FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

雪が降る日に雪輪柄で吉祥寺に行ったった。

ごきげんよう。

10日以上まえのお出掛け。
その日は東京に雪が降ると言われていた日でした。
こんな生憎のお天気に、わたくしは、友人★とかしわさんと、吉祥寺で待ち合わせておりました。
お天気が悪いときは景気付けするに限ります。
着物も帯も雪にちなんでの雪輪柄。
足元は長靴みたいな黒いブーツで行きますよ。
家を出るときは小雨で、ウチの夫にクルマで送ってもらう途中、駅に着くまでのほんの数分でみぞれから雪になりました。


1-18雪輪01

グラデーション雪輪柄の本場大島紬。旗印7マルキ。
若いとき、自分で購入した初めての本場大島紬です。八掛は真紅だったのをいいトシぶっこいてきた自覚を感じたころに、納戸色に変更しました。

縹色雪輪柄手織りの米沢紬八寸名古屋帯。
買ってから未使用のまま数年放置した罰当たりなわたくし。。。すっげー締めやすいです。もっと早くデビューさせなくてごめんなさい。手織りの紬はしなやかで手にも着物にもよく馴染みます。手織り、侮ってたわ。

1-18雪輪02

白いちりめん地にカラフルドット柄帯揚げ。
ゆっち先輩からのいただきもの。
ターコイズブルー・マゼンダピンク・黒・真紅の帯締め。
ほ〜さまからのいただきもの。
どちらも袷の季節のヘビロテアイテム。
柄の帯揚げや多色使いの帯締めの良さを教えてくれたおふたりに感謝!!!いざ自分で買おうと思うと、どんなのにしたらいいか決められないんだよねーーー(苦笑)


1-18雪輪03

着物の下のしつらえは、木綿さらし&木綿筒袖の半襦袢&木綿すててこ。
画像では見えませんが、正絹雪輪柄の長襦袢地(長羽織の羽裏にした残り布)で作ってもらった嘘つき袖を、着物の胴裏・肩の部分に縫い付けております。
わたくしは嘘つき袖は、着物に直接つけてしまう派。その着物を洗いに出すまでたいていそのままです。
ブーツを履くのでハイソックス。
着物の裾も若干短めに着付けております。


1-18雪輪04

紫色地大きな麻の葉柄のポリエステル長羽織。
だいぶ前に、サイタマ川越の古着屋さん(今はもうない)で、3000円でした。生地が厚めでしっかりしていて、正絹のもののように落ち感があって、長羽織の裾が翻らないのがいいです。
着物は大島なので雨に濡れてもあまり影響はありませんが、寒さ対策を兼ねて重ね着兼雨対策で、ポリエステル羽織にしました。


1-18雪輪05

キャメル色フラノのポンチョ。
ヒロミチナカノ。
雨や雪で濡れるかもしれないとき、冬は、雨コートよりもウールの羽織もののほうが好き。

1-18雪輪06

ひめ吉さんちの刺繍半襟『黒猫と蝶』ターコイズブルー。
参考品アウトレット。
マゼンダピンクぼかしの羽織紐。

このような雪の日に吉祥寺に行ったったのは、知人のテンペラ画作家さんの作品展の案内をいただいたからでございました。
共催で、上田紬の伝統工芸士さんの商品展示及び上田紬の織り体験もあったのです。
案内状にある名前を見て、あれ???と思った。
小岩井カリナさん。
この方ってもしかして、日本ブログ村着物ランキングで常に上位にいらっさる、着物ブロガー&着物YouTuber上田紬の伝統工芸士(長い。爆)小岩井リョウマさんの、お姉さんでは???
リョウマさんとは昨年、青山での伝統工芸展でお会いしました(そのときの記事は→こちら
作り手の方とお話しできる貴重な機会。
とても楽しいひとときでありました。
わたくしの代わりに友人★に、上田紬の織り体験をしてもらい(←無理やり。爆)仕上がったものは我が家の玄関で、香炉敷きとして活躍しております。
それにしても何故、吉祥寺の画廊でおっさんテンペラ画作家さん(←ちょー失礼)と作品展を共催してらっさるのかな?っつーか、知人のテンペラ画作家さんは、どうしてこのような美人の伝統工芸士さんと知り合いなのかな?
謎。
これは行ってみねばなるまい。。。
ああ、ここでいう知人のテンペラ画作家さんは、毎年拙ブログで個展を紹介しているテンペラ画作家・奥秋由美さんとは別の作家さんです。奥秋由美さんは顔料をたまごの黄身で溶いて描くたまごテンペラ。こちら武藤挺一さんは顔料を牛乳から採ったタンパク質のカゼインで溶く、カゼインテンペラ。技法が若干違います。
っつーか、おのれはテンペラ画作家を何人知ってるんだとツッコまないでください。多分このおふたりだけです(てへぺろ)


1-18吉祥寺01
長く南ヨーロッパに住んでらしたので、絵の題材も南ヨーロッパがメイン。
今回はスペインの風景が多かったです。


1-18吉祥寺02
上田紬の作品群。
この他に、アクセサリーやストールなどファッション小物も多く展示されてました。

んで知人のテンペラ画作家さんとの気になる関係性は。
舞台女優と舞台美術という、舞台つながりでした!!!
そういえば小岩井カリナさんはとても美人。。。
いやーーすげー納得した。美大つながりにしては年齢差があり過ぎるし、テンペラ画作家さんが舞台美術をされるとは思ってもみなかった。世の中には思わぬつながりがあるものだなあ。しみじみ。
小岩井さんとお写真ご一緒したかったのですが、織り体験予約のお客さまがいらしてお忙しそうだったので遠慮しちゃいました。残念なりーーー。美人の伝統工芸士さんと一緒に撮ってもらいたかったなーーー(←自分の顔にはモザイクをかけるので、美人と並んでもいいと思っている。爆。武藤さんはおっさんだし、写真をご一緒する気まるでなし。ひでえ。爆)
そのあとは、友人★とかしわさんと、吉祥寺東急にあるフルーツたっぷりカフェでランチ兼お茶しました。

1-18吉祥寺03
フルーツパンケーキとフルーツサンド。
ドリンクバーでコーヒーor紅茶。

たくさんたくさんおしゃべりして、夕方近くにさよならしました。
お天気が悪いので、暗くなるのが早いのです。
雪は雨に変わっていました。
とても楽しいお出掛けでした。
かしわさん、ご一緒くだすってどうもありがとうございました!

いつも読んでいただいてありがとうございます。



スポンサーサイト



Comment

雪輪模様って可愛いですよね 

でも夏物ってか単衣だと夏の初めはまだ早いのかしら?んで真夏は「インド綿しか着られねーよ」んで立秋になっても「なんで秋なのにこんな暑いんやー?!」と言ってるうちに袷の季節になります(T_T)
もう着たいと思える日に着ちゃおう。雪輪の中は秋草だけど。

テンペラってダ・ヴィンチがやっていた画法ではないですか?作品もですが描いてらっさる所を是非拝見したいです。

そして上田紬。優しい色合いですねぇ。手をかけた布には独特の風合いが漂う。AIには作れないだろう?ヤーイ😝と、何でもAIをありがたがる今般の風潮に反発を感じるアラ還暦でございます。
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2020.02/02 17:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

あ〜どれも 

いきなりですが、フルーツサンド大好き💕
美味しそうです。お話もそれはそれは盛り上がったことでしょう!
麻の葉柄の長羽織、大好きショットもマゼンダピンクの羽織紐アクセント効いてます👍
雪チラつく日に雪輪柄の色合いもスッキリ淡い帯が大島にジャストですね〜
こんな着姿の方と連れ立って歩くのはきっと素敵だろうなぁと思いました😊
上田紬も心惹かれる織物です。実は昨年リサイクルショップで単衣の上田紬と店主が言う一枚を1,500円で購入。絹洗い用の洗剤で洗ったら案の定縮みました(くっすん😿)この夏は着ます!
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2020.02/03 09:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

たまさん、こんばんは。
お天気にあわせた雪輪コーディネート、素敵でした! 真近にみせていただけて、ありがたかったです。それにしても凄い天気でしたね(笑)
フルーツのお店も美味しかったです! おしゃべりもたくさんできて、たくさん笑って、充実した時間でした。ありがとうございました。
  • posted by かしわ 
  • URL 
  • 2020.02/03 21:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 雪輪模様って可愛いですよね 

> 亜雅紗さん。夏物の雪輪の中は秋草が多いですよねーー。でも深く気にしなくても、大丈夫大丈夫!この暑いのに無理したら死んじゃいますもん。「早く秋が来るのを祈ってる」くらいのお気持ちで!
ダヴィンチはテンペラ画描いたっけ?と思ってググったら、描いてましたね!
ダヴィンチの時代は顔料を石灰水で溶くフレスコ画がメインだったのです。顔料を油で溶く油絵まであと少しだっっ
私もテンペラ画、やってみたいなー。発色が綺麗ですよ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.02/04 23:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: あ〜どれも 

>三匹のははさん。上田紬は手織りなので縮みますよね(笑)でもいいお買い物ですわ。
織元がどんどん廃業してるそうなので、今後はほとんど出回らなくなります。今の上田紬、大事にたくさん着るとええですわ!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.02/04 23:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

> かしわさん。こちらこそ突然のお誘いに乗っていただいてどうもありがとうございました!
次もどうぞよろしくお願いします。
晴れるといいですね(爆)今度大雨大嵐だったら、もう伝説にしますよ、ええ(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.02/04 23:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

分身ができれば…… 

嗚呼、ナルトみたいに分身ができれば、一緒にお出かけしたかったよ~。
たまさんの後ろに展示されている上田紬、どストライクで、見た瞬間脳内で「ぎゃっ!!v-10」と叫びましたわ~。
フルーツサンドも美味しそう。
  • posted by 羽衣牡丹 
  • URL 
  • 2020.02/05 15:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 分身ができれば…… 

> 羽衣牡丹さん。私も一緒にお出掛けしてみたいなー。
綺麗な色でしょー。お姉さんと弟さん、それぞれの個性が出ますね。
上田紬もだけど、工房から直だと、頑張れば買えるお値段になりますねー。もうね、流通を根底から変えないと、職人さん儲からないよ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.02/09 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR