FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

青絣の正絹単衣とサイコロ帯でどうでしょう祭り。

ごきげんよう。

10月4日。
早朝まだ真っ暗なうちにクルマで自宅を出て、途中でウチの義妹と友人★を拾って、羽田に向かいました。
朝の6:10羽田発千歳行きです。
時間に余裕があれば前日の飛行機で行って前乗りするところですが、今回はできません。会場開場時間(9:00)には間に合わないけれども仕方ありません。ステージ開始時間の12:00までに入れれば良しとする。
ウチの猫らを、あまり長い時間、留守番させる訳にはいかなかったのです。
ウチの夫もわたくしもいないという、ウチの猫らにとっては滅多にない非常事態。
彼らは留守番に慣れておりません。
本来であれば、前日にペットホテルに預けるつもりでおりましたけれども。。。天の采配か悪魔の企みか(爆)わたくしたちが北海道に向かうこの日、東京日本橋で着物サローネが開催されるのでした。
やったーーーー!!!
もしかしてもしかしてイケるかもよ?
「てんてんさんてんてんさん、サローネのために東京へおいでとのこと、わたくしたちは留守で何のおもてなしもできず、誠に失礼ではありますが、ウチに泊まってくれへんか???」
「ええんですか?よ、よ、喜んで!!!」
「ウチは、都心からはちょっと遠くて申し訳ないんですけど。。。」
「いえいえ、とんでもない」
てんてんさんは昨年、ハロウィンコーディネートで川越!着物オフ会のとき、我が家にお泊まりいただいております。(→こちら
「てんてんさん、おひとりで寂しくないですか?ウチの愛機ステルスタンタンの体調がいいといいのだけれども。ステルスタンタンを召喚しましょう」←無理くり技
。。。っつー訳で、ウチの愛機ステルスタンタンが、わたくしたちが北海道に行く2週間まえに、自分の匂いつけマーキング&下見のためにウチまで来てくれました。タンタンさん使用中のパジャマや枕を置いて、ウチの猫らがタンタンさんに慣れやすくするためです。
こういうところもウチの愛機ステルスタンタンは、優秀です。体調管理&休日管理を頑張ってくれました。曰く、
「ワタクシは、小さい子供と尻尾があるコとの約束だけは、決して破らないのです」
なんてえ漢気がある女人か!!!(爆)
「ついでに、サローネ会場からこちらのお宅まで、てんてんさんをご案内してお連れしましょう」
ブラボー!!!
とにかくこれで、わたくしたち夫婦が留守のときの、ウチの猫らの世話係りは確保した!すげー立派な布陣で抜かりはないっっっ
翌日にはウチの夫は先に帰りますが、そしたらウチの夫がおふたりの美人にお仕えすればいいのです。とにかくわたくしたちが居ない10月4日・5日が、ウチの猫らの正念場なのでした。
北海道に行く4日ほど前には、ダンボールに詰まったてんてんさんの着替えや枕が到着。早速八雲氏が中に入り込んで確認してましたっけ。
そうして万全の体制で、わたくしたちは機上のヒトになりました。
。。。ええ奥さん。
てんてんさんとタンタンさんに留守番を丸投げでしたのよ(爆笑)家の鍵は、てんてんさんにはあらかじめ郵送して、タンタンさんには手渡ししておきました。
家の主が留守でも構わなくて、ウチの猫らのトイレやご飯の世話を滞りなくしてくれて、なおかつ信頼できる。。。おふたりがいて、本当に幸せです。
まったくおもてなしはできませんでしたが、2泊3日、貸別荘のノリで女子合宿みたいに楽しく過ごしていただけたようで、喜ばしく存じます。



10-4青絣単衣×サイコロ帯01

青絣正絹紬単衣。
どうでしょう祭り初日が雨になるのはもう、わかっていました。
雨コートもカッパも用意したし、足元は泥だらけになるらしいので、ソールがごつごつしたブーツです。
ポリエステル着物にするかどうか迷って、札幌の気温を何度も確認して、もし雨に濡れても身体に負担が低い正絹の紬の単衣に決めました。ポリエステル着物のほうがすぐに自宅で洗えていいのですが、体調が過酷になるならわたくしの場合は肌に近い着物は天然繊維のほうが肉体的ダメージが少ない、との判断です。
着物は、はっきりいって、この日1日で駄目になりましたよ奥さん(爆)
あんな環境では、雨コートやカッパを重ねても、着物まで濡れました。
しゃーないね!(爆)
色が滲み、スレがひどく、左右幅も縮んでました。
後日、お馴染着物問屋さんにお手入れに出しましたが、
「スレがひどいのはもう直せません。解き洗張りして、裏を表に仕立て直しますか?それでも縮んだのは元に戻らないかも知れません」
というのを、
「こうした過酷なときのための着物なので、そのまま雨汚れを落としてください」
と頼みました。たまたまキャンペーンで、水系汚れ洗い1000円だったんですわ(笑)ラッキー。
元々、反物はおーく損で2300円也だもんね。マイサイズに仕立てたのでベトナム人のお仕立て代はかかってるけれども。こういったリスクを恐れて着る機会をなくすより着たほうがいいですわ。とはいえさすがに、もっと高価だったものは、ここまで思い切れないけれども(爆)
お手入れに出して、どのくらい蘇ったかも、後日レポしたいと存じます。


10-4青絣単衣×サイコロ帯02

ピンク地サイコロ柄の半幅帯。
どうでしょうといえばサイコロよ奥さん。
帯の裏はピンク地に赤いドット柄。
グレイ地に白いドット柄スカーフ帯揚げ。
タンタンさんからのいただきもの。
白×黒正絹三分紐。
ひめ吉さんちのサイコロの帯留め。

10-4青絣単衣×サイコロ帯03

帯結びが大きくなってしまったーーー(^^;)
横からみると平らで、飛行機に乗っても背中がごろごろしないの。
着物の下のしつらえは、木綿さらし&木綿筒袖半襦袢&木綿の長めのすててこ。
足元は5本指ハイソックス。
わたくしの場合は、これで東京の3月とか余裕なので、札幌で若干寒くなってもこれで大丈夫と思った。雨は、もっと過酷でしたけどね。。。(遠い目)

10-4青絣単衣×サイコロ帯04

まだ外が暗いから、画像も暗い(^^;)
生成りちりめん地にサイコロ刺繍の半襟。ふりふ。
片方は赤い薔薇。
どうでしょうキャラバン・千葉で配られた、藩士出身地缶バッジ。
わたくしのは、『東京藩士』です。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


祭りのあと、ゆっち先輩が席だけ予約していてくれたいつものビストロで晩ご飯。
モザイク下の顔は、もう死にかけております。

10-4ゆっち先輩と01

ゆっち先輩のは、
藤色ブロック格子柄の単衣。
わたくしは同じ柄の袷を持ってるんですよ。
初めての出会い(2013年どうでしょう祭り)のとき、ゆっち先輩はこの着物と黒い長羽織を着てらした。運命の着物です。
グレイ紬地にどうでしょうネタを描いてもらった完全オーダーの名古屋帯。
どう馬鹿の鏡だわ。

10-4ゆっち先輩と02

ああわたくしの背負った帯がヤケに大きい。。。(泣)御殿女中かよっっっ


スポンサーサイト



Comment

そうでしたか… 

 王子と八雲氏はどうしてたのかしら?あんな繊細そうなお二人をペットホテルに預けたのかしら?とハラハラして損しましたわ。
いやぁー、タンタン様ってば、性格が男前!そして関西の誇る漢の中の漢、人妻てんてん様をお留守番にお出かけとはさぞかし心強かったことでしょう。立ってるものはタンタン、てんてんでも使うのですね。やっぱりどう馬鹿の方がヅカオタより上よぉ!

あれ、まさか紬?いやまさかポリでしょうと思った写真に写ってた着物は紬だったのですね(^_^;)こんな時用ってどんな時用?いや、それより何よりお体のこともっとお考え下さいませ!!

…ええ、そこで冷静になれないのがオタクの性(さが)なのですわ。
実は去年猛台風の中、宝塚観に行って終演後に全ての電車が止まって劇場に閉じ込められたあの日、全席売り切れなのに来てたのは三分の一。その中にワタクシと娘が入っていたのですわ。残りは観劇を取り止めたお利口さん。幕があく寸前に隣の見知らぬお方がつぶやきました。「やってるのなら来なきゃあ…」うなづく周りのオタ。そして舞台の上と下はたった一つの思いで繋がりました!
「アタシたち、今日お家に帰れるのぉ?」
あれほどミョーな迫力に満ちた舞台は初めて観たし、これからも観ないでしょう(やっぱり次回台風来たら行くの止めます)
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2019.10/21 23:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お留守番の八雲氏と王子には心強い守りびとが二人もいらっさたんですね。
頼もしいなあ。
たまさまの帯結びを見て御殿女中を思い出すなあと思っていたらご本人がそう買いてらした。
しかし漢気のある女人って!i-237
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2019.10/22 16:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

妙案! 

たまさん、こんにちは
す、素晴らしい~~~最強のお留守番ですねー!
そんな心強い背景があったからこそ、過酷な戦いに挑めたのですねー頭が下がります~~~

お着物の襟が覗いてたんで、合羽の下はお着物なんだと思っておりましたが、雨の日の過酷な戦いはお着物にまで及びましたかー。ゆっち先輩もお着物で参戦してみえたのでしょうか?
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2019.10/23 10:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: そうでしたか… 

> 亜雅紗さん。ご心配かけてすみません。
亜雅紗さんには言ってもいいのでは?とも思ったのですが、完全に秘密のミッションでした(^^;)
よく知らないお姉さんふたりが来て、飛影王子はびびりまくってたようですが(^^;)猫トイレが清潔で、新鮮なマンマが出てるのと、そうじゃないのとは、雲泥の差でございます。ありがたかった!

台風のときは外にでたらいけませんわ(笑)ウチの義妹は先日の19号のとき、ご近所の川の具合が見たくて出かけたそうです。義弟(義妹の夫)がしぶしぶついていった。ひとりで行かせて死なれたら困るからって(爆)ウチの夫も、川が見たいと言いましたが、ウチからは遠いので諦めさせました。兄妹揃って馬鹿ですわ。良い子は真似しちゃあかん。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.10/23 12:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

> ほあかばりきるま。さん。前回の祭りのときは、私の同級生の、社会人の娘が、我が家で寝泊まりして猫の世話をしつつ都内の会社に仕事に行ってくれたんですが、結婚しちゃってねー。さすがにもう頼めないーーどうしよう?到頭ペットホテルかな?と覚悟してました。八雲氏はまだ人馴れしてるからいいけど、王子には地獄の苦しみだなあと。
助かりましたよ!
久しぶりに半幅帯結んだら、失敗しました(苦笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.10/23 12:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 妙案! 

>ふでぺんさん。そうなんですーー。やっぱり気分を上げないとね!黒色すみれさんには見てもらいましたが、ずっとカッパの下でしたよ。
それにしても、マジで、途中でくじけそうでしたよ(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.10/23 12:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

家で誰かに見ててもらえるのは精神衛生上最高です! 

私も三匹と父を置いて北海道(道東)3泊4日の旅に行く時、父はショートステイ、ワンコは友人、猫は水と餌で室内放置…?と覚悟したらちょうど甥と姪が関東から遊びに来ました。たまたまのかつ数年ぶりのタイミング。
父もデイサービス利用だけで、外泊無し、ワンコも散歩しまくりで猫もそこそこ落ち着けました。
私が一番、後顧の憂いなく旅を楽しめました(多少お土産張り込んだけど😊)

しっかし、タンタン氏とてんてんさんのタッグは最高かつ最強で、きっとたまさんも帰宅後ご自分の養生にご専念されることができたのでは?と思います。良かったですね!
でも、大泉さんだけでなくたまさんも龍神を呼び寄せる何かが…😅
だんだんと寒くなります、お風邪召しませんように‼️
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2019.10/23 20:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

お世話になりました〜😹 

家主不在で泊めてもらえるっつーのが ご縁の深さを感じられて何より有難かったですし しかもにゃんずとタンタン氏と一つ屋根の下!
また自分史に残るビッグな思い出が出来ましたわ〜😍ありがとうございます😹
次回への反省点としては(また泊まるんかい⁉️)
荷物を送った上で家主在宅のうちに前乗りし 少しでも安心感を持ってもらえるようにしなくては‥と思いました
王子に撫で方がお気に召さないとエアパンチ出されましたので 次回までよそ様の猫を撫でさせてもらい 猫飼いだったころのカンを取り戻す所存でございます(笑)
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2019.10/24 11:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 家で誰かに見ててもらえるのは精神衛生上最高です! 

>三匹のははさん。ああそれはよござんした。犬猫も年寄りも、慣れない環境だとストレスなんですよねーー。
ウチのビビリの飛影王子は、ふたりにちょービビって、2階の寝室に篭りきりだったそうだけど(苦笑)、どうせなら慣れた自分の家で篭るほうがいいですもんね。
てんてん&タンタン両氏にはお世話になりましたわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.10/27 09:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: お世話になりました〜😹 

> てんてんさん。見事にタイミングどんぴしゃでしたねーー。こちらこそ本当に助かりました。
本当なら私がおもてなしして、着物着せ替えごっことかしたかったですが(^^;)それは来年のお楽しみに致しましょうぞ。
八雲氏はお尻とんとん大好きで、飛影王子はお尻に触られるの大嫌いなのですわ。わがままな猫らにお付き合いいだだいてありがとうございました!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.10/27 10:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR