FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

ウチの義妹とお友だちの本気お出掛け。柔らかもので格を上げてみた。

ごきげんよう。

七五三の時期なんですねーー。
初詣にしか行かない神社に、黒たまごが出てて、なんとなく気が向いて行ったったのですが。
何組もの七五三のお詣りのご家族が居たった。
男の子の羽織袴がたくさん目につきました。
本殿のまえに家族が並んで記念撮影してる。そこは確かに、記念撮影の絶好なスポット。っつーか神社はあまり広くないので、うっかりするとすぐに他所さまが写り込んでしまうのです。なのでみなさん、距離を置いておとなしく順番を待っていましたよ。平和な景色でした。
ところでウチの義妹が、スタジオア●スで撮ったという知人のお嬢さんの写真を見せてくれたんですけどね。。。驚きましたわーーー。
背景が、スマホのアプリみたいなの。
ウチの姪っ子も10年くらいまえに、そういったスタジオで七五三撮影をしましたよ。黒い古典柄の振袖、緑色の帯、小物類は真紅。そして水色のロングドレス。すべてレンタルでした。小道具もしっかりしてて、背景もきちんと大道具組んでた。七五三アルバムを今見ても、クオリティの高い仕上がりだと思う。
それがたった10年で、何もないところにアプリでスタンプ押すみたいな背景を合成するようになるとはね。
わたくしがデジカメで撮ってフォトショップで加工したほうがずっといい写真になると思ったよ。
技術が進歩したのではなく、感性が退化したんじゃないの。←意地悪
ウチの義妹は、そのお嬢さんが着てた振袖のチョイスや着付けのアラがきになるようでしたが。。。藤紫色のポリエステル振袖の安っぽさとか(普段は着るものに徹底的にこだわるおされさんだそうで、洋服の好みで選んだら裏目に出た感ありあり)帯揚げがちゃんと結べてなくて着崩れてる様子とか(スタジオで着せてその場で写真を撮ってるのに着崩れてるとは?ちゃんと着せつけができなかったってことか)文句たらたらです。
わたくしはとにかく写真のお粗末さにちょっと驚いたっつーかね。奥行きもなくてぺらぺらだもん。プロの仕事らしくない。てかもうその手のスタジオにプロの仕事を求めるほうが悪いってこと???
ま、当事者がそれでいいならいいので、どうでもいい話なんだけれども(苦笑)特に着てるものはね、本人が選んだなら大満足だろうし、好きに着せたれよ(爆)ただ、着崩れ?画像を撮るまえに直さない?帯揚げや帯締めの結び方を知らない?のは、イマドキの親だって知らないだろうし、ちょっと可哀想に思えたのは事実です。ま、本当に、当事者がいいならそれでいいのですけれども。ウチの義妹みたいな口やかましい付き添いがいたら、現場が混乱して大変だったろうね!!!(爆)
しかしわずか3年後に、娘の成人式を迎えるウチの義妹としては、スタジオの力量とか着付けの腕とかヘアメイクなどなど、マジで大問題らしいのでした。

お友だち☆さんと、横浜に行ったった2回目。
ウチの義妹とお友だち☆さんは、本気お出掛けの先で、新しい着物友だちができたんですよ。
そのかたはいつもおひとりで、その凛としたシンプルで上質な着物姿だったそうで、ウチの義妹はめっちゃ気になって気になって、遠くから指をくわえて眺めていたんだと(爆)凝った地紋のひとつ紋つきの色無地とか、江戸小紋とか、訪問着とか。帯はいかにも上等そうで、いつも二重太鼓に結び、その着姿は着慣れてとても美しいと。
その話はずいぶん前からわたくしも聞いていました。
着物のヒトなどいない会場では、さぞや目立っていたことでしょう。
そのかたが、ウチの義妹たちがいつもふたりで着物なのをやはりずっと気にして見てくれてらしたようで。。。到頭お声を掛けてくれたのでした。
スゴい!!!
そうして、横浜のホテルのラウンジでお茶なんぞをしたったんでした。
ええですね。
ウチの義妹らもこのたびは柔らかもので、ちょっと格を上げたコーディネートをチョイス。


11-10美由紀訪問着で横浜01

深みの赤色に蝋叩きと漆で雪輪柄を配した訪問着。
ふでぺんさんからのいただきもの。
わたくしも今年3月に着て(→こちら)、このたびはウチの義妹にも着てもらいました。同じ着物をまるで違うタイプの人間が着分けるとこうなる、ってな。着姿の違いなど確認していただけると宜しいかと(笑)
まあこのようにしてふたりで着て比べて判明したのは、この色柄はわたくしにはあまり似合ってないなあ(苦笑)ってことですね。ウチの義妹のほうがまだ似合うみたい。わたくしは訪問着はあまり着ないですし、売り場で試着したこともありません。なのでこうして実際に着てお出掛けする機会をいただけてありがたいです。ふでぺんさんには感謝感謝!!!

薄薄荷色に鏡紋の袋帯。
オフハ◯スだったか?で2000円也。
薄ピンクと薄黄色ぼかしの綸子の帯揚げ。
こちらの画像では京紫色冠組み(ゆるぎくみ)帯締めにしましたが、実際に締めたのはモスグリーンの高麗組み。

11-10美由紀訪問着で横浜02

ひめ吉さんちの刺繍半襟『令和』

訪問着の前柄の様子。
衽(おくみ)と前幅に渡って、柄付けしてある。
この着物は作家ものらしく共八掛の上部に落款が入ってるんですよね。この作家さんはどういうつもりで縫い目に渡って柄を入れたんであろうか。
それをウチの義妹が、
「なんか串団子みたいね」
という訳ですよ(笑)
「串団子と呼ぶことにしたわ」
。。。なんか情け容赦ない(爆)

11-10美由紀訪問着で横浜03

山鳩色地に絞りで松皮菱柄の道行コート。
ご存知西荻窪駅南口のリサイクル着物屋さん「一期一会」

11-10美由紀&弥生訪問着で横浜01
お友だち☆さんと。
(ウチの義妹の長襦袢の振りがガバッと出ちゃった^^;どうぞご容赦を)


11-10先輩江戸小紋横浜01

土器色(かわらけいろ。日本の伝統色から)の極鮫小紋。
作家もので落款あり。
もちろん、おーく損でしつけ付きを落札しております。サイズのおかげか、どんなに高くても3000円以下で落札できるのは本当にスゴいです。

黒地に菊の袋帯。
季節に相応しい組み合わせになりました。
ミントグリーンの帯揚げ。
赤×白の帯締め。
薄い狐色の道行コート。
お知り合いの祖母さんの所有(しつけ付き未使用)を譲ってもらいました。

新しく親しくなったかたの着物は、白地の訪問着でした(とっても似合って素敵だった!画像掲載許可をいただいてないので、もったいないけど未掲載)
それぞれが好きなように楽しく装っている様子が、とてもいい感じでした。
お話も弾んで、楽しい集まりになったようです。
いいお出掛けでした。

いつも読んでいただいてありがとうございます。



スポンサーサイト



Comment

串団子‥(笑) 

義妹さん ホンマ容赦ないっすね😅
5個の内 1番上だけちょっと離れてたら「御手洗団子」と名付けて頂きたいところですわ😬
着物仲間が増えて行くっていいですよねえ
人生の楽しみが増えるってもんです😊
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2019.11/21 21:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

そう言われるともはや串団子にしか見えない 

でも何か意図があったんでしょうね?う~む、理由を知りたい!一個目うっかり縫っちゃったので仕方なく揃えたとか言ったら怒るで。

義妹様、道行コートによくお似合いな串団子ですわ。帯もゴージャス!お友達ともども楽しそうでやっぱりいいなぁ。そしていつか拝見したい新しいお友達のコーデ!

ワタクシ宝塚大劇場で時々お目にかかる女性で白地に黒の格子の木綿?の着物にキリリと帯を締め、下駄に外またで凛々しく踏ん張ってあるスターさんのファンクラブ仕切ってる方に片想いしてるのですが仲良くなるには敷居が高そうなのですわ。あれはファンクラブでも幹部クラス。でもなぜいつも格子のお着物なのだろう?一度お声をかけてみたいです。
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2019.11/22 01:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

まさにー 

たまさん、こんにちは
義妹さん、お着物と道行もばっちり。ご友人とも素晴らしいチームプレイになってますねー!シックで素敵~♪

串団子の部分、あれ、どうなってんですかね~。お目にかかった時の訪問着もお似合いでしたが、これもいい~。義妹さんの年代になるとお付き合いにも余裕を感じます。次回はぜひその方の着姿も拝見したいものです~~
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2019.11/22 10:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 串団子‥(笑) 

>亜雅紗さん。人の出会いって確かなものじゃないからこそ、性の合う人との出会いは本当に奇跡みたいですよねー。よくぞ相手のかたも声をかけてくれたなーー。
着物の趣味がみなさん全然違ってて、それもおもしろいです。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.11/22 20:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: まさにー 

> ふでぺんさん。私は義妹に言われるまで、衽の縫い目に柄がぴったし渡ってるなんて気がつかなくて(^^;)言われてびっくりですわ。作家さんのパッションなんでしょうけど、これがいいのかどうか、かなり微妙だと思うな(爆)ウチの義妹は、雪輪の柄がもっと大きければ団子っぽくなかったのに、と申しております(苦笑)もらっといて言うのなんだけど、と(爆)
いつもお世話になっております!どうもありがとうございます!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.11/22 20:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

串団子! 

実はたまさんがお召しになったときから、串団子みたいと思ってました(爆)←ちょー失礼。
義妹さんが言ってくださったから、よかった😆
たまさんにもお似合いだと思いますが、柄の出方が違うからか、雰囲気変わりますねーーーー!!
  • posted by 木綿こけし 
  • URL 
  • 2019.11/23 09:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

着物の匂い 

あ!今ごろ、こちらですみません😥
亜雅紗さん、着物の匂いは100均の書道用紙に薬屋さんで売ってるハッカを染み込ませ、密封袋に入れて、オイルが飛んでから、着物に挟んでしばらく置くと消えます!
丸洗いしても取れなかったカビの匂いが、取れました✨✨
蔵の匂いにも有効ですよ😺
  • posted by 木綿こけし 
  • URL 
  • 2019.11/23 09:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

物凄く凝っている着物だけども、串団子と呼ばれて、なんだか、高級だけども、身近に感じても良いのですね?と複雑な気分です(笑)
お二人とも、柔らか物も楽しまれて、新しい出会いのお友達との時間も充実していて、共通の趣味のお友達というのは、良いものですね。
  • posted by かしわ 
  • URL 
  • 2019.11/23 12:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

く、串団子(笑)
せっかくの作家物の訪問着も名前で随分とイメージが変わっちまいますね。
昔ながらの写真館もまだ商店街などでたまに見かけますけどそれも淘汰されつつありますよねえ。
デジタル化も善し悪しですな。
しかしお金を取ってレンタルの着物を着せつけてるんだろうにもう少しなんとかならないものかしら~。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2019.11/23 13:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 串団子! 

> 木綿こけしさん。えっっあなたもウチの義妹と同じ感性(爆)
言ってくださいよ(爆)
着物のふちを囲って、叩き染めでフレーミングしてあるので、背が高い人のほうが映えると思いますよ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.11/25 16:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 着物の匂い 

> 木綿こけしさん。
へええええっっっっ
私は、北海道の北見のハッカオイルを常備しているのです。キッチンのゴミ箱に小蝿が繁殖するのを防ぐの。
へええっっっっそういう使い方もできるんですね。今度やってみます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.11/25 16:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

> かしわさん。作家のパッション、形無しですわ(爆)
それにしても、雪輪柄のど真ん中に縫い目がくるデザインにすることなかったのに(爆)大きさだってもっと変えればよかっただろうに(爆)もう作家を引退してもいいんじゃね???と失礼にも思う(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.11/25 16:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

> ほあかばりきるま。さん。そうなんか身も蓋もない情けない感じ(爆)でもウチの義妹はそういうの気にならないのか(デリカシーが足りないと思うな)串団子って罵ってるように聞こえるのに、「罵ってない、好き」だと言うんですよ?
私と義妹の間には、感性の溝があります(爆)深い深い溝(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.11/25 16:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR