FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

雨の日の普段着物。濡れても気にならないのがポイント。

ごきげんよう




タイトルそのまんまですよ奥さん。
この夏の酷暑からは、長引く残暑キビシい残暑の未来しか、考えつかなかったですけれども。
まさかこんなに早く、涼しくなるなんて。
20℃前後の気温ですよ、首都圏西部ったら。
生憎の雨模様ではありますけれどもね!!!(←ヤケクソ)
こんなお天気のとき、出掛ける用事があるのでございます。
雨だけど、気温的には、今の時期に着なくてどうする?ってな、正絹の単衣を引っ張りだすことにしました。雨だけど(くどい)、濡れても平気な単衣を着るのに、いい気温なのですわ(くどい。笑)





正絹の平織り単衣紬。
毎年必ず袖を通すお馴染みの着物。リサイクルで買った袷着物で、袷として2・3年楽しんだあと、自分で適当に単衣に直してしまったブツでございます。何しろ胴裏が末期色(真っ黄色のほ~さま変換。秀逸な表現)だったし、失敗しても笑って許せると思えたので、自分で胴裏と八掛をはいで、こつこつとくけ縫いして(くけ縫いだって自己流よ奥さん)袖口と振りの部分にだけ100均の手ぬぐいを縫い付けて単衣にしたのでした。
あまり参考にはならないけど、袷から単衣にした過去記事を貼っときますね(
こちら)そもそも手順がきちんと書かれてない(^^;)画像も飛び飛び(^^;)まあしょうがないです。そのときのわたくし自身が、ヒトサマに説明できるような理解度じゃなかったからね(^^;)今でも、わかり易く解説できるか疑問(爆)
お裁縫苦手でも何とかなったのは、針目が見えにくい色や生地だったおかげ、と断言できます。紬ならば比較的やり易いのではないでしょうか。端の始末が実際にどうなっているかは、お手持ちの単衣を見ればよろしいかと。まあでも、自分ではこういうことは、もう二度とやらないと思う。何年経ってもそう思う。1回やってみれば充分(苦笑)
元々雨に強い平織りの紬なので、お洗濯も自宅でしております。なので単衣の時期の、汚れを気にしない、かつ、着やすい正絹の普段着物として、とっても便利に愛用しております。柄は、最近になってよくよく見れば、もしかして青い撫子&ワレモコウかしら???と、見えないこともないので(ホントは違うと思うけど)、秋単衣らしいと悦に入るのでした。


薄黄色地×赤の博多献上帯。
ポリエステル。
山吹色綸子地帯揚げ。
秋だから、キバナコスモス色のほうがええか?
まあそんな感じの色。
江戸紫色冠組み帯〆。

夏の、絽の帯揚げやレース組みの帯〆、絽の半襟等はお片づけしました。季節が変わったと実感する瞬間。





 



着物の下のしつらえは、木綿さらし&木綿筒袖半襦袢&ポリ裾よけ。
グレイ地に白水玉柄のたびっくす。
何が着づらかったのか?背中心もお太鼓も曲がっちゃった(笑)そのままGOですよ。
只今、室内での全身撮影場所がイマイチピンと来なくて、彷徨っております。外のお天気や画像を撮る時間に依って、もう少し色目が出るところがあるんじゃないかと気になってしまい(^^;)でもウチは狭いので、余計なものが写り込まない適度な空間と壁、三脚を立てる位置関係が難しいですわ。照明位置とか(^^;)晴れた日なら、外で撮ったほうがええやろか。でもそしたら毎回三脚をセットせなならん。それも面倒だよなーーー等々、気持ち千々乱れるのでした。



 



黄色地にパンダ柄100均手ぬぐい半襟。

しやくそ(@菱沼聖子)に書類を取りに行きました。
急ぎだったので、お天気が悪くても引き延ばせなかった。
しやくそ行くのに着物に着替えることができて、本来のわたくしの衣生活が戻って来たと、本当に夏が終わったと、しみじみするのでした。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html





スポンサーサイト



Comment

No title 

寒いですね(ToT)
今期一番の冷え込みだとTVが言ってました。10月下旬の気温だとか。
もう、袷でも良い気がする。
雨は上がりそうですが、週末に又雨続きらしいです。
...正絹着れないじゃん(´-ω-`)トホホ
  • posted by U-カリン 
  • URL 
  • 2018.09/27 13:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

関東はすごく寒いようですね
こちら九州は、まだ半袖で大丈夫です(🌃はさすがに{{yc105}}が来ても🆗✌)
雨でもしやくそ(@菱沼女史)へのお出かけに愛着ある正絹単をお召しになられ素敵です 👀📷✨のアップに、ちょっとウキウキな感じが…。
コメントの最後にバッテンが付くのはなぜでしょう
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2018.09/27 18:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗

ああ、秋ですわ、たま様!一句詠みたくなるお姿。秋の着物をまとった憧れの君に捧げてみたい。でも俳句も和歌も詠めない。私が唯一詠んだ和歌は知人に貰った10キロの米を送ると言ったきり何もくれない弟にメールで送った「米くるると 君が言葉を信じ居て 空(虚)しうなりぬ 匱も心も」だけ。すぐにお米送られてきました。達人から見たら和歌になっとりませんが弟は怨みがましくて怖かったそうです。

昔から寒がりでしたが、今日びのワタクシは暑がりでもある。つまり適温範囲が狭い!よって今風邪ひいてます。でも先日は寒いと聞いてちょっと暖かい格好して出たら汗だく。これが正絹の袷だったら泣いちゃうってか、単衣の正絹一枚しかないけど(ヤフオクで落札した平織り??の紬なので洗う気満々)だからわが師匠てんてん様から孔雀柄着物を頂いて「それポリよ」と言われた時はホッとして骨盤が緩んだ。てんてん様からもU-カリン様からも「なんじゃー?その表現」と顰蹙買いましたがそれくらい着物濡らすの怖いです。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.09/27 20:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さんの米の和歌のコメに大爆笑しましたわ
どんな過酷な年貢の取り立てよりある意味コワい(笑)

6月にしろ9月にしろ 単衣の時期って雨が多いから 雨対策は避けて通れないですわよねえ
出先で突然雨に降られるってことも高確率であるので 着たい物はたくさんあるのにどうしてもポリか 濡れてもイイものばっかりヘビロテになります‥
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2018.09/28 11:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> U-カリンさん(^^)9月最後の週末は台風らしいですもんねーー。正絹着づらい(^^;)もう諦めて10月に着るもの考えますわ。袷の時期が長い分にはいいんだいいんだ。←と自分を慰める。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/28 14:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 三匹のははさま(^^)コメント最後のバッテンは、コメント入れた本人とブログ主がそのコメントを削除するのに使うのですわ。全公開したらちょっと不味い内容じゃね?(個人情報入り)的なときや、書き間違えちゃった!的なときとか。気にしないで大丈夫(^^)v
まだ半袖ーーー。ニッポンは東西にも南北にも細く長いなーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/28 14:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

utaさま
keitaさま
すのうさま
yud*****さま
mii*****さま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/28 14:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(爆笑)コメ(爆笑)何げに与謝野晶子くせえ(爆)
先日あすかさんも、「ころもほすてふ天の香具山」のパロディやってらしたけど(苦笑)なんですか、今、短歌がキテるんですか!?
ああ私もいい返歌ができるといいんだけど!!!
平織りの紬なら、土砂降りだとキビシいかもしれませんが、雨に濡れてもほぼ大丈夫ですよ。骨盤緩めなくていいから(あれ?骨盤引き締めなくてもいいから?)ってか骨盤を引き締めたり緩めたりすると、お腹の贅肉が取れますよね(^^)/
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/28 14:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)亜雅沙さんの短歌、怖いですよね(爆笑)言いたいことを短歌に託すって、風流だなあ(笑)
私ももし持ってる単衣着たい単衣が水染みなどが目立つような柔らかものばかりだったら、雨の季節はさぞかし困るだろうと、思うんですよ。着物着るの億劫になる気持ち、何となくわかる。今の私の着物はほぼ、濡れても雨染みつけても気にならないものばかりだから呑気にしてられるのだなあ。
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/28 14:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私もここで一句。
な~んて出来たら楽しいけど無理っすわ。そんな才能ありまへん。
日曜日に着ようとなんとはなしに頭の中で組んでいたコーディネートが天気のせいで実現しそうにないので木綿着物にアイロンをかけることになりそうです。
濡れてもいい大島とか。単衣で欲しいなあ。
胴裏が末期色の大島の裏を剥がそうかなあ…そのままとちゅうで放置プレイしそうだなあ。とか悩ましい。雨はアンニュイですわ。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2018.09/28 20:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

こんばんは。「末期色」に笑いました。言い得て妙ですね。私も素敵な大島を同じ理由で胴抜きにしましたが針仕事が下手な為、後ろがつれている感じに。裾上げテープで貼ったほうがきれいだったような気がします。
  • posted by tai***** 
  • URL 
  • 2018.09/29 00:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)今年の台風は大きいのがドカンと来ますねえ。電車も止まってたし、もう家から出るなっつーことですね。私もシワになった着物にアイロン掛けて過ごしました。
お裁縫はある程度まとまった時間がないとやる気が持続しないですよね。私、これ以外に、裏をはいで端の始末が途中のままの単衣紬があるんです。仕上げる気力もないし、もう必要なくなっちゃった。もう駄目だな。解いて素材にしよう(><)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/01 13:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> tai*****さまこんにちは(^^)私も今やるとしたら、裾のくけ縫いなどしないで、裁縫上手で三つ折り貼り付けしそうですわ。もう着れりゃいいのよレベル(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.10/01 13:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR