FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

受付当番。大輪の花柄セオαを次々と繰り出す(笑)

ごきげんよう



予約投稿なのよ奥さん。

わたくしはまた、毎年袖を通すたびにビビるセオαを、着るのでした。
絵画作品展の受付当番ってのは、適度に電車に乗るし、適度に知らないかたがたに会うしで、「コレ、マジで大丈夫かしらん?」てな着物を試すにはいい機会なのです。(例えやらかしても被害は少ない)
先日の、大輪の紫色の牡丹柄『マダ~~ム』(べにお先生命名)も、チキンレースのごとくビビりつつ毎夏参加する着物ですが(そして今回も、みなさまに「まだまだ大丈夫だっっっ」のありがたいエールをいただけた。良かった!)この日の『おおやちき』も「嗚呼、もう着られなくなってたらどうしよう」とビビりつつ着てみるのでございます。このテのビビりは、いつも自分が好んで着る紬の着物では感じません。やはり根底に、ちょっと派手じゃね?という意識があって、華やか系の着物には元々縁がないので余計に気になるのでありましょう。帯が派手なのはまったく気にならないんですけどね。むしろ帯は地味なのがイヤなっくらい。ふっしぎーーー(笑)






オレンジ系大輪の花柄セオα。
こちらも和風館のもの。
わたくしはこの花柄の描き方が、漫画家おおやちきっぽい気がして、このセオαを勝手に『おおやちき』と命名しております。雰囲気ですよ奥さん。

注)ご存知ないかたのために。
『おおやちき』とは。
集英社の漫画雑誌『りぼん』でデビュー、その後サンリオの雑誌『りりか』でパズル作家となり、以降はイラストレーターとして活躍。

わたくしが小学生のころ愛読していた漫画雑誌は「別冊マーガレット(別マ)」と「りぼん」だったのでございます。「別マ」では、ご存知美内すずえとか和田慎二とか、りぼんでは一条ゆかりを特に好んでおりました。漫画の設定は、恋愛ものよりSFやサスペンススリラーものが好きだったのでございます。おおやちき氏も初期のラブコメにはあまり惹かれなかったものの、その緻密な絵は驚愕のひとことでした。『白いカーニバル』『雪割草』『この娘に愛のおめぐみを』『イマージュ』『回転木馬』(漫画発表ラスト作)のころはもう大好きでしたわ。たくさんマネしたけど難しかったなーーー(笑)
ちなみに雑誌では中学生からは「花とゆめ」(『ガラスの仮面』スタート時、北島マヤはわたくしと同い年だった!だから北島マヤは今、55歳なんだよ。早く完結してくれ。苦笑)高校生からは「月刊LALA」で山岸凉子、たまに「月刊少女コミック」で萩尾望都や吉田秋生、「週刊チャンピオン」で『ガキでか』(爆)もっとオトナになってからは角川の「ASUKA」、『幽遊白書』『るろうに剣心』連載時は「週刊少年ジャンプ」も毎週買っていたなあ。。。って、漫画漬けぢゃん(^^;)コミックスで買うものは多数の出版社に渡るのです。実はわたくしはあるとき、この世には成長と共に漫画を卒業するヒトがいることを知ったんでした。嘘!?!?(笑)莫迦でごめんね。でも最近はさすがにあまり買わないですよ。もう雑誌重いし、終活もあってモノを増やしたくないし、肉体の老齢化著しく(><)期せずして卒業することになったんでした。
。。。って、着物の話が何処かに行ってしまったにゃーーー。どうもすみません。

100均カーキ色地猫柄手ぬぐい付け帯。
本来なら6月から夏帯なんですけどね(^^;)土台にしたのは九寸の無地帯で夏帯ではないんですわ。手ぬぐいの色目のために採用。着物の派手さを帯で抑えようという気持ちだったのでございます。ってか抑えられたのか?
クリームイエロー絽に絞りの正絹帯揚げ。

30年近くまえに買ったものがこうして役に立ってる。物持ちいいなあ(笑)でも汗になったとき自分でア○ロンで洗ってしまったので、絞りが取れてまるで別モノになりました。まあいいか。
からし色×黒の帯〆。
新宿京王の今昔きもの市で1080円也。毛羽だってきたけど、正絹の組紐じゃなかったのかな?あまり保たなそうです。



 

オフ白×パープル×空五倍子色(うつふしいろ。日本の伝統色から)の格子柄のたびっくす。
べにお先生からのいただきもの。着物の色目にぴったんこだった。
着物の下のしつらえは、木綿さらし&本麻楊柳の半襦袢&木綿楊柳のすててこ。



 



クリームイエロー絽に流水と花の刺繍半襟。
もう20年くらい使っている。ポリエステルなんですが、そろそろ襟汚れが取れにくく、アイロンをかけてもシワが取れにくくなってきました。刺繍糸もあちこち飛び出してきて、もう限界かしらね。
松坂木綿の豆本根付。
木綿こけしさんからのいただきもの。ハンドメイド。
今回は2個使いにしてみました(^^)
タッセルはタンタンさんからのいただきもの。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html


前回の『マダ~~ム』とどっちかキビシいかっつったらこっちかも。でもどちらを買うか、の選択ではなかったんですよね。あのときは、時期をずらして「どっちも買う」一択だった。おーく損だから迷っていたらどちらも買えなかったのでございます。
んで、大輪の花柄セオα、今年の夏はオッケーか否か???の審判は、まだ続くのでありました。
頑張ろう自分。





スポンサーサイト



Comment

No title 

この「整列猫柄手拭い」昨年あんなに売ってたのに、今年は皆無です
いっぱい買っといて良かったです🎵
あ!
こちらじゃない方をいっぱい、です

この渋いお茶の色は一本しか持っていません
「今度行ったら」買おう と思っているうちに買いそびれました
  • posted by ocarin 
  • URL 
  • 2018.06/12 14:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗

おおやちき!懐かしい(T_T)でも題名そんなにきっちり覚えておりませんわ。
でもムッフフ、たま様、やはりお若い。
私が小学校の時の少年マガジンは凄かった。「巨人の星」「「あしたのジョー」が一緒に連載。上に睨まれてギャグに転向する前の山上たつひこさんの超シリアス「光る風」とか載ってました。一条ゆかりさんは本名?で弓月ひかるさんとりぼんの漫画スクールで銀賞取った時から知ってるのさ。その時からかなり変わった作風で印象的でした。

そう言われると「マダ~ム」の方が長く着られそう。だからこそ「おおやちき」をがんがん着てくださいまし!悔いの無い着物生活!おおやちきは私にとってはレベル5とレベル6の境目だけど好きさで言ったら大好き系。もうね、ばーさんがばーさんの格好したら本当にばーさんになるのでレベル5でハデめを狙おうかと。

ところで「ガラスの仮面」と「王家の紋章」最終回まで作者に長生きしてもらわなくてはなりませんねぇ。細川千栄子さんなんて53年前から週刊少女フレンドの表紙飾ってましたよ。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.06/12 19:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あ~ら奥さん。
全くビビる必要なくってございましてよ。
大きい花柄だけど別に派手じゃないと思います。色彩が落ち着いてるから。
たまさまの漫画回顧を読んでいて自分の漫画歴を思い起こしました。
私はなかなか雑誌は飼えなかったんですわ。
漫画も古本屋であさったクチ。ある程度大きくなってきてからやっと花とゆめやらASUKAやらジャンプやらを買ったかなあ。LaLaも。
SF少年少女漫画全集?が好きだったので諸星大二郎やら大友克洋やら竹沢タカ子やらにハマってましたねえ。忘れちゃいけない手塚治虫、鴨川つばめ、高橋留美子、山岸凉子、伸たまき、佐々木淳子、柴田昌弘、三原順、板橋しゅうほうも好きだったっけ。少女漫画らしい少女漫画で好きだったのがあったんだけど今どうしても作者の名前が出てこない。あああ何だっけ。今でも持ってるはずなんだけど。夢の碑とか書いてた人。思い出し始めたらキリがなくなってきましたよ。
いけない。開かずの間の漫画を引っ張り出したしたい衝動が…
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2018.06/12 19:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗

再投稿ごめんなさい!ああ、ほぉ~様が伸たまき(=獣木野生 なんつーペンネームだよ)の名前を書いて下さるとはぁ(゚´Д`゚)゚。ファンがリアではたった一人、ネット友達もたった一人しかいなかったのにぃ。今は難しすぎてちょっくらついていけなくなってますが「あるはずのない海」あたりまでは惚れてました。今も一応買ってます。「あるはずの…」くらいまでは読んで損はありませんわ!皆様!!
夢の碑シリーズは木原敏江さんですね。週マにベルばらとかエースをねらえ!が載ってた時に木原としえとして三番手で日本物「くれないに燃ゆるとも」や「エメラルドの海賊」で私たちを号泣させた方です!
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.06/12 22:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

柄は大胆だけど 派手さ故に悪目立ちするようなタイプではないし
着物の晴れがましい感じを 柄はポップだけど色目が渋い帯がちょうどいい具合に引き締めてると思いますわ

北島マヤ!
ってことは亜弓さんは‥ !(◎_◎;)

そういえばガキでかの作者の山上たつひこ先生 結婚直前に住んでた家のご近所だったんですよ
着流しでわんことお散歩する姿を何度かお見かけしましたわ
行きつけの飲み屋も一緒だったんだけど お元気かなあ‥
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2018.06/13 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

kei*****さま
utaさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.06/16 13:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ocarinさん(^^)セ○アの手ぬぐいって昨年のがあったりなかったり品揃えがいろいろなんですね?ってか100均のは逃したら2度と手に入らないと思い込んでいたけど違うのもあるようだし。知らなかったよーー。でもこれぞと思うのは何枚もゲットしとくのが正しいんですね!
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.06/16 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(^^)漫画ネタでいくらでも話せそうですわ。頼もしいなあ(爆)私なんぞ『あしたのジョー』はコミックスで、『巨人の星』はアニメでしか知りませんわ(笑)『デビルマン』最終回を病院の待合室で読んでトラウマになった(爆)
「マダ~~ム」のほうが息が長いですか?じゃあそのつもりで着よう。
完結しないで死なれるとショックが大きいですもんね。半村良『太陽の世界』はどないしてくれるんねん、とか。お葬式まで行ったった。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.06/16 13:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)も趣味がシブいな(爆)板橋しゅうほうなんて久しぶりに聞きましたよ!!!SFのアメコミ風の絵がシブかったな。私は転居にあたって本はほぼ全部処分したんですが、諸星大二郎のジャンプコミックスと大友克洋の『童夢』、山岸凉子は今の家に持ち込みました(笑)全部持って来られないもんねえ(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.06/16 13:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

yud*****さま
すのうさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.06/16 13:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)山上たつひこ、私は高校生のとき、ご自宅までサインをいただきに伺った(笑)はるばる電車に乗って(笑)
亜弓さんも同い年のはずですわ(笑)美内すずえは『黒百合の系図』とか『白い影法師』などのホラーものが秀逸なんですわ。処分しちゃった。また買いに走ろうかしら。。。
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.06/16 13:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR