替え遊びに成り果てております。。。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.03/30 13:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

復活の日!懐かしい。
あたしゃ子供の頃小松左京が大好きだったんです。
さよならジュピターで熱が冷めたけど。
そういやLAではホームレスが増えていて癩が出たとか。
お出掛けがままならないと着物に袖を通すこともないですよね。
この素敵な帯を青空の下でお披露目してほしかった。
早く収束してくれと願うばかりなり。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2020.04/01 02:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

> ほあかばりきるま。さん。私も「さよならジュピター」は好きじゃなかったな(笑)
小松左京は文庫で全部持ってましたが、引越しのとき処分してしまいました。
大好きで何度も読み返したのは「果てしなき流れの果てに」と「物体O」です。特に「物体O」はすげーー好き!ブックオフで買い直してもいいくらいだ(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.04/04 20:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR