FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

お高い展示会に行ったった『美展』

ごきげんよう




2月ですねーーー。
先月はいろいろちょこちょことお出掛けしたので、小ネタが溜まってますよ、奥さん。
少し遅れ気味ですが、どうぞお付き合いください。



 


『美展』は、毎年この時期(1月20日ころ)に開催される、京都丸紅主宰の着物の展示会です。
わたくしはお馴染みの日本橋馬喰町の着物問屋さんから招待状が来るので、担当さんと時間を決めて待ち合わせます。今回は、友人★と義妹(夫の実妹)と3人で出掛けました。
ここでは、丸紅がしまい込んでるお宝(安土桃山時代~江戸時代~明治・大正時代の小袖)のうちの一部を、学芸員の解説つきでありがたく拝見させてもらえます(笑)タダで(爆)
写真撮影は禁止。
どれほど抱え込んでいるのか、展示される古い小袖が今までカブったことがありません。担当さんの話では以前は別部屋で何十枚も展示してくれたのに、現在は年に4・5枚だけの公開だそうです。
新作の展示販売規模もずいぶん縮小したそうです。
ご時勢ですね。
奥さんならご承知と思いますが、念のため言っときますが、わたくしたちは買う気はまったくありません(爆)
気軽に買えるお値段でもありませんし、展示会のメインとなるのは当たり前のように訪問着や振袖などで、柔らかもの1枚「着る機会がな~い」などとほざくわたくしごときには、如何にも縁がなさそうです。それでも有名なメーカーさんのお品が一堂に集まっているので、目の保養で見ていて楽しいです。担当さんも(会社には大きな声で言えませんが)、気楽な客(わたくし。この場合は客ですらない…笑)相手に時間が潰せていいらしい。役に立てて良かった(笑)お互いにただ着物が好きであれこれ好き勝手に評し合って遊べるのも、呑気で楽しいです。
もちろん真のお客さんは、いいものをたくさんの中から選びたいとか高価なものを買いたいとかそういう方々です。少数ですが確実に存在します。それは「金持ちだから」とかの理由ではありません。喩えるなら、わたくしが某ヨーロッパブランドのバッグに感じる感覚に似ています。ヴ○トンは自分には必要ないし欲しいと思わないけど世の中の誰かが買っている。。。などとぼーーーっと思う感じに似ています。別の喩えにするなら、ヴ○クトリアズシークレットの下着は、わたくしには必要ないけど欲しいヒトは必ずいる需要は絶対ある、とか。。。っつーか、益々意味が不明になってたらすみません。
ところで着物の展示会というと、売りつけられるとか反物巻き巻きの刑に遭う可能性とかの悪い印象しか持たれてないのは残念なことです。実際そのような、売ってなんぼとにかく売ってしまえばオシマイ的な着物屋さんは確かに存在していますけれども。気が弱かったりしたらさぞや断りづらいだろう、とは思います。でも、欲しい!とならずに悩んでるように見せるのは、本当は買いたくないからですよね?売り手側はさも「着物の良し悪し」が問題で、「今買わないと次はもう出逢えない」とか「買っといて損はない」みたいに攻めて来ますが、現実はそーいうことじゃなくて、そんな金額払いたくないだけだってことは、本当は売り手も誰もが知っています。向こうは売るのが仕事だから知らないフリを決め込んでるだけですわ。だからもう、ぶっちゃけていいと思う。たくさん羽織っても、どれも気に入らなければ買う必要はないし、たとえ気に入ってもお金がなければ買えないので、シンプルに「買うのは嫌だなーーー」と言ってみましょう(爆)相手にされなくなるかもしれませんが(笑)それはそれでいいんじゃないか。
大昔、このような小娘相手に「いつか欲しくなったら、頑張って買うたってや」と、反物の見方染めの見方織りの判別の仕方等々教えてくれ、「客を育てる」ことを気長にしてくれた時代と場所があったんですよね。わたくしは有難く育てていただきましたよ。感謝してますわ。
さてわたくしはこのような高価そうな展示会(個人の感想です)には、かつてはワザと洋服で行くことが多かったのですが、着物を知らないヒト相手の蘊蓄を聞かされるのが退屈で(←ホントに性格が悪くてごめんねw)最近はお気に入りの着物で行くことにしております。着物の展示会に着物を着て行くと「買うヒトと思われる」と言われたこともありますけれども、現実には、着物が好きな販売員さんであればあるほど、こちらのこだわりが理解されます。わかってもらえるとスゴく嬉しい。
素晴らしい着物はたくさんあるでしょうが、現実に何万円も何十万円も(何百万円も何千万円も…笑)払いたい着物など、まずありゃしません。緻密な技術や素敵な染めに感心したって、実際に買いたい気持ちとは別問題なのですわ。奥さんならご理解いただけますよねーーー。「アタシの着物の方がずっと好きかなーーー」とか能天気に思っていられるのが幸せですわ。

今回は、担当さんと丸紅秘蔵のお宝を見る以外に、ウチの義妹にはどういう着物が似合うか探し出すミッションが与えられました。
これは思った以上に含蓄ある、有意義なミッションになりました。
ウチの義妹に似合う色や染めを探してGO!
後日画像と共に解説します。














 


わたくしの着たものから。
招き猫柄泥大島紬7マルキ。地球印(奄美大島産)。
年に1回は袖を通したいお気に入りの紬。
あすかピンク繻子地に黒猫刺繍の京袋帯。ふりふでオーダー。
昨年は締めてない気がします。駄目駄目、もっと締めないと。命短し恋せよ乙女。。。と自分に言い聞かせる。←どうかニュアンスだけ汲み取って欲しい。乙女じゃないのは重々承知してますよ、奥さん。
ひめ吉さんちの刺繍半襟『黒猫とツタ』
黒猫のリボンはパープル。
納戸色ちりめん地帯揚げ。
CHOKOさんのRingRing。
ゴールド&ターコイズ。これを目立たせたかったので、前柄は出さないで結びました。
水色地切り絵風小紋柄長羽織。
ターコイズの羽織紐。
ネックレスから自作。
白い猫かんざし。ふりふ。



足元切れちゃった。



好きなものばかりで幸せだなーーー(笑)
わたくしの幸せはこんなもんですよ、奥さん。


この項続きます。
いつも読んでいただいてありがとうございます。



https://fashion.blogmura.com/kimono/






スポンサーサイト



Comment

No title 

なんて楽しそうなミッション!(≧∇≦)
好きと似合うが同じなのは幸せだと思うのですが、そんな好きでもないけどすっごく着映えがするのを発見できるのも幸せだと思います。(*´艸`*)

ひめ吉さんの黒猫は赤のリボンのしか持ってませんが、ついこればっかり使い過ぎてしまうので、他の色のも買っとかないととたまさんのコーデを見ていつも思います(しかしまだ買ってない)。(^-^;
  • posted by さのっち 
  • URL 
  • 2017.02/01 16:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

命短し恋せよ乙女。おっさりたいことはよくわかりますわ。
しかし、帯締めを効かせるためにあえて前柄を出さない。なんて考えたこともなかったです。
たしかにこのRingRingは無地の方が引き立ちますよね。羽織紐もあるし
ところで私。糞ババアですけどヴィ○トリアズシークレット、愛用してまっせ
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2017.02/01 17:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

初めまして。亜雅紗と申します。
いつも楽しく拝読させていただいていますが体調不良とのことでお加減はいかがと思っておりました。またステキな着物コーデで敷居の高い場所へお殴りこみになるほどお元気になられたようでほっとしました。
私、実は義妹さまの大ファンでして本当に続きが楽しみです。でもご無理なさらないで下さいね。
  • posted by tar***** 
  • URL 
  • 2017.02/02 01:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

わこの帯。可愛い~~~。私もお気に入りです。(たま様の所持品の中で)。半襟もリボン全色持ってるんじゃ?
とても楽しい大人のお遊び着物コーデですわ。
リングリングは八雲氏のおもちゃにされていませんか(
ヴィトンのバッグが大好きな友達います~。着物や帯は買えない!だってヴィトンが先だからー。次々ヴィトンが増えてもはや私には、
どれも似たようなものに見えるのですが...
きっと私が好きな着物類も似たようなものにしか見えないのかも~。
人のこだわりって自分にはあまり関係ないですものね。
そのミッション面白そう!そういうのは楽しいです!
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2017.02/02 11:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

あら、楽しそうだこと(⌒▽⌒)
そのメンツでどんな風にミッションをクリアしたのか、非常に興味深いっす。レポート続編が楽しみよ~!
帯締めを活かすために前に柄を出さないって、確かにすごく有効ですなぁ。羽織を着た写真で、リングリングと羽織紐がいい具合にコラボしてるのが分かります。引き算の美学ですな(笑)。
それにしてもたまさん、黒猫リボンの半衿何枚持ってるのー?! しかも、レア物ばっかし(笑)。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2017.02/02 15:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

うむうむ‥と随所でうなずいてましたよ~(言葉の遣い方合ってるかしら‥;^_^A)

京都人の夫と義妹には そういう展示会とか いろんな催し物に中途半端な物を着ていくとかえってよくないみたいなことを ちくちくと言われたことがありますが

私はあえて「私の好みはこんな感じです そして経済力もこれが限界なので今日は目の保養に来ました」と主張したくて着ていったこと何回かございますよ

買えないけど 着物が好きで せめて良いものを見たいという気持ちに応えてくれない呉服屋なんぞ潰れてしまえ と呪詛かけつつ‥(笑)

このコーディネート好きですーーーー!!(≧∇≦)
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2017.02/02 21:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

jij*k*1114さま
茶太&さくら&げんきママさま
みっこちゃん
ensyuuさま
utaさま
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> さのっちさん(^^)そうそう!特に好きじゃないけど着映えする着物って、実際着てみないと中々わからないですもんね。似合うのがわかればセレクトの幅も広がりますしね~~。
私は逆に赤いリボンのを持ってなくて(爆)いつか買おういつか買おうと思っててまだです。地色を変えてオーダーもしてみたいです。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^)
まあ♡ヴ○クトリアズシークレットのカタログは大好きですよーー。見てて飽きない!でも私にはサイズが難しい。ええなあ買えて(爆)
命短しですからねーーー、好きなものをいつもたくさん身につけないとねーーー
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

亜雅紗さま、初めましてこんばんは。ご訪問ありがとうございます。
義妹の!?
っつーか我が家で阿鼻叫喚でございます(笑)義妹が。人気がないと気にしていたのです。次のレポを書くのにチカラが入りました!!!
どうぞ宜しくお願いします~~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま(^^)この型の半襟は4枚?か5枚です。アウトレットが多いので、色が変わってたりします。
私はある日、エルメスのケリーかバーキンを買うなら。。。と夢想しかけて、エルメス買うお金があるなら新しい大島紬買うわ、と思い直しました(爆)どれも同じに見えるでしょうねーーー。お友だち、楽しいですね!
RingRingはいかにも八雲氏好みなので、決して遊ばれないよう、厳重に保管しておりますよ。我が家では飛影王子の先先代が黒猫でした~。この帯はそのコに似てると思って(親馬鹿)見逃せなかった。猫飼いあるあるですよね~。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

miy**a0225さまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生もソコツッコむ?(笑)黒猫半襟は、アウトレットで色が変わってるのばかり買ってるからですよ。地色がターコイズとか。『グレイ猫とつた』もあるぜ。今度は地色オーダーでお願いしてみようかな。
展示会って買わない方が圧倒的に楽しいです(^^)このメンツのお出掛けが重なって、遊び過ぎて疲れちゃったんですよね。気をつけないとーーー(><)。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 22:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)京都は長く都だったからか、身分や分をわきまえる美学(?)が発達してると、常々感じてますわ。
東京は今までに何度も壊れてますから(江戸末期、関東大震災、第二次世界大戦)価値観に変化が伴うのはしょうがない。私は江戸っ子じゃないけど、やはり関東者なので、直球ストレートが身上です(^^)見栄を張るんだってやり方があるだろうがよ、みたいな(←下品でごめんね)庶民には庶民の美学がありますよ。京都から来た呉服屋さん吃驚(笑)でも京都の方が少数派だと思うな。違うか(爆)
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2017.02/02 23:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR