FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

ツモリの浴衣、襟付きと襟なしと。

ごきげんよう






7月のとても暑い日のこと。





ツモリチサトの生成り色地にドット柄浴衣。
タンタンさんからのいただきもの。
ちゃんと定価で買うとおとろしく高価でびっくりですが、戦闘情報収集機ステルスタンタンの機能は素晴らしく高くて、横浜高島屋にて難有り3000円也を発掘してきた。なんつーことか。キズはどこにあるかわかりませんでした。
ターコイズブルーの本麻単衣の半幅帯。
これは織り傷アリを数年前のおーく損で1000円くらいで(正確な落札価格失念)。織り傷はハッキリわかりますが、普段使いとしてオッケーレベルです。単衣の麻の半幅帯は、実は形が崩れやすいので、貝の口とか平面的結び方が向いてます。涼しいのが取り柄(笑)もし麻の半幅帯を買うなら、ちゃんと表裏あった方が形が決まって使いやすいと思いますわ、奥さん。
100均グレイ地水玉柄スカーフ帯揚げ。
これもタンタンさんからのいただきものじゃね?

黄色いレース組帯〆。
リボン型の帯留め。
ほ~さまからのいただきもの。
100均パンダ柄手ぬぐい半襟。
100均金魚のたびっくす。










 

着物の下のしつらえは、木綿サラシ、カスタマイズ仕立て襟(美容襟)、絽の腰巻き。
襟がちょっと浮き気味でした。仕立て襟は、毎回同じに着られないんだ(苦笑)練習しろ、自分。
浴衣は襟付きじゃないと気分的に落ち着かないのです。ちょっとトシいって浴衣を浴衣として着てるかたは、キャラが似合ってると思うんですよ。キャラ、重要。でもわたくしはキャラが足りないっつーか(キャラが薄いとは言わないけれども)、浴衣を浴衣として着て外に出るのはあまり似合わないんじゃないかと思っているので、浴衣を襟なしで着る勇気がない。
そして、足元が冷えるのでたびっくす。

そこに可愛いお邪魔虫がやって来ました。









このあと押し入れの下段を散策し、桐の箪笥に飛び乗って高さを堪能し、飽きて去った。
フリーダムでいいなあ(爆)










別の日。





ツモリチサトの生成り色地にドット柄浴衣。
藤色地に黒猫刺繍の半幅帯。ふりふ。
100均グレイ地水玉柄スカーフ帯揚げ。
これも前回と同じもの。単に、表に出ていたから、とも言える。



 



浴衣の下のしつらえは、木綿サラシとすててこのみ。
「浴衣も襟付きじゃないと落ち着かないよねーーー」
と、言ってたそばから、襟なしで着る(爆)まさに「舌の根も乾かぬうちに」どのクチが言う(笑)
夕方歩いてご近所のスーパーにご飯の買いものに行ったのですが、暑くて暑くて、もう襟をつけるのが面倒になりました(爆)洗濯物を増やしたくなくなって、素足(苦笑)ただ、素足はすぐに後悔しましたわ。素足に下駄は普段慣れないせいか、非常に歩きづらかったっす。
襟付きで着ようか襟なしで着ようか、よく聞く文言ではありますが、需要と供給(←ちょっと違う。笑)もしくは必要に応じてっつーのが人間の本能でありましょうか。わたくしはもう、浴衣も襟付きじゃないと着られない、とは言わないことにしよう。とにかく暑くて暑くて何もかも面倒くさいときってあるのねーーー。
。。。でもやっぱり、バチ襟仕立ての浴衣を、襟なしで着るのは、ちょっと(爆)ってか、かなり抵抗ある(爆)ってかまだ言うか(爆)
それはね、浴衣が湯上がり着由来の家庭着だったとか高尚な理由じゃないの。もっと身もフタもない実用的な理由。バスト大きめ小デブの身には、半襟なしってのは、どうも落ち着かないのよーーーっっっ(号泣)奥さん、察して欲しい。それにやっぱり、キャラとして似合わない気がするんですけど。
ま、いいか。
この姿は本当に歩いて行くご近所限定にしようと思っております。



さてバチ襟の浴衣を襟なしで着る場合、衣紋がよれっとしないように、少しの工夫があると安心です。
掛け襟の内側の縫い目を解いて、プラスチックの差し込み芯を入れます。
お安い浴衣はこの掛け襟が、つまんでそれらしく見えるように縫ったものだったりして、コスト削減の方法にはいろいろあるものよのお。。。と感心しますが、そんな場合は襟の背中心近くをちょっと解いて無理矢理入れてみましょう。
クリアファイルを、20センチくらいの長さで襟芯の幅に切ったものを使うのもよろしおす。やはり衣紋部分だけに使います。
クリアファイルを切って浴衣の襟芯を作るのは、べにお先生が教えてくれました。作り方は先生の記事を検索してちょ。(丸投げ)
クリアファイルだから柔らかめで、和装のプラの、長い差し込み襟芯では固いかしら?とか、浮いちゃうかしら?ってなとき、便利そうですよ、奥さん。


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html












閑話休題。
ロクな内容じゃないのでスルーしてね。
わたくしの性格の悪さを熟知してる奥さんなら、いいけれども(笑)















タイトルってのは割と考えます。
記事タイトル自体が芸のうちになってるおもしろいブログがありますけれども(誰とは言わないけどね、師匠とかほ~さまとか。あ、言ってるし)わたくしの場合は、(滅多にないけど)後で着物のコーディネートを検索するとき着物の種類がわかりやすいように、とか、お出掛けした先がわかるように、とかが基本ですが。。。それより何よりも、なるべくタイトルでひと目を惹かないように、考えます。できるだけ扇情的なのは避けます。
いつも読んでくださる奥さんには、ちょっとはわかりやすいように言葉を選びます。
1本の記事の中に書いてる内容はたまに多岐に渡るのですが、そういう場合も表面は穏健なタイトルを心掛けておりますわ。ネガティブな印象を与える単語も避ける傾向にあります。
何故か?
タイトルだけでヒトが寄って来ないように、です。
例えば不特定多数に注目されるのが目的の、広告のコピーや雑誌のタイトル、新聞記事のリードならば、この場合「襟付き襟なし」にするのがほぼ正道ですわ。わたくしもこれが仕事であればそうするでしょう(笑)
たった一文字の助詞ですが、文章が与える雰囲気とかイメージを格段に左右します。
ヒトは何か書くとき、無意識に言語表現から感情を選びとっているものです。時々ツィッターなどで、「上手いっっっ」と感心しきりのタイトル&内容がありますけれどもあれは天然なのか計算なのか。とにかく「上手い」ヒトは本当に上手い。コピー(短い文章)ってのはつくづく才能だと思います。短いからこそ、単語の選びかたが効くのです。それは俳句や短歌の世界にも通じるなあ、などと考えるのですわ。
タイトルはひと目を惹くのに、内容がつまらなくて、開いて損した気分になることも多々あります。逆パターン(タイトルは地味だけど内容がおもしろい)ならば得した気分になって大喜びなのに、ホント、当事者じゃない他人は勝手なイキモノですわね(笑)
ところでヒトってのはおもしろいもので、ココロのどこかで「白か黒か」決めたい気持ちが強いような気がしています。世の中がグレイゾーンの濃淡で、ハッキリキッパリ白か黒であることなど本当はない。。。だからこそ、白か黒か、正義か否か、知りたいのでしょうか。彼氏や旦那と喧嘩したときも、知恵袋などに「どっちが正しかったのでしょうか」と質問の嵐です(笑)わたくしも自分が正しいと主張します。本当はどっちもどっちだったりするんですけど(笑)
自分の喧嘩はともかく、わたくしは他人にそんな親切じゃないので(爆)何でもグレイゾーンにしときます。責任を回避する、とも言えます。
。。。
。。。
なーーーんつって。
本当は、このようにタイトルひとつであれこれ勝手に分析されちゃうのは好まないので、なるべく穏健な表現になるように気をつけているのです。ってか、内容を読めば、わたくしの性格が悪いのモロわかりなのですけれども、もしかしていいヒトかと勘違いされないように、警戒しているのでございます。っつーか、タイトルひとつでよく存じ上げないヒトをあれこれ想像分析するわたくしこそが極悪性悪なのでしょうか(爆)あまりヒトさまから好かれない、このような自分の性格は結構気に入っているのですが(爆)
ちなみに時々、わたくしのしょうもないブログが、人気記事ランキングの1位になったりすると、
「しまったーーー!!!タイトルが悪かったか!?扇情的だったか!?」
と猛烈に後悔する(ホント。爆笑)読んだヒトこそが読んで後悔してないか、ひとり気にやんでしまいます。わたくしは小心者なのです。でももう取り返しがつきません。充分気をつけないとね(笑)
ふと今回のタイトルを書いてて、思ったこと徒然なり。
だったら穏当に、
「ツモリの浴衣2態」
にしとけばよかったか。。。
ああでも本心で、浴衣に挟む襟のことだけを言いたかったんだよね。。。
。。。
。。。
しょうもないこと考えていて、本当に本当にすみません。
こんなくだらないこと読まされて、奥さんにはお詫びしかできない(爆)


スポンサーサイト



Comment

No title 

亜雅紗

私、本屋で肝に銘じておりますのが
「煽るような書名の本は買わない」
『1日5分で英語が話せる(なら苦労せん)』とか『◯◯党は日本を破滅させる』等々。とにかく中身が無いのです。

私が伺ってるブロガーの方々はそう言うことはないのですが、たま様はこれほどの文才にもかかわらず色々心配りなさって何事も苦労が伴うものだと感じ入っております。

でっ、このお肌が輝くような浴衣、帯で雰囲気がこんなに変わるのですね。クリアファイルをこう使えばいいのか、ふむふむ。100均のクリアファイルって楕円形や長方形に切って好きな布でつつんでゆるく縫ってぎゅっと糸を引き締めて裏布と留め金をつけるとバレッタに最適と友人が申しておりました。
美容襟は私にはまだまだ難しく、この夏はバチ襟丸出しで着てみます。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2017.08/03 16:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私もやってます~♫
浴衣の襟芯クリアファイル方式(笑)

襟がしょたってなると 私の場合湯帷子通り越して寝間着感がハンパないので‥(´Д` )

しかし いい人と勘違いされないよう警戒って めっちゃツボりましたがな~(≧∇≦)

そうそう 扇情的な本のタイトルでも特に「 死にたくなければ〇〇は食べるな!」みたいなやつは特に嫌いです
健康不安を煽ってカネにしようっていう詐欺まがいの根性がミエミエで吐き気すらおぼえますわ
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2017.08/03 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あらやだよ、ワタクシの記事タイトルって芸のうちに入ってます?…無駄に長いだけのような気がしますが。短く的確にまとめられない。だからツイッターなんぞできんわ(笑)
そんなワタクシは雑なので、つまんである掛け衿は、そのつまんである部分、重なって隠れている部分をハサミで切っている!!そして衿芯を入れております。
だって一応布は重なっているので切りっ放しでもほぼ大丈夫なんですよ。
毎日着るわけでなし。
『猫なんか呼んでも来ない』…これは猫飼いには実に扇情的なタイトルでありましょう(笑)
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2017.08/04 01:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私には衿無しの画像のほうが、さらにお似合いに感じます。
パステルカラーの様々なドットに黒猫が効いていて素敵!
八雲氏は夏仕様なのか、スリムになった気がします。
元気でこの夏も過ごしておられる様子がほっこりします~。
首輪の色もよく似合っています。
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2017.08/04 11:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

いつもなんとなくでタイトル決めてる自分が、情けない…(~_~;)
たまーに書いてて自分ではまってしまうことがあるんですけれども、それは自分のブログではなく、ひと様のコメント欄とかだったりします。(;´▽`A``

浴衣可愛いです~自由な八雲氏も可愛い♪(*´ω`*)
  • posted by さのっち 
  • URL 
  • 2017.08/04 14:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あらま。私のタイトルが芸の内ですって?
適当過ぎて、後から自分の記事を探そうとしてもタイトルからじゃほぼ見つけられない役立たずだというのに
あすかさんやたまさまのタイトルは分かりやすくて好きですよ。
タイトルだけで笑えるなんてこともありますし。
そして。
私もあすかさん同様掛け衿の塗ってある部分(片側のみ)に鋏を入れて斬りっぱなし。
解けないからいいのさ。って思ってますよ
そしてそして。相変わらずのたまさまのぐるぐる文章が楽しくて大好きです。
半衿なしでもありでもどちらもお似合いだと思います。気持ち的にココロもとないってのはちょっとわかる気もしますが見た目には全く問題なし。素敵です!
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2017.08/04 21:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま(^^)
煽るようなタイトルで結局何の結論もないと「オマエは女性週刊誌か」とツッコミたくなりますわ(爆)
クリアファイルっていろんな用途があるんですね~~。アイディア小物ですね(笑)
夏の宵、浴衣のお出掛けはいいものだと思いますわ~~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

U-カリンさま
月涙さま
utaさま
すのうさま
ocarinさま
yud*****さま
mas*****さま
茶太&さくら&げんきママさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)
「湯帷子通り越して寝間着感」に、めっちゃ共感を覚えましたよ!そーなのーー。私も特にこういうとこ要注意なんですよーー(^^;)
そう考えると養老先生の「バカの壁」は秀逸なタイトルだったと思いますわ。誰も貶めず。とか言っといてこの本は読んでないんですが(爆)
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠(^^)常に原稿用紙2行に渡るタイトルが秀逸じゃなくてどうします(爆)実際やろうとすると難しいんですよ。他に誰も後続がないのがいい証拠ですわ。ハッシュタグで無理矢理繋いでるヒトは見掛けるけど、必死で検索されようとしてる様が見苦しいと思いました(←意地悪)
えっっっっっ重なってるとこハサミで切る?切りっぱなし?
目からウロコ。
ありがとうありがとう。心得させていただきたい。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま(^^)どうもありがとうございます。今、八雲氏の首輪はグリーンがテーマカラー。風が抜ける窓辺で元気にしてますわ。
そう?地色のおかげかな?この浴衣は安心して襟なしで着られますわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> さのっちさん(^^)あるある。ヒトサマのコメントに爆笑することありますよね。こいつら世界ができてる(爆)とか。コメ秀逸な方も文章力高いとつくづく思いますわ。私はコメ苦手で(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)四文字熟語造語ですもん、他の追随を許さないクオリティの高さですわ。読んで初めてタイトルが生きる仕様も素晴らしい。そして、後からどんな内容だったか探せないの、わかるーーー(爆)
文章を褒めてもらえるのがいちばん嬉しいですーーー(^^)/
で、ほ~さまもハサミで切りっぱなしなんですね。そっかーーー。私もそうしよう。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すずこさま
ちっくさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/07 12:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

とめ吉さまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.08/14 13:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR