FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

クラシックのコンサートに行ったった。ウチの義妹の『似合うレベル』を考えた。

ごきげんよう。

ウチの義妹と友人★と3人で、都心のコンサートホールに行ったったときの着物です。

11-24美由紀唐花01

茶色地に唐花柄の小紋。
義妹の実母・わたくしの姑が元気なころ、ウチの義妹のためにリサイクルで購入したものです。
ウチの義妹は唐花の柄が大好きで、おーく損でも実店舗でも、唐花柄ばかりに目が行く傾向にありますが、この小紋の影響も多分にあると思います。
この小紋は元々若いお嬢さんのものだったらしく、胴裏もぼかしの赤い八掛がついているし、袖丈も53センチ?54センチ?だったかの、長め丈です。
背が高め(163センチ)のウチの義妹によく映える着物でした。
数年まえまでちょっとしたお出掛けにぴったしの華やかさでしたけれども。。。先月、本気お出掛けのときに着ようとして、ふと、言い出したのですわ。
「。。。なんか、似合わなくなった気がする」
「へ???」
「大好きだったのに!なんか似合わないの!」
「へ???」
「ほらっっっ」(練習で着た着画が届く)
。。。
。。。
。。。
奥さん、ウチの義妹はこの秋、大いなる試練を迎えました。
生前の姑が選んでくれた着物が、軒並み厳しいことになっているのでございます。
昨年はおかげさまでたくさんのいただきものの着物が増えて、「着っきらん」状態だったので、目新しいものから順繰りに袖を通して、ようやっと1巡したところ。「着っきらん」もなくなって、手持ちの着物類も順繰りに着ようとしたところなのでした。
そうして数年ぶりに、大好きな唐花に袖を通そうとしたら。
「なんかキビしいのーーー(泣)」
。。。そりゃああなたは、今年還暦を迎えたいいトシぶっこいた熟女なんだから、着るものも若いころとはちょっとは違ったとしてもしょうがないんじゃないか。とツッコみそうになりましたが、本気で残念がっているので黙っておりました(爆)っつーか、わたくしには、その姿は、ウチの義妹が嘆くほど似合ってないとは思えなかった。ウチの義妹にとって、微妙な似合いかたの着物は今までにもあるのですが、本人のキャラ及び、帯小物でねじ伏せてきたように感じておりましたし。
っつーか、元々わたくしには、ウチの義妹に似合うかどうかは着せてみるとわかるのですが、それはすげー似合った場合だけ(似合うレベル1)で、レベル2とか3とか4とか、似合わなさ加減の微妙さは、明確に表現できないのでございます。自分の場合や友人★の場合ははっきりわかるものが、ウチの義妹の場合、よくわからない。
そもそも本人にすら、着るものの好き嫌いが判断できないのです。
それにウチの義妹は、客観的に似合うか似合わないかよりも、ウチの義妹の中で、ウチの義妹の気持ちの中で、好きかそうでもないか脳内イメージで似合うかそうでもないかのほうが重要ポイントなのです。「着ると幸せ」とか「着るとテンションが上がる」とか、そういったポイントは、決して他人には測りかねるものだったのでございます。
わたくしの脳内には、何年かまえの、この小紋を着たウチの義妹のイメージが濃厚に残っておりました。確かにそのころに比べたら、着物の輝きは衰えているようにも見える。。。かも?うーーーん、びみょーーー。でもそれは加齢のせいなのかな?正直、よくわかりません。とにかく何も断言できないのです。
だからこう言うしかなかった。
「自分でキビしいと思ったら、もうそれはキビしいのでしょう」
そう、他人がどうジャッジしようが、本人が満足していればそれでよく、他人がどんなに褒め称えても、本人が納得できなければ、それは駄目なのです。
最重要なのは、着てる本人の、満足度なのですわ。
着物は特に、その傾向が強い衣類だと思います。
「。。。わかった。もうこの小紋とは、さよならするわ」
ウチの義妹はわたくしと違ってあまり合否を明確にしませんが、今回ばかりは、本気お出掛けを基準に考えたようでした。そうしてこの小紋の最後の花道を作ったったのでありました。

生成り地に金茶色濃淡ぼかしオリエント風の八寸名古屋帯。
この夏の、新宿京王今昔きもの市にて1000円也。
ピンク色ぼかしの帯揚げ。
濃い珊瑚色の帯締め。
ひめ吉さんちの刺繍半襟『薔薇』


11-24美由紀唐花02

細くて背が高いウチの義妹には、小さいより大きい柄が映えると思います。
でもこの小紋が厳しいと感じるのは何故。
小紋の地色そのものが、厳しく感じるようになったのかな?
顔がシワっぽく見えるとか?
。。。違うような。
本人としては、他の、すごーーーく似合うもっと似合う着物を着て、それに比べるとこれはそんなに似合わないように感じるのかもしれません。正直わたくしには、どこがどう厳しいのかを、明確に指摘することができないですわ。確かにこれは、とても似合うとはもう言い難い、気がする。。。


11-24美由紀唐花03

明るいグレイの防寒コート。
冬場の本気お出掛けのために、訪問着にも合わせやすい、エレガントなコートが欲しかった。
カシミア入りのを買いました!


11-24美由紀唐花04
着納めの小紋と、クリスマスツリー。

いつも読んでいただいてありがとうございます。



スポンサーサイト



Comment

 

うーん。ううーむ。
云わんとするところは何となく分かる気がします。
お顔を拝見したことはないので断言などできませんが微妙なニュアンスですかね。
でも素敵な小紋をこれきりにするのも勿体ないですねえ。
羽織で隠せば?
そういう問題ではないのでしょうか。
羽織に仕立て直すとかは?
心残りはないのでしょうか。
ああでも。本人が納得できなければどうしようもないと云うのも真理かも~。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2019.12/04 17:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

> ほあかばりきるま。さん。いい生地だし、長羽織にしたら可愛いでしょうねえ。着物で派手なのも羽織ものや帯なら全然大丈夫だから。
。。。でも、ウチの義妹は多分、この色柄の帯があっても合わせる着物がない。この柄の長羽織があっても合わせる着物がない、気がします。
私はこの地色、めっちゃ苦手だしね(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.12/05 11:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

なんだかわかるような 

義母の魔窟からたくさん出土した反物の中で「これは!」と思うものを唯一お仕立てしてもらったんですよ。40代、50代の私には確かに似合った!似合ったはずの色柄だった。がっ、この前風に当てようとと出したついでに鏡の前で当ててみたら…ビミョーだった。それも家族も見て「うーん」と言うレベルで。なんやかや他のは袖を通しててもこれはいざと言うときってどんな時?ですが、とっておきのその日のために袖を通してなかったのにいきなり似合わなくなるってどうなの?(ToT)

義妹様もご自分で「これ、やだ!」となるともう無理だと思います。だって着ている間中「これやだ」の顔になってしまうんですもの。そこはたま様やお友達★様、着物ダブルスのお友達とご相談なさる方々がそろってらっさるので次の利用法をお考えなさってはいかがですか?

ワタクシの方は遠慮せず小物でごまかしまくって着てから考えることに致します。もしかしたら顔の方から着物に寄っていってくれるかもしれませんし(それはないか)
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2019.12/05 13:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

着心地? 

安心して、気持ちよく着れた着物をいつものように纏ってアレ?ってなる気持ち分かります。

少〜し好みや落ち着く色柄の取り合わせが変化しているかもです。
画像からはまだまだお似合いと思いますが、たくさん着物を着て、ダブルス、シングルスの試合経験や実績、実力も以前とは格段に進歩されている。これからもっと鋭くなっていかれることでしょう😊 いろんな状況、微妙な気持ちのお話をブログで知ることがとても楽しいです。
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2019.12/08 13:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

そうですか、着納めになりましたか。
長い間、大事にしてもらえて、着物も幸せですね。次は、また、似合いそうな方か、形を変えて受け継がれていくのですかね。
義妹さん、いろんなタイプの着物、お似合いになるので、また、部活など、着姿楽しみにしておりますね。
  • posted by かしわ 
  • URL 
  • 2019.12/09 20:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: なんだかわかるような 

> 亜雅紗さん。私の場合、とっておいて着られなくなったものって、お洋服ばかりですわ。ブランドで高かったからという理由でもったいなくてあまり着なかったもの、全部駄目になったですよ。それに比べると着物はまだ、息が長いと感じます。ま、駄目なときは駄目なので、現実は受け入れなくてはいけませんわ(泣)
とにかく明日死ぬかもしれないので、着るものは早く着ないと(爆)シャレになんねえ(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.12/11 17:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 着心地? 

> 三匹のははさん。気持ちの変化は大きいですよね。着物を自分で着られなかったころは、人に着せてもらうので特別感があったのかもしれません。自分で着られると何もかもが自由ですから、気持ちが変わってしまったのかも、と思うのでした。
これからもどんどん変化していくのでしょうねーー。楽しみですね!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.12/11 17:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

> かしわさん。姪っ子が着てくれればいいのですが、ウチの姪っ子(義妹の娘)はあまりおされに関心を示さず、好みも難しいんですよねーー(笑)
ウチの義妹の箪笥の中身も、ずいぶんとバージョンが変化してきました。今後が楽しみです(^^)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.12/11 17:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR