FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

雪輪柄泥大島紬その後


 
 今年、八掛を替えました。
 臙脂色から青緑色へ。
 京都の悉皆屋さんに、ネットでお願いしました。こちらもはっきり決めかねていて、青系統でも3・4色くらい候補を揚げました。印刷色見本(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)の色味と正絹の色味を擦り合わせるのは大変だったと思いますが、メールのやりとりをしつつ、こちらの希望に最も近いお色を見つけて貰いました。
 印刷色見本を同封したのは、PCモニターはRGBでレッド・グリーン・ブルーなんですが、モニターによって色が違って見えるので、微妙なお色はじかに見て欲しかったからです。

 
 こんなに細くても、しっかり主張する八掛。印象は結構変わります。
 
 友人の呉服屋女将に言わせると、最近では、お客の年齢によって八掛のお色を勧めることはほとんどないそうです。
 昔のように、年齢によって仕立て直したりしないで、初めて仕立てた時からほぼ一生そのまま着るので、表地に合わせてなおかつご本人の好みと合わせる帯で八掛を決めるようです。
 一時期は大島紬の裏は何でも黒っていうのが流行った時もあった。。。とは女将談(^^;)
 「黒だとどんな帯でも合うからね~」って、ヲイヲイ。でも、まあ確かに。
 

 
 秋から冬の、コーディネート。帯は青磁色浜ちりめん地に手描き友禅。八掛の青緑が効きます。
 帯揚げはちりめんの濃い紫から濃い桃色、帯〆は紫・臙脂・からし色をひねった作りのお洒落用。こっくりとしたお色で寒い季節を演出。お若い方なら、色半襟のお色も選び放題。たま自身は白地にたっぷりした刺繍の半襟で、襟元は色を控えめにします(お肌の張りがついていかないの
)。
 
 見幅直しもお安かったので、一緒にお願いしました。
 20年以上前より若干太ったたまは(中年は背中に来る
も~びっくりだ)、元々鳩胸で、仕立ての時注意事項が入るくらいなので、サイズが合ってないとどうも着づらいのです~
 筋消しは、大島紬だとほとんど効果がないと悉皆屋さんが教えてくれたので、直した筋丸見え。でも着ているうちに何とかなりそうです。効果がないのに筋消ししたら、余計な出費ですから、感謝
 こういう時に、自分で仕立てができないのが正直つらい。。。
 
 でも大好きな紬。手を入れてでも長く愛用したいです。本来なら3代は持つと言われるほどの紬なのですもの。
 

 ベージュ系の帯も合いそうですね。今度合わせてみようっと。この名古屋帯は別の着物に。
 
 しっかし、この「ひとり細雪ごっこ」、とても楽しいけどすっごく疲れます
 アシスタントが欲しいくらいです~。
 
 
 

 手伝わない?
 

 
 
スポンサーサイト



Comment

No title 

なるほど、40代コーディネートはこうなりましたか!
思ったよりも華やかで若々しい~。
ぼかしの帯揚げが綺麗。
これが40代って思うと、なんだかパワーが湧いてきますね。
さーて、私も着物整理終わらせないとなー。もう2ヶ月やってます。っつーか、やってないんです。わはー。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2010.10/26 14:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

八掛替えが肝ですわ。
歳をとったら少しでも良い物をできるだけ華やかに…と思いまして。お洋服じゃできない分。若さという宝石が無くなっちゃった分。
ご覧頂いてありがとうございます。もっと違ったイメージにも挑戦してみます~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2010.10/27 01:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR