FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

100均の手ぬぐいで付け帯作り再び(笑)

ごきげんよう





先日100均に行ったったんですよ、奥さん。
お味噌汁作りに欠かせない味噌漉しが壊れちゃったのですわ。ふと気がつくと、金網部分が裂けていた。
うっかり指を切ったら危ないので、新しいのを買いに行きました。
我が家のお味噌汁は、ウチの夫が制作担当です。味噌を投入して溶かすとき、無駄にチカラが入ってるんですねーーー(笑)チカラの加減がわからない男と言えましょうか(笑)
そういえば我が家の、野菜を洗ったりお米を研いだりするとき使うステンレスのザルも、ウチの夫がすぐに金網部分を裂いてしまう。そんなにぐいぐい押さなくてもちゃんと洗えるのに。。。と遠目で見ながら思ってるんですけど、黙ってます(爆)どうやらチカラを入れるとキレイになる、とでも感じてるのかも知れません。無駄にチカラが入ってる(爆)
わたくしの方も学んだので、夫が心置きなくチカラいっぱい洗えるように、プラスチックのザルを投入しました。除菌したりの手間はありますが、壊れるよりマシですわ。何よりウチの夫の台所での、調理助手としての働きが素晴らしいので(笑)文句を言ったらあきまへんのや(←何故エセ関西弁)晩ご飯を作るときはちゃんと脇に控えて、まな板が汚れれば洗い、鍋を洗い、長芋の皮を向いたりすりおろしたり、食器を用意したり。エラいです。しゃべってばかりのテレビの料理番組のアナウンサーよりもずっとエラい(←仕事の内容が違うってば。笑)
それでですね、ウチの夫のことはどうでもいいんですよ。(いいんかい)
本題は、100均ダ○ソーで気に入った色柄の手ぬぐいを見つけたっつー話なんですわ。





パンダ(爆)
わたくしのところに今年、パンダブームがキテる。それというのも、100均手ぬぐいで、安く(←重要)ふざけた帯が作れるようになったから。。。とも言えます。パンダ柄の真面目な帯(ちゃんとメーカーさんが作ってる、という意味)は、リサイクルでも案外お高い。その金額を出すなら猫柄のを買いたいよなーーーと思ってしまうのは猫飼いのサガですわ。パンダの立場っていったい。致し方ないとご理解ください。
ちなみに今年、香香(シャンシャン)が産まれたのはたまたまなんですよ。
わたくしはあまりイキモノが好きではないのですが、動物柄を選ぶならば、猫柄の次にパンダ柄が好き(次点はペンギン)っつーだけでございます。

さて、100均の手ぬぐいにもいろいろありますけれども、ダ○ソーで売っているものは生地の目が粗いと感じます。1000円以上するいい手ぬぐいとは生地が全然違うのはもちろんのこと、セ○アやキャ○ドゥで扱う手ぬぐいよりも、生地が粗いのでした。
生地が粗いと何が違うかと申しますと。。。土台の色や地風が透けて見えるのでございます。





左から、クリーム地、黒い喪帯、濃いピンク色(画像では赤く見える)です。
手ぬぐい生地を透かして地色が表に若干の影響を与えるのがおわかりになるでしょうか。
もちろん、気にしなくてもぜーーーんぜんオッケーですわ。とはいえ、手ぬぐいの地色と透けの色のミックス具合を自分でわかってコントロールできれば、透けは上手く効果的に働いてくれる。チカラ強い味方と言えましょう。
この手ぬぐいの場合、地色は少し緑色がかったグレイ(ブラック30%にシアン20%イエロー30%くらいか)です(数字はやや適当。RGBなら212/222/212とか?数字はやや適当)。付け帯の土台の帯をクリーム色にすると、地色が若干明るく見え、土台を黒い喪帯にすると、手ぬぐいの色目の彩度が落ちて落ち着いた感じになります。土台がピンクから赤系では、手ぬぐいに含まれるイエローが喧嘩するようで、色が濁る印象です。
ただ現実的には、喪帯がいちばんお安く手軽に手に入りますし、もし透けたら若干彩度を落とせると考えて自在にお使いになるとよろしいかと存じます。



わたくし今回は、クリーム色の八寸名古屋帯を土台に使うことにしました。
サイタマのリサイクルショップ、上尾のメガトンマーケットで540円也。
無地(地紋あり)の白っぽい帯は、春夏に案外使い勝手が良いのです。ただ自分は白い無地のも持っているので、こっちは土台として活躍してもらいましょう。
喪帯を付け帯の土台にお勧めするのは、お安いのもさることながら、帯に地紋があっても基本的に無地だから。無地の方が、付け帯を作る行程が少しラクなんですわ。






お太鼓のタレ部分と、胴体に巻く部分に、がっつりハサミを入れて2分割します。
お太鼓のタレ部分の長さは、手ぬぐいより10センチくらい長めに取ると、お太鼓もゆったり作れます。それ以上でも可。






切り離したところを、生地がほつれないように縫います。
お太鼓のほうも、胴体に巻くほうも。
表地をアイロンで折り返して、ミシンでイッキにやると簡単でよろし。
わたくしはミシンを出すのが面倒くさい(出して糸を通すのも面倒くさい)という理由で(←どんだけや)手縫いでがしがしかがってます(笑)
ここを縫わずに、あすか師匠ご推薦「さいほう上手」を使う手もあります。





まず胴体のほうを縫ってみましょう。
て先から47センチ前後(わたくしは小デブだからこの寸法ですが、スマートさんはもっと少なくしてちょ)取る。この部分は、お太鼓を仮紐で作ったあとに、お太鼓に通す「て」の部分です。
次に手ぬぐいを、胴体に巻く内側を縫い目にして、手縫いで縫い付けて止めます。縫い目は細かい必要なし。わたくしは糸すら、半襟を付けるときに使うシロモ(しつけ糸)ですわ。
あすか師匠ご推奨の「さいほう上手」で貼り付けると簡単さ更にアップらしいですよ、奥さん。針と糸、要らないもんね(笑)
手ぬぐいがしっかりピンと張れるように、縫う前にもアイロンかけたほうが仕上がりがキレイどす。
画像では地紋がある部分。。。ここは本来の結び方ならば、胴体に2巻き目で前帯になるところです。でも手ぬぐいが前柄になるので、この場合は胴体に1巻き目部分に成り下がった(爆)
さて胴体にしっかり巻いて留めたい場合は、この段階で結び紐を縫い付けるとよろしおす。場所は、て先と手ぬぐいの間と、胴に隠れる1巻き目の端っこです。わたくしは無くても気にしないので結び紐は付けません。






お太鼓に手ぬぐいを縫い付けます。
わたくしは今回、タレまでパンダ柄びっしりにしたかったので、タレ部分まで手ぬぐいで覆って、きっちりアイロンをかけて縫い付けました。待ち針は多めに。もちろん、あすか師匠御用達「さいほう上手」ならば、貼り付けるだけですわ。
あすか師匠のところに、て先にも柄を入れたいバージョン、とかの手芸部の記事がありますので、細かいことはそちらを参照してください(←丸投げ)(
こちらとかよ、奥さん)。
「さいほう上手」もここで散々言及してますけど、わたくしは使ったことがありません(爆)




完成でーーす。



着付けるときには、まず帯の胴体部分を巻き巻きして、前柄が緩まないようにしっかり締めてクリップで仮止めします。紐を付けたならここで結ぶ。
そして背中にコレを装着します。
トンボ?ひこーき?帯あげ止め?
正式名称は存じませんが、コレ(笑)
くぼんでるほうが、人体の背中側。
ここに帯枕が載ります。
使い方は、べにお先生のとこで確認してちょ。(←丸投げ)ゴミ箱をトルソーに見立てて(何げにスゴいのよ奥さん)付け帯の付け方を解説なさってる。見事な仕事だわ(爆)(
こちら。画像が多いので、パソコンからの閲覧を推奨します)


今日はわたくしにしては珍しく(爆)ヒトサマの役に立つかもしれない工作記事を書きました。一部丸投げだけれども(爆)これがわたくしの限界っつーか(苦笑)
さあ近いうちに、このパンダ帯を使ってみましょう。
ああパンダ、ふざけてて可愛い。。。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html



過去の猫柄の手ぬぐい帯とか(
こちらとかこちら)別のパンダ手ぬぐい帯とか(
こちら)キウイとか(
こちら)(笑)

スポンサーサイト



Comment

No title 

パンダ可愛い(*´ω`*)スキー
DAISOの手拭いは蒸し物調理にうってつけ!位粗いですよねぇ。わかります。
ワタクシ、帯揚げ留め?が上手く使えないんですよぅ。見えないまま手探りで装着するのが至難の技(涙)
面倒でそのままお太鼓背負っちゃってます。(←二部式でも)
  • posted by U-カリン 
  • URL 
  • 2017.11/22 19:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗

なんとお台所仕事を手伝ってくださる旦那様!うらやましゅうございます。ええ、宅の主人は洗濯機を回せるようになってから洗濯はしてくれるようになりました。全てを洗濯機に押し込んでスイッチを押す→お急ぎモードものとおうちクリーニングものに分けて洗う→きちんとシワをのばして干す。→取り込むと一年かけてホメてホメて仕込みました。あとはたたんでタンスに仕舞うができたら花丸なんですが。
裁縫じょうずで帯もいけるた聞いてから作り帯やってみたい!と思っていたので今回の記事はありがたいです。結婚記念に貰って25年押し入れに入れたままだった更紗模様のテーブルクロスがいい感じなのです。頑張ります!
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2017.11/23 11:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> U-カリンさん(^^)帯あげ止めなしでお太鼓落ちませんか。それは上手だな!!!私は付け帯には必須です。お太鼓低くなり過ぎちゃうの(^^;)横で付けて後ろにまわすこともありますわーー。
ダ○ソーの、昔はもうちょっとちゃんとした生地だったのにねーー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.11/24 17:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ocarinさま
ざくろさま
utaさま
すのうさま
mii*****さま
てんてんさん
茶太&さくら&げんきママさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.11/24 17:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(^^)接着芯とミシンで作る帯などは、私にはとてもハードルが高かったので(真っすぐ縫えない^^;)あすか師匠の、帯の上から風呂敷や手ぬぐいを被せる方式は非常にラクでありがたいです。それに何より、気楽です。
「さいほう上手」私も今度買ってみようかと思います。
褒められるともっと働いてくれる予感(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.11/24 17:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> mas*****さま(^^)名古屋帯の長さ全体を計ったことないですーー(^^;)もし短ければ器具を使って巻く方法もありますし、使いにくければ新しい帯でも切って付け帯にしてしまいます。それよりもリサイクル帯では、帯芯の厚みが気になるのでした。帯芯が厚くて重いのは避けてます。
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.11/24 17:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私も来年の干支手拭を手に入れてオビワンを作らねば。
そうそう。100均の手拭の目の粗さは意外とプラスに働きますよね。
半衿にする時など夏っぽさが出て良かったり。
パンダも可愛いなあ。
私は動物柄って全般好きだけれどパンダに限らずあまり手持ちはありません。
だって!お高いんですもん。
だからこその手拭活用ですよね~。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2017.11/25 12:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)来年はわんこなんですねーーー。先日ご近所で、初めて会う芝わんこにガン見されました。着物姿がよほど珍しかったみたいで、すれ違ってもピクとも動かず見つめ続け、到頭飼い主さんと吹き出して笑いましたわ(笑)
いい柄の手ぬぐいさえあれば。それも100円で!!!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.11/28 13:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

yud*****さまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.11/28 13:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR