FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

ウチの夫の入院に付き合う着物、その1

ごきげんよう



陽が伸びましたねーーー!
本当は、冬至以降毎日少しずつ伸びていたのだろうけど、節分を過ぎると特に顕著な気がする。人間の感覚はおもしろいもんですわ。植物は陽の光を確実にキャッチしてるのにね。



ご近所の梅がよお咲いとる(^^)










先週はウチの夫が手首の骨折を入院手術で治療していたため、わたくしも付き合って、んじゃねえ、付き添って、だ。タイトルおかしいんじゃね?(笑)「付き合う」だとまるで遊びに行くみたい(笑)まあいいや、そのまま放置だ。
ああでも何となく、ウチの夫は妙に元気だったので、付き添うより付き合う気分だったのでございます。骨を折った直後が最もショックが大きく、それは病院で痛み止めをもらうと直ぐに収まり、その後、手術後麻酔から醒めるとどれほど痛いかは未だわからなかったために(未経験者には予測不可能!)、入院に向かう夫は能天気でありました(^^)





正直、何を着るかは何も考えていなかったのですが、入院前日ウチの義妹が、
「もちろん着物で行くんだよね?何着て行くの?」
とわざわざショートメールで訊ねてきた(笑)
。。。そっかー。出掛ける着るもの用意しなくては。洋服でも着物でも。あ、靴も出さないと。
ずっと家庭着だったから(負傷した夫と家に閉じこもっていた)外に出るの久しぶりですよーー。



濃紺地に緑色亀甲柄紬。
くすみオレンジ地に葉牡丹柄八寸名古屋帯。
山吹色ちりめん地帯揚げ。
濃紺帯〆。
濃紺ポリエステルプレタの長羽織。

病院は暖房完備なのだけれども、どのくらい暖かいのか不明(^^;)なので着脱しやすいものを重ねます。
外気温がまだ低かった時期、羽織の上からは更にニットのポンチョで外歩きの防寒をしました。
道路にはまだ凍った雪が残っている場所があるので、足元はハイソックスとブーツです。






ひめ吉さんちの刺繍半襟『大名行列』
アウトレット。


 


夫入院に際しては、パジャマやタオルはレンタルにしたので(1日約300円ほど)、持参する荷物は入院手術のための書類各種(必須)以外は、洗面道具(歯ブラシとか)と下着靴下だけでした。夫がそれらをリュックに詰めて自分で持ちました。

さて、時々、お見舞いに着物で行くか否か、みたいなスレがありますけれども、ホントどうなんでしょうねーーー。わたくしが自分の案件で病院に行く場合は、診察や検査のために脱いだり着たりがすぐできるように、病院に行くためのお洋服があります。でも今回は当事者の妻だし、何を着てても関係ないと思うのでいつもの普段着系着物で出向きましたが、入院患者さんとの関係性に於いては気になさる必要がある場合もあるのでしょうな(笑)
そう問題は、何を着るかよりも、入院患者との関係性、だけ、だと思いますわ。
わたくしがお見舞いに行くとすると、その相手はほぼ、家族(ウチの夫と義妹家族とウチの実家及び、友人★と家族。ここまでが身内と言える範囲)だけなので、誰もがわたくしの普段の姿を知っています。なので、わたくしは自分の体調と自分の都合で自分の着るものを決めるのでした。
ところでわたくしはお友だちやお知り合いや親戚等のお見舞いには行きません(呼ばれたときを除く)。それは自分が入院したときあまりお見舞いして欲しくないからで(偏屈ですみません^^;)昨年亡くなった実妹もそういうタイプだったっすよ。実父はすごく見舞いに来て欲しがったのでうざかったです。そーいうのは個人の性格ですかねーー。鬼嫁と呼ばれることを恐れずに言えば、義父が入院してたときは死ぬまで1回も見舞いに行きませんでした。舅も多分わたくしに来て欲しいとは思ってなかったろうしわたくしも別に会いたくなかったし。実の子供たち(夫と義妹)は頻繁に顔を見せてましたよもちろん。そーいうもんですわ。わたくし自身は舅関係親族にどう思われようと関係ないです。笑)、今後はもしかしたら自分の気持ちが変わる可能性はありますが(お見舞いが欲しくなるかもよ)、今はそのようになっております。
全然一般的じゃなくて参考にもなにもなりませんな(苦笑)

病室に収まった夫は、まだ点滴ポートも作られず、やることもなく、ヒマで(「ああこんなにやることないの、産まれて初めてかも!?」と言った)、病院内のコンビニでおやつを買ったりあちこち動き回ってました。子供かっっっ
わたくしは日が暮れるまえに帰途につきました。自宅では、珍しく長い時間留守番させられてるウチの猫らが大暴れしているのでした。

いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html





スポンサーサイト



Comment

No title 

葉牡丹可愛いな。

たまさんが羨ましいっす。
ワタクシはあまり親戚関係を密にしたい方ではないのですが、夫の方(家族、親類)は真逆。
姑は上の子が立ち上がる頃に他界しましたが、舅は少し前まで入院&施設におりました。洗濯物の関係もありますが、毎週末通ってました。(最初は毎日)麻痺もあり、話もこちらから一方的にしなければならないのが、かなり苦痛でしたわ。
行きたくないとは言えない立場って嫌なもんです。
薄情ですかね?(´-ω-`)
  • posted by U-カリン 
  • URL 
  • 2018.02/06 18:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

入院って 本人じゃなく周りの(世話する)身内が大変なんですよねえ‥
たまさん お疲れが出ませんように

うちは義父が入院した時は 実の息子と娘(夫と義妹)はほとんど見舞いに行かず 臨終の際も寂しいことでした‥

家によって家族の関わり方は本当に違うもんだなあとしみじみ思ったのを思い出します
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2018.02/06 19:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

お見舞いに行くときに着物かどうかは私もまさに先月考えたところです。お舅さんが入院していたので。
と言っても10日間ほどの入院で、仕事をしていたこともありお見舞いに行ったのは週末の2回。そのうち1回着物で行きました。
病院内では無機質で白い空間ばかりだろうと紫系の銘仙着ました。
他の入院患者さん(高齢男性ばかり)にガン見されまくりました。。
大暴れしていた猫ちゃんたち・・さみしかったのですね。
なな吉
  • posted by ohi*u*iya 
  • URL 
  • 2018.02/06 20:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗

華やかな帯ですね。大名行列の半襟がとてもコーデに似合って楽しげです。

お見舞いって難しいですね。ご主人様の様に治るのがはっきりしている時はお見舞いに行くのも気が楽なのですが、実母が亡くなるまで意識が戻らず半年間通い続けた見舞いは精神的にしんどかった。見舞いに行って語りかけても何も返ってこないし、でも手を見るとずっと私を慈しんでくれた見慣れた手。その手を15分位さすって帰る道中はどっと疲れが出ました。
自分は見舞い無用なのですが来てもらいたいような雰囲気の人には行くようにしています。でも行きたくない人のお見舞いなんてすることないですわ。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2018.02/07 13:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> U-カリンさん(^^)この葉牡丹、案外キッパリした色柄で映えますね。
U-カリンさんは良い嫁だなあ(笑)ジイさんにしてみれば若い嫁に親切にされて嬉しいけど素直になれない、ってとこでしょうか?せめてにこやかにお礼言ってくれれば、回りの気分だって違うはずなのに、そういうのわかんないヒトはわかんないのでしょうね。だいたい子供の数が減ってる現在、自分の子供に面倒みてもらうのがどれほど幸運か、まして威張って嫁に見させるとか馬鹿ですわ。どんなヒトもトシを取ると、その性格が、良いも悪いも際立つ気がしてます。私も気をつけようっと。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/09 13:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)ああホントに。家の感覚とか個人の性格とか今までの生き方とかが問われちゃうんですよね。おとろしいもんですねーー。私は自分がされたくないことはしないですけど、価値観の違いがモロに出ますよね。
特にウチは子供がいないからな、甥と姪に迷惑かけないように心掛けないとなーー。
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/09 13:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

なな吉さま(^^)珍しいからガン見されたんですね?(笑)他所の入院患者さんたちのひとときの退屈しのぎになったらいいことです(笑)病院側では、いろいろな患者さんと家族がいるから、着てるものなんかスルーする案件だったりしますよね。
私たちがいつも家にいるせいか、ウチの猫らは留守番に慣れてないのです。暴れまくり(^^;)おかげで室内の弱いところが浮き彫りになりました。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/09 13:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ざくろさま
yud*****さま
tou*oa*en*さま
すのうさま
mii*****さま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/09 13:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(^^)ああそれは切ないですわーーー。ウチは夫の両親は既に亡く、実家の母親だけが元気でいるのですが、長患いしたら可哀想だな、とか、突然逝かれたらそれはそれでショックだろうな、とか、気持ちは定まりません。本人はぽっくり希望ですが。苦しまないように、どうか、それだけです。自分自身も。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/09 13:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

茶太&さくら&げんきママさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/09 13:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

とめ吉さま
すずこさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/09 14:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

やっぱりこの帯かわいいですね。色合いも素敵♡
私、お見舞いに行くのは(相手に寄るけど)好きなんですが、そういえば自分が入院している時には誰にも見舞ってもらいたくなかったなあ。
そしてお見舞いに何を着ていくか。これも相手に寄りけりですよね。
話す内容も相手や状況に寄りますか。
骨折なら気遣いもほとんど無用でしょうし何でもアリですね
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2018.02/13 19:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)治らない病気だと気が重いですよね。昨年から続いた身内(義妹夫婦)の入院は整形外科だったので、まだ笑っていられました。怪我は痛そうですけど(^^;)
自分は毎月病院に行きますが、自分理由だと生き死にも自分のせいと思えるので、ホントに気楽ですーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2018.02/14 13:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR