FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

雪輪柄泥大島紬


 旗印、7マルキの雪輪柄泥大島紬です。
 
 20代で仕立て、30代半ばまで愛用していました。雪輪は大好きな柄なのです。
 
 八掛は、臙脂色でした。
 何しろ、藤間紫先生に、お説教されちゃいましたからね
 
 見知らぬ小娘に、着物のしきたりをとうとうと説いてくださった藤間先生。着物(というよりも、身に付けるあらゆるもの。服でもアクセサリーでも)が、その人の立場を表す時代を生きた方でした。
 
 今は色々な事がカジュアルになって、そんなことも言われなくなりました。
 

 薄い黄土色(絵の具で言うイエローオーカー)から青(シアン系)へのグラディエーションが凝っています。
 彩度を落とした色使いが美しいです。この素晴らしい技術が後世に残って欲しい
 
 20代としては、当時若干地味なものでしたが、八掛を臙脂にすることで、若い女性が着ているとはっきり判ったのです。
 平安時代、娘の袴(長着の下に履く下着)が臙脂色で、既婚女性や中年になると朱色に変えたという故事を思い出します。
 さすがに現在は、この手の着物の裏に朱赤は厳しいですが。。。
 

 
 若い頃よくやっていた組み合わせです。この帯は当時の八掛と同じ臙脂色なのですが、画像では真っ赤に見えます。どうもデジカメでは、赤の微妙な表現が難しいです。もっと明度を落としたお色をご想像ください。
 帯に臙脂色は、秋から冬のコーディネートでした。この組み合わせの時の半襟は、白地にピンク系グラディエーションの小花や、もみじ柄でした。帯揚げは若竹色、帯〆は草色から若竹色のぼかし。赤と緑は補色の関係なので、合わせやすいのでよくやります。
 

 臙脂色紬地に仙頭刺繍のしゃれ袋帯です。
 
 どんな紬にも合うので重宝してました。まだ使えそうです。嬉しい
 銀座松屋で、当時はデパートでやるのが珍しかった「着物リサイクル展」にて未使用品を購入です。使いすぎて、最近洗いに出したら落ちないシミができていた
 本望です
 
 
 
 
 
 同じ紬で春のコーディネート。浅葱色のちりめん地に軽い紅型の名古屋帯です。中抜き絞りの帯揚げは水色からピンクへのグラディエーション。帯〆同じピンク。この時半襟は、さくらの刺繍だったり、水色地に藤の刺繍だったりしました。細かい季節感は半襟の刺繍で出すことも多いです。
 

 
 たまは、古典柄が好きなのと、きちんと綺麗めに着るのが好きなので、組み合わせも奇抜なのはありません。この組み合わせのまま、別の人が着るのも可能なくらい。でも、着物はその人の中身が出る衣装ですね、同じに組み合わせても同じタイプの人には見えません。個性が際立ち、小物のお色を変えるだけで、どんぴしゃと来る瞬間があります。結局、ひとりひとり、似合う組み合わせはまったく同じにはならないのです。それが、ホントに不思議。着物の不思議です。
 いつの時代も必ず着物好きが現れて、どっぷりハマっていきますが、とても納得できます。この世にたったひとつの、自分だけのコーディネートなのですから。
 着物は、奥深い衣装です。
 
 次回は、40代になったコーディネートを見てください。八掛必見
 

 
 
スポンサーサイト



Comment

No title 

美しい!
雪輪は、私も好きな柄です。
縁がなくて持ってはいませんが。

臙脂の帯も染めの帯もどちらも良いですね。
特に染めの方は、まんまるには似合わない色なので
ため息モノです。
  • posted by まんまる 
  • URL 
  • 2010.10/24 10:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

そう言って頂けると嬉しいです(^^)雪輪ラブ。友人★には「恐怖のフェリシモ買い」と言われてますよ。

まんまるさんはアンティークもお好きみたいですし、お好みにも筋が通ってらっしゃるから、個性が違ってもし一緒に歩いたらきっと目立ってとっても楽しそうな気がします。一緒にお買い物行きてぇっす。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2010.10/24 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

雪輪、素敵~!
大島でもこういう帯を合わせると、華やいだ印象になりますね。
私も染めの帯が好きだなー。椿かしら? 浅黄色というのがまた素敵。
平安時代の袴の色で年齢が分かるなんて、知りませんでした。へー。
40代コーディネート、楽しみにしています。うふん。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2010.10/25 00:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

べにお様も雪輪、お好きですか~?一緒に買い物、いやひやかしでもいいから行きたいっす。

私は華やか×華やかコーデが似合わないもんで、着物と帯のバランスはいつも苦肉の策のたまものなんですよ。地味×地味はもう老けちゃって老けちゃって。悲しいです~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2010.10/25 02:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR