FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

もしかしてこれを終活と呼ぶのか。転居の記録vol.13 accessories

ごきげんよう



ネタが身もフタもないので、苦手な方はスルーしてくださいませね。




珍しい猫団子(画像と本文は関係ありません)


こうしてひと項目立てて滔々と述べるほど、アクセサリーを持ってないんですけれどもね。。。

わたくしは金属アレルギーで、プラチナ以外はほぼ全滅っつーのが検査でわかったのは、30歳をとっくに過ぎたころでございます。遅っっっ
子供のころからいろいろなものにアレルギー反応しましたが、当時田舎の開業医はアトピーというのを知らず(ホントか)長いこと原因も知らず対症療法以外なす術もなく(対症療法は結果的に正解だった訳ですが)オトナになるに従ってアレルギーは単独で猛威を振るうようになり、ひとつひとつ、できないことを諦めていったのでございます。
腕時計が付けられないのは社会人として若干困ることもありましたが、ケータイが普及すると腕時計は要らなくなりました。
そのような実用品とは別に。。。ネックレスには憧れたなーーー!!!
18金のほのかな輝きの華奢なゴールドのチェーンとか。
アンクレットとか。
小さな宝石のついたブレスレットとか。
他にも、ちょっと遊びのデザインのお安いピアスとか、可愛い色石のじゃらじゃらしたネックレスとか。ナチュラル系お洋服の売り場にこじゃれた小物といっしょに売ってるようなやつとか。
ハードなごつい指輪とか、ロックな(←こういうのも好きなんだ)デザインのチョーカーとかさーー。
。。。全滅っすよ!!!
短時間つけているとびゃああああっと赤い湿疹のネックレスができる場合と、短時間ならば大丈夫なアイテムがあったりしますが、体調にも左右されるので油断はできません。わたくしの場合、指は比較的湿疹が出にくいところなのですが、わたくしには性格的にも見た目的にもあまり指輪が向きませんでした。自分の好みがかなり明確だったので、結局、アクセサリーをするのを放棄する道を選びました。その方が精神衛生上もラクでした。
たまに買うのは、素材(プラチナ)とお値段とデザインの好みがマッチしたピアスのみ。
知人が長いことお勤めしていた日本橋にある某百貨店には、10本全部の指に大きな宝石の指輪をした老婦人が、大勢(!)いらしたそうですが、「宝石の輝きで手のシワ手の皮膚のたるみを隠すため」だと誰かが教えてくれたっけ。っつーかわたくしとして印象的だったのは、大きな宝石がついた指輪で何かしようとしたら、それこそ何もできない、指輪とは何もしない前提で庶民以外が装うものであるのだなあ。。。と思ったことでした。ってか、お出掛けするときだけ指輪して、家に帰ったら外せばいいんだろうけどね(笑)
わたくしは根が面倒くさがりのせいか、アクセサリーは付けっぱなしが前提ですのよ。ほーーーーっほっほっほっ(←莫迦)っつーか指輪って外すと失くしそうじゃない?だから駄目なんだよねーー。
ってか何の話だったっけ。
そうわたくしはアクセサリーを持ってないっつー話だった。
それでも少しはあったんですよ。結婚するときは好みのデザインで婚約指輪とか買ってもらったし、結婚指輪もしてる。亡き姑(夫の実母)の形見の指輪とか色石のネックレスとかもありました。使わない(指のサイズも合わないしね!)、ただホントに持ってるだけでしたけれども。。。
ウチの夫の極小会社が借金まみれでアブナいっっってことがわかったとき、入院していた舅(夫の実父)の税金が溜まりまくってるのを発見したとき、わずかな蓄えを崩す前にまず身近なもので現金化できるものを現金化しようと考えたとき、最も換金しやすいブツは、アクセサリーでありました。
インド人が「ゴールドゴールド」って言う訳がよーーーくわかったよ。金(ゴールド)は、非常に安定して換金できるブツだったんですよっっっ
あああ、わたくしも出来うる限りの金(ゴールド)を買っとくんだった!!!わたくしは自分の金属アレルギーを怨んだっすーーー。
でもどんなに後悔したって過去も自分の体質もやり直せない。とにかくひたすら、かき集められるだけの金属(14金、18金、プラチナ)アクセサリーを地元の宝飾店に持ち込みました。地金買い取りの看板のかかるところはいろいろありますけれども、この宝飾店は地元で長くお店をやってるところでした。まさか我が家の窮状がバレてる訳はないけど、ちょうど大体的に地金買い取りキャンペーンも張ってる時期でした。
プラチナは安定した高値金額をキープしていましたが、更に運のいいことに、金(ゴールド)の価格が上がっています。24金がグラム5000円近い。20年くらい前はその半額近かったと覚えてます。全体的に地金が値上がりしているのですわ。まああ


神の采配じゃないだろか。
姑の翡翠の指輪は、翡翠だけ外して地金として売り払いました。重かったのでいい金額になりました。トパーズなどの色石のネックレスも売り払いました。息子の危機を救うためだっっっあの世で本望だと思って欲しい。
舅の世帯を片付けていたとき、金目のものなどまったく期待しておりませんでしたが(舅の後妻さんが住み散らかして出て行ったあとだった←サラッと流して欲しい)、奇跡のように1970年大阪万博のメダルをいくつか見つけました。24金とシルバーと。もうすっかり遺品整理ハンター(爆。ってかこの段階では舅は死んでなかった。まだまだ生きるはずだったし、そう信じて疑いませんでした)金目のモノに、アンテナが働くのですわ(下品でごめんね!)どうやら記念メダル好きだったらしく、シルバーのメダルは他にもたくさんあった。ダイアナ妃来日記念メダルって(念のため注;プリンセスダイアナは現イギリス皇太子の前妻)何考えてるのか舅よ。昭和天皇在位記念メダル。当時10万円硬貨が売り出されたのはハッキリ覚えてますけれども(誰が買うんだろうと思っていた小娘のわたくし。でも実際はスゴい売れ行きだったらしく、そっちの方にビックリだったよ!)純銀のメダルも出してたのね。恐らくリーズナブル路線の国民を取り込む目的で発行されたのでしょう。恐れ多いですが、どれもこれも地金として売り払いました。シルバーのアクセサリーは買い取るところがあまりないようで、わたくしたちもシルバーは買い取れないと何カ所かで言われましたけれども、探せばある。高純度のシルバーがゴールドに比べていかに安くても、たくさん集まると馬鹿にならないのでございます。舅には息子の危機を救うためだと思って諦めて欲しい。
わたくしは以前、遠い親戚の匿名希望さんの遺品整理をしていて、お礼を兼ねていくつか指輪などのアクセサリーをいただいておりました。シャ○ルやらサン○ーランやらのブランドアクセサリーは激しく流行遅れだったのでノーサンキューしましたけれども、メレダイヤのバングルとかシンプルなプラチナとダイヤの指輪とかはありがたくちょうだいしました。長時間はできないけれども(汗をかく暑い季節もできないけれども)結構似合っていたと思う。でも本当に申し訳ないけど甲斐性がなくて持ちきれない。全部ウチの夫に貢いでくださいっっっとあの世に手を合わせ、地金として売り払いました。
わたくしの持ってるアクセサリーはピアスがメインでした。地金としての重さはたいしたことないですが全部プラチナですし、数集まればちょっとは足しになるもので、少し残して売り払いました。1000円でも2000円でも多く欲しかったんですよねーー。
さすがに結婚指輪は売りませんでしたが。。。自宅が中々売れず、借金がかさみ、経済的に困窮の度合いを深めたら、売ったかもよーーー。っつーかその前に離婚かもよーーー(爆)
洒落にならないっっっ(爆)
こうしてみんなのチカラを合わせて、目の前の危機は回避されました。たいした量の金地金は持たなかったけれども、腐っても(腐らないからこそ!)ゴールドの威力は素晴らしかったです。
はああああああ。。。。。
。。。
。。。
。。。(←魂が抜けてるとこ)
かの某百貨店の老婦人みたいに10指に余る巨大宝石の指輪があったらもっと違ったんだろか。ま、お金があったとしてもわたくしはそっち方面(光り物)には興味が向かないだろうけれども。自分ならば着物買っちゃいそうだもんね。。。着物は捨て値でしか売れないけどね。。。でも本当につくづく、全世界的にもしものときに換金性が高いのはアクセサリーだと実感したのでした。匿名希望さんからは有名ブランドものをいくつかもらったんですけれども、バッグは多少は換金できますが、それ以外は換金できず、換金効率非常に悪い。
っつーか。
ハナから換金性を狙って買いものしたりするもんじゃないんですけれどもねーーー(苦笑)
これをヒトは本末転倒という(爆笑)わたくしったらはしたなかったかしら
伸び伸びと好きなものを買うべきよね。貧乏人ってホントにツライわーーー、奥さん。
それでも今回ばかりは、宝石を売り食いする没落したヨーロッパ貴族の気分を、ほんの少しだけ味わえました

こんなんでヨーロッパ貴族の気分になれるんだから、わたくしもヤスいですわーーー(爆)
奥さん、奥さんにはこんな危機は訪れないことを願っておりますが。。。手近のアクセサリー、使わないアクセサリーがあったら換金するとよろしくってよ(爆)ネックレスなんか結構重いわよ。今、金(ゴールド)が高いからさーー。
それで美味しいもの食べるといいわーーー。着物が買えるともっといい(笑)


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/





スポンサーサイト



Comment

No title 

ああ‥

明日の米に困った(←このフレーズ あすかさんのおかげで一時期大ブレイク(笑))身にとっては他人事じゃない‥

同じように手持ちのアクセサリー売って米買ったり税金払ったりっていう 戦後みたいな生活してたことありましたよ‥

その経験から 私は一番小さい金貨を一枚だけ財布に忍ばせています

金相場が崩壊しない限り それを売ればとりあえず実家に帰る旅費にはなる‥ 自分の保険みたいなもんですわ

あ、ここで懺悔とともにロバ耳(王様の耳はロバの耳‥そんな外国の童話ありましたよね)で告白しますが
義父が他界して葬儀代で一悶着あったとき
遺影用の写真探してたときに偶然見つけた金貨(義父所有)はこっそり売り払ってお寺への支払いの一部に回しました

葬式代残さなかった義父の唯一の良心と思うことにします‥;^_^A
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2016.11/06 21:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

やはり金は強いのだなぁ…2~30年前はすっごく安値だったのに、なぜ買っとかなかったのだろうと思います。

金属アレルギーにならなかったせいか、安物のアクセサリーはたくさんもっているのですが、お金にはなりません。( ;∀;)
何かあったら、売れるのは婚約指輪くらいですわ。
さすがに売ったら家庭が壊れるので、売れませんけど…( ̄▽ ̄;)
  • posted by さのっち 
  • URL 
  • 2016.11/07 10:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ははは・・・

ほんの数年前、売りましたよ~~。
光もんが好きだった私は30年以上チマチマと購入したいたので、固めたら数十万になりました。
それを元に平和に暮らしましたとさ(笑)

でも大きな(私的)イタリアンジュエリーは手元に置いてあります。。。
いつまで置いておけるかな~~
金(カネとも言う)は、やはり大事ですな。うん。
  • posted by kawaiikurisu 
  • URL 
  • 2016.11/07 14:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私も独身時代、夜のお仕事をしていた頃に買ったアクセサリーを売って美味しいものを食べていた時がありました~。

持気のせいか?アクセサリーの重みで指・首・肩に痛みを感じ、売れるものは売り払いました。
頑張って稼いだ自分の証が無いことは、たまにちょっぴり寂しく思うこともありますが…これも人生です(笑)
  • posted by 月涙 
  • URL 
  • 2016.11/08 16:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 18:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん!!!
嗚呼、激しく同意(爆)ウチは義父の葬式代なんて1円も出なかったっすよっっ(爆)このネタにこれほどシンクロしてくださるとは。てんてんさんが先人で、私が後追いしてるんですねーーー。私たち、手を取り合ってスキップしましょう♪
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 18:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ざくろさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ensyuuさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> さのっちさん、ホントに最近、高くなりましたよねーーー。地金価格には世界情勢も反映されるから、金が希少になって値段が上がったというより、当時より紛争が多くて平和じゃないってことなのかも。。。
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 19:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

passionpianoさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 19:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 19:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> kawaiikurisuさま。素晴らしーーーい!(笑)
ショップの店頭で眺めてると、ウチの夫など「カラスじゃあるまいし」と言うんですが、カラスじゃなくたって光りものは素敵(笑)ゴールドのチェーンとか燦然と輝いていたなーーー。
今、若干の平和を取り戻して、金(ゴールドとマネー)の重みを味わっておりますわ(^^;)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 20:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> 月涙さま。アクセサリーにしろ着物にしろ、持っているだけでココロ豊かな気持ちになれるモノってありますよね~~。でもいつかは時期が来て、そうして役目が終わると去って行く。去り時に気付かない方がよくなかったかもしれないですよ。
想い出は全部自分の頭の中に。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/08 20:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

私も手持ちのおカネに代わりそうなモノはすべて(母からもらったロレックスや毛皮なども)売り払いましたよ。もちろん生活のために。
先日最後の金のブレスレットを売ってしまったときには某大型リサイクルショップの店員さんに買値10円と付けられて抗議したっけ。←結果それが金だと判明してそれなりの額をもらえたんですけど。
それまでは持ち込み先なんてどこも同じだと思っていたけどそうでもないんだなあと考え直しましたわ。
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2016.11/11 12:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま、そーなんですよ!匿名希望さんからもらったヴィ○ンのバッグ、大手の質屋に持ち込んだら「今人気がないし状態もイマイチだから買い取れない」と言われたんですが、某大型リサイクルショップではマニュアル通りに製造ナンバーで買い取り価格を付けると知りました。着物は逆で、そこそこいいものは見る目のあるところに売るのがいいと思いますわ。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.11/12 16:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR