FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

単衣の石下結城紬で美容院に行ったった。グレイヘアは遠いよ。

ごきげんよう。

 髪の生え際の白髪が、もうしょーもないくらいになったので、仕方なく腰を上げたのでした。
わたくしは普段、誰とも会わない生活をしておりますが、やはり時には都心にも出るし、楽しくおされしたいのですわ。
そーいうとき、目立つところがまばらに白髪だと、テンションただ下がりです。
同い年でもまったく白髪がない友人も居るというのに(ご存知立っても座っても極道の妻。ただし下世話な話ですが、アタマ以外には白髪があるそうです。ってこんなこと書いてごめんね!)。

わたくしはグレイヘアに憧れますが、まだまだ白髪が足りない。実家の母親がどんなだったか顧みると、どうやら65歳過ぎないと無理っぽいのです。あと最低10年はかかるのか!!!
仕方ないので、当分はせっせと白髪染めに行くのでした。
美容院に行ったった着物。



鉄紺色に源氏車柄の石下(いしげ)結城紬。
元は袷でしたが、わたくしが横に育ってマイサイズが大きくなってしまったときに、覚悟を決めて洗い張り仕立て直しに出して、単衣にしたもの。以前は、八掛がピンク色だったっすよ。鉄紺色にピンク色。そのような効かせ色系を八掛に持って来るのは、若いときはちょっと捻った感じで憧れやすい。ええ自分の阿呆を若さにすり替えてますわ奥さん(爆)そして鉄紺色にピンク色は、単独ではまだ良かったんですが、合わせる帯が見つからなくて困りましたよいやマジで(爆)なのであまり着る機会がなかったのでございます。単衣にしたら着やすくなった。。。っつーかもしかしたら(もしかしなくても)この色は若いときのわたくしには似合ってなかったのでしょうか(遠い目)着物は息が長い衣類でホントに良かった。
さてわたくしは、従来の暑がりと昨今の気候状況のおかげで、正絹の単衣を着る機会がホントに少なくなってしまい、考えに考えた末、昨年大幅に正絹単衣を処分したんでした。たいしたものではございません。おーく損でお安く落札した正絹単衣紬の数々を、全部た○す屋さんの商品券に引き換えて、商品券のほうは友人★に引き取ってもらったのです。自分ではた○す屋さんではあまり買いものできないからね。
手元に残したのはやっぱり、反物から熟考して選んでマイサイズで仕立てたもので、そのうちの1枚は袷に仕立て替えたので、残りは5枚です。正絹の単衣紬は5枚もあれば残りの衣類人生、充分楽しく着回せることができるでしょう。え、多過ぎですか!?(爆)
ゴールデンウィークにもなれば、木綿着物も着るし、もっと気温が上がればセオαが着られるし。。。と思うと、確実にプロのお手入れが必要な正絹単衣はわたくしには要らないよねーー多分。そう思っても、ゼロにしちゃう気持ちは今のところありません。
自宅を引っ越して持ちものを大体的に処分したときに、洋服等はその他キッチン用品や生活用品、家具などと共に大体的に処分して、相当ミニマムになれたと思うのです。もちろんまだまだ減らしてスッキリするのは可能ですが、今は、掃除のしやすさや消耗品の管理のしやすさに喜んでいるところです。でも着物だけはまったく手つかずでした。手放すことなどまるで考えなくて、だってどれもきちんと考えて買ったものだと思っていたから。でもやっぱり、ずっと持ちものを固定することは、わたくしには不可能だと気付きました。着物さえあれば着るものをあれこれ考えなくてもいいような気持ちでいたけれども。。。まったく動きがないのはそれだと自分がつまらないっつーのもあるけど、季節の移り変わりかたや気温の高低、そして何より自分の気持ちが、どんどん変化していくのです。そういえばわたくしはお洋服のときだって、飽きっぽかったよなーー(苦笑)
んな訳で、比較的安い帯(手ぬぐい付け帯みたいな)を取っ替え引っ替えするのは、いい気分転換になるのでした。
ミント色にグレイの線描きでアールヌーボー風の柄八寸名古屋帯。
新宿京王今昔きもの市で1080円也。



ピンク色ちりめん地飛び絞りの帯揚げ。
これ、よくよく思い出したら、わたくしが結婚したときお祝いで村山大島紬のひと揃えを縫ってくれた母方の伯母が、選んでくれた帯揚げだったんですよねーー。着物、羽織、モスリンの長襦袢には半襟を付けて、紬の八寸名古屋帯とこの帯揚げを、いただきました。んで何故か、帯〆は入ってなかった!(爆)どうして伯母さん???(爆)でもわたくしが着物に親しむようになったのは、この伯母さんが縫ってくれた村山大島紬のおかげです。その伯母も昨年鬼籍に入りました。
グレイ×ピンクの丸組み帯〆。



着物の下のしつらえは、木綿さらし&身頃が木綿の二分式襦袢。



白いレースの羽織。
若いオンナのコブランド?ニコ・アンティークで、お安くなってたのを買い求めました。ああでもこのテのプレタのレース羽織って、あまり長持ちしないものなのだなあ、と気付いた次第です。生地がよれよれになってくるのです。そろそろ新しいのを買ったほうがいいかな?
可愛くて好きなんだけれども、次にプレタのレース羽織を買うときがあったら、白くないほうがいいかも知れんなーー(^^;)
カラフルビーズの羽織紐。
サイタマのリサイクルショップで50円也のネックレスから自作。

ムンクさん。




塩瀬地に青い桜柄の刺繍半襟。
水色地に黒猫アップリケのたびっくす。
HAKUの草履。




美容院の横道。
モッコウバラが美しい季節になりました。
明日からいよいよ、ゴールデンウィーク&てんちゃん代替わり10連休のスタートですわね。
わたくしはその間、特に予定もなく、のんびり過ごすつもりでおります。コメントのお返事が遅れたら、のんびりし過ぎて寝てるとゆるくお考えくだされば幸いにございます。
お休みのかたも働くかたも。
よいゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

いつも読んでいただいてありがとうございます。
 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



Comment

モッコウバラの美しい季節となりました。 

本当に薔薇の中でもすきなのです。

ピンクの帯揚げと白いレースが初夏らしいコーデ。そうですよね!単衣の季節っすよね!(と、同意を、もとめなくては不安なワタクシ)

長い間美容院には行っておりませんわ~。ワタクシ50代半ばまでは白髪と無縁。で、今はチョロチョロみすぼらしく出てると言うのは前にもご報告したかと思いますが、年くってビックリなのが顔回りだけでなく全体の癖毛がひどくなった!ってか生まれたてはハゲ坊主じゃなくてくるくるパーマで生まれてきてナースステーションのアイドルだったらしいのですが(首も生まれつきしっかりして小太り。赤ちゃん人形っぽくて若いナースさんたちがこっそり新生児室から連れ出しておもちゃにしてたらしい。)ここへ来てパーマをかけるにもなにやら大変やりにくい髪質らしく「奥さん、貧乏パーマで良くね?」と美容院の兄ちゃんに言われちゃったのです。どうせ暑いから一年中シニョンだし、ちょっととかすと全体がうねってる。それを無理に形作ることもなかんべと美容院行かなくなっちゃった。たまに前髪だけテキトーに切ってるがこれが割りと悲劇を生んでおるんですが見てる人もおらんだろうとスプレーで固めて終わり。でも他人がみたら艶なしのバサバサだろうなぁ。いいの、性格が漆原教授なんだから(どうぶつのお医者さんの教授。頭の中身じゃなく性格のがさつさが似てます。いい意味でも悪い意味でも似てるねと友人に指摘された)
  • posted by 亜雅紗 
  • URL 
  • 2019.04/26 15:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

初夏来りぬ 

一度書きかけて中断、と亜雅紗さんのコメント入ってて、そうなんです〜‘初夏’というフレーズ同感です。
四季はあるけど、狭間もはっきりではない分着物と帯の組み合わせだけでなく、中に着るものも人それぞれに楽しみも工夫もあってよみごたえ、見応えがありますね〜
身体の変化もあって以前より暑がりになったような…、なので一日の中で一番気温の高い時間に合わせて取り合わせています。あとは上に羽織ったり調整です。てんちゃん(我が家も使ってた😅)、改元連休は3回くらい着物着る予定です。
単、活躍か…?

たまさんやっぱり、憧れますね〜
帯も素敵、伯母さまチョイスの帯揚げ良く効いてますね!大好きショットも一気に夏らしく。
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2019.04/26 18:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: モッコウバラの美しい季節となりました。 

> 亜雅紗さん。性格が漆原教授って、ヤバいですよ(爆笑)
あの漫画は、本当に人物構成がよくできてたなーーとしみじみしますわ。実際にいるもんね、漆原教授みたいのも菅原教授みたいもの(笑)
私もモッコウバラ大好き。塀にびっしり咲く小さくて黄色い花が好きなんです。でも我が家では咲かせられない(庭の関係で)のでウチの義妹宅に買って送ったんですよ。1年目に根付いて2年目に枝も伸びて花もたくさん咲くようになった。大きく育ったらさぞや綺麗だろうとみんなで楽しみにしていたら。。。義弟が、枝がもっと伸びたら見栄えがいいところに移し替えようと、まだ花が終わってないのに勝手に移植して、速攻枯れました!ああ、義弟はそうやってヒトの楽しみを無駄にするオトコです(爆)もちろん反省してましたが、そんなの後の祭りだっつーの(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.04/27 11:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 初夏来りぬ 

> 三匹のははさん。初夏とか晩夏とか晩秋とか初冬とか早春とか。着物の醍醐味って、この狭間時期にあるような気がしますわ。季節の先取りがしやすいですよね。
私も暑がり汗っかきがなお、暑がり汗っかきになりました。
ああでも今年のゴールデンウィーク、東京はマジ寒いです!袷を出しました!10年以上前の気候に戻ったみたいで、ビックリですわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.04/27 12:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

村山大島紬からのピンク 

石下結城紬にミントグレイのすてきなコーデにこのピンクを持ってこられるところが、たまさんのセンスでさすがですわ〜
うっとりガン見してたらこの帯揚げがとってもイイですね、なんと伯母様手縫いの村山大島紬からのピンクだっとは。着物の息の長さに思い出も重なりますね。
ウチには白と黄のモッコウがありますが、いまこの黄色が盛りですわ。全長6〜7メートルくらいあってクリームイエローの壁になっております。お近くだったらドサっとバケツに入れて持っていきたい〜😆
  • posted by wako 
  • URL 
  • 2019.04/28 09:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 村山大島紬からのピンク 

>wakoさん宅のお庭はとても素敵♡(お庭だけじゃなくて、おうちの中も素敵ですよね!!!)
ご近所だったらさぞや目の保養をさせていただけることでしょう。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2019.05/04 11:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR