FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

12月の積み残し。泥大島紬でお出掛けしたった。

ごきげんよう。

わたくしインスタやり始めたらですね、スマホに訳のわかんないところからショートメールが届く訳ですよ。
今まではガラケーで、何処にも誰にも教えてなかったので、迷惑メールとか来なかったんですけど。
インスタを登録したのが運の尽きですわ。
「ご不在なのでお荷物預かってます」
じゃねえよ。誰だよおまえ。
ああ面倒くさい。
いちいち着信拒否に設定するのが面倒くさいのでございます。
自宅のパソコンアドレスにもたまに迷惑メール来ますが、頻度はとても少ないですね。わたくしは通販もあまり買わないですし、たまに買うショップでもメルマガは配信停止にしてますし、何かどこかでメールアドレスを書く欄があっても書きません。
世の中には、要らない情報のほうが多いと思っております。
大抵のことは知らなくても平気だし(紅白に出た坂の名前とかメンバーの数とか)、興味関心の強い方向には、積極的に向かっておりますし。半島の某国の対ドル為替の動きとかめっちゃ興味ある(爆)←え?そりゃあまがりなりにも一国が、財政破綻とかしたら楽しみだからです(爆)

昨年の画像フォルダの中に、まだ記事にしてないお出掛け着物がひとつありました。
何だったっけ?。。。と記憶をほじくり返したら、暮れに新宿京王「今昔きもの市」に行ったったときの着物でした。ウチの義妹と友人★はお洋服でした。わたくしもお洋服で行って、売り場で素人のフリをしようと考えていたのですけれども。。。いや、本当に素人なんだけれども。ただウチの義妹が、お洋服で行くと「着物のこと、全然知りませーーん」というアピールで、売り場のヒトの「これはいいものですよーお買い得ですよー」攻勢をかわせるよねーーと言うのです。
ホントだろうか(爆)
ウチの義妹とお買いものに行くと、たいていの場合、
「おたまちゃーーーん、この着物、どうかしら?」
「うーーーん、似てる色合いの小紋、持ってるよ」
「おたまちゃーーーん、この帯、あの着物に合うかしら?」
「格が合わないからやめときなさい」
てな会話になるので、たとえお洋服でも、素人(いや本当に素人なんだけれども!)の真似ができてないと思うんですよ。
その上、お出掛け直前になって、先月も今月も(昨年の11月・12月)、着物ぜーーんぜん着てないことに気がついてしまい、せっかくのお出掛けだからやっぱり着物を着ようと思い立ったのでした。わたくしの場合、数少ないお出掛けのお洋服でコーディネートにアタマを悩ませるよりも、着物のほうが着るもの選ぶのはるかにラクなのでございます。
今月の着物だって記事のアップが現実に追いついてないのですが(^^;)先月のを積み残したまま春になっちゃうのもまずかろう(笑)
季節の移り変わりは早い。
焦りますね。


12-27雪輪9マルキ01

雪輪柄割り込み絣の本場大島紬9マルキ。

12-27雪輪9マルキ03

藤娘きぬたやの草色地総絞りの名古屋帯。
久しぶりに登場。
このところ、手ぬぐいや風呂敷の付け帯ばかり使っていたイメージだったので(笑)暮れの最後を締めるのにちゃんとした帯を使いたくなったのでした。
付け帯は気楽だからつい手にとってしまいます(笑)
オフホワイトちりめん地帯揚げ。
オフホワイト地に黒い柄組みの帯締め。


12-27雪輪9マルキ04

着物の下のしつらえは、木綿さらし&正絹長襦袢&木綿すててこ。
ミント色に富士山柄のたびっくす。
べにお先生からのいただきもの。

12-27雪輪9マルキ05

辻ヶ花風横段柄の長羽織。
小紋反物から仕立てたブツ。
羽織丈は100センチ。

12-27雪輪9マルキ02

オフホワイト地にカラフルドット柄プリント半襟。
赤茶色ぼかしの羽織紐。女中(めちゅう)。

っつー訳でですね。暮れの慌ただしい雰囲気の新宿で、まったり楽しく着物関係のお買いものをしたったんでしたっけ。
わたくしはまったく愛想のない人間ですので、お店のヒトもほとんど誰も話しかけてきません。放っておいても買うときは買うし買わないときは買わないと思われての放置ならば、ありがたいことでございます。
某セン◯イヤさんのオジサンは、わたくしとウチの義妹の関係性を鋭く見抜いて、
「あちらの奥さん(ウチの義妹のこと)に似合いそうなカレンブロッソ、お勧めしといてくださいよ。ちょっとお安くするから」
と耳打ちしてきた(爆)
ええおかげさまで、ウチの義妹はええのを買いましたとも(爆)
オジサンはわたくしに、
「どうもありがと!」
とお礼を言ってくれました(笑)
ウチの義妹はあちらこちらをふらふら見てまわり、興味だけでまるで買う気のない訪問着などを試着してる訳ですが。。。おかげでわたくしにも、不本意ながら話を振られてしまいます。わたくしはお店のヒトとは話をしたくないのに。。。
「いい大島紬をお召しですねーー」
「はあ。どうもありがとうございます」←わたくしは基本的に素直なので、言葉通りに受け取ります。謙遜とか、めんどくさいのです。
「大島紬、お好きですかーー」
「はあ」
「こんなのもあるんですけど、いかがですかーー」
「うーーーん、そういうの好きじゃない」
即斬。
悪・即・斬は、新撰組三番組隊長・斎藤一の合言葉でしたっけね(@るろうに剣心)牙突、カッコ良かったですよねーーー(←誰に言ってる?)
ああでもこんなことで怯むようなら、売り上げ上がらないですよね。
あちらもご商売です。頑張って食い下がってくる。
着物を着てると買うお客に見えるんですか?
時々、「着物の展示会に着物で行くといかにも買いそうに見えて買わされちゃいそう」という声を聞くのですが、そういうものなんですか?
うーーーん、なんつうか、違う。
わたくしはどっちかっつーと、着ているもので判断して欲しいタイプなのです。
なので、大島紬を着てる相手に、
「もっといい大島紬ありますよ」
とか言うな、ということなんですよ。駄目かい?
。。。駄目なようでした。
「じゃあこちらの絞りなんかは、どうですか?」
「はあ」
「藤娘きぬたやさんです。いかがでしょう?京都の老舗で。。。」
「存じてます。この帯、きぬたやさんだから」
「。。。。。。」
即斬。
ごめん、悪気はないんだ。
ただあまり話しかけて欲しくないだけなんだ。
。。。悪気はないけど感じは悪いですよね、本当にすみません。
他所のヒトは知らないけど、好きか嫌いか買うか買わないかは自分で決めるので、放っておいて欲しいだけなんですよ。それとも相手はこっちの懐具合に探りを入れてたのであろうか。そんな着物着てないでどうせならもっといいもん買えば?的な、意味だったのかなーーー???
なーーーんつて。
こんな風に、あとから疑心暗鬼になっちゃうので、やっぱり話しかけて欲しくない(爆)
それにしても、ウチの義妹の断り技の見事さよ。
「まああ、素敵ーーー」
「わーーー綺麗ーーー」
「眼福ですーーどうもありがとうございましたーーー」
真似るのは相当難しそうです。
ああでも来年(2020年のこと)からは、もうちょっとは感じのいい優しげなヒトになりたいと、ココロから思いました。

いつも読んでいただいてありがとうございます。



スポンサーサイト



Comment

総絞りの帯 

藤娘きぬたやさん、絞り良いですね〜
帯の部分絞りは見たことありますが、総絞りの帯って拝見したいものですね〜
それも若草色…最近緑系の着物や帯に特に惹かれる私です。
たまさんの大島、羽織を纏った着姿も良いですね〜
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2020.01/21 12:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

久しぶりにこの帯を拝見しましたね。
わたしも作り帯ばかり締めてるからちゃんとした帯を締めようと思うとそれなりに気合が必要になります。形が決まらなかった時のために時間に余裕を持つとかもしなきゃならないし。
私も話しかけられたくない方なので言葉少なにお断りするんですがデフォルトが無表情なのでどうにも無愛想になっちまうんですよ。
上手に朗らかにお断りする方法を義妹さんに教わりたいです。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2020.01/22 19:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 総絞りの帯 

> 三匹のははさん。どうもありがとうございます。
リサイクルだと総絞りの帯を案外見かけますよ。長さが短いし単色のが多いから、自分の着物には合わせにくいんですけども。この藤娘きぬたやさんは絞りの目がひとつ飛んでしまってるので、難あり品でお安かったです。日本の検品、キビシイよねーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.01/23 16:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

>ほあかばりきるま。さん。ちゃんとした帯もたまには結ばないとなーーと気持ちを新たにしましたわ。持ってるんだから使おうよ自分、みたいな(笑)
私はハタから見て、決して話しかけやすい訳じゃないのに、敢えて話しかけて来るお店の人も、チャレンジャーだな仕事のために頑張るのだな、と思うとね、どっちのためにもなってないんだから、変に努力しないで欲しい、と(爆)そんなところで頑張らないで、頑張るポイントは他にあるだろう、とか(爆)
ウチの義妹の外面の良さは、異常(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2020.01/23 17:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR