FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

札幌最終日、パンダを背負って帰る。

ごきげんよう



台風が近づいてるんですねーーー@首都圏西部。
この夏、台風が多い印象ありませんか奥さん。
来るもんは避けようがないんだけど、さっさと通り過ぎて欲しいですわ。台風の持つエネルギーって凄まじく大きいそうじゃありませんか。電力を取り出したりできるといいよねえ。

さてようやっと7月末の、札幌行き、最終日に着た着物。





ターコイズブルーの地に幾何学柄速乾性浴衣。キ・ス・ミ・ス。
くすみピンク地にパンダ柄100均手ぬぐい付け帯。
帰りはお土産(北菓楼のおかき一択)でスーツケースも手荷物もいっぱいいっぱいの予定だったので、案外場所を取る名古屋帯の付け帯は身に付けて帰りたかったのでした。パンダがそれなりに似合って、行きには畳んでも小さくなる夏着物、特に誰に会う訳でもないただ自宅に帰るだけなので、若干気が抜けててもいい。。。そういう観点で選んだ速乾性浴衣でございます。これ、2年前の札幌のときも、帰りに着てたみたい(笑)そういう位置づけの着物なのだな(笑)
んでもってこの帯は、空港のセキュリティーでひっかかった!(そのときの経緯は
こちら
薄黄色の正絹絽に飛び絞りの帯揚げ。
からし色×黒の帯〆。

着物の柄の色から引いた色目を濃淡にして、帯回りに散らします。



 



半襟画像撮るの忘れた(^^;)
水色×黄色の幾何学柄100均手ぬぐい半襟。
着物の下のしつらえは、木綿さらし&筒袖半襦袢(半襟が縫い付けてある)&木綿柳楊すててこ。
足袋はこの日で使い捨てるつもりの古くなった白足袋。本当は別の日に履いて捨てて来るつもりが最終日になってしまった(苦笑)
ちなみにわたくしは旅先に捨てる寸前のような靴下やら下着やらを持って行き、使い捨てて帰って来ることが多々ございました。特に15年くらいまえまで毎年海外に行ってたときは、お洋服すら捨てて来ました。もちろん捨てる服だからといってあまりにボロボロだと写真に残せませんので、それなりにコーディネートしたものを持って行ったのでございます。カジュアルで組み合わせがしやすくて、だけどもうそろそろ傷みが出てお役御免かな?てな服は、直ぐに捨てずに海外旅行用にとっといたくらいです。そうして着捨てて着捨てて、帰国するころにはスーツケースの中はほぼからっぽでした。
こういうの割と普通のことだと思っていたら、先日とある人気ある美容系YouTuber(やっぱり旅先で着るもの捨てて来る系)の動画コメント欄が荒れててビックリした。捨てて来るなんてなんてこと!というヒトと荷物を少なくするのに当たり前じゃないの?というヒトと、本当に様々な考えが書かれて紛糾していたのでございます。
まあ15年以上まえは今ほどゴミ問題もうるさくなかったんだけど、まあ確かに、ホテルのゴミ箱に溢れるほど(今でいう)資源ゴミを捨てるのは、あまり美しい姿じゃなかったですね。主に捨てたのはフランスやイギリスのホテルではあったのですが。。。どうもすみません。
そうして時は流れて、現在はお洋服そのものが手元になくなりました。今なら海外旅行も全日程を着物で過ごすはずなので、着るものを出先で捨てて来ることはないでしょう。たった1週間2週間のために新しくお洋服を買うのももったいないですしね(笑)ポリエステルや木綿ものはちまちまお洗濯しながら(ホテルの部屋は乾燥してるのですぐに乾く)旅をすると思います。
ああそういえば。。。思い出した!
この話は以前も書いたんですけど、記事を探してリンクするのが面倒なのでざっくり書きますわ。
既にお読みになったかたには申し訳ないっっっ
わたくしはそのように、着るものを捨てながら旅行していたので、もし何らかのトラブルがあると突然下着にすら困ることになります。
あれは最期にフランスに行ったときだったか。
わたくしは当時、ヨーロッパに行くときに乗る長距離便は、ブリティッシュエアウェイズ(英国航空)がお気に入りだったのです。成田からはちょっと時間はかかるのですけれども、ロンドンヒースローを拠点にするのが安心できたのですわ。何かあったときの言葉の安心感とか(アタシはラテン語系言語がちょー苦手、っつーかわからん)ヒースロー空港にも慣れていた。なのでそのときも、フランスに行くのにロンドン経由だったんでした。ブリティッシュエアウェイズでロンドンまで行き、そこからEU圏内近距離便に乗り換える。帰りもそう。
そしてトラブルは持ち上がりました。
パリのシャルルドゴール空港で出国審査を終えて飛行機を待っていると、どんどこどんどこ黒い雲が近づいて来た。それは一緒にいた友人★に依ると、朝のお天気ニュースで(天気予報は目で見て判断できるから、友人★の大好きな番組)何やら大きな嵐が、ポルトガルの向うの海のほうからやって来るらしかったのです。
そうしてやがて空が真っ暗になって、「台風直撃!?」っつーくらいの暴風雨が始まりました。
シャルルドゴール空港は、すべての飛行機が欠航になりました。誰も彼もが、若干慌てつつ、空港カウンターに並びます。ああわたくしは初めてだけど、これがニュースとかで聞く欠航。。。とぼんやり思っていた。っつーかどうなるのかしら?ロンドンで成田行きに乗り換えだよ???
嵐は、とても強かったのですけれども、持続性がないのか足が早過ぎるのか、不思議なことに2時間ほどで去って行きました。あとには先ほどの混乱が嘘のような、穏やかな空。
割と早めにカウンターに並べて手続きができたおかげで、再開されて最初に飛ぶロンドン行きに上手く潜り込むことができました。ビジネスクラスです!やったーーー。
でもわたくしたちのラッキーはここまででした。
ロンドンヒースローでの乗り換えで、地上作業のオジサンたちに、「GO!GO!」とエールを貰いながら、近距離便ターミナルから長距離便ターミナルまで息を切らして走ったけれども、やはり、間に合わなかったのでございます。目の前で搭乗口が閉じられる現実。
もうその日は成田行きの便はありません。ヒースローからアメリカに向かうとか、お仕事でどうしても何とかしなくてはならないヒトたちは、空港カウンターであれこれ真剣に協議をしてましたけれども、東京に帰るだけのお気楽なわたくしたちは、もう何もかも航空会社にお任せです。会社は1日2日余計に休んでもこの場合は文句を言われません。わたくしは当時飛行機関係の出版社でアルバイト中だったので、こんなこともネタとして喜ばれたのでございます(友人★は無職だった。ただハローワークに行く予定があって、予約キャンセルが必要で、仕方なくホテルの部屋からニッポンのハローワークまで国際電話する羽目になった。「何故来られないんです?」という係のヒトに「今ロンドンなんですーー」という★。冗談でごまかされたと思ったかお怒りモードの係員でした)
そうしてわたくしと友人★は、ブリティッシュエアウェイズの提供でヒースロー空港近くの立派なホテルに、着の身着のままで送られました。もう下着1枚靴下一足もありません。お金もない(爆)先に食事券(航空会社支給20ポンドまで)を使って高そうなレストランで晩ご飯を食べてから部屋に籠り、シャワーを浴びるときお洗濯してホテル備え付けのバスローブでひと晩過ごしたのでした(苦笑)ホテルの部屋は本当に乾燥してますよね。寝るまえにはほぼ乾いてしまい、翌日には無事に清潔になったお洋服&下着で朝食のレストランバイキングに出向けました(笑)今となってはただただいい想い出でございます(爆)
んでこの話の教訓は。。。下着くらい予備に1枚は余分に持って行こうよ、ってなくらいでしょうか。
そう、旅の荷物は大事。生き死にがかかることもあるからね!(北極圏に行くのに前もって知らされず、Tシャツと半ズボンで寒さに耐えた大泉洋さんを思い出してください。笑)
おそ松、じゃねえ、お粗末ですまない!!!


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html



背中にバッグを背負うJKとパンダを背負う伯母、の図。義妹撮影(笑)






スポンサーサイト



Comment

No title 

亜雅紗

おまけの写真に爆笑!皆様お疲れ様でした。

このパンダ帯、締めると可愛いし、たま様のどのお着物ともよく合うしなかなか優れものですね!ターコイズブルーが爽やか。北海道から帰りましたよって感じが出てるような出てないような…とにかく爽やか!

私も海外は捨てる下着とティーシャツを着て(一応洗ってから捨てました)荷物を減らしながら旅行したものです。でもうちの母はさらに荷物を減らそうと使い古しのズロース三枚をを洗っては干しを繰り返しながら最終日に捨てるとか申していたのですが、かのローテンブルクの有名なホテルの古いけどとても可愛いい絵の描かれたクローゼットの中に干したまま忘れやがったのです。ホテルを出て、さぁバスに乗ろうかと言う所で「パンツ忘れた!」誰が取りに行くの?それは私。従業員に「アイ フォゲット モゴモゴ」と言い訳して部屋に駆け戻ってクローゼットを開けたら…本当に思い出して良かった(T_T)カバがはくのかよと言いたくなるようなボロズロースがハンガーに斜めにちーんと干されておりました。海外に行く時はなんでも余裕をもって行きませう。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.08/23 14:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさんとこで洗脳?されてだんだんパンダ帯が欲しくなってる私です‥(;^_^A
亜雅紗さんのコメントで爆笑~(≧∇≦)
私も若かりし頃海外出張先で下着干したまんまホテル出てしまい
下着くらい捨てとけという上司を振り切ってタクシー戻してもらいましたわ‥
あの頃はまだ恥じらいがあったなあ‥ 今ならブラでもおパンツでもズロースでも平気でほって帰るわ(笑)
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2018.08/23 16:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

可愛い。このコーデ好き〜(*´ω`*)

やはり旅には色々なアクシデントが付き物なんですねw
ワタクシは国から出た事がないので(パスポートすら持ってません)一番遠くへ行ったのは福岡→北海道(修学旅行)ですわ。
一時期、英国に物凄く憧れた事がありましたが、今は外国より国内を色々回ってみたいです。
  • posted by U-カリン 
  • URL 
  • 2018.08/23 19:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんにちは
たまさんのターコイズブルー系のお着物が素敵なんで、つぃつぃネットで見かけては買うかどうか激しく迷う、を繰り返してます(たまさんのお着物のイメージと違ったらがっかりなのでなかなかボタンを押せない・笑)。時々お目にかかるピンクのカレンブロッソも気になってる、可愛いしいい感じ。

飛行機怖くて海外へって考えは全く浮かばないけど、さらにアクシデントってか、トラブル発生なんて考えるととてもとても無理なのです。たまさん、すごいって思います。そして、★さんのハローワークへ国際電話の一件。逸話ありすぎて(笑っていいん?)感心しきりでございます
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2018.08/24 08:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

内緒さま(^^)コメントありがとうございますーー。私の『北菓楼の開拓おかき』愛をご理解いただけて、嬉しいです!っつーかそれ以上に愛がある(爆)週に1回ですってぇぇぇぇ?ああ羨ましーーーい(≧▽≦)
元はと言えば15年くらいまえ?どうでしょうのディレクター藤やんが「オレは甘いものだけが好きなんじゃない、美味いものが好きなんだ」とこちらのおかきをお勧めしてたのが最初です。おかげでいいものに出会えました!他の有名お菓子は都心のデパートにもお店がありますけど、北菓楼はたまに北海道展があるときしか買えません。新たなポイントカードも作ったし、副社(じゃねえ、とっくに社長)のプロデュースも行ってみたい。また北海道に行くのが楽しみですーーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.08/26 13:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(^^)お母さまのズロースに爆笑です!!!素晴らしい!!!いやもうそういうヒト大好きです!!!友人★は下着じゃなく上着でしたが(取りに帰らずそのまま放置した)…お母さまのほうがツワモノだわーー!無事クロゼットから回収できてよござんした。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.08/26 14:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

utaさま
keitaさま
yud*****さま
すのうさま
aoi*****さま
mii*****さま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.08/26 14:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)パンダの絵柄も趣味の変転があるらしくて、最初に作ったのはもう飽きてる(爆)今はこの色柄が気分なのですね。それより私、てんてんさんのめくるめくオリジナル布オーダーにすっかりヤラレてます。
おパンツ忘れやすいもの筆頭でしょうか(爆)今なら私も気がつかなかったフリして捨て置くかもーー(笑)
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.08/26 14:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> U-カリンさん(^^)正直申し上げて、私は友人★といっしょでなければ、旅先でトラブルにあったことありませんのよーー(苦笑)極々普通にスムーズに旅行してます。それが物足りないとは思わない(爆)友人★は持ってるヒトだからね(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.08/26 14:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんこんにちは(^^)ターコイズブルー、もしお持ちでなければお勧めですよーー。1点はあっていい。小物でも帯でも着物でも、使いやすい色目です(^^)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.08/26 14:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

かわい~い
色も明るくてなんとも可愛いですねえ。
しかし下着を捨てて帰るってのがそんなに物議を醸していたんですね。
少し前までは割と頻繁にそういう話を聞いたような気がするんですけどいつの間に日本人の思考が変わったんでしょうねえ。
私は捨てて帰るものを持って行くことはありませんがいつだって荷物が多いのに肝心なものを忘れてますわ。
こればっかりはどうやっても治らない。
どんなに旅慣れてもやるんだろうな。と思って諦めています。
出掛ける当日にしか荷造りができない質だからどうしようもありませんわ。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2018.08/26 20:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)日本人の価値観はずいぶんと変化したと思いますわ。バブルのころ、1泊2日に大きなブランドバッグでドライヤーまで詰め込んで行くヒトはハッキリと異世界のヒトだと思っていたけど、今では私もスーツケースにぎっしり着物を詰め込んで異世界のヒトでしょうな(苦笑)
出掛ける当日に荷造りって!逆に勇者じゃね?(笑)私は怖くてできませんーーー(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.08/28 12:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR