FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

また雨模様。着物の展示会に行ったった。

ごきげんよう




もう10日くらい前、風邪を引く前のこと。
わたくしは夢を見たんでした。
その日は久しぶりに掃除洗濯もなく引っ越し以来動きっぱなしだったのがぽっこり時間が空いて、ちょっと気が抜けた気分で、パジャマのまま着替えずに、フリースやレッグウォーマーやあったかソックスなどでもこもこに着込み、リビングのソファでうとうとしてました。わたくしが着ていたのは、ピンク色のネルのりらっくま柄。ずいぶん長く着ているので、「もうそろそろこのパジャマもサヨナラ時かも。もうりらっくまなんか着ちゃ駄目だ。美しくない」とか思っていた。
するとそこにピンポンが鳴りました。わたくしは、
「しまったパジャマのままだーーー。それもこんなのだけど、郵便局か宅急便ならいいや」
と、ピンクのりらっくま柄パジャマ&うにくろフリースを着込んだ姿で、玄関に出たのです。
そこには何故か(ホントに何故)大泉洋さんと安田顕さんがいらした。ちょっと下がって戸次さんも。
。。。
。。。
。。。それはハナタレ(注;『ハナタレナックス』HTBのバラエティ番組)のロケだったのです。
な~るほど。わたくしは妙に納得しました。そしてヤスケンとツーショットで写真を撮りたいなあ♡などと思った。すると大泉さんが、
「。。。奥さん、その格好、テレビ的にどうなの?。。。ワタシはいいですけど」
あああやっぱりこの格好じゃまずいですか?いくら北海道ローカルだからって。そうよね、それにわたくしはヤスケンと写真を撮りたいのよ、こんな姿じゃ恥ずかしいよね。。。
着替えようか着替えまいか(すぐに撮影で何処かに行っちゃいそうだったので)焦って、でもパジャマは駄目駄目っなどと葛藤し、慌てて2階に上がってパジャマを脱ぎ捨て普段着に着替えて怒濤のごとくに階段を駆け下りると。ウチの前には、もう戸次さんしかいなかったのです。




もうがっかりしてがっかりして、
「りらっくまパジャマでいいから撮ってもらえばよかった!」
と呟くと、戸次さんが、
「オレひとりじゃ駄目だっつーの?もーーーっなんでみんなそういうのよ」
。。。
。。。ハッと目覚めた。
わたくしはリビングで、ぬくぬくとした姿のままおりました。
すごーーーく驚いて心臓がバクバクいってましたが、今のが夢だと知りました。
くだらない。とーーーってもくだらないじゃありませんか、奥さん。
あまりのくだらなさに、速攻でウチの義妹とべにお先生にメールしましたよ。
奥さんに於かれては、馬鹿な夢の話を読まされて、本当に本当にすまない!!!
なお、戸次さんファンの方は、特に深い意味はありませんので、どうか見逃してください。








さて、先月(11月)のとある日、わたくしはお姉さま(注;渾名。百万人のお姉さま。かつて同じ会社で働いたことがある戦友)にお誘いを受けました。日本橋問屋街にある着物問屋さんの、展示会に行くのです。店舗ではなくどこぞの会場ワンフロア借り切っての比較的大掛かりな会です。目玉は、40%オフ50%オフともいう、着物のお手入れ料金です。お姉さまは、お嬢さんがお友だちの結婚式で着た振袖を、洗いに出したいとおっさるのでした。
わたくしも正絹の着物を洗いに出すのはたいてい、こちらのキャンペーン中です。もしくはネットで京都の悉皆屋さんに出すこともあります。
普段のお出掛けに着物を着ていて、何がいちばん大変かと言えば、お手入れ代金が馬鹿にならないことなのです。わたくしはお馴染み日本橋の着物問屋さんとは30年近いお付き合いですが、以前は今のような丸洗いや染み抜きや洗い張り料金をお安くするキャンペーンみたいなことはしていませんでした。もちろん白洋舎(例)に出すよりは2割ほどお安かったのですけれども。。。
わたくしが普段に着ている袷の着物は、ほとんどが泥染めや藍染めの紬なので、染みや汚れがあっても気付きにくいです。なのでわたくしは自分の着物を洗いに出すのは、大体の着用回数を加味したローテーションで決めています。ひどく汗をかいた自覚があるときはシーズン終了後に丸洗いプラス汗抜きをお願いします。汚れがあってもなくても何年かに1回は洗いに出し、10年か20年のスパンで洗い張りします。正絹の紬の素晴らしいところは、洗い張り仕立て直して戻ってくると、まっさら新品のように綺麗になるところです。
。。。とはいえ庶民のフトコロには、安易に出せる金額ではないのは確かなのですわ。新しい着物を買うのは(リサイクルものも)手に入れる喜び(=ストレス解消)っつーのが存在しますが、お手入れにはそれがない。そりゃ綺麗になって戻ってくれば嬉しいけれども。そもそも現代は昔とは何もかも違ってしまい、仕立て直し代で新しい着物(リサイクル含む)が何枚も買えてしまうのです。
わたくしは汗ばむ季節の着物はほぼすべて、自分で洗える着物にシフトしましたわ。なけなしのお手入れ代は、袷の着物のために使えるように考えたのです。
嗚呼。
お金持ちってのは、維持費に余裕があるヒトのことだよなあ、とつくづく思います。こんな妬ましいことがありましょうか。もしわたくしに宝くじが当ったら、お手入れを気兼ねなくばんばんできるのだなあ♡ええなあ。。。♡
密かに妄想するのみなのでした。








また例に依ってお天気が午後から悪くなるという予報だったので、小雨モード(当社比)で着るものを選びました。また足元はブーツだ。。。草履履きたかったなあ(^^;)





唐草柄泥染大島紬。
7マルキ地球印(奄美大島産)。八掛は百緑(ひゃくろく。日本の伝統色から)。
猫博多。
黒木織物。
青磁色ちりめん地帯揚げ。
からし色×赤紫色市松&ストライプ三分紐。
ふりふ。
白猫帯留め。
ふりふ。

わたくしは大島紬好き大島紬LOVEなので、若いときからボーナスなどで自分で少しずつ購入していったのも大島紬が多いです。更に、持ってないタイプの柄を見つけると、おーく損(@ほあかばりきるま。氏語録)でも購入していました(←莫迦。大莫迦)。でも好きってこういうことじゃないか、とか自己弁護してみる。
こちらは大きめで若干昔っぽさを感じる柄ゆきと、ヒトモトで7マルキで証紙付(わたくしは特に地球印が好き)なのが気に入って、最初から仕立て直し八掛替えありきで落札したものです。しばらく前のことでしたが、今現在よりもずいぶん買い易かったように感じます。お手入れ代を計上するので、その着物にその価値があるかどうか(生地の良さと、ずっと好きで今後もたくさん着られるかどうか)は、結構シビアに計算します。
もちろん仕立て直し等の手を入れしたくないけれどもコレ欲しい!ってな場合もたまにあるので、そのときは必ずマイサイズに限りなく近いことを自分に課しているのでした。自分縛り。そうしないと、わたくしの『珍しい着物欲しい欲望』は際限がないからねえ。もっともわたくしなどが「おおっ」と気になるような珍しいブツは、他所さまだって目を付けてるし、結構高値になってしまいます。そうなれば諦めもつくというものです。自分にお金の余裕がなくて、更に小デブで普通サイズじゃないのが、こうもストッパーになっているとはなあ。
世の中は、何が災いして何が幸いするかわかりません(泣き笑い)。

着姿及び、お姉さまの洗いに出した振袖画像等は、後日。
いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/




スポンサーサイト



Comment

No title 

着物って維持費がかかるから、安く買っても高くつきますよね。
前に習っていた着付けの先生は、お教室では毎回違う着物を着るので、季節が終わるとお手入れ代だけでうん十万円になると仰ってました。

私も10年前はアンティークが着られるサイズだったのでお金がなくても欲望を抑えるのが大変でしたが、今は肉がついて身幅が足りないので簡単にあきらめがつきます。(^-^;
嬉しいような、悲しいような…( ;∀;)
  • posted by さのっち 
  • URL 
  • 2016.12/02 20:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ハゲしく共感しますわ~

私にとってお金持ちとは 高価な着物をバンバン買う人ではなく
手持ちの着物のお手入れ代を躊躇なく支出できる人のことですわ‥

キャンペーンで激安のクリーニング代の時でさえ どれを最優先にするかかなり悩む私は たまさんと同じく 宝クジ当たったらタンスの中身ぜーんぶ洗いに出しちゃるーーーー!!と妄想しております

ところでこの大島さんかなり好みですーーーー!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2016.12/02 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

うわ~~っ!
その、ナックス雨神様と残念さんのセリフ、妙にリアリティがあるわ~~!
国王と写真を撮ってもらうならパジャマでもOKでしょ!国王に裸になってもらえば恥ずかしさ半減。。。ってか!?
  • posted by はま~た 
  • URL 
  • 2016.12/03 08:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

別に戸次さんのファンではないんですけれどもなんとなく戸次さんが不憫だわ~~~
そう。着物のお手入れにかかるおカネって本当に馬鹿にならないですよね。
特にリサイクルやおーく損で手に入れた中途半端なサイズだったり微妙な柄だったりの物に買った額の何倍ものお金をかけてお手入れをするのはなかなか思い切りが必要です。
金額など全く気にせずまとめてぽいっとお手入れに出せるような暮らしがしたいもんですなあ…。
年末の物入りで素寒貧です
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2016.12/03 17:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ensyuuさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/04 21:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/04 21:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> さのっちさん(^^;)着物の維持費ってのは悩ましいですよね~。数をたくさん持ってて1枚着るのが数年に1回とかだったらさほどじゃないのかしら?
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/04 21:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん(^^)共感してもらえて嬉しい~~。お金があるってことは、欲しいものを躊躇なく買えるチカラじゃないと思ってます。豪邸だって買うだけよりずっと綺麗に維持する方が大変。文化財とか持ちきれなくて国に寄付しちゃいますもんね。
私も着るときはあとの洗いに出す都合を考えてコーディネートしたりして、「ああそれじゃこっちの着物はいつになったら日の目を見る?」と痛く反省したりして~~(><)
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/04 21:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> はま~た姫
そっかー、安田さんに脱いでもらえば良かったんだーーーっさすが!
そこまで考えが及ばなかったな~~(爆)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/04 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

utaさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/06 17:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/06 17:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま(^^;)有名になっても残念さは相変わらずで嬉しいです(笑)
お手入れにはいつもアタマを悩ませます。取っ替え引っ替え着たいけれどもお手入れは怖いし、お手入れが怖くて出番が減ったら本末転倒だし!ああお金持ちになりたい。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/06 17:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ちっくさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.12/06 17:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR