FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

『目が死んでる猫』(@あすか師匠)のセオαで問屋さんに行ったった

ごきげんよう






ここのところ、晴れたり曇ったり突然雨が降ったりの、微妙なお天気の日ばかりの首都圏なのでございます。涼しい気がして油断するといやに汗ばんだりもする。
着るもの泣かせですわ。
雰囲気はもうずいぶん秋らしくなっているのに、それこそホントに秋単衣を着ると、めっちゃ暑いし(わたくしは特に暑がり汗かき。泣)とはいえ夏の薄もの(紗とか絽とか縮みとか)には、すっかり飽きてるんですよね。暑い暑い夏の間、そんなに飽きるほどたくさん着たかと自問自答すると、実は暑過ぎてまったく着てなかったりするんですが!!!なのに、何故?
5月ころから眺め続けて、目が飽きちゃってるんですよ奥さん!!!難儀やのう。
体感的には、今の時期に夏の薄ものを着るとちょうど良かったりして(苦笑)ああもう何年も着ていない絽小紋を着たらよかろうよ自分。。。仕方がない、来年の宿題にしよう。
とか何とか言って、わたくしが例年、9月に入ると、イッキにやる気がなくなってしまうのは、やっぱり着ることがあまり楽しくなくなるせいかも。。。などと思うのでありました。
ああお願い、早く、寒くなってーーーー。


んでタイトル通り、先週末、東京日本橋馬喰町の着物問屋さんに行ったったときの着物です。






黒地に『目が死んでる猫』柄セオα。
あすか師匠がそう呼ぶので、もうそういうことにしましたわ(笑)目が死んでると言われれば確かに死んでるかもしれず、イキイキしてないのは、これはもう仕方ないのでございます。
ホントは京都の老舗『岡重』が復刻した、アンティークの猫柄なんですよ奥さん。
師匠は、よほど強烈に感じたのか、会うなりイキナリ、
「目が死んでる」
と言い、その後もことあるごとに、
「目が死んでる」
と、いっしょに居る間中、繰り返した(爆)明治の職人に言ったれよ(爆)
これ描いた職人さんは、猫飼ってなかったのか、ここんちの猫は無表情な奴だったのかも知れず、わたくしなんぞは、「フレーメン中の猫かも」と好意的(何処が?)に解釈しているのでございます。(ご存知と思うけれども一応注;フレーメン反応とは;馬、猫、牛、羊、象、蝙蝠などのほ乳類にみられる、臭いに反応する生理現象。猫は、臭い匂いを嗅ぐと、口を半開きにして目がうつろになる)
生成り色地に赤緑黄色の幾何学柄正絹絽の九寸名古屋帯。
前回、非常に結びにくかったので、リベンジしました。2回続けると、ちょっとはマシになる(笑)
薄黄色正絹絽地に飛び絞り帯揚げ。
がっつりアイロン掛けてシワを伸ばして、これを最後にそろそろお片づけです。
からし色帯〆。
黒猫の帯留め。
ふりふ。



 



グレイ地に白水玉柄のたびっくす。
着物の下のしつらえは、木綿さらし&木綿柳楊の筒袖半襦袢&木綿すててこ。
クルマ移動なのをいいことに、すててこに至っては黒地に水玉柄ですわ(笑)大丈夫、多分誰にもわからなかった(はず)



 


水色×黄色の幾何学柄100均手ぬぐい半襟。
7月に半襦袢に縫い付けてハンガーに掛けておき、でも結果的には、この半襦袢を8月には着なかったのでした。秋になれば他に使いたい半襟があるので、こちらの夏っぽいのはもう早いとこ洗って片付けたかったのでございます。使わないまま外して片付けるのは、抵抗があるんでした。難儀やのう。


さて、何ヶ月ぶりかの着物問屋さんでは、またまた何かのキャンペーン期間中でして、普段ならばいないマネキンさんがいらした。たまに、良さげな訪問着やもっとたまに振袖など、着せてもらってるお客さんに出会うこともありますけれども。。。問屋さんからは毎月案内が来るのだけれども、そんなに他所さまは、新しい着物を買うのだろうか???着物って、売れてるの???謎なのです。っつーか、自分が買わないからって、わたくしがそれ言っちゃいけないよね(爆)


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html



ウチの義妹と同じ画角で画像を撮ってみたのです。
夕方でもしっかり明るさがあるので、着物の細部がわかりやすい。室内よりも良さそうだと思いました。
自宅を出てから半日以上経っているので、顔も着姿も、若干ヨレヨレ(苦笑)どうぞご容赦を。


スポンサーサイト



Comment

No title 

見れば見るほど目が死んでると思う…岡重ってば犬柄も出してますが、犬の方が生気があるんですよねえ。
この猫描いた人、猫に思い入れがなかったんだろうか。
菱田春草を見習え(笑)
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2018.09/19 21:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗 いつもすみません

そうですか、大西良慶貫主は私が大学在学中、清水寺参詣をタダにしてくださってた慈悲深いお方です(お偉いのそれだけじゃないけど物凄くそれが印象に残ってる)。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.09/19 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

死んでるのにある意味すんごい目力(笑)
この猫様は私にゲルニカを彷彿とさせますわ
んでついプリントオーダーでゲルニカの生地を‥(;^_^A
昭和な帯の効き具合が程よい塩梅で素敵ですわ~😍
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2018.09/19 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

こんばんは😃🌃
目が死んでる…と言われたらそうかも、と何度も(🔍したり)見直しました。
我が家の黒猫確かに暗いと真ん丸目です。
気になるのは目と鼻筋…なんか熊っぽいと思うのは私だけ?

でも、素敵セオαです。(=^ェ^=)が影絵の中で毬遊びしているようです。
帯は昭和っておっさいますが、優しさ感じさせます(児玉さんなら優しげ?)
  • posted by 三匹のはは 
  • URL 
  • 2018.09/19 22:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんばんは
この、目が死んでる猫の顔が衿元にある、ってのがすごいっていつも思って拝見してます。そこにあってのインパクト、大きくないですか?仕立てた人のセンスなのかな?。でも色の具合か全体像は死んだ目のイメージはなく(笑)、猫と鞠ですわ。帯の色目も柄なりもいいですね、何にでも合いそう
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2018.09/20 00:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

そうなんですよねー、飽きるんですわ。夏物に。
だって、考えてみればGWの頃から浴衣を着てるんですもん…もう4~5ヶ月? そりゃあ飽きますわな。
なので、涼しくなって単衣が着られるようになるとワクワクします。あと1~2週間かなぁ…。
ほ~さま、私も激しく同意です。訪問着なんて、着る機会がない!
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2018.09/20 06:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

て、てんてんさんたらゲルニカ!?ゲルニカの帯!?ハロウィンにでもお使いになるの!?
…もうてんてんさんは『世界の名画帯マスター』とお呼びしよう…
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2018.09/20 08:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすかさん

ええ ここはルーブル美術館かっ!?てえくらい名画シリーズの帯が増えていって‥(;^_^A
そのうち岡本太郎も背負いたいと思っている私です(笑)

たまさん 失礼しました~😆
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2018.09/20 11:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 芹香さま(^^)冬から(爆)そりゃ早過ぎ(爆)
そうなんですよ、目が飽きる。ちょっとでも新鮮なものを導入したいです。経済的にも空間的にも、毎年新しくできないのはしょうがないですが(^^;)
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> U-カリンさん(^^)でしょーーー?お気に入りでもそうなんですから、業が深いかもしんない(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)訪問着や付け下げしか着ない…ってことは、それだけ着物を着る機会も少ないってことですよねーー。特別な衣装ってことなんだろうなあ。まあでも普通はそうかも。
ただ、特別なときだけ着るとなったら、それこそ枚数要らないじゃない?普段に着るヒトたちこそ、目が飽きるから(爆)あれこれ新しく欲しくなるんだもの。たとえ高価じゃなくてもねーー。呉服屋さんは自分たちの首を締めるような商売をしてると思いますよ。
9月に絽、いいですねーー。私も来年は着てみよう。頑張って。忘れなければ(苦笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(^^)やっぱり9月は、それまでの暑さで体力も奪われてるし、雨も多いし、とてもじゃないけどおされする意欲が出ませんわーー。秋の意匠の着物や帯って多いし、好きだけど、イマドキの気候では安心して楽しめない。っつーか、庭で紫木蓮!?露草くらいならわかる。けど、紫木蓮!?すごくない?
大阪の暑さは相当なものですねーー。私、以前読んだ小説思い出しましたわ。古代、大陸から高度な文化を持って移住してきた人間たちが、まずどういうところに住み着くか、それは故郷に気候が似たところだろう、と言うんですよ。そして降水量や平均気温の等高線を重ね合わせるの。大阪付近は、その辺りの中でも特に気温と降水量が高いの。地球が寒くなりかけの時代はさぞ住みやすかったでしょうね。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

keitaさま
すのうさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠(^^)師匠にそう言われるまで、変な顔とは思ってましたが、目が死んでるとは思いませんでしたわ(爆)岡重は、犬のほうが好きなんだな、きっと!岡重は、象の柄のオリエンタルなバッグも出してますが、象のほうがもっと好きなんだと思う(苦笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)ゲルニカ帯!?それ素敵ーーー\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/作ったら様子を見せてください!!!私も欲しいかもーーー\(≧▽≦)/
。。。っつーか、ゲルニカに喰い付いてしまった。あすか師匠すら。『世界の名画帯マスター』納得!!!
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 三匹のははさまこんにちは(^^)ああわかりますクマの縫いぐるみっぽいの。だから死んでるのかしら?そもそも猫の鼻筋はこんなに太くないし長くもない。デッサンが狂ってる感じが微妙なんですわ(笑)
ああそろそろこだまさんの優しげ(爆)な、木綿着物を出さなくてはーー(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんこんにちは(^^)このセオα、色違いで水色地に黒猫柄もあったんですよ。そっちも買っとけば良かったなあ。いずれにしろ猫の目は死んでるんだけど。襟元に顔が来たのはたまたまだと思いますわ。プレタの仕立てにそんなに気を使ってるとは思えないし(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

utaさま
yud*****さま
mii*****さま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生(^^)だから浴衣って毎年新しいの買うのが理にかなってるんでしょうかね?って、違うか(苦笑)ああでも先生も着るものに飽きるんですね?安心したよーー(爆)
訪問着しか着ないというヒトは、着物は特別なおされ着なんでしょうから。。。そもそもジャンルが違うよね(笑)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.09/23 13:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR