FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

義妹用にいただいた秋色の染め紬を試着してみた。

ごきげんよう




10月の話なんですがね、奥さん。
10年以上ぶりに、知人が連絡をくれたんですわ。
本当に久しぶりです。
今は東京と関西で離れているのもあって、会う機会もありませんでした。
もう20年以上まえ、小さなアニメ制作会社でMacを並べて仕事した仲(笑)ミッフィーちゃんのブルーナ氏にお会いしたときも一緒でした。システムも確立していない試行錯誤の中、苦楽を共にした戦友でございますれば、想い出もひとしおです。
最後に会ったときは中学生だった息子さんが、大学を出てもう結婚して子供までいるという(@△@)時が経つのは早いですねーーー。
さて、知人の用件は、着物のことでした。
知人の、東京の下町に住まう伯母さんが、施設に入ったので、伯母さんのご自宅を実姉さんとふたりで整理しているそうでした。伯母さんは着物が大好きで着物がたくさんお持ちで、ご自宅を整理するときに着物はゴミとして捨てて欲しくないと、おっさるのだそうです。
わあ。
一瞬、かつて遺品整理をお手伝いした親戚の匿名希望さんとか、友人のそのまた友人の叔母さんの着物の遺品整理とかを思い出して、ビビった(爆)ビビりましたとも(爆)
でもそれは杞憂でした。わたくしは勘違いしていた。
「すべての着物類をどうすればいいか?」
という相談ではなかったのです。
ご自宅の2階の和室にずらりと並べられた箪笥の中身は、もうほぼからっぽ。
他の身内の女性が、訪問着小紋色留袖付け下げ等々はすでに持って行ってくれたそうです。血のつながったヒトに受け継がれるならば、それがいいですもんね。残っているのは、着物好きの下町の伯母さんが好んで着ていた、もしくは着るつもりで仕立てた、普段着物ばかりでした。洋服生地で仕立てた洒落た着物や羽織もの、ウール着物と、それらに相応しい帯がメインです。それでも着物を着ない(興味もない)かたがたにとっては、手に余るシロモノでしょう。
それらの中から、1枚でも多く、どなたかが着てくれるものがないか?
わたくしに望まれた役目はそれでした。
なーーるほど!
ああそれならば、わたくしにも少しはお手伝いできます。どれかは救えるかもしれないです。
1枚1枚、全部広げて寸法も測って確認させていただきました。
まだ新しい状態の変わった柄のウール着物や、小さいけど身幅は出せるし直す価値あるんじゃね?な本麻の上布、身丈100センチある名古屋帯とお揃いの道行きコート、新品の帯締め、などなど。もし着てもらえるなら、似合いそうなのはあのヒトと、あのヒトと。。。あのヒトはどないだ???などと、脳内で若干のシミュレーション。
厳選したのに思った以上に大きな荷物になってしまい、捨てるはずだったらしいキャリーバッグに詰め込んでもらって(キャリーバッグは油絵の道具を入れるのにちょうどよかったのでそのままいただく)お土産にお菓子までいただいて(普通は逆だと思うでしょ?奥さん。笑)帰りました。
知人には、久しぶりに会えておしゃべりできて、良かったです。
とっても楽しかったーーー!!!
今年は、人に会える年回りなのかもしれません。
嬉しいなあ。








さてそのいただいた着物類の中に、ウチの義妹にいいかもしれないなーーーと考えた、染め紬があったのでございます。
ウチの義妹が若いころ、たまに姑(義妹の実母ね)の着物を着ることがあって、わたくしが特に印象深かったのは、草木染めの小紋でした。ぎっしり詰まった柄のその小紋は、くすんだ色合いが義妹にはちょっと大人びて見えましたっけね。
んでウチの義妹はその、姑が大事にしていた(と聞いている)小紋でお茶に行ったらしく(お茶会だから着せてもらったのかもしれん)、袖口に、焦げ穴を開けてしまったんでした。炭手前(すみでまえ)をしていて、炭が爆ぜて、火花が飛んでしまったのかと思われます。
色柄のおかげで、穴は目立たないといえば目立たないんですけど、袖口だと気になるかな、やっぱり。姑もさぞ残念だったでしょうねーーー。
その着物は今でも、義妹が持ってますよ(笑)
んでもって何が言いたかったかというと、その染め紬が、姑の草木染めの小紋に雰囲気がちょびっと似てるような気がしたのです。染め紬を義妹に着せてみたくなって、いただいたんでした。
身丈は充分にありますが、裄は短い。この年代のかたは、特に普段着の裄を短くする気がします。イマドキの裄が長いのでしょうか。身丈身幅等はウチの義妹にいいサイズでした。
義妹に渡すまえに、自分でも試着してみました。






深緑色の正絹紬地に、型染め小紋。
流水と紅葉、梅や椿、笹や松など紅型染めにもあるような意匠の様々な柄。八掛はくすんだオレンジ系の色目。
同じような歳のかたの箪笥を見せていただく機会がありますけれども、こういう感じの小紋はよくありますね。昭和40年代とか、着物がまだ普通に着られた時代に、需要があったのかな?でも、染め下地が紬地だとちょっと珍しい気がします。わたくしは紬地のほうがいいのでおーく損でたまに検索かけるんだけど、小紋柄の染め紬はあまりヒットしませんわ。リサイクルに出る紬地の染めは、訪問着とか付け下げが多いんですよね。
こちらの着物は、そんな昔の仕立てではなさそうです。胴裏もシミなくキレイだったので、着るつもりでここ20年以内にご自分で仕立てたものらしく感じました。

洗い朱色紬地八寸名古屋帯。
青とか持ってくると違うと思われますが、敢えてノスタルジックな色合わせ(笑)
からし色麻の葉地紋綸子地帯揚げ。
焦げ茶×ピンク丸組み帯〆。




 



髪はお下げ。ざっくざくに着ててすみません(^^;)



 


自分ではいちど着て、満足しました。
義妹サイズだとわたくしにはやっぱりちょっと身幅が狭くてキツい(><)
このあと、ウチの義妹に渡しましたよ。
「もう箪笥が(いただきもので)いっぱいなのに。。。!」
といいつつ、着るつもりありで、嬉しいなあ。整理整頓するならお手伝いしますよ。
義妹にこういう着物が似合うのはもうわかってる。でもいつ着られるかなーー(笑)
早めにデビューしてくれるといいですね!


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html


スポンサーサイト



Comment

No title 

ほ~様がおっしゃりたいのは もしかして芹沢介かしら?
私の故郷にもちょっと所縁のある方ですわ

今回たまさんがお手伝いされた着物の里親探しの恩恵にあずかった一人として 絶対に箪笥の奥に眠らせたままにしないと誓いますわ!
上布は友人に信頼の置けそうな悉皆屋さんを紹介してもらったので 来シーズンには着用画像をお見せできるよう お直し資金を貯めております!
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2018.12/01 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗 再投稿すみません

ほ~様、もしかして池波志乃?(字も怪しい)
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.12/02 01:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさんにお似合いですよ!
ご友人とかつての戦友時代とは違う場所でまた展開される関係もご縁でしょうね! たまさんの活躍で着物を残した人も残された人も残った着物も円満。もちろん、着物が落ち着いた先の方にもまた楽しみがあって良い事をなされたと思います!
お疲れ様でした!
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2018.12/02 09:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)ウチの夫の親世帯入れると3件ですもんねーー。遺品整理はおとろしいですよね!でもかつての戦友に久しぶりに会えたのは本当に良かったですよ。
んで、誰のことかな???ごめんわかんなかった(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 13:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠(^^)正確には、亡くなってないから(爆)着物は着られなくなったけど、お元気だから、だからこそ整理が難しいですよね(苦笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 13:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さん(^^)私は、着物増やさないようにしてるから、増やしませんよ。増やしませんとも(爆)義妹サイズで良かったです。
ああそういう方々、本当に多いですよね。結婚するとき親に持たされたものなどは、勝手に処分しきれないんでしょうね。元は高価なものだという認識もあるだろうし。本当は、元がいくら高価なものでも、持ち主が欲しがらないものには何の価値もないのだけれども。宝石とは違うんですよねーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 13:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ココさま
utaさま
すのうさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 14:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)ちょっと個性が強かったから(そこが良かったんだけど)、てんてんさんに着ていただけて良かったです!どうもありがとうございます。
んで、ほ~さまが言いたかった名前って???
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 14:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さん、ちょっと待て!どうしてみなさん、あれだけで、ほ~さまが言いたい名前がわかるの!?(爆笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 14:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

aoi*****さま
和花さま
yud*****さま
mii*****さま
宮本祐樹さま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 14:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 三匹のははさま(^^)どうもありがとうございますーー。これからまだ当分は、残された着物どうしよう?みたいな話を聞くんでしょうねーー。生前整理って難しいですもんね。私も気をつけよう。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 14:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

す、すんまへん。
謎を残してしまいました。
てんてんさんが大正解です。
人間国宝であった芹沢けい介氏←けいの字が出てこない!)の事でした😅
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2018.12/02 15:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)ひゃああああ立派なヒトであった!人気があったでしょうねーー。きっと、ちょっと似たもの(んでリーズナブル)がいっぱい出た気がする(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/02 17:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗 三たび

さすが我が師匠てんてん様!たま様、私浅学にして、その方全然知らないです。しかし我ながらなんで中尾彬の嫁やねん?
でもってほ~さま!芹沢鴨ってのもどーかと思いますわ。全然違う方向ではありませんか。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.12/02 20:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

>もう箪笥が(いただきもので)いっぱいなのに
あぁこの悲痛な叫びが頭の中をこだましますわ~~
遺品整理はまだ経験ありませんが、義母(健在)のお着物(ほぼ使えん)を引き取った時、自分は元気なうちに何とかせな、と思ったことは忘れてませんわ
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2018.12/03 02:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま
どうもまことにすんまへん。
芹沢鴨って本当に何なんでしょうね。思い浮かんだ名前をそのまま書いちゃったもんで
でも、正解が分かってよかったです
亜雅紗さん、知らないとおっさるけど座布団とか風呂敷とか暖簾とか。絶対にどこかで目にしていると思います
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2018.12/03 12:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さん(^^)私も、何故ここに新撰組が!?と余計に迷宮に入っちゃったんですよね(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/04 14:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさん(^^)ウチの義妹が失礼申した(爆)
私の母親(健在)は自分で全部捨てましたねーー。クールっつーかなんつーか。枚数も少なかったんですけど。でも捨てるまえに娘になにか(それも着物を着る娘がいるのに)言うことなかったんか?(私は)いっぱい持ってるからもういいだろうと思ったんですって。ああそうかい。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/04 14:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)珍しくここが紛糾しましたね(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/04 14:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

jij*k*1114さまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.12/04 14:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR