FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

千年に一度という意味

 今日は、歴史の話をしようか。
 
 今回の地震の規模は、「千年に一度」という言葉を耳にした。 テレビの震災関係のニュースでも言ってたし、原発関係のニュースでも言ってた。 新聞でも読んだ。
真っ先に浮かんだのは。。。

 
 十三湖をご存知の方はたくさんいらっしゃるであろ。 
ちょっと解りづらくて恐縮じゃが、ご存知ない方にも見てもらえるように地図を用意した。
 
 青森県北津軽郡市浦村。。。この地図はちょっと古いので、大流行した市町村合併でもしかしたら違う市名になってるかもしれん。 この話には必要ないので敢えて調べないが。
 
 平安時代。
 この土地には、かつて大きな町があった。 町の発展の中心は、十三湊。 現在十三湖と呼ばれるところである。
 天然の良港であった港は、渤海(現在のアムール河北部地方)・北海道から物資を運び、京都や西日本との取引で、アベ家を筆頭に栄えた。
 千年ほど前。
 この地方を大きな地震が襲い、津波が港を覆いつくした。。。
 
 現在の画像を探しても見つからないので申し訳ない
かつての港は、海とわずかに繫がる湖になった。 水深の浅い、湖である。 土地の起伏も少なく、湖の脇にある福島城跡には、もちろん何も残っていない。 どれほどの栄華があったのか、当時を偲ばせるほどの文献は、ない。 しかし、わずかに時代をずらすと、岩手県平泉がある。。。  
 元々この付近は、縄文時代からひとが住んでいた。 遮光器土偶で有名な亀ヶ岡も近い。
 

 
 千年に一度と言われても、今を生きるものたちにとっては、今がすべてだ。
 津波に消えた都市、十三湊の栄華は、千年後の旅人に歴史のおもしろさとほろ苦さと、なおも美しい景色を味わせてくれるが、千年後の原発跡地には、それらは決して望めまい。
 
2ヶ月 
  少しでも、
 
思い出が、 
 3ヶ月
 
8ヶ月 
 帰って来ると、いい。
 
生きているひとにこそ、必要なものだから。

 いつも読んでいただいてありがとうございます
 励みになります
 
スポンサーサイト



Comment

No title 

地震大国・津波大国日本ですね~
気をつけても、気をつけても、どうにもならないことがあるのね…

にしても!飛影さん、超美少年!!
可愛すぎる~~♪
  • posted by まんまる 
  • URL 
  • 2011.03/26 06:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ぐはっ!
飛影ちゃん、可愛すぎ! 悩殺!
やっぱ、猫も成長に伴って顔が変わりますよね~。
とくに男の子はそれが激しい気がする…。
  • posted by ben*o20*1 
  • URL 
  • 2011.03/26 17:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

子供の時、飛影は確かに飛影だったんですよ!!!
雷禅になるとは思いませんでした~(^^;)
鼻の頭がダニの引っかき傷だらけで、
治るまで毎日手足を洗ったのもいい思い出。。。
(痒くて掻くと広がっちゃうから)
嫌がって鋭い牙で容赦なく噛まれて流血しました。
っつーかこの時からすでに臆病で我儘だったっす(><)
顔は変わっても、性格は変わらんのぉ。。。(遠い目)
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2011.03/27 01:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR