FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

秋のお茶会でした@東京・護国寺

ごきげんよう




さてわたくしは10月の連休後、自宅の玄関先で階段からコケ落ちて怪我をした者でございます。
右脚の膝と左脚の膝から足首まで、流血の切り傷&打撲で、非常に情けないことになりました。もう悔やんでも悔やみ切れない(><)みなさまがたにも「骨折しなかったのがラッキー」と慰めていただきましたっけ。骨密度が高くて良かった!!!とはいえ、痛みでちょっとした動作も不自由で、ひたすら治るのを待っておりました。
けれども、身体の状態が自覚されるにつれて、わたくしにはある懸念が沸き起こった。
10月も半ば過ぎた日曜日に、大寄席の茶会が開催されるんだったのでございます。やけに顔の広い友人★の案内で、それに行くのは、既に8月には決定していたのでございます。
どーーーしよーーーーーー!?!?(><)
一緒に行くウチの義妹からは、
「10月のお出掛けはサローネと護国寺ね!華々しーーーい♡」
と楽しげに言われていたし、何を着ようかしら?との相談も受けておりました。
わたくしはとりあえず歩けることは歩けるのだし、義妹にぼっち参加をさせるのは忍びない。でもどう考えても、茶席で伊座って前に出るの、不可能みたいだけど。。。てかそもそも、茶室で正座するの、無理なんじゃね???
うううううーーーーーん(><)
今年は、護国寺で開催されるお茶会は、春にも行っております。あれは東京都主宰の、各流派がお席を出した大寄席のお茶会でしたっけ。だからもう年内は、無理して行かなくていいんじゃね?てな弱気な気持ちが湧いてきたのも事実でした。
喝!!!
弱気は駄目よね奥さん。
まあとにかく、会場までは行くざます。行って、実際にお茶席に入るのが無理そうだったら、義妹だけ茶室に入ってもらい、わたくしは外で待っていればよろし。この大寄席のお茶会ではお昼にお弁当が出るらしいので、お弁当食べに護国寺まで行くつもりでいいよねーーー。
などと内心ではココロを決めましたが、やはり揺れるココロでもありました。前日、試しに着物部屋(和室)で正座を試みたけれども撃沈。右膝はもうだいぶいいのです。流血の傷も治った。でも左脚の打撲は範囲が広い。痛くて、脚に体重をかけることができないのでした。
うううーーーーーーーん(><)
もう景気付けでいいのよ奥さん。いつも着ないような柔らかものの着物を着て、枯れ木も山の賑わいモードでいればいいのよ。とにかく現地に行けばいいのよ!!!












辰砂色(しんしゃいろ。日本の伝統色から)四季の花柄訪問着。
柄の部分は、金色の染料で糸目を描いて、花の部分は染料に膠だか(?染色はわかりませんわ失礼)加えてマットでゴムっぽい感じに仕上げた染めです。
昨年亡くなったわたくしの実妹の遺品。
実にわたくしらしくない色柄の訪問着です。わたくしが選んだら絶対こういうの買わないな(爆。わたくしと実妹は雰囲気も体型も全然違う姉妹でした)でも案外、大寄席のお茶会には相応しいかもよ~~景気付けにもいいかもよ~~と思ってチョイスしてみました。実妹の着物はほとんど着られたことがないので、陽の目を見せてからしまい込んでも可、という気持ちもありました。



 

扇面柄青銅箔の袋帯。
黄緑色の紋綸子地帯揚げ。
鉄納戸色高麗組み帯〆。


小物使いには自分の好みっつーか個性が出ちゃいますよね(^^;)実妹のために合わせていた袋帯や小物のセットだと、どうもわたくしには浮いちゃうというか、なんかそぐわない気がするのですわ。それぞれを別々に、違うものに合わせて使うならばまだいいんですけども。ふっしぎーー(笑)
なのでこの着物と合わせて購入したらしい袋帯や小物類は、わたくしがこの着物を着るときは使えません。和装における帯小物の占める影響力は大きいと思います。揺るがせにできないですねーー。
奥さんがたも、もし身内のかたの着物を譲り受けたら、それを着たいと思ったら、身内のかたの着ていたコーディネートは一旦リセットして、自分が着やすい組み合わせを見つけたらいいと思いますわ。いやマジで。



 



あれーー(^^;)後ろ姿がぐずぐずですまない(^^;)
お茶会なので、白襟白足袋。
着物の下のしつらえは、木綿さらし&身頃が木綿の二分式襦袢&すててこ。






ウチの義妹が撮りまくったわたくしの後ろ姿(爆)本当に後ろ姿のみでした(^^;)









真っ青な空。秋晴れの日。
日射しはありますがカラリとしていて、大汗かくこともなく過ごしやすかったです。
お茶会も盛況のようでした。
この日は日がいいのか、護国寺では法事やお葬式も行われていて、喪服を着た集団を乗せたカートを運転する法衣のお坊さんとすれ違う茶会に列席する華やかな着物のヒトたち、というシュールな光景があちこちで見られました。
さて懸案のお茶席ですが。。。
会場につくと、久しぶりに、本当に久しぶりにお会いするかたがたがあちらこちらにいらっさる。ふと気がついてチケットを見直すと、表千家東京支部某会主宰のお茶会だったのです(っつーか最初にチケットをよく見ろ)あっちのお茶席もこっちのお茶席も、全部表千家。なーーーるほど、ホーム、とまでは言い切れなくても、少なくともアウェイ感はありません。着物の胸に挟んだ懐紙と共に、みな同じ色の袱紗は、同じ門弟の証です。
ちょっと迷惑かけるかもよ~~?とは思ったのですが、辛抱たまらなくなって(苦笑)脚を怪我してること、正座が不自由であることを伝えて、茶室の角っこに入れてもらいました。
わたくしは念のために、この着物にはあまり相応しくないのを承知で、無印良品の利休型ナイロンバッグで行ったのです。バッグの中にお財布やらiPadやらのほか、行き帰りの電車で羽織るものを詰め込めて、いざというときお尻の下に敷けると思ったのでした。
事実、これはとても役に立ちました。大きさと厚みが左脚をかばって座るのにちょうどいい感じ。固くないのもラクです。茶室の角っこ、少し後ろに下がって、バッグを正座椅子の代わりに使い、体重は右足だけにかけて無事、お茶席を全うできました。菓子器が回ってきても隣のウチの義妹が取り分けてくれて、お茶椀が出されても、わたくしはお辞儀するだけで(苦笑)両隣のかたがたがお茶碗をわたくしの膝前まで引いてくださいます。
っつーか、本当に申し訳ない!!!なんて迷惑な客でしょうか。
お正客(しょうきゃく)と亭主のやりとりをぼんやり聞きつつ、秋らしい菊の和菓子(とらや!!!美味しい!!!)をいただいて、お薄をいただいたら、もうおしまいです。さあちょこっとだけお道具を拝見させてもらってから退席しよう。。。と思ったら、立てない!!!茶席には何も、支えになるようなものがないので、左足に体重をかけにくく身のこなしが若干不自由なわたくしは、ひとりで立ち上がることができないのでした。
でえええええええっっっっ(><)
実はこのときが最も、血の気が引いた瞬間(爆)
またしてもこのしょうもない迷惑な客は、両隣(片方はウチの義妹)にご迷惑かけまくって、腕をささえてもらってようやっと立ち上がれたのでした。もう礼を尽くしてお道具の拝見などできる身分ではござらん(><)回りの迷惑にならないように、早々に退席するのみです。ここまでは考えてなかった。まさか最後の最後にひとりで立てないなんて。
茶人というのはココロも身体も元気で健康でないと務まらないものでございます。奥さんはよくよくご注意くださいませ。
わたくしはこんな身体なのに、もう1席にも入ってしまいました。そちらは栗・栗・栗♡
その社中の大先生らしい男性(ちょーおしゃべり。ずっとしゃべってる。お道具自慢が楽しそう。笑)のお席でも、角っこに寄せてもらい、両隣(片側は義妹)に迷惑かけっぱなしでお茶もお菓子も美味しくちょうだいできました。ありがたやありがたや。もちろんひとりで立ち上がれなくて、支えてもらってようやっと立てた。なんつう迷惑な客でありましょうか。
お席のテンポも回転もよかったらしくて、知人のかたがたは4席入ったり5席入ったりと、お茶席を満喫なさったようです。
わたくしと義妹は2席&お昼のお弁当で充分堪能できました。
とても楽しい1日でした。
他所さまの着物姿もとりどりで、とっても眼福でした。
無理して行って、本当に良かったと思いました。
迷惑かけたけど!!!


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html




サローネであすか師匠の髪型を拝見してから(お帽子を被ったあの。ウチの義妹がとても気に入ってたあれ。笑)、ヒントにして結ってみた髪型です。
上下にブロッキングしてひっつめ三つ編みを2本編んだものを、ぐるぐる結んでます。三つ編みの最後はピンで留めて、黒いシュシュを巻きました。
うーーーん、この説明ではわからないだろうなあ(^^;)
わたくしは髪が少ないんですが、この方法だとちょっと量があるヒトに見えて嬉しい!!!
師匠、ありがとう!














スポンサーサイト



Comment

No title 

華やかで素敵〜( *´艸`)♪
好きなんですよねぇ訪問着とか留め袖とか。←柄が大きめで落ち着くw
お脚、後々響きますよね。お大事になさって下さいませ。
  • posted by U-カリン 
  • URL 
  • 2018.10/25 16:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)私は結構得意だったんですよ正座。だから茶室で妙に嵩高くて身動き取れないのがかなりショックでしたわ(^^;)男性のお客さまであぐらになさるかた、時々いらっさいますわ。歴史的に正しいのだなあ(笑)女性はこういう着物だし、足を崩すの無理ですよねーー(^^;)
ホントにいつ治るんだろう?
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ocarinさま
すのうさま
utaさま
ざくろさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠(^^)師匠の髪を見たときウチの義妹が、「あら師匠ったらあんなに髪が多かったっけ???それともよほど長いの?」と不審がるので、気になっていたのです。ウチの義妹の着眼点ってときに不思議(^^;)でも真似てみるとそんなに髪が多くなくてもそれなりにボリュームが出るもんだったんですね!三つ編みを結んだのが勝因だな。
ふふ、ハロウィンはバリバリ私らしいですよ(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> さのっちさん(^^)やっぱり画像だけじゃなくてたまにナマで見るの大事ですね。師匠の髪型に喰い付いたウチの義妹、いい仕事した(笑)
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

東野朱乃さま(^^)いつもの自分らしくなくて、ちょっとテレます(^^;)どうもありがとうございますーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(^^)狭い茶室の中、何とか自分の居場所を確保してお茶を飲み終えたと思ったら、立てないんだもん(^^;)回りがお優しいかたがたばかりで良かったです。もっとトシいったら誰憚る事無く自由に振る舞えると思うんですけどね(苦笑)
たまにはフォーマルするもんですねーー。みなさまが過分に褒めてくださる(爆)照れくさいです(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> かしわさま(^^)ホントにホントにもう少しです。この少しが中々やっかいで、ホントはお茶会のときは治ってると確信してたんですけどねーー。トシとってからの怪我は甘く見たらいけませんな(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

mii*****さま
yud*****さま
茶太&さくら&げんきママさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 三匹のははさま(^^)他に現地で撮った写真がなかったのです。いつの間に撮られていたのか気がつきませんでした(^^;)ちょっと細く見えて(当社比)嬉しいです(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんこんばんは(^^)たまの正装(爆)いいシャレですわ(笑)もし他所の流派も混じったお茶会だったら、遠慮して茶室には入れなかったと思います。表千家のヘンな客と言われたら他のかたがたに申し訳ないですしねーー(^^;)今回はみなさんお優しいから甘えてしまいました。
髪は毛染めのリタッチの関係で、長さは常に一定にしてます。今までは付け毛が必要でしたが、三つ編み2本を結ぶと結構ボリュームが出るというのがわかりました。手間もあまりかからないし、これからしばらくこの方法を極めたいと思います。
若いときから薄毛だから自分ではまだ実感ないです。今後の参考にしますわ。是非ご報告ください(^^)
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

なな吉さま(^^)ウチの義妹はあすか師匠の姿も後ろばかりだったし(爆)シャッターチャンスがよくわからないです(苦笑)でもいい写真になったみたいで、嬉しいです。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> U-カリンさん(^^)アンティークだとこの手の柄付けは「お散歩着」ですよね。いいなあお散歩着。いいとこの奥さまみたいで(笑)
怪我してもすぐに治るもんでもないんですねーー。加齢ってやつ?(泣)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

jij*k*1114さま
aoi*****さま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/26 17:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

この姿だったらあの優し気着物よりも誰だかわかってもらえないんでしょうかね?
そうはいってもこういう姿でもやっぱりたまさんテイストはしっかりあるから顔を知らない人でもハッと気づくこともあるかもしれませんね。
時々想像するんです。
全くの偶然にたまさまが居るところに私が居合わせたとしたら私はきっと気が付く!見逃さないはず。って
ってか、痛い膝を抱えての正座はさぞかしつらかったことでしょう。
でもありだと思います!日本人は遠慮が過ぎる。両隣の人に助けてもらうくらい助ける方はどうとも思いません。甘えましょう!ってか痛いのが大変なんですよね早くよくなりますように~
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2018.10/28 20:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

綺麗!若奥様にしか見えません。やはり柔らか物と袋帯はとても艶やかに見えます。髪型もいい~。まねしたいです。
お茶会に行かれて良かったですね~。私なんて正座が不可能なので(苦手)怪我してなくても迷惑をかけそう~。
妹様が天国で喜んでいらっしゃった事でしょう。
もう少しで完治するはず!でも気をつけて下さいよ
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2018.10/29 13:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)自分で選んだ訪問着ならまだしも、実妹のものだったから、どうでしょう?(笑)自分でもこれ、自分の雰囲気じゃないなーーと思ってます。でもこうして着られるのだから、着物ってスゴいですよねーー。コスプレしてるみたいな新鮮な気分ですしね(笑)
いつもの私の姿だったら。。。きっとほ~さまなら気がついてくれると思いますよ!
お茶会から1週間経ちますがまだ正座できませーーん(><)もう黄色も消えてきたんですけど!いつ治るのこれ…
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/29 22:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま(^^)わあどうもありがとうございます(^^;)雰囲気じゃないような照れくさいような気分ですが、やっぱり正装の喜びってのはありますね!しっとり重い絹は気持ちいいですし、ちゃんとすると背筋もココロも伸びる感じがします。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/29 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

護国寺で久しぶりにお会い出来て!お着物素敵でしたお天気も良くてお茶会日和でしたね
脚はその後どうですか?お大事にして下さい。
  • posted by りえまる 
  • URL 
  • 2018.10/30 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> りえまるさん(^^)コメントありがとうございます久しぶりに会えてホントに良かったーーー。トシ取ると怪我の治りが遅くて困ります。まだ正座できない
また会いましょう。是非近いうちに
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/31 11:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR