FC2ブログ

まおじゃらん

着物と猫と、ときどき絵画。

Entries

どう馬鹿が集うキャラバン@群馬県甘楽その1

ごきげんよう


もう夏が終わりそうな雰囲気@首都圏西部。でも多分、きっと気のせい。

どうでしょうキャラバン、栃木に続いて、群馬にも行きました。
群馬県甘楽(かんら)。
ここは存じてます。大昔、この会場内にある温泉に寄ったことがあるのです。
べにお先生は前日、高崎駅前のホテルに泊ったので先攻してくれているので、わたくしたちは前日栃木から日帰りして、1日留守番したウチの猫ら(留守番には慣れていない)を慰撫して、翌日早朝、またお出掛けしたのです。行って帰って行って帰って。忙しい2日間でした。
家を出るとき、飛影(ひえい)王子がひどく不満げなのがわかりました。彼は仔猫のときから旅猫なので、今でも遠出のクルマ旅のときには必ず連れて行くのですけれども、今回のようなイベントには連れて行けないのです。クルマの中に置いたら暑さで死んじゃうもんね。だから置いてけぼり、それも八雲氏とふたりで留守番。。。というのが、王子には気に入らないのでした。






白地に濃紺レース薔薇柄セオα。和風館。
生成り地に黒猫刺繍の本麻半幅帯。裏はサーモンピンク地。ツモリチサト。
タンタンさんからのいただきものでした。
100均の手ぬぐい白地にパンダ柄半襟。
荒くてざっくりした生地なので夏用って感じ。
100均ダ○ソーピンク×オレンジ暖色系マルチストライプのスカーフという名の帯揚げ。
クリームイエロー正絹レース組帯〆。
帯留めはトルコ石のブローチ。

ロンドンのアンティークマーケットで購入のセミアンティーク。



 

この日も暑い暑い予報。
着物の下のしつらえは、木綿晒&木綿楊柳すててこ&本麻の長襦袢にしました。
帯板はこの夏、ずっとへちまのを使っています。
着物を脱いだとき、着物の下(下着類)は汗になっていても、着物の帯回りが汗で濡れてるということはなくなりました。へちまの帯板は買って良かったです。



 



個人的夏のブームぱたぱた結び。
このセオαは、柄が大き過ぎて何の柄かわかりにくく、こうして画像に撮って見れば、ああ薔薇かな?とわかるのですけれども、着て動いていると、ただ白地に濃紺の柄としか認識しづらいようなのです。おかげでそれが案外気楽で着やすい1枚になっています。
大輪の薔薇だと思えば派手な柄っぽい気がしますが、そうでもないのは色のマジックでしょう。
わたくしは大昔若いころ着物雑誌などで、「背が低いヒトは小さい柄、背が高いヒトは大きい柄を選ぶといい」と読んだことがあって、当時はそんなもんかと思っていたのですけれども。。。まあ自分で買う着物は紬ばかりだったので、柄の大きさってあまり決定打じゃなかったんですよねーーー。
でも時が流れて自分がいいトシぶっこいてきて、似合う柄の大きさは個人個人で違うよねーーーということがわかってきました。わたくしは更紗などの小さい柄は確実に年齢以上に老けて見えて自分では好みませんが、誰もがそうとは言えませんし、好きな柄を着ればいいんだろうと思います。
似合う色も、色見本とは違って、明度彩度着物の量感質感などでかなり変わりますし、明らかに顔色がくすんでキレイに見えないってな色じゃない限り(そういう色も各自それぞれに確実に存在する。でもキレイに見える色と見比べないとわからない)、半襟やら帯や小物やらでどうにでもなると思っております。色無地などは色そのものを纏うので、色選びは大事にしたいとこですよね。
とはいえ、世の中にこれほどカラーコーディネートなどの講座がある。。。というのは、わたくしにとっての不思議です。世間にはよほど色をご存知ない方が多いのだなーーーなどと浅はかにも考えがちですが、騙されてはいけません。
本当は人間というのは本能で色を察知するイキモノらしいのです。
世の中のヒトは色を知らないどころか色で充分に判断しているのですわ。
かつて仕事で、CMYK(シアンマゼンダイエローブラック。印刷4原色)で色指定する際、思い知らされることも多かったですよ。迎合しとかないとオッケー出ないし仕事にならない。広告する側にとっては相手の本能を逆手に取れれば逆転勝ちですけれども、そういう冒険はよほど能力と実績のあるデザイナーにしか許されませんでしたわ(遠い目)。
○○講座もしょせん本能に対してアトヅケで理屈を捏ねたいのであろう。。。ひねくれものはそう考えているのでした。あらわたくしったら、こんなこと書いてはしたなかったかしら。
別に誰にも喧嘩売ってませんからそこんとこ宜しく。深読みする必要はなくってよ。ただもしかしたらそういうので儲けてるヒトを妬んでるかも知れないけれども(爆)やっぱりはしたないわーーー。
。。。っつーか、何の話でしたっけ?


いつも読んでいただいてありがとうございます。


https://fashion.blogmura.com/kimono/





スポンサーサイト



Comment

No title 

そう、特に着物関係でのカラーコーディネート講座は大概満員御礼。で、受講された方は嬉しげに『私は春系♪』とか仰る…いや、ご自分で顔映りがいい色、そうでない色がお分かりになるのならこんな講座、必要なかろうと思ってはいました私も(笑)…で、『お墨付きが欲しいんだろうさ…その手の肩書きがある人の』とひねくれて思ってましたさ。
…かつてカラーコーディネートなる資格が出来たばかりの頃、あっしもフラワーデザイナーの学校に行ってましたのでね、その資格は身近ではありましたが『…こんなん無駄だろう。補色のカラーチャートさえ覚えておけば、と云うかカラーチャート表持ってればOKじゃん』と思ってましたがそれから20数年。ちゃんと職業として成り立ってるのが驚きだ(笑)
  • posted by あすか 
  • URL 
  • 2016.08/29 09:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

激しく同意。
そうだよねー、本能でわかるもんだと私も常々思っているよ。
っつーか、究極には「誰がなんと言おうが、自分が着たいものを着りゃあいいじゃん!」と思ってますわ。「私は春系だから、この色は着られないの」とか、「???」です。着たいなら着ればよろし。着たくて着てるなら、心がワクワクして、それが表情や態度にも表れて、結果的にきっと似合うと思う。
っつーかさ、なんで他人の基準で選ぶのー?ってのが分からん。洋服だったら、そんなことやらなくね?
わはー、思わず語ってしまいましたわ。マイノリティの戯言とお受け取りくださいな(笑)。
  • posted by べにお 
  • URL 
  • 2016.08/29 16:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

たまさん、こんばんは~
このお着物、白と紺のさっぱりした色合いがいいですねー。シャキッと涼しげですもん~。私も組み合わせる時、言葉では説明できない『いい感じ感』(好み、とも言う)で判断しておりますですー。何物にもとらわれない感覚が楽しいんで(着物を着ていて)「何かされてるんですか?」と聞かれるたび「趣味です」と答えては自己満足しております。
  • posted by ふでぺん 
  • URL 
  • 2016.08/29 22:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

猫が目までだしている(笑)かわいいです。笑っているのか、泣いているのか・・鼻から下が見て見たい~~~~~
  • posted by みかりん 
  • URL 
  • 2016.08/29 23:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

以前、似合う色、絶対だめな色を、その道のプロの方から教えて頂いて、参考程度に潜在意識の中でひっそり認識していたのですが、着物を着るようになって柄が可愛い!とか、この色は持ってないからたまには面白いかも...と思って絶対だめな色が3色で、構成された銘仙単衣の写真。
思いっきり顔色悪いです。全く地味です。同じ様に似合わない色の縮緬着物も酷い。で、思ったんです。やっぱり当たってるんだな~って。着物の場合は半襟や小物で変わると言っても体中に合わない色で包まれているのはやはりパッと見た目には左右するかもしれません。
私の場合は好きな色と、似合う色がほぼ同じで、めったに無い幸運らしいですが。黒猫とセミアンティークのトルコ石ブローチ乙女だわぁ~
  • posted by passionpiano 
  • URL 
  • 2016.08/30 10:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

色ねえ。
悩むんですよ。ものすご~~~く。
で、誰かにアドバイスをもらいたくなる時があるんです。
だからと云ってカラーコーディネート高座を受けようとは思わないんですが。
なんだかんだ言いつつ結局は自分の好みで決めてしまうからなんでしょうね。
あ、でもたまさまがせんせ~だったら弟子になりたい
  • posted by ほあかばりきるま。 
  • URL 
  • 2016.08/30 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

飛影王子おいたわしや。
でもお母ちゃまにも息抜きが必要なのですよ。試練でござる。

あっ、お久しゅうございます

この薔薇の浴衣スッゴイ好みですわ~(≧∇≦)

私も 好きな柄着ればいーじゃん派です
まず自分の心が浮き立つのが大事と 特にこの頃は思うのです
  • posted by てんてん 
  • URL 
  • 2016.08/30 21:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

utaさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

すのうさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ensyuuさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> あすか師匠、私も昔は職業として成立するとは思いませんでしたわー。何のための資格?と思ってました。あれはお墨付きを与える資格だったんですね!!!どうせ私には向かない職業ですわそれにしても師匠、鋭いトコ突くなーー(笑
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> べにお先生。何故ヒトは好きな色を選ばないのかというなら、本能で感じるイメージはあっても好きな色が明確なヒトは案外少ない。。。ってことじゃないかと考えてるんですけどねー。状況や条件で変化するものだからだと思いますよ。
それにしても着物って、「よく知らない」人を怯えさせますよねー。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

さのっちさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

sorasoraさまナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ふでぺんさんこんばんは~~
そうそう趣味趣味。着るもの好きのただの趣味ですわ~~。何故着物?と訊かれることもありますけど、私は少なくとも、大勢の人が着てるなら、着物着ないですわ
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> みかりんさん、鼻から下ーーー!?(笑
そんなこと言われたの初めてですわ。どういう表情なんでしょうね?
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みっこちゃんナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/30 23:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> passionpianoさま、似合う色があって好きな色が同じなら、自信を持って選べるし着られますよねー。似合うと言われても好きじゃなかったり好きなのにイマイチと思ったら結局着なくなってしまう。決めるのはいつでも自分ってことなんですけれども。
トルコ石のブローチ、乙女ですか?(笑)乙女度、大事ですわ~~
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/31 00:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> ほあかばりきるま。さま。私は弟子など取れませんが。。。でもほ~さまと着物を前にしてきゃあきゃあ言うのはさぞや楽しいと思う!!!
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/31 00:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

> てんてんさん、お久しぶりですーーー(≧∇≦)

好きなものを好きなように着る。。。自分の楽しみ優先ですよねーーー。堅苦しいお席にはトンとご縁がなくなりましたわ。
ナイスありがとうございます。
  • posted by たま 
  • URL 
  • 2016.08/31 00:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

たま

Author:たま
着物と猫と、ときどき絵画。

最新記事

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR